ロリス、ケインの負傷に「彼なしで対応していく必要がある」2019.04.10 22:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トットナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスが、負傷したイングランド代表FWハリー・ケインについて言及した。ケインは9日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦に先発。すると55分、サイドライン際でファビアン・デルフと競り合った際に左足首を踏まれ負傷。このプレーでケインは続行不可能となり、メディカルスタッフに支えられながら自らロッカールームへ去った。

トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は試合後のインタビューで「おそらく残りのシーズンは、彼を失うことになる」と今シーズン中の復帰は難しいと示唆。キャプテンのロリスもケインの負傷についてコメントした。

「彼なしで対応していく必要があるのなら、ここ数カ月同様に誰もがチームを助ける準備をしなければならない」

「彼は主要な選手の1人だ。だけど、毎試合、同じアプローチを突き通す必要がある」

「ハリー(・ケイン)の重要性を全員分かっている。彼は決定的なゴールを決めることができる。だが、他の選手が自分のクオリティーを見せるチャンスでもあるんだ。僕たちは才能があるチームだからね」

「もちろんフットボールでは、大きなことを成し遂げるためには、好調なベストプレイヤーがいなければならない。だけど最も重要なのは団結力だ」
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム、指揮官ポチェッティーノの息子・マウリツィオと契約更新

トッテナムが、スペイン人FWマウリツィオ・ポチェッティーノ(18)と新契約を結んだ。本人が自身のインスタグラムで発表している。 同クラブの指揮官、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の実子であるマウリツィオ。名前が似ているためややこしいが、2015年1月にサウサンプトンのアカデミーから移籍した。 現在はU-18でプレーしており、2017-18シーズンのサウサンプトン戦でデビュー。同シーズン11月のスウォンジー戦で初ゴールを記録した。昨季はリーグ戦15試合に出場し3ゴール1アシスト。また、U-23チームでも1試合に出場した。 マウリツィオのインスタグラム(@maurizio.8)には、父・マウリシオと肩を組み契約書にサインをしている写真が上げられている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bz8fksSAxyk/" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Bz8fksSAxyk/" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Bz8fksSAxyk/" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">2019/20 underway... #COYS</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/maurizio.8/" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Maurizio Pochettino</a>さん(@maurizio.8)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2019-07-15T17:07:40+00:00">2019年 7月月15日午前10時07分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2019.07.16 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイルに買い手現る! 古巣スパーズが再び挙手か

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)に対して、古巣トッテナムが再び関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。本人は残留の意思を示しているが、それに反して売却を望むレアル・マドリーは他クラブからのオファーを待っている状況とみられる。 だが、ベイルの高額給与や移籍金がネックとなり、現時点で上海申花からの関心にとどまっている様子。そんなベイルに対して、以前にも移籍先として浮上したトッテナムが再び誘いの手を差し伸ばしている模様だ。 そのトッテナムは、レアル・マドリーにベイルの移籍金として5000万〜6000万ユーロ(約60億7000万〜72億9000万円)を支払う意思を表明。16日に30歳の誕生日を迎えたベイルもトッテナム復帰に肯定的だという。 しかしながら、トッテナムは同時にベイルの年俸1700万ユーロ(約20億6000万円)を支払う難しさを選手の代理人に吐露。仮にトッテナム復帰となれば、給与の減額を売れ入れる必要性があるとのことだ。 そうした状況により、レアル・マドリーもベイルに対して、残る契約期間の年俸の半額である2500万ユーロ(約30億3000万円)の支払い義務が生じてくるようだ。 なお、今夏に3億ユーロ(約364億7000万円)の補強費を投じたレアル・マドリーは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を守るべく、売却利益が必要な状況となっている。 2019.07.16 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

サリバを巡るノースロンドン・ダービーが激化模様…アーセナルがトッテナムと同額オファー用意

サンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)を巡るノースロンドン・ダービーが激しさを増しているようだ。フランス『RMC』が伝えている。 サンテチェンヌの下部組織出身のサリバは、193㎝の長身とパワーを生かした対人の強さに加え、ポジショニングセンスやドリブルでの果敢な持ち出しを得意とする現代型のセンターバックだ。トップチームデビューを果たした昨シーズンは公式戦19試合に出場し、サンテチェンヌの堅守を支えていた。 センターバックの補強が必須となっているアーセナルはしばらくサリバを追っていることが報じられていた。一部報道では個人間合意に達し、公式発表も間もなくとも言われていたが、実のところは難航している模様だ。 そんな折、急遽同じロンドンのライバルトッテナムが横槍を入れてきた。『RMC』によると、トッテナムはアーセナルとサンテチェンヌの交渉が滞っているうちに、アーセナルよりも好条件のオファーを提示し、逸材の獲得に迫っているという。 ところが同メディアの最新の情報によると、サリバを渡すわけにはいかないアーセナルがトッテナムが提示した同等の3000万ユーロ(約36億5000万円)+ボーナスというオファーを新たに用意。サリバを巡る争奪戦は激化の一途を辿っている。 2019.07.15 22:11 Mon
twitterfacebook
thumb

フェキルがベティス行きに合意! ロ・セルソはスパーズ移籍へ!

ベティスが、リヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(25)の獲得に迫っているようだ。フランス『Canal Plus』、『Le Parisien』が伝えている。 昨夏、リバプール行きに迫りながらも最終的にリヨン残留となったフェキルは、クラブとの契約が2020年夏までとなっており、選手、リヨン双方が今夏のタイミングでの退団を考慮している。 その中でフェキルは先日に交渉の事実が伝えられたベティスへの移籍に同意したようだ。 両メディアが伝えるところによれば、以前からリーガエスパニョーラでのプレーを望んでいるフェキルは、ベティスが掲示した年俸700万ユーロ(約8億5000万円)の5年契約という好条件のオファーに同意する可能性が高いという。 また、キャプテンの放出を容認するリヨンは、3000万ユーロ(約36億5000万円)のオファーを受け入れる構えだという。 なお、仮にこの金額での移籍が成立した場合、ベティスにとってはサンパウロからブラジル代表FWデニウソンを獲得した際に支払った3150万ユーロに続くクラブ史上2番目の高額移籍となる。 ベティスはフェキルの獲得に迫る一方、トッテナムが獲得を熱望するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の売却オペレーションも並行して進めているという。 スペイン『Diario de Sevilla』はベティスがロ・セルソの放出条件を7500万ユーロ(約91億3000万円)に設定していると伝えている。 この金額に関してはベティスがパリ・サンジェルマン(PSG)からロ・セルソを買い取った際に、今後同選手を他クラブに放出した際の移籍金の20パーセントをPSGに支払うという契約条項が盛り込まれた影響による値段設定だという。 仮に、この金額で移籍が成立した場合、ベティスの取り分は6000万ユーロ(約73億円)となる。 なお、フェキルの獲得オペレーションはあくまでロ・セルソ売却を前提したものであり、先にロ・セルソを売却次第、交渉が進む模様だ。 2019.07.14 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トリッピアーがバイエルンのショートリスト入りか

バイエルンがイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入以降、正確なキック精度と豊富な運動量を武器に主力に定着したトリッピアー。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもイングランド代表として印象的なパフォーマンスを見せたが、その後、迎えた昨シーズンは守備面でのイージーミスや肝心の攻撃精度を欠く場面も多く、公式戦38試合に出場しチャンピオンズリーグ(CL)では決勝進出に貢献したものの、徐々にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失い始め、今夏の放出候補にも挙がっている。 バイエルンは今夏、サイドバックの選手層の拡充を目指しており、トリッピアーがショートリストの上位に名を連ねているという。ただ、バイエルンは右サイドバックで定位置を確保しているドイツ代表MFヨシュア・キミッヒのバックアップとして考えているようで、同メディアはトリッピアーがバイエルンに加入した場合は、ベンチを温める時間が長くなると予想している。 なお、トリッピアーには現在、バイエルンの他にアトレティコ・マドリー、ユベントスらからの関心が伝えている。 2019.07.14 12:58 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース