監督突如辞任のフィオレンティーナ、新指揮官はモンテッラ氏が濃厚2019.04.10 20:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ステファノ・ピオリ監督(53)が辞任したフィオレンティーナだが、後任監督はヴィンチェンツォ・モンテッラ氏(44)に任せる意向のようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』などが報じている。フィオレンティーナは現在セリエAで10位に位置。コッパ・イタリアでは準決勝に進出しているが、公式戦ここ11試合で1勝と苦戦。その結果を受け、ピオリ監督が9日に辞任を発表していた。

48時間以内に後任監督について発表するとしていたフィオレンティーナだったが、モンテッラ氏が9日の午後にフィオレンティーナへ到着。10日の朝にフィレンツェ・カンポ・ディ・マルテ駅に現れたところを記者団に囲まれたようだ。

モンテッラ氏は記者団に対し「ここに戻ってこれて本当に嬉しいよ」とコメント。古巣への復帰を示唆していた。

モンテッラ氏は2012年から2015年にかけてフィオレンティーナを指揮。在任期間中は3年連続でセリエA4位の成績を残すなど、名将候補として評価を上げていた。

しかし、2015-16シーズンを前にフロントと衝突。その結果、解任の憂き目にあっていた。

その後は、ミランやセビージャで指揮を執ったものの、どちらも結果を残すことができずに解任されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

フィオレンティーナに逆転勝利のユベントスが5試合を残して8連覇達成!《セリエA》

ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-1で勝利した。この結果、セリエA8連覇を決めている。 前節SPAL戦では引き分けでも8連覇決定だった中、逆転負けして優勝がお預けとなった首位ユベントス(勝ち点84)は、引き続きドローでも8連覇決定となる。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦を1-2と敗れ、痛恨のベスト8敗退に終わってしまった中、アヤックス戦のスタメンから2選手を変更。負傷したディバラと、デ・シリオに代えてクアドラードとカンセロを起用した。 前節からモンテッラ監督が指揮を執る10位フィオレンティーナ(勝ち点40)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは3トップに右からクアドラード、C・ロナウド、ベルナルデスキと並べた。 テンション高く試合に入ったユベントスだったが、開始6分にまさかの失点を喫する。キエーザにボックス右深くから折り返されて混戦を生み出されると、ルーズボールをミレンコビッチに蹴り込まれた。 出鼻を挫かれたユベントスはシュートに持ち込めずにいると、続く26分にはシメオネにネットを揺らされるもオフサイドで助かった。さらに34分、キエーザのミドルシュートが右ポストを直撃してヒヤリとさせられた。 それでも37分、ピャニッチの右CKからアレックス・サンドロがヘディングシュートをねじ込んで試合を振り出しに戻した。 43分にはキエーザの強烈な左足ミドルがバーを叩いて助かったユベントスは、1-1で前半を終えた。 そして迎えた後半8分、ユベントスが逆転する。C・ロナウドが右サイドを突破してボックス右深くまで侵入しクロスを入れると、ペッゼッラのオウンゴールを誘った。 その後はオープンな展開となる中、64分にはCKの流れからピャニッチが決定的なシュートを浴びせるも、GKラフォンのファインセーブに阻まれる。 徐々にフィオレンティーナの勢いが収まっていたことを受け、ピャニッチとベルナルデスキを下げたユベントスは、ベンタンクールとケアンを投入。 余裕を持って時間を使っていく中、終盤の90分にピンチ。しかし、ダボとの一対一をGKシュチェスニーが防いで2-1で勝利。5試合を残してセリエA8連覇を決めている。 2019.04.21 02:54 Sun
twitterfacebook
thumb

前年度赤字のヴィオラ、アストーリ遺族に1.8億円の支援

フィオレンティーナが急逝した元イタリア代表DFのダビデ・アストーリ氏の遺族に対して、寄付を行ったという。『フットボール・イタリア』が報じた。 アストーリ氏は2018年3月初旬、遠征先のホテルで急死。フットボール界に衝撃が走ったアストーリ氏の訃報を受け、これまで様々な形で援助を行ってきたフィオレンティーナだが、新たに150万ユーロ(約1億8000万円)を遺族に寄付した模様だ。 それはフィオレンティーナが18日に公表した2018年度の財務諸表で明らかに。その2018年度は1570万ユーロ(19億7000万円)の赤字だったが、アストーリ氏に対する敬意を貫き、遺族に対しての支援を続けた格好だ。 2019.04.20 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バティ、ビッグクラブ注目の伊逸材キエーザ&ザニオーロに助言

元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏が、欧州ビッグクラブから注目を集めているフィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)とローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)に助言した。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 フィオレンティーナ下部組織出身のキエーザは、2016-17シーズン開幕前にトップチーム昇格。以降、爆発的なスピードと足元の技術を武器にチームの攻撃をけん引。今シーズンはここまで公式戦34試合12ゴール8アシストを記録している。 一方、ローマのザニオーロは、昨夏にインテルから加入。繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークで、ここまで公式戦32試合6ゴール2アシストを記録している。 両者には現在、欧州の強豪が獲得に興味。キエーザにはレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスターシティらが。ザニオーロにもレアル・マドリーやユベントス、バイエルンといった欧州ビッグクラブが関心を示している。 そんな両選手に対して、現役時代に両クラブでプレーしたことがあるアルゼンチンの点取り屋、バティストゥータ氏が言及した。 「(キエーザについて)自分が元気に暮らせないところで、リーグやカップを勝ち取るよりも、自身が快適な場所でプレーする方が良いこともあるよ」 「(ザニオーロについて)ローマに残留するのか、それとも移籍するのか、それは自身が求めることが何なのかというものがとても重要だ。ローマのユニフォームのためにキャリアを捧げたいのであれば、その気持ちに正直になるべき。しかし、チームに留まるのがファンやサポーターが求めているからという理由だけなのであれば、上手くいかないだろうね」 2019.04.16 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ピオリ辞任のフィオレンティーナ、モンテッラが復帰!

フィオレンティーナは10日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。 フィオレンティーナでは前日、公式戦ここ11試合で1勝と苦戦していたことを受け、ピオリ監督が辞任していた。 モンテッラ氏は2012年から2015年にかけてフィオレンティーナを指揮。在任期間中は3年連続でセリエA4位の成績を残すなど、名将候補として評価を上げていた。 しかし、2015-16シーズンを前にフロントと衝突。その結果、解任の憂き目にあっていた。 その後は、ミランやセビージャで指揮を執ったものの、どちらも結果を残すことができずに解任されていた。 2019.04.10 23:59 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ監督ピオリが辞任、ここ11戦で1勝と低迷…

フィオレンティーナは9日、ステファノ・ピオリ監督(53)が辞任したことを発表した。 フィオレンティーナは現在セリエAで10位に位置。コッパ・イタリアでは準決勝に進出しているが、公式戦ここ11試合で1勝と苦戦していた。そして、直近の試合では降格圏のフロジノーネにホームで敗戦していた。 ピオリ監督は公式サイトで次のように述べている。 「私はチームのために最大限のことを常にしてきたつもりだが、私の仕事に疑問が投げかけられたため辞任を余儀なくされることになった」 ボローニャやラツィオ、インテルなどを歴任してきたピオリ監督は、昨季からフィオレンティーナを指揮。昨季は8位でシーズンを終えていた。 なお、後任候補には前ローマ監督のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏の名前などが挙がっている。 2019.04.09 23:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース