バルサ戦で一発退場のジエゴ・コスタ、8試合の出場停止で今季終了2019.04.11 21:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインサッカー連盟(RFEF)は11日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタへの処分を発表した。ジエゴ・コスタは、6日に行われたリーガエスパニョーラ第31節のバルセロナ戦で28分にレッドカードをもらい一発退場していた。

レッドカードを受けたジエゴ・コスタだが、その理由が主審への暴言と暴力。その結果、8試合の出場停止処分が下されることとなった。

RFEFの発表によると、規定の第94条に定められている口頭での侮辱行為、および侮辱的な態度で4試合の出場停止、さらに第96条に定められている審判への暴力行為で4試合の出場停止が処分としてくだされば、合計8試合となるとのことだ。

今シーズンのリーガエスパニョーラは残り7試合となっており、8試合の出場停止処分が下されたジエゴ・コスタの今シーズンは終了。また、アトレティコ・マドリーに2800ユーロ(約35万円)、ジエゴ・コスタに 6010ユーロ(約76万円)の罰金も課されている。

なお、この処分に関しては10日以内に異議申し立てすることが可能となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ史上最高額で加入のトマ・レマル、新環境に苦戦も「期待に応えられる時が来る」

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表MFトマ・レマル(23)が、加入1年目の今シーズンを振り返りながら、同クラブへの貢献に自信をのぞかせた。フランス『テレフット』が伝えている。 昨夏にアトレティコ史上最高額となる推定移籍金7000万ユーロ(約88億円)でモナコから加入したレマル。今シーズンはここまで公式戦38試合と起用され続けているが、適応にも苦しみ、3ゴール5アシストとその期待に応えることができていない。そのため、トマ・レマルには1年での退団の可能性がわずかながら囁かれている。 今シーズン、新天地で難しいシーズンを送っているトマ・レマルだが、本人に退団の意思は全くない模様。新たな環境に慣れる必要がある時期であると自覚しており、周囲からの期待に「応えられる時が来る」と強気な姿勢を見せた。 「僕のシーズンは例外ではないよ。僕に関して言われていることについてそれほど驚きはないよ。金額についても悩んでなんかいないさ」 「(アトレティコの退団は)頭をよぎったこともないよ。そのことについて考える時間なんてないんだ」 「みんながより多くのことを期待することはごく普通のこと。でも僕はクラブの新入り。新しいシステム、新しいリーグに適応している最中さ」 「彼らが僕に期待してくれていることは分かっているし、その期待に応えられる時が来ると思っているよ」 2019.04.23 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、グリーズマン流出ならポルトガルの新星の獲得に動く?

アトレティコ・マドリーが、ベンフィカに所属するポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の獲得を検討しているようだ。ポルトガル『レコルド』の情報を基にスペイン『アス』が伝えている。 ポルトガル国内ではFWクリスティアーノ・ロナウド以来のポルトガルサッカー界最大の天才と評されているフェリックス。今シーズンはここまでの公式戦38試合で16ゴール9アシストを記録しており、先日のヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦では、EL史上最年少記録となる19歳152日でのハットトリックを達成していた。 そんなフェリックスには、レアル・マドリーやユベントスなどのメガクラブが関心を寄せていることが各紙によって報じられている。そして、今回伝えられるところによればアトレティコも獲得に興味を示しているという。 アトレティコは、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)がバルセロナから関心を寄せられており、今夏も退団の可能性が噂されている。そこで、アトレティコはフランス代表FWの後釜としてフェリックスに関心を寄せているようだ。 しかし、フェリックスの契約解除金は1億2000万ユーロ(約151億円)と高額。それでも、グリーズマンの契約解除金も同額に設定されているため、大金を投じて獲得することを考慮しているとのことだ。 なお、イタリアメディアによれば、アトレティコはナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)にも興味を示しているとのこと。いずれにしても、グリーズマンの動向が影響することになるだろう。 2019.04.22 21:59 Mon
twitterfacebook
thumb

主審がモラタの首を小突く? コケも批判「レフェリーが間違ったことをした」

リーガエスパニョーラ第33節のエイバルvsアトレティコ・マドリーとの試合で主審がスペイン代表FWアルバロ・モラタにちょっかいを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 試合はアトレティコがMFトマ・レマルのゴールで1-0の勝利。だが、この試合で注目を集めたのは、モラタと主審のハビエル・アルベロラ氏とのやり取りだ。88分にアルベロラ氏は自身の前を通り過ぎたモラタの首を小突く暴挙に。これに激昂したモラタはすぐさま猛抗議を行っていた。 アトレティコに関しては、先日にFWジエゴ・コスタが審判への侮辱行為により8試合の出場停止になったばかりだが、今回のアルベロラ氏の行為についてはMFコケも厳しい態度を見せている。 「レフェリーが選手の首の後ろを小突くなんて見たことないよ」 「何があったかわからない。ときに選手はレフェリーに対して間違った振る舞いをしてしまう。今回はレフェリーがアルバロ(・モラタ)に間違ったことをした」 「要するにすべての人間は間違いを犯すものだけど、その場合は調査を受ける必要があると思う」 「今回の一件が処罰の対象になるかはわからねいけど、調査を受ける必要があると思うよ」 2019.04.21 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーはアトレティコに売る気なし、コバチッチの去就は?

現在チェルシーへとレンタル移籍中のクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)だが、レアル・マドリーはアトレティコ・マドリーに売るつもりはないようだ。スペイン『アス』が報じた。 コバチッチは、今シーズンからチェルシーへとレンタル移籍。ここまでプレミアリーグで28試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも9試合に出場するなど、チームの主力としてプレーしている。 しかし、チェルシーが今夏の補強禁止処分を受けた影響で、完全移籍への切り替えが不可能となり、その去就に注目が集まっている。 コバチッチの移籍先には、ゼニトやローマなどが興味を示している中、アトレティコも獲得に興味を示していたという。 しかし、マドリーの役員が「コバチッチは売りに出されていない」とコメント。ライバルクラブへ売る気がないことを示したようだ。 一方で、シーズン途中に指揮官へ復帰したジネディーヌ・ジダン監督は、チーム内に変化をもたらせるとコメント。コバチッチも放出される可能性が高いと予想されている。 チェルシーに残れず、マドリーに残れないとなった場合、コバチッチはどこへ行くのか。少なくとも、アトレティコに行く可能性はなくなったと見て良いだろう。 2019.04.21 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エイバル守護神の好守に苦しむもレマルのゴールで競り勝つ《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは20日、リーガエスパニョーラ第33節でエイバルと対戦し、1-0で勝利した。 ここまで勝ち点65で首位バルセロナと勝ち点差9で2位に付けているアトレティコ。残る試合は6つと、望みはかなり薄いが僅かな可能性をかけて挑む今節は、2-0で勝利した前節のセルタ戦からスタメンを5人変更。DF陣を総入れ替えした他、グリーズマンがベンチ外となった。 まずチャンスを作ったのはアウェイのエイバル。キックオフから最初のプレーで、ボックス内でパスを受けたカルドナが素早く反転してシュートを打つ。 このシュートが枠の左に外れ、ホッと胸を撫で下ろしたアトレティコも8分、敵陣中央のモラタのスルーパスを受けたコレアがGKと一対一に。だが、股下を狙ったシュートはGKドミトロビッチのファインセーブに阻まれた。 16分にはトーマスの浮き球パスからモラタがボックスへ侵攻。シュート直前に後ろから倒されたが、ノーファウルの判定。 早くも互いにゴールチャンスが訪れたスペクタクルな試合だったが、その後は停滞。両チームともシュートまで運べず、35分にようやくエイバルのエンリケがボックスの外からシュートを打ったが枠の外に外れた。一方、アトレティコは前半アディショナルタイムのトーマスのシュートがこの試合2本目のシュートとなった。 ゴールレスで迎えた後半、エイバルが最初のセットプレーでビッグチャンスを迎える。47分、ボックスからやや離れた右ハーフスペースからのFK。ホルダンのクロスをエンリケがヘディングシュート。見事にタイミングの合ったシュートだったが、コースを狙いすぎたか枠の左に外れてしまった。 それから3分後、アトレティコにもビッグチャンス。ビトロのスルーパスからボックス左に侵入したモラタが流し込みにかかったが、左足のシュートは惜しくも右に逸れた。53分にはビトロのドリブルのこぼれ球をコケがボックスの外から狙うも、カーブがかけられたシュートはGKに止められた。 55分にアトレティコはコレアを下げてレマルを投入。61分にはビトロに代えてフィリペ・ルイスをピッチへ。70分にはアリアスに代わりカリニッチが入った。 アトレティコは79分のFKの場面。コケが右から上げたクロスにゴディンが反応。フリーで頭で合わせたが、GKドミトロビッチがこの日再三のファインセーブで立ちはだかる。 しかし迎えた85分、ようやくその堅い守備をこじ開けた。右サイドで相手のクリアを跳ね返したアトレティコは、カリニッチからコケにスルーパス。ボックス右に入ったコケから中へ折り返されると、レマルがこれを押し込んでついにネットを揺らした。 こうなるとリーグ最少失点のアトレティコの専門分野。最後まで相手に得点を許さず、らしい試合内容で連勝を収めた。 2019.04.21 01:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース