マクトミネイが絶賛成長中! ファーディナンドも大絶賛2019.04.11 12:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイの将来性に太鼓判を押した。イギリス『Squawka』が報じた。ユナイテッドアカデミー出身のマクトミネイ。今シーズンもセルビア代表MFネマニャ・マティッチのバックアッパーとしての役割が続いたが、負傷離脱でチャンスが巡ってくると、先のプレミアリーグでキャリア初ゴールを記録するなど、徐々に存在感を高めつつある。

そして、10日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバルセロナ戦にもスタメン出場。チームは敗れたが、守備能力だけでなく、相手数人に囲まれても動じないボール捌きで中盤のコンダクター役をやってのけ、イギリス『BBC』でもMOMに選ばれた。

このマクトミネイの活躍に対して、かつてユナイテッドのディフェンスリーダーとしていち時代を築いた先輩ファーディナンドも目を細める。イギリス『BT Sport』でバルセロナ戦を振り返ると、印象的なパフォーマンスを披露したマクトミネイについて次のようにコメントした。

「今日の彼はすごく、すごく良かった。ポジティブだったよ。信頼が置けて、ボールのないところでもアグレッシブだったね」

「この試合とPSG戦でのパフォーマンスにより、彼はスールシャールの信頼を証明した。若手にとって、それは不可欠なことさ」

「彼は試合を通じて成長した。身長も伸びたね。若手がチームに加わったとき、伸び伸びプレーするために出場機会が必要だ」

「彼にとって、PSG戦と今回のゲームがそれにあたる。この先、チームメイトからよりリスペクトされる選手になるだろうね」
コメント
関連ニュース
thumb

ブルーノ・フェルナンデスに獲得熱望のユナイテッドが再度アプローチか

スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)にマンチェスター・ユナイテッドがアプローチをする見込みだ、とイギリス『インデペンデント』伝えた。 ブルーノ・フェルナンデスは2012年に当時セリエBのノヴァーラでプロデビュー後、ウディネーゼ、サンプドリアを渡り歩き、2017-18シーズンからスポルティングでプレー。昨季はリーグ戦33試合に出場し、20得点を挙げる活躍を見せた。 ユナイテッドは以前からブルーノ・フェルナンデス獲得に乗り出したが、スポルティングは放出を固辞してきた。だが、移籍が有力視されるフランス代表MFポール・ポグバ(26)に代わる選手としてブルーノ・フェルナンデスの獲得にこだわりを見せており、移籍金を5000万ポンド(約67億円)に上乗せしてまで再度交渉に臨む考えだという。 また、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がブルーノ・フェルナンデスの獲得を特に熱望しているようで、今後の交渉にも自信を持っているという。 さらに、ニューカッスルのMFシーン・ロングスタッフ(21)の獲得も視野に入れているなど、中盤の補強に精を出すユナイテッド。はたして大型補強成功となるのか。今後の動きにも注目が集まる。 2019.07.16 20:19 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のリンデロフ、答えを出す! 「ユナイテッドですごく幸せ」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(24)がバルセロナの関心報道に言及した。イギリス『ミラー』が報じた。 昨シーズンのユナイテッドで主力センターバックの座を射止めたリンデロフ。加入初年度の2017-18シーズンこそ適応に苦戦したが、公式戦40試合に出場した昨シーズンが示すとおり、貧弱さを露呈する守備陣のなかで最も計算の立つセンターバックとして台頭を遂げた。 ユナイテッド在籍3年目の新シーズンも最終ラインの主軸として活躍が期待されるリンデロフだが、最近の報道でアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトを逃したバルセロナの代替候補に挙がり、去就に注目が集まりつつある。 だが、リンデロフは現時点でユナイテッドからの移籍を考えていないという。まことしやかに浮上したバルセロナ移籍の噂について、次のようにコメントした。 「マンチェスター・ユナイテッドの選手であることがすごく、すごくハッピーだ。新シーズンが楽しみだし、ここですごく幸せだよ。それこそが僕のアンサーだ」 「昨シーズンは初年度と比べてもかなりうまくプレーができた良いシーズンだった。周囲の人々がクラブで最も優れたDFとして評価してくれていることが本当に嬉しいよ」 「僕は日々、ベストを尽くそうとしている。チームを助けるためにね」 2019.07.16 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヘア、ツアー後にも新契約締結か…英複数メディア報道

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)に契約延長の可能性が高まっている。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 新シーズン限りでユナイテッドとの契約が失効するデ・ヘア。1年以上前から続く延長交渉は長らく平行線を辿っており、チームの新シーズンに向けた準備が始まろうかとする今も合意に至っていない。 だが、15日付のイギリス有力メディア『BBC』によれば、「ユナイテッドはプレシーズンツアーから帰還後、デ・ヘアが新契約にサインすることをますます自信を高めている」という。 また、『テレグラフ』もデ・ヘアとユナイテッドの長期契約締結を取り上げ、「週給35万ポンド(約4700万円)以上の契約を結ぶ見込みで、世界最高給のGKになる」と綴っている。 ユナイテッドは今夏、ウェールズ代表FWダニエル・ジェームズやU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカを獲得。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらとの契約延長にも成功した。 絶対的守護神の慰留にも成功となれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督にとっても、ファンにとっても、待ちに待った知らせとなるが、果たして…。 2019.07.16 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍のワン=ビサカ、先輩ザハからのアドバイスを明かす

先月29日にマンチェスター・ユナイテッド移籍が発表されたU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ。移籍決定後にクリスタル・パレスのチームメイト、FWウィルフレッド・ザハからアドバイスを受けていたことを明かした。 推定5000万ポンドというDFとしては史上6番目に高額な移籍金で赤い悪魔に加入した同選手。先日行われたオーストラリアのパース・グローリーとの親善試合でデビューを果たしたその試合後、ザハからユナイテッド移籍に向けてアドバイスがあったことを話した。 「僕がユナイテッドに移籍することを知った時、彼は僕に恐れずにプレーしろと言ってくれた。『君のプレーを見せればいいんだ。昨シーズンの様にね』とも言ってくれたよ」 「僕の移籍を喜んでくれた。ユナイテッド移籍に相応しいと、ハードワークを続けろと助言があった」 「プレッシャーに気を取られ過ぎないよう頑張るよ。チームが前進するのを助けるために、選手としてもっと成長しなければならない」 「クリスタル・パレスでプレーしていなかったら僕がここに来ることはなかっただろう」 なお、ザハは2013年1月にクリスタル・パレスからユナイテッドに移籍。出場したのはわずか4試合で成功とは言えない移籍だったが、先輩として新たな挑戦に立ち向かう21歳の若者に、力強い言葉を送ったようだ。 2019.07.15 15:29 Mon
twitterfacebook
thumb

新天地決まらずのモウリーニョ、フリー満喫宣言!

ポルトガル人指導者であるジョゼ・モウリーニョ氏(56)が現場復帰の可能性に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2018年末にマンチェスター・ユナイテッド監督の座を辞して以来、無所属の状態が続くモウリーニョ。最近、中国から好条件のオファーが舞い込んだが、これを断ったとみられる。 14日に行われるモータースポーツ『フォーミュラ1』のイギリスGPを観戦するため、現地入りしたモウリーニョ氏は去就について問われると、こう述べたという。 「現場復帰を渇望しているが、適したプロジェクト、適したクラブを待つよ。その間、私はやりたいことをやる。仕事が好きだが、ほかのスポーツも好き。それを楽しむ良い機会だ」 2019.07.14 16:55 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース