アウグスブルクが監督解任、後任に岡崎&武藤恩師のマルティン・シュミット氏2019.04.10 02:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクは9日、マヌエル・バウム監督(39)を解任したことを発表した。そして、マルティン・シュミット氏(51)の就任を発表している。M・シュミット監督とは2021年6月まで契約を結んでいる。

アウグスブルクは現在ブンデスリーガで残留プレーオフに回らなければならない16位シュツットガルトから4ポイント差の15位に位置。直近のホッフェンハイム戦を0-4と惨敗し、2連敗となっていた。

2016年12月にアウグスブルクの監督に就任したバウム監督は、2016-17シーズンを13位で、昨季を12位でフィニッシュさせ、チームを残留に導いていた。

一方、新指揮官となるM・シュミット監督はマインツやヴォルフスブルクを指揮。マインツではFW岡崎慎司、FW武藤嘉紀を指導。昨季途中に就任したヴォルフスブルクでは苦戦し、昨年2月に成績不振を受けて辞任していた。
コメント
関連ニュース
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、2試合連続退場者出して公式戦2連敗… 5位ボルシアMGとは1ポイント差に《ブンデスリーガ》

フランクフルトは14日、ブンデスリーガ第29節でアウグスブルクをホームに迎え、1-3で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節シャルケ戦をラストプレーのPK弾で辛勝し、6連勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を堅守したフランクフルト(勝ち点52)は、3日前に行われたベンフィカとのヨーロッパリーグ準々決勝では10人となった中、2-4と敗戦。公式戦16試合ぶりの黒星を喫した中、ベンフィカ戦のスタメンから2選手を変更。アブラアムとエンディカに代えてパシエンシアとA・トゥーレを起用した。 残留争いに巻き込まれ監督交代のあった15位アウグスブルク(勝ち点25)に対し、フランクフルトは長谷部を[3-4-3]の3バックの中央で先発とした。 そのフランクフルトが能動的に試合を進める入りとなり、ヨビッチが4、5分と立て続けにゴールに迫っていくと、14分に先制する。コスティッチの左サイドからのアーリークロスにパシエンシアが頭で合わせたシュートがゴール左に決まった。 主導権を握るフランクフルトは30分に追加点のチャンス。ボックス左に侵入したレビッチの折り返しをパシエンシアが詰めるもミートできなかった。すると直後、長谷部がつり出され、ディフェンスラインの中央をリヒターに破られてゴールを割られ、同点に持ち込まれた。 追いつかれたフランクフルトは36分、右CKからヨビッチがヘディングシュートでゴールに迫るも、追加タイム4分に逆転される。ボックス手前左からリヒターの放ったミドルシュートが決まり、フランクフルトは1-2とビハインドを負って前半を終えた。 そして迎えた後半開始2分、ボールにスパイクの裏を見せてチャレンジしたジェルソン・フェルナンデスに2枚目のイエローカードが提示され、フランクフルトは10人となってしまう。 そのフランクフルトは58分にピンチ。ク・ジャチョルに決定的なシュートを許すも、ゴールライン前に戻った長谷部が頭でクリアして難を逃れた。 しかし、その後は目立ったチャンスなく時間が経過。そして84分、グレゴリッチュにゴールの生まれたアウグスブルクにフランクフルトは完敗。1-3で敗れ、公式戦2連敗となったフランクフルトは5位ボルシアMGに1ポイント差に詰められている。 2019.04.15 02:58 Mon
twitterfacebook
thumb

久保先発のニュルンベルク、21試合ぶり勝利で暫定最下位脱出!《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは30日、ブンデスリーガ第27節でアウグスブルクをホームに迎え、3-0で勝利した。ニュルンベルクのFW久保裕也は84分まで出場している。 代表ウィーク前に行われた前節フランクフルト戦も先発で起用されながら消極的なプレーが目立った久保だったが、6試合連続先発となった。 20戦勝利のない最下位ニュルンベルク(勝ち点13)が14位アウグスブルク(勝ち点25)をホームに迎えた一戦。久保が[4-3-3]の右ウイングでスタートしたニュルンベルクは、12分に先制のチャンス。左CKからバウアーが決定的なヘディングシュートを浴びせた。 続く15分にはロングスローの流れからケルクがダイビングヘッドでゴールに近づくなど、ニュルンベルクが良い入りを見せた。 そんな中、時間の経過とともにアウグスブルクにボールを持たれたニュルンベルクだったが、アウグスブルクにシュートチャンスを作らせず、0-0で前半を終えた。 そして迎えた後半、52分にニュルンベルクがFKから先制する。右サイドからのインスウィングのクロスボールをファーサイドのイシャクが右足で押し込んだ。 先制後の61分、バイアーのミドルシュートをGKマゼニアがファインセーブで凌いだニュルンベルクは、67分にはFKからグレゴリッチュにヘディングシュートでネットを揺らされるも、オフサイドで助かった。 その後も集中した守備でアウグスブルクに付け入る隙を見せなかったニュルンベルクは、77分にバウアーがミドルシュートを流し込んだが、ゴール前の久保が反応したとしてオフサイドを取られてしまう。 それでも、久保が84分に下がった後、マテウス・ペレイラとローヴェンにゴールが生まれて3-0で勝利。21戦ぶりの勝利を飾り、暫定ながら最下位を脱出している。 2019.03.31 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

原口がボランチでフル出場のハノーファー、アウグスブルクとの残留争いに敗れ5連敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは16日、ブンデスリーガ第26節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-3で逆転負けした。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節レバークーゼン戦を2-3と惜敗し、4連敗となった17位ハノーファー(勝ち点14)は、レバークーゼン戦でアシストを記録し、幻弾に泣いた原口がスタメンとなり、負傷明けの浅野がベンチスタートとなった。 残留を争う15位アウグスブルク(勝ち点22)に対し、中盤フラットな[4-4-2]で臨んだハノーファーは原口をボランチに据えた。 そのハノーファーは8分に先制する。ロングボールを使って混戦を生むと、マイナのシュートは立て続けにDFにカットされるも、ルーズボールをヴァイダントがヘッドで押し込んだ。 良い入りを見せたハノーファーは12分にもロングボールを使ってヴァイダントが決定的なボレーシュートに持ち込み、流れを引き寄せていく。 その後、徐々に押し込まれる展開を強いられたハノーファーだったが、33分にCKの流れから原口がシュートを浴びせて応戦。さらに38分、原口が起点となってジョナタスが際どいシュートを浴びせた。 ハノーファーが前半を1点リードしたまま終えて迎えた後半、52分にボックス手前中央で得たFKを原口が直接狙うと、シュートはバーを直撃した。 追加点を奪いきれないハノーファーは55分、FKからダンソのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKエッサーの好守で凌いだ。 続く61分にもリヒターのミドルシュートでゴールに迫られたハノーファーは65分、ついに失点する。CKからハーンのボレーシュートは左ポストを叩いたが、ルーズボールをコルドバにヘッドで押し込まれた。 さらに75分、チ・ドンウォンに決定的なダイビングヘッドを打たれると、79分に逆転される。左サイド絞った位置で得たFKをシュミットが意表を突いて直接狙うと、GKエッサーの逆を突いてゴール左に決まった。 意気消沈のハノーファーは86分、ハーンのシュートをGKエッサーが守備範囲ながら止めきれずに1-3で敗戦。逃げ切れず逆転負けを喫し、5連敗となって残留が遠のいている。 2019.03.17 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイス復帰のドルトムント、韓国代表FWチ・ドンウォンの2発に沈み痛恨の黒星…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、アウグスブルクvsドルトムントが3月1日に行われ、ホームのアウグスブルクが2-1で勝利した。 前節、4連勝中だったレバークーゼン相手にサンチョの1ゴール1アシストの活躍などで3-2と逃げ切り、4試合ぶりの勝利を飾った首位のドルトムント(勝ち点54)は、15位のアウグスブルク(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨んだ。来週の火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦を控える中、ファブレ監督は先発3人を変更。ラファエウ・ゲレイロとパコ・アルカセル、ヴァイグルに代えて負傷明けのエースMFロイス、デラネイ、ラーセンを起用した。 立ち上がりに互いにミスからピンチを招くなど、ややバタついた入りを見せたこの試合。時間の経過と共にアウェイのドルトムントがボールを保持しながらロイスを起点にチャンスを作っていく。 だが、序盤から中盤でのミスが目立っていたドルトムントは24分、そのツケを払うことに。右サイドのスペースに走り込んだハーンに対してDFザガドゥが簡単に入れ替わられてグラウンダーのクロスを許す。中央で収めたチ・ドンウォンの一度目のシュートはDFアカンジが身体を張ってブロックするが、こぼれ球をチ・ドンウォンに左足で蹴り込まれた。 格下相手に先制を許したドルトムントはすぐさま反撃を開始。だが、ロイスを起点にアタッキングサードまでボールを運べるものの、なかなかフィニッシュまで行き切れない。それでも、41分にはロイスのFKからボックス外の味方が頭でフリックしたボールにデラネイが飛び込むが、このシュートは枠に飛ばず。直後にはロイスの絶妙なフィードに抜け出したラーセンがゴール前で絶好機も、ここはGKコベルのビッグセーブに阻まれた。 結局、1点ビハインドで試合を折り返したドルトムントはリスクを冒して反撃に出るものの、前半同様に遅攻の局面の攻撃に苦労して攻め手を見いだせない。流れを変えたいファブレ監督は66分、負傷明けのロイスとデラネイを下げてアルカセルとラファエウ・ゲレイロを同時にピッチへ送り出す。 しかし、交代直後の68分にはアクラフ・ハキミの不用意な横パスをボックス手前左のチ・ドンウォンにカットされると、跨ぎフェイントから意表を突く左足のコントロールシュートをゴール右上隅の絶妙なコースに決められて痛恨の2失点目を喫した。 逆転勝利には残り20分で3点が必要となる苦境に立たされた首位チームは75分、ゲッツェのスルーパスに抜け出したアルカセルに絶好機もGKコベルのビッグセーブに遭う。その直後にはラーセンに代えてフィリップを投入すると、81分にようやくゴールが生まれる。高い位置でのプレッシャーから相手の不用意なバックパスを誘発すると、サンチョのカットからゲッツェと繋いでゴール前ドフリーのアルカセルが冷静に流し込んだ。 このゴールで勢いづくドルトムントは一気に相手を押し込んでいく。87分にはボックス内でゲッツェが枠の左を捉えたシュートを放つが、これはGKコベルのファインセーブに遭う。 その後、マリオ・ゲッツェの実弟フェリックス・ゲッツェを守備固めで投入したアウグスブルク相手に猛攻を仕掛けたドルトムントだったが、最後まで2点目を奪うことはできず。格下アウグスブルクに金星を献上したドルトムントは昨年12月半ばのデュッセルドルフ戦以来、8戦ぶりの今季2敗目。CLトッテナム戦に弾みを付けるどころか、今節の結果次第で2位バイエルンに勝ち点で並ばれる可能性が出てきた。 2019.03.02 06:34 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控えるバイエルン、開始15秒被弾もコマンの2発とアラバ弾で逆転勝利!《ブンデスリーガ》

バイエルンは15日、ブンデスリーガ第22節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。 前節シャルケ戦を快勝して首位ドルトムントとの勝ち点差を5に縮めた2位バイエルン(勝ち点45)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦を控える中、守護神のノイアーが負傷から復帰。ベストメンバーで挑んだ。 15位アウグスブルク(勝ち点18)に対し、3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にハメス・ロドリゲスを配置する[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始15秒に失点する。 マックスにボックス左深くまでえぐられてクロスを入れられると、クリアにかかったゴレツカのオウンゴールを誘発した。 その後もアウグスブルクのハイプレスに苦戦していたバイエルンだったが、17分に同点とする。キミッヒの正確な右クロスをコマンがボレーで押し込んだ。 しかし23分、アウグスブルクにすかさず勝ち越される。マックスが左サイド深くから上げたクロスをジューレがクリアしきれず、ルーズボールをボックス中央のチ・ドンウォンに左足で蹴り込まれた。 再び追う展開となったバイエルンは26分にゴレツカがミドルシュートでGKを強襲すれば、34分には右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートがバーに直撃した。 それでも追加タイム3分、バイエルンが追いつく。ゴレツカのパスをボックス左で受けたコマンが左足を振り抜くと、シュートがGKの股間を抜けてネットを揺らし、2-2として前半を終えた。 迎えた後半はバイエルンが攻勢に出ると、53分に逆転した。コマンのパスをボックス左で受けたアラバがゴール右にシュートを蹴り込んだ。 その後もミュラーやリベリを投入して攻撃の強度を維持したバイエルンがアウグスブルクの反撃を許さずに時間を消化。 そのまま3-2で勝利し、首位ドルトムントに暫定2ポイント差に迫った。 2019.02.16 06:26 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース