ボルシアMGが南野指揮官のローズ監督を来季招へい2019.04.10 23:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは10日、来季指揮官にレッドブル・ザルツブルクのマルコ・ローズ監督(42)を招へいしたことを発表した。

ボルシアMGでは2日、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落するなど失速していたことを受け、ディーター・ヘッキング監督との契約を更新しないことを発表していた。

ライプツィヒ生まれのローズ監督は、2013年から日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクの各ユースカテゴリーで監督を務め、昨季からトップチームを指揮。オーストリアリーグ優勝とカップ戦優勝を果たし、今季も24試合を消化したリーグ戦で2位チームに7ポイント差を付けて首位に立っている。

ローズ監督はボルシアMGの指揮官就任について「難しい決断だったが、新たなチャレンジに対し100%の確信をもって下せたと思っている」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMG、MFヨナス・ホフマンと2023年まで契約延長

ボルシアMGは16日、ドイツ人MFヨナス・ホフマン(26)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から3年更新した格好だ。 ドルトムントでプロデビューを飾った攻撃的MFのJ・ホフマンはマインツへのレンタル移籍を経て、2016年1月にボルシアMGへ移籍。ボルシアMGではこれまで公式戦87試合に出場して9ゴール16アシストを記録。今季はブンデスリーガ23試合の出場で5ゴール4アシストを記録し、5位と健闘しているチームの主力として活躍していた。 2019.04.17 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のハノーファー、ボルシアMGにシャットアウト負けで8連敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは13日、ブンデスリーガ第29節でボルシアMGをホームに迎え、0-1で敗れた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野琢磨はベンチ入りしなかった。 前節ヴォルフスブルク戦を逆転負けし、7連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が9試合連続スタメンとなり、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートとなった。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フランクフルトに4ポイント差とされている5位ボルシアMG(勝ち点48)に開始直後、アクシデントが発生する。オストルツォレクと激しく接触したシュティンドルが右足を負傷し、ラファエウとの交代を強いられた。 早々に負傷者を出したボルシアMGに対し、ハノーファーが押し込まれる展開で立ち上がっていった中、14分にピンチ。オストルツォレクが自陣でボールを失い、ノイハウスにチップキックシュートを打たれてしまう。決定的だったが、アントンがゴールライン前まで戻って何とかクリアした。 凌いだハノーファーは17分に決定機。ヴァイダントがディフェンスライン裏に抜け出してラストパス。ボックス左のマイナがシュートに持ち込むも、DFの好ブロックに阻まれた。 すると19分にもピンチ。プレアのラストパスに反応したボックス左のT・アザールに決定的なシュートを打たれたが、GKエッサーが何とか凌いだ。 その後もT・アザールの左サイドを軸に攻め立ててくるボルシアMGに主導権を握られる中、ハノーファーは水際で耐え、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もボルシアMGが攻勢に出る中、53分に先制した。ルーズボールを拾ったラファエウがボックス中央に侵入してシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 その後も反撃の機会がなかったがハノーファーに71分、同点のチャンス。しかし、ボックス内でマイナのパスを受けてヴァイダントが放ったシュートは、GKゾンマーのファインセーブに阻まれた。 結局、終盤にかけては目立ったチャンスを作れなかったハノーファーは0-1のまま敗戦。8連敗となり、残留プレーオフに回れるシュツットガルトとの勝ち点差を縮めることができなかった。 2019.04.14 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、トルガン・アザールとの延長交渉決裂を発表…

ボルシアMGに所属するベルギー代表トルガン・アザール(26)の延長交渉が破談した。同クラブのマックス・エベールSD(スポーツディレクター)が公式サイトで明かしている。 現行の契約が2020年の夏で満了を迎えるトルガン・アザール。ドルトムントやアトレティコ・マドリーから主要ターゲットとしても取り沙汰されてている同選手に対してボルシアMG側は以前から契約延長を目指してきた。 しかし、エベールSDは8日に公式サイトで「我々はトルガンと長期間かけて話し合いを行い、そして契約の延長を目指してきた。しかし、それはうまくいかなかった。彼から契約延長を望んでいないこと、5年間すごしたグラードバッハに別れを告げ、そして次なるステップを目指す考えを伝えられたよ」と明かし、契約延長交渉が決裂したことを報告した。 なお、ボルシアMGはトルガン・アザールの市場価値を4000万ユーロ(約49億6000万円)ほどと見積もっており、「世界最高ランクの代表選手」「ブンデスでも指折りの攻撃的選手」として見合った移籍金額であれば話し合いに応じる姿勢を示しており、「それをこれまで我々が首尾よく運用してきたように、再びその穴埋めとして戦力補強をめざすために活かしていきたい」との考えているようだ。 2019.04.09 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

復帰の大迫が同点弾アシスト! ブレーメン11戦負けなし《ブンデスリーガ》

ブレーメンは7日、ブンデスリーガ第31節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は52分から出場している。 前節マインツ戦を勝利し、3連勝で10戦負けのない6位ブレーメン(勝ち点42)は、4日前に行われたDFBポカール準々決勝のシャルケ戦を制して準決勝進出を果たした。好調を維持するチームはシャルケ戦でベンチ入りし戦列に復帰した大迫が引き続きベンチスタートとなった。 前節デュッセルドルフ戦の敗戦でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したボルシアMG(勝ち点47)に対し、押し込まれる入りとなったブレーメンだったが、15分に両チーム通じて最初の決定機。クルーゼのダイレクトパスでボックス右に侵入したJ・エッゲシュタインのシュートはGKにセーブされた。 しかし、その後もボルシアMGの攻勢を受けると、23分には左クロスに反応したファーサイドのヘアマンに右ポスト直撃のシュートを浴びせられる。さらに28分、ボックス左からプレアのコントロールシュートでゴールに迫られた。 ハーフタイムにかけてもボルシアMGに押し込まれる展開となったブレーメンだったが、凌いでゴールレスで前半を終えた。 しかし迎えた後半開始4分、クルーゼのボールロストからショートカウンターを受けると、最後はノイハウスにGKもかわされネットを揺らされた。 その後もプレアのコントロールシュートでゴールを脅かされるなど劣勢のブレーメンは52分、大迫を投入。ブレーメンでは昨年12月以来の試合となった大迫の投入を機に前がかるブレーメンは、68分にクルーゼのコントロールシュートで反撃。 そしてピサーロを投入してアタッカーを増やしたブレーメンは79分に大迫のアシストで追いついた。クリアボールを拾った大迫が右サイド絞った位置から丁寧にクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだクラーセンがヘディングで押し込んだ。 終盤にかけても互いに勝ち越しゴールを目指してオープンな展開となったが、1-1で終了。ブレーメンは8位に後退したが、リーグ戦11戦負けなしとした。一方、勝ち点1を積み上げるに留まったボルシアMGは4位フランクフルトとの勝ち点差が4に広がっている。 2019.04.08 03:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ヘッキング監督との契約を更新せず今季限りで退団へ

ボルシアMGは2日、ディーター・ヘッキング監督(54)との契約を更新せず、今季限りで退団することを発表した。 2016年12月にボルシアMGの監督に就任したヘッキング監督は、過去2シーズンは9位でフィニッシュ。今季は好調なシーズンを送り、前半戦終了時には2位に付けていたが、ここ7試合で1勝に終わって、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落していた。 ヘッキング監督はこれまでハノーファーやニュルンベルク、ヴォルフスブルクなどを指揮。ヴォルフスブルク時代の2014-15シーズンにはDFBポカールを獲得していた。 2019.04.02 22:55 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース