指揮官が白血病告白のセビージャ、来季の指揮官候補にブランをリストアップか2019.04.10 22:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは、来シーズンの指揮官に元フランス代表指揮官のローラン・ブラン氏(53)を招へいする可能性があるようだ。フランス『ル・パリジャン』が報じた。今シーズンは、パブロ・マチン監督が率いていたセビージャだが、3月15日に解任され、ホアキン・カパロス監督が就任。その後はチームが立ち直り、リーガエスパニョーラで勝ち点49を獲得し、5位に位置。ヘタフェ、バレンシア、アラベスとの熾烈な4位争いを繰り広げている。

しかし、そのカパロス監督は7日に行われたリーガエスパニョーラ第31節でバジャドリー戦後の会見で、自身が白血病を患っていることを告白。しかし、通常の生活を送れるために、今後も監督業を続けていく意向を示していた。

『ル・パリジャン』によると、セビージャは後任候補としてブラン氏の招へいを考えているものの、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権がどうなるかによって変わる可能性があるとしている。

ブラン氏は、ボルドー、フランス代表、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)で監督を務めていたものの、2016年6月に退任して以降はフリーの状態。ボルドーとPSGではリーグ・アンで通算4度優勝。フランスカップを2度、フランス・リーグカップを4度制している。
コメント
関連ニュース
thumb

柴崎が17試合ぶり出場のヘタフェ、セビージャとのCL出場権争い制して4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第33節、ヘタフェvsセビージャが21日に行われ、3-0でヘタフェが快勝した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し、61分までプレーした。 直近3試合負けなしの5位ヘタフェ(勝ち点51)と、3連勝中の4位セビージャ(勝ち点52)による、トップ4フィニッシュを懸けたライバル同士の直接対決。 前節、降格圏に沈むバジャドリー戦を相手に数的不利を背負いながら試合終了間際のPKによるゴールで劇的な2-2のドローに持ち込んだヘタフェ。奇跡のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて重要なセビージャ戦に向けては、昨年12月の第16節レアル・ソシエダ戦以来、プレー機会がなかった柴崎が17試合ぶりにスタメンに抜擢された。 注目の上位対決は立ち上がりから拮抗した展開に。その中で右サイドハーフとしてスタートした柴崎は積極的にスペースに飛び出す動きをみせ、プレースキッカーを担うなどモチベーション高くプレー。さらに15分過ぎにはマタとサイドを入れ替えて左サイドにポジションを移す。 一方、やや様子見の入りとなったセビージャだが、時間の経過と共に個の力で相手ゴールに迫る。22分にはボックス中央で相手のクリアに反応したフランコ・バスケスが左足のボレーシュートを放つが、これはクロスバーを掠める。続く26分にはベン・イェデルが強烈な右足のシュートでGKソリアにファインセーブを強いる。 前半半ばを過ぎてセビージャの攻勢が続いていくかに思われたが、ここから試合の主役はラ・リーガで悪名高きマテウ・ラオス主審。32分にヘタフェのセットプレーの場面でバスケスのハンドを取ってホームチームにPKを与えると、これをキッカーのマタが冷静に決め切って35分にヘタフェが先制。 そして、この判定をキッカケに熱くなったセビージャの選手に対してカードの枚数が増えていくと、前半終了間際には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生する。 前半アディショナルタイム2分、相手陣内右サイドでのヘタフェのFKでキッカーの柴崎が浮き球のボールをボックス左のB・ゴンサレスに繋ぐと、この競り合いの場面でエスクデロが上げた腕にボールが当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ヘタフェに2つ目のPKが与えられたところまでは良かったが、ラオス主審はすでに1枚警告を受けていたエスクデロに厳しい2枚目のカードを科して退場処分に。そして、このPKをモリーナが決めてホームのヘタフェが2点のリードと数的優位を手にした。 迎えた後半、前半半ばからの2トップの一角に近いポジションでプレーすることになった柴崎は再びゴールに絡む仕事を見せる。53分、右サイドでボールを持った柴崎が絶妙なスルーパスをマタに通すと、ボックス右でマタが折り返したボールをゴール前のモリーナがワンタッチで押し込み、試合を決定付ける3点目とした。 その後、74分にジェネの足裏がヘスス・ナバスのヒザに入ったプレーがVARの末に一発退場の判定となり、ヘタフェも10人の戦いとなった中、終盤にかけてもセビージャの反撃を許さずに3-0で快勝。ヘタフェがセビージャをかわしてCL圏内の4位に浮上している。 2019.04.21 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、アヤックスの司令塔ハキム・ジイェフ獲得に興味? モンチSDが長年注目

セビージャが、アヤックスに所属するモロッコ代表FWハキム・ジイェフ(26)獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『El Desmarque』が伝えている。 卓越した左足のテクニックと創造性を武器に、“エールディビジ最高のテクニシャン”と評されるジイェフは昨シーズン、公式戦39試合9ゴール18アシストを記録。昨夏にはローマ移籍に迫るも、最終的には実現せず。残留した今シーズンもここまで公式戦42試合19ゴール20アシストと好成績を残しており、チャンピオンズリーグ(CL)ではクラブの快進撃を支えている。 そんなジイェフはセビージャが長年、注目している選手。スポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、ローマのSDに就任する2015年から当時、トゥベンテに在籍していた同選手に目をつけており、未だに関心を抱いている可能性があるという。 同メディアによると、ジィエフの市場価値は現在、3500万ユーロ(約44億円)。果たしてセビージャは、獲得に動くのだろうか。 2019.04.19 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元ローマ指揮官ディ・フランチェスコ氏、セビージャ監督就任か

ディ・フランチェスコ氏のセビージャ監督就任が近づいているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに伝えている。 2017年6月にローマの監督に就任したティ・フランチェスコ氏は同シーズン、セリエAで3位に入ると、チャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝でバルセロナを下す快進撃を見せ、1983-84シーズン以来のベスト4進出に導いた。しかし、今シーズンは主力の放出と世代交代を図る過渡期の中で序盤から低迷し、2019年3月に解任。現在はフリーとなっている。 そんな中、今回伝えられるところによると、ディ・フランチェスコ氏は現在、セビージャに滞在。4月14日に行われたリーガエスパニョーラ第32節のベティス戦も視察に訪れ、2017年から2019年3月までローマで共に働いていたモンチSD(スポーツディレクター)と会談を行ったという。 その一方で、スペイン『ムンド・デポルティボ』では、セビージャが今シーズンに来シーズンのCL出場権を確保した場合、続投することが有力だとも報じられている。 2019.04.19 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

"ルーマニアのレジェンド"ゲオルゲ・ハジ息子、来季リーガ挑戦か セビージャが注目

セビージャが、ルーマニアのヴィトルル・コンスタンツァに所属するルーマニア代表MFヤニス・ハジ(20)に注目しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 レアル・マドリーやバルセロナでプレーしたルーマニアサッカー界のレジェンドであるゲオルゲ・ハジ氏を父に持つヤニスは、父と同じ攻撃的MFだ。2009年に父が創設したヴィトルル・コンスタンツァでプロデビューを飾ると、2016年にはフィオレンティーナに加入。2018年1月にヴィトルル・コンスタンツァへ復帰した。今シーズンはここまで公式戦32試合10ゴール6アシストを記録している。 そんなヤニスには現在、アヤックスやアンデルレヒト、スタンダール・リエージュが関心。しかし、セビージャも獲得に興味を示しており、スポーツディレクターを務めるモンチ氏が今夏に獲得へ動く1人として狙いを定めているようだ。 "ルーマニアのシャビ"とも評されている息子を、ゲオルゲは「知的で多くの魅力があり、トッププレイヤーになる可能性もある」と太鼓判を押している。レジェンドのDNAを持つヤニス。今夏、リーガエスパニョーラ行きなるか。 2019.04.16 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

点の取り合いとなったデルビ・セビジャーノはセビージャに軍配! 暫定で4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第31節、セビージャとベティスによるデルビ・セビジャーノが13日に行われ、3-2でセビージャが勝利した。 セビリアの街を二分する両クラブによる一戦。現在、5位で来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すセビージャ(勝ち点49)と、9位でCL権獲得も視界にとらえているベティス(勝ち点43)が激突。 ホアキン・カパロスが暫定監督を務めるようになって以降、リーグ戦4試合で3勝を挙げているセビージャ。連勝中のチームのスタメンは前節のバジャドリー戦から4選手変更された。 一方のベティスは前節にリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。スタメンは前節のビジャレアル戦から2選手変更。バルトラとテージョに代わり、シドネイとフィルポが先発に名を連ねた。 大歓声の中キックオフを迎えたデルビ・セビジャーノ。早速2分にベティスのウィリアム・カルバーリョが味方のスルーパスからゴール前に飛び出し会場を沸かせたが、ここはオフサイド。 ホームのセビージャのファーストシュートは15分。ボックスの外からバネガが狙ったが相手に当たって枠を外れた。その直後、CKで相手陣内に攻め込んでいたセビージャだったが、相手のプレッシャーもありヘスス・ナバスが一度最終ラインからGKに戻したところ、そのパスが弱くなりヘセに奪われてしまう。慌てて出てきたGKバシリクも躱され絶体絶命のピンチだったが、ヘスス・ナバスが懸命に戻り寸前のところでシュートを止めた。 ピンチの後にはチャンスあり。迎えた26分、セビージャは右サイドからサラビアが上げたインスイングのクロスをムニルが頭で合わせてネットを揺らした。 セビージャは30分にも、右サイドから仕掛けたイェデルがサラビアとのワンツーでゴール前に侵攻。GKと一対一になったが、シュートは好セーブに遭った。リードしてから主導権を握ったセビージャだったが、追加点は生まれることなく後半へ。 試合折り返し、ギア全開で入ったベティスはロ・セルソがボックス左に侵入しシュートを放ったが、GKの正面。53分にはカウンターからヘセにチャンス。GKと一対一になったがDFが寄せてきたこともありシュートコースを限定されゴールならず。 だが迎えた55分、ベティスがついに同点に追いつく。左サイドでパスを受けたジュニオル・フィルポがグラウンダーでマイナスのクロスを供給。ニアに飛び込んだヘセがこれをスルーすると、時間差でボックスに入ってきたロ・セルソがゴール正面から叩き込み試合を振り出しに戻した。 しかしその4分後、自陣でボールを奪ったセビージャはカウンターで左サイドを突破。ボックス左に侵入したイェデルのクロスをサラビアが押し込んですぐに勝ち越した。 さらにその5分後、ボックス手前でフリーでボールを持ったフランコ・バスケスのミドルシュートがゴール右上に突き刺さりリードを2点に広げた。 窮地に立たされたベティスはエメルソンとヘセを下げてホアキンとロレンを投入。セビージャもムニルとフランコ・バスケスの得点者2人とバネガ下げて、プロメス、A・ビダル、ログを投入した。 76分にベティスは途中出場のロレンがカウンターからチャンスを迎えたが、シュートは惜しくも枠の左に。その後、ベティスは最後の交代枠としてテージョを投入。その5分後の82分、テージョが魅せた。 ロ・セルソが倒されボックス手前左の位置で獲得したFK。これをテージョが見事に直接決めて、スコアは2-3に。 しかし、試合はここで終了。同点まであと一歩のところまできたベティスだったが、試合は3-2でセビージャが勝利。3連勝で暫定4位に浮上した。 2019.04.14 05:48 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース