ファン・ダイク「PFA年間最優秀選手はスターリングに投票した」2019.04.09 08:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、PFA(イングランドプロサッカー選手協会)年間最優秀選手に投票した選手を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。PFA加盟のプレミアリーグや下部リーグでプレーする選手を対象にした年間を通して、最も輝いた1名を選出する同賞。昨シーズンは、リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラーが初受賞した。

PFA年間最優秀選手の投票では、クラブや代表のチームメイトを投票することも可能だ。しかし、ファン・ダイクは現在、プレミアリーグで優勝争いを繰り広げるライバルクラブ、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングに投票したことを明かした。

「ラヒーム・スターリングに投票したよ。考えた結果、彼がそれに値すると思ったんだ」

「彼は素晴らしいシーズンを過ごした。ベルナウド・シウバも投票しようと思ったね。あとは、シティの選手で何人か…」

「でも僕は正直に、彼が選手としてとても進歩したと思った。彼が勝ち取るか見てみよう」
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、フリーのスタリッジに関心か

インテルがリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『tuttomercatoweb』が報じている 2013年冬にチェルシーからリバプールに加入したスタリッジは、加入当初こそ活躍したが、次第にケガによる離脱が散見され、チーム内の序列が低下。最終的にセネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの控えが定位置となり、契約満了の今シーズン限りでリバプールを退団していた。 そのスタリッジに対してボローニャも関心を示しているというが、アントニオ・コンテ監督が就任したインテルも注視。[3-5-2]のフォーメーションを採用する同監督は、攻撃のオプションを増やしたいと考えており、同選手の獲得に関心を示している模様だ。 2019.07.16 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール若手GKがハダースフィールドへレンタル移籍

チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドは15日、リバプールのU-21ポーランド代表GKカミル・グラバラ(20)を獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 グラバラは、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティなど多くのクラブからの関心が寄せられる中、2016年1月にリバプールのU-18チームへと入団。その後U-23チームに昇格すると、2019年1月からはデンマークのオーフスへとレンタル移籍する。 2018-19シーズンのデンマーク・スーペルリーガでは6試合に出場。リバプールへと復帰が決定していたが、ハダースフィールドへのレンタル移籍が決定した。 2019.07.16 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、リバプールの2年レンタルオファーを承諾か

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)に対して、リバプール復帰の可能性が高まっているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2018年1月にリバプールから高額移籍金でバルセロナに加入したコウチーニョ。だが、活躍ぶりが移籍金に見合っていないとして批判が絶えず、今夏の移籍が有力とする報道が相次いでいる。 そのなかで、バルセロナが先日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の獲得を発表。これにより、コウチーニョの立場がより危うくなった感がある。 そのコウチーニョに対して、古巣リバプールが9800万ユーロ(約119億1000万円)の買取オプションが付随した2年間のレンタルを条件とするオファーをバルセロナに提示したという。 そうなれば、気になるのが本人の反応だ。伝えられるところによれば、コウチーニョ自身も古巣から届いた復帰の申し出に対して、受け入れる姿勢を示している模様だ。 ただ、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)を連れ戻すための一手として、コウチーニョの譲渡案を画策しているとみられる。 今夏のコパ・アメリカ2019参戦中にもバルセロナでの将来が不透明であることを口にしたコウチーニョ。新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2019.07.16 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

セネガルサッカー連盟会長がマネの移籍を促す 「マドリーからのオファーを考えるべき」

セネガルサッカー連盟(FSF)のサエー・セック会長が、リバプールに所属する同国代表FWサディオ・マネ(27)にレアル・マドリー移籍を勧めた。イギリス『ミラー』が報じた。 2016年夏にサウサンプトンからリバプールに加入したマネは、加入初年度からレギュラーとして活躍。背番号「10」を継承した昨シーズンもプレミアリーグ36試合22ゴールの活躍を見せ、得点王を初受賞するなど、チームに欠かせない存在の1人だ。 そのマネに関して、ジネディーヌ・ジダン監督が熱視線を送っているとして、レアル・マドリー移籍の可能性が長らく取り沙汰されている。セック会長は、エル・ブランコ入りを検討すべきだと促した。 「世界中の誰もが知っている。リバプールで大きな成功を収めているマネが世界のトップ10に入るフットボーラーだということをね」 「彼は、(モハメド・)サラーや(ロベルト・)フィルミノに並ぶ驚異的な選手だ。昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を優勝した彼にレアル・マドリー移籍のチャンスがある」 「私自身はバルセロナのファンだが、レアルは世界最高のクラブだと思う。だから、マネはオファーを真面目に考えるべきだ」 「フットボーラーのキャリアはとても短く、あまりチャンスがない。ジダンはマネを気に入っている。そう思うよ」 2019.07.14 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

若手に注目のリバプール、21歳のロシアリーグ得点王チャロフ争奪戦に参戦?

リバプールが、CSKAモスクワに所属するロシア代表FWヒョードル・チャロフ(21)の獲得を睨んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 CSKAモスクワ下部組織出身のチャロフは、2016年9月にトップチームデビュー。21歳とは思えない冷静さと、ゴール前の機知に富んだ柔軟な選手で、昨シーズンの公式戦37試合で17ゴール7アシストを記録し、同シーズンのロシア・プレミアリーグで得点王に輝いた同国期待のストライカーだ。 チャロフは大舞台にも強く、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリーからゴールを奪ったこともあり、アーセナルを筆頭に、マンチェスター勢、トッテナム、バイエルンやドルトムントなど、欧州の注目の的となっている。 そんな有望選手の獲得レースにリバプールも参戦する可能性がある模様。同クラブは今夏、元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)が退団したことで、指揮官のユルゲン・クロップ監督も新たなストライカーの獲得を希望しているようだ。ちなみに同メディアによれば、評価額は2000万ポンド(約27億1000万円)だという。 リバプールは今夏、1人目の補強としてズウォレからU-19オランダ代表DFゼップ・ファン・デン・ベルグ(17)を獲得。次なる新戦力候補にフルアムのU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)が挙がっているなど、若手選手の獲得に力を入れている様子だ。果たしてリバプールは、この有望株の獲得にも動くのだろうか。 2019.07.14 15:55 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース