ボルシアMGが南野指揮官のローズ監督を来季招へい2019.04.10 23:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは10日、来季指揮官にレッドブル・ザルツブルクのマルコ・ローズ監督(42)を招へいしたことを発表した。ボルシアMGでは2日、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落するなど失速していたことを受け、ディーター・ヘッキング監督との契約を更新しないことを発表していた。

ライプツィヒ生まれのローズ監督は、2013年から日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクの各ユースカテゴリーで監督を務め、昨季からトップチームを指揮。オーストリアリーグ優勝とカップ戦優勝を果たし、今季も24試合を消化したリーグ戦で2位チームに7ポイント差を付けて首位に立っている。

ローズ監督はボルシアMGの指揮官就任について「難しい決断だったが、新たなチャレンジに対し100%の確信をもって下せたと思っている」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

昇格組ノリッジ、スイス代表FWドルミッチがフリーで加入!

ノリッジ・シティは24日、ボルシアMGからスイス代表FWヨシップ・ドルミッチ(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。7月1日から加入となる同選手は2022年6月30日までの3年契約にサインしている。 チューリッヒの下部組織出身のドルミッチは、2010年にトップチームデビュー。2013年にニュルンベルクに完全移籍で加入すると、不調に苦しむチームの中でキャリアハイの17ゴールを記録。その後、チームの降格に伴い、レバークーゼンへ完全移籍し、その翌年にはボルシアMGに加入。 しかし、近年は度重なる負傷に悩まされ、思うような活躍を見せられず、今シーズンはリーグ戦5試合で2ゴールの数字にとどまっていた。 なお、2012年にデビューを果たしたスイス代表では32試合に出場し10ゴール。直近のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズの2試合にも途中出場していた。 2019.06.25 03:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ボルシアMGからもう一人狙う

ドルトムントが、ボルシアMGのフランス代表FWアラサン・プレア(26)を狙っているようだ。『YAHOO FRANCE』の情報をもとに様々なメディアが伝えている。 プレアは昨夏にニースから加入した181cmのストライカー。今季は公式戦35試合に出場した中でトップで起用されることが多かったが、ドリブルが得意でチャンスメイクからフィニッシュまで自力で行う力を持つ。今季は15ゴール4アシストを記録した。 ドルトムントのルシアン・ファブレ監督とはニース時代に師弟関係にある。同監督の下で過ごした2シーズンで公式戦81試合で35ゴールを挙げるなど主力として重宝された。 ドルトムントは今夏積極的は補強に動いており、中でも目玉となっているのがベルギー代表MFトルガン・アザール。彼もまたボルシアMGからの加入であり、ドルトムントは同じクラブから2人目の引き抜きを画策しているようだ。 2019.06.22 21:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、指揮官古巣のザルツブルクからオーストリア代表DFライナーを獲得

ボルシアMGは19日、ザルツブルクのオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によれば1000万ユーロ(約12億1000万円)とのことだ。 右サイドバックのライナーは、2015年夏に下部組織時代を過ごしたザルツブルクに復帰。ザルツブルクでは公式戦171試合に出場し、13ゴール34アシストを記録した。今季はオーストリア・ブンデスリ-ガで25試合に出場し1ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグでは10試合に出場して4アシストを記録していた。 ボルシアMGは新シーズンからザルツブルクを指揮していたマルコ・ローズ監督が就任。愛弟子を獲得した格好だ。 2019.06.20 00:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラント流出のレバークーゼン、D・ザグレブのダニ・オルモに関心

レバークーゼンがディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるオルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。今シーズンは公式戦44試合に出場し、12ゴール9アシストの数字を残している。 その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。 だが、今回『キッカー』が伝えるところによれば、先日にドイツ代表MFユリアン・ブラントをドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンがその後釜としてリストアップしているという。その一方、同じくドルトムントにベルギー代表MFトルガン・アザールを引き抜かれたボルシアMGも獲得に動いているようだ。 なお、ディナモ・ザグレブはオルモの移籍金を2500万ユーロ(約30億6000万円)前後に設定している。 2019.06.08 15:09 Sat
twitterfacebook
thumb

トルガン・アザールのドルトムント移籍が公式発表!

ドルトムントは22日、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)をボルシアMGから獲得したことを発表した。契約は2024年までの5年契約となる。 移籍内容は非公開となった今回の契約。トルガン・アザールはドルトムントの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「ボルシアMGでの素晴らしい5年間には感謝の気持ちでいっぱいだ。本当に素敵な思い出なんだ」 「僕のキャリアで、ステップアップするには絶好のタイミングだった。素晴らしいファンを持つトップクラブであるドルトムントのためにプレーできるなんて誇らしいよ」 2014年にチェルシーからレンタルでボルシアMGに加入したトルガン・アザールは、そのシーズンに公式戦41試合5ゴール10アシストという結果を残し、翌年に完全移籍で同クラブの一員となった。 今シーズンはリーグ戦33試合に出場し10ゴール11アシストと、自身初のリーグ戦2桁ゴール2桁アシストを記録。レンタル期間を含めた在籍5年間では通算182試合に出場し48ゴール44アシストという成績を収めた。 なお、『ESPN』によれば、移籍金はおよそ4000万ユーロ(約49億8000万円)とされている。 また、ドルトムントは21日、ホッフェンハイムからドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)を完全移籍で獲得したことを発表している。 2019.05.22 18:26 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース