リバプール&バルセロナが興味のウルブス左SBはリバプールが好み?2019.04.09 21:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンのU-20ポルトガル代表DFルベン・ヴィナグレ(20)が今夏ビッグクラブへと移籍する可能性があるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。ヴィナグレは、スポルティング・リスボンとモナコの下部組織で育ち、2017年7月にモナコのトップチームへと昇格。そのままウォルバーハンプトンへとレンタル移籍すると、2018年7月に完全移籍で加入していた。

左サイドバックを主戦場とするヴィナグレは、今シーズンのプレミアリーグで14試合に出場。FAカップ、EFLカップで2試合ずつ出場している。

報道によると、ヴィナグレに興味を示しているのはリバプールとバルセロナのようだ。

リバプールは、プレミアリーグで対戦した際にユルゲン・クロップ監督が試合後に声をかけていたとの事。

一方のバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッド戦にスカウトを送っており、プレーをチェックしているとの事だ。

ヴィナグレ自身は、チャンピオンズリーグの準々決勝1stレグのリバプールvsポルトを前にしたインタビューで、リバプールの攻撃陣を賞賛していた。

「僕にとってイングランドのアタッカートップ3は、フィルミノ、サラー、そしてアグエロだ」

「僕は最初の2人を本当に素晴らしいと思っている。マネもまた優れているけど、2人は特にだね」

リバプールの攻撃陣を魅力的に感じているヴィナグレ。正式にオファーが届けば、リバプールを選択する可能性が高いかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

イングランドで狼注意報! ウルブスのトップ6の対戦成績がすごい

イングランド・プレミアリーグでウォルバーハンプトンが驚異的な成績を残している。 ウルブスは24日、延期分のプレミアリーグ第31節アーセナル戦を戦った。試合は前半だけで3点のリードを得る展開に。後半は攻勢を弱めて守備に集中。1点返されたものの、3-1でモノにし、1979年以来初めてアーセナルに勝利した。 だが、すごいのはこれだけではない。今シーズン1年間を通してウルブスの成績を見てみると、いわゆるトップ6と言われるチームとの対戦成績が13戦6勝4分け3敗。忘れてはいけないのが、ウルブスは昇格チームだということ。近年、世界最高の代理人、ジョルジ・メンデス氏を後ろ盾に、ヌーノ・エスピリト・サント監督をはじめ、MFルベン・ネヴェスやMFエウデル・コスタ、MFジオゴ・ジョッタなどポルトガル人を中心に強化を進め、今月上旬にはメキシコ代表FWラウール・ヒメネスをクラブ史上最高額となる移籍金で獲得するなど、積極的な補強が目立っている。 最終節にはリバプールとの対戦を残しているが、おそらくリバプールにとっては優勝がかかる大一番。舞台はアンフィールドだが、躍進続く狼軍団がリバプールの夢を打ち砕いてしまうかもしれない。 また、ビッグクラブからの引き抜きを躱し、来季も同じスカッドを保つようであれば、リーグの主役はウルブスになるのかもしれない。 ◆ウォルバーハンプトンの対トップ6対戦成績 第3節マンチェスター・シティ(H)1-1/△ 第6節マンチェスター・ユナイテッド(A)1-1/△ 第11節トッテナム(H)2-3/● 第12節アーセナル(A)1-1/△ 第15節チェルシー(H)2-1/◯ 第18節リバプール(H)0-2/● 第20節トッテナム(A)1-3/◯ FA杯3回戦リバプール(H)2-1/◯ 第22節マンチェスター・シティ(A)3-0/● 第30節チェルシー(A)1-1/△ FA杯準々決勝マンチェスター・ユナイテッド(H)2-1/◯ 第33節マンチェスター・ユナイテッド(H)2-1/◯ 第31節アーセナル(H)3-1/◯ ※並びは日程順 2019.04.25 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

来季CL出場へ…エメリ、4位浮上逃す痛恨の連敗も諦めず「リーグでもELでもまだチャンスはある」

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得をまだ諦めてはいない。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 プレミアリーグで5位につけるアーセナル(勝ち点66)は24日、同リーグ第31節延期分でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨んだ。トップ4フィニッシュを目指す中で、1試合消化試合の多い4位のチェルシー(勝ち点67)を上回る絶好のチャンスだったが、前半だけで3失点。終盤にギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスのゴールで1点を返したが、1-3で前節のクリスタル・パレス戦に続く敗戦で、痛恨の連敗を喫した。 プレミアリーグも残り3試合。トップ4入りが難しくなったが、エメリ監督はリーグ戦とヨーロッパリーグ(EL)でCL出場権獲得のチャンスがまだ残されていることを主張した。 「トップ4入りのチャンスを逃した。ただ、まだチャンスはある。通常であれば、失望するだろう。ただ、我々はシーズンが終了するまで見なくてはいけない。今回のチャンスは逃した。しかし、レスター戦に向けても最善の準備をする必要がある。それは難しいことだが、きっと我々ならできると思っている」 「レスター戦で勝ち点3を掴むために全力を尽くす。トップ4入りは難しい目標となった。しかし、リーグ戦はもちろん、ヨーロッパリーグでもまだチャンスがある」 2019.04.25 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

上位食いウルブスがアーセナルを粉砕! 今季2度目の連敗アーセナルは4位浮上のチャンスを逃す…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節延期分、ウォルバーハンプトンvsアーセナルが24日にモリニュー・スタジアムで行われ、ホームのウォルバーハンプトンが3-1で勝利した。 ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す10位のウルブス(勝ち点48)と、トップ4フィニッシュを目指す5位のアーセナル(勝ち点66)による一戦。前節、10連勝中だったホームでクリスタル・パレスに敗れたアーセナルは、1試合消化試合の多いチェルシー(勝ち点67)に抜かれて5位に転落。その敗戦からバウンスバックを目指す中2日での一戦に向けては先発7人を変更。負傷でベンチ外のオーバメヤンや失点に絡んだムスタフィらがベンチスタートとなり、ラカゼットを1トップに配した[4-2-3-1]の布陣に変更した。 [5-3-2]の守備的な布陣で臨んだホームチームに対して、立ち上がりから圧倒的なボール支配率で押し込んでいくアーセナル。トップ下のエジルや中盤に落ちてくるラカゼットを起点にアクセントを付けていくが、なかなか相手の堅固な守備ブロックにクサビを打ち込めない。 一方、押し込まれながらも冷静な守備で決定機を許さないウルブスはカウンターから20分過ぎにモウティーニョのミドルシュートで最初の決定機を作ると、28分に先制点を奪う。ボックス手前中央の好位置で得たFKをキッカーのルベン・ネヴェスが直接右足で狙うと、壁のギリギリ上を越えた鋭いシュートがゴール左隅に突き刺さった。 敵地で先制を許したアーセナルはすぐさま反撃に出るが、なかなか攻め切ることができない。対して狙い通りの試合運びを見せるウルブスは37分、左CKの二次攻撃からボックス手前左のホニーが入れたクロスをゴール前の密集で飛び出したGKレノより先に頭で触ったドハーティが無人のゴールへ流し込み、貴重な追加点を奪取。 これで完全に勢いづいたウルブスは前半終了間際の47分にも相手陣内でバックパスを奪ったジョッタが鋭い仕掛けでDFパパスタソプーロスを振り切ってボックス左に持ち込むと、左足のシュートを流し込み、最高の時間帯にダメ押しの3点目を奪った。 悪夢の前半45分を終えて後半も同じ11人で臨んだアーセナルは立ち上がりから攻勢を仕掛けるが、イウォビやラカゼットらがプレー精度を欠き相手を脅かす攻撃は見せられない。逆に55分には相手のロングカウンターを浴びてヒメネスに決定的な右クロスを許すが、ここはジョッタのトラップミスに救われる。 何とか流れを変えたいエメリ監督は58分にムヒタリアン、トレイラを下げてコラシナツ、グエンドウジを同時投入。さらに71分にはイウォビを下げてエンケティアをピッチに送り出す。エンケティアの投入で徐々に攻撃に推進力が出てきた中、80分にはジャカの右CKをパパスタソプーロスが頭で合わせ、意地の1ゴールを奪う。 しかし、この失点でより逃げ切りを意識し始めたホームチームの堅守を前に2点目、3点目と奪い切る力は今日のアーセナルにはなく、試合はこのまま3-1のスコアでタイムアップ。2試合連続で3失点と守備崩壊のアーセナルは痛恨の連敗となり、4位浮上のチャンスを逸した。 2019.04.25 05:42 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツがウルブスを下し残留へ前進! 吉田は今季初アシストで貢献《プレミアリーグ》

サウサンプトン13日、プレミアリーグ第34節でウォルバーハンプトンと対戦し、3-1で勝利した。 17位のセインツ(勝ち点33)と8位のウルブス(勝ち点47)の一戦。降格圏の18位と勝ち点差5と、気の抜けない戦いが続くセインツは、前節はリバプールに先制するも1-3で敗戦。連勝は「2」でストップした。今節のスタメンはそのリバプール戦で得点したロングに代わりシムズが起用された。吉田は6試合連続スタメン起用となった。 試合は開始早々に動きを見せた。右サイドでボールを持ったのはホームのセインツ。シムズがサイドを抉りグラウンダーでマイナスのクロスを送ると、DFの前に飛び出したレドモンドが合わせてネットを揺らした。 出鼻をくじかれたウルブスは7分、右ウイングバックのドハーティが切り込んでシュートに持ち運ぶ。そのこぼれ球をルベン・ネヴェスがボックスの外から狙ったが、相手に阻まれ枠の外へ。 ポゼッションではウルブスが6割超えと圧倒。すると28分、モウティーニョの右足のCKにボリが打点の高いヘディングシュートを合わせて同点に追いついた。 しかしその直後、セインツは後方からのロングパスを最前線でシムズが収めると、イングスへ繋ぎ最後はイングスのスルーパスを受けたレドモンドがGKとの一対一をループシュートで制し再び勝ち越しに成功した。 試合はセインツのリードで後半へ。しばらく平行線を辿る中、60分に両チームが交代策を講じる。追い付きたいウルブスはドハーティを下げてアダマ・トラオレ、セインツはイングスとシムズを下げてロングとロメウを投入した。 この交代が功を奏したのはセインツだった。71分、左CKで相手に当たってルーズボールとなったところを吉田がオーバーヘッドで狙いにいく。これは相手に当たってノーチャンスだったが、こぼれ球を吉田が前線に繋げると、ロングがこれを押し込んで追加点。リードを2点に広げた。 吉田の今季初アシストで試合を決定付けたセインツは、残っていた交代枠を使いながら時間を消費。相手の追加点を許さず試合をクローズし3-1で勝利。2試合ぶり白星で残留に一歩前進した。 2019.04.14 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

デウロフェウ躍動のワトフォードがウルブス撃破で決勝進出! ラストプレーのPK弾で持ち込んだ延長戦を制す《FAカップ》

FAカップ準決勝、ワトフォードvsウォルバーハンプトンが7日にウェンブリー・スタジアムで行われ、2-2のスコアで90分間の戦いが終了。その後、延長戦を3-2で制したワトフォードの決勝進出が決まった。 共にクリスタル・パレス、マンチェスター・ユナイテッドを破ってベスト4進出を決めたプレミア9位のワトフォード、同7位のウォルバーハンプトンによる一戦。 大会初優勝を目指すワトフォードはGKをフォスターからゴメスに代えた以外、フィールドプレーヤーは現状のベストメンバーを起用。ドゥクレやディーニー、ロベルト・ペレイラが起用された。 一方、1959-60シーズン以来の優勝を目指すウルブスはこちらもGKをルイ・パトリシオからラディに代えた以外、現状のベストメンバーを起用。ネヴェス、モウティーニョ、ヒメネス、ジョッタが起用された。 立ち上がりにホニーがクロスバーを掠める際どいシュートを放つなど、ウルブスが攻勢を仕掛ける。だが、序盤のピンチを凌いだワトフォードは球際の強さを武器にシンプルな縦への仕掛けから押し返していく。31分にはディーニーの左からのクロスに反応したアンディ・グレイがゴール前に飛び込むが、GKの手前で触ったワンタッチシュートはわずかに枠の上を越える。 前半半ばを過ぎて劣勢を強いられたウルブスだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。36分、右CKの場面でショートコーナーからボックス手前右角のジョッタが左足で鋭いボールを入れると、ファーでドゥクレを出し抜いてゴール前に飛び出したドハーティがワンタッチで流し込んだ。 先制を許したワトフォードは前半終了間際に決定機を迎えるが、ボックス中央でグレイが放ったボレーシュートはDFコーディの決死のブロックに阻まれてゴールとはならず。 ウルブスの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続くが、より効率的に攻めるウルブスが徐々にペースを握る。すると62分、相手陣内中央右のドハーティが入れた浮き球のクロスをボックス内で胸トラップしたヒメネスが豪快な右足のジャンピングボレーでゴール右隅に流し込む。そして、貴重な追加点を挙げたメキシコ代表FWはルチャリブレのフェイスマスクを被って自らのゴールを祝った。 この2点目で苦境に立たされたワトフォードは切り札のデウロフェウをピッチに送り出して攻勢に出ると、この交代がゴールをもたらす。79分、左サイド深くで得たスローインの流れからボックス左でボールを持ったデウロフェウがDF2枚に対峙された中、意表を突いた右足のループシュートを放つと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに決まった。 デウロフェウのゴラッソで試合の雰囲気を一変させたワトフォードは試合終盤にかけて厚みのある攻撃でウルブスを押し込んでいく。すると、後半アディショナルタイムに劇的な同点ゴールが決まる。94分、ボックス内でルーズボールに反応したディーニーがデンドンカーからアフターチャージを受けてPKを獲得。これをディーニーが豪快に蹴り込んで土壇場で延長戦に持ち込んだ。 延長戦に入ると、土壇場で追いついたワトフォードと逃げ切りに失敗したウルブスという両者のメンタルが色濃く反映される展開に。すると、延長前半終了間際の104分、再びデウロフェウが魅せる。中盤で競り勝ったボールを拾ったグレイとのパス交換でボックス右に抜け出したデウロフェウがDFを振り切りながら意表を突くタイミングで右足のグラウンダーシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。 その後、殊勲のデウロフェウが足首をひねって負傷交代を強いられたワトフォードだが、ピッチ上の選手たちが攻守両面でウルブスを圧倒。試合終了間際のカバレイロの決定機もGKゴメスが決死のセーブで阻止した。 そして、2点差を追い付いた末に延長戦でウルブスとの激闘を制したワトフォードが1983-84シーズン以来となるFAカップ決勝進出を果たした。 なお、前日にブライトンを破ったマンチェスター・シティとワトフォードによるFAカップ決勝は5月18日にウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 2019.04.08 02:51 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース