アザール弾でハマーズ撃破のチェルシーが暫定3位に浮上!《プレミアリーグ》2019.04.09 06:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第33節のチェルシーvsウェストハムが8日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-0でチェルシーが勝利した。ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第27節延期分のブライトン&・ホーヴ・アルビオ戦を3-0で快勝した5位チェルシー(勝ち点63)は、その試合から先発を2人変更。ジルーとA・クリステンセンに代えてイグアインとリュディガーを先発で起用した

一方、前節のエバートン戦を0-2で完敗した11位ウェストハム(勝ち点42)は、その試合からスタメンを5人変更。エルナンデスやアルナウトビッチ、ライスらが先発に名を連ねた。

立ち上がりから地力に勝るチェルシーが押し込む展開で推移すると、24分に決定機。ロフタス=チークからのパスをバイタルエリア手前で受けたアザールがドリブルで中央突破を試みると、ボックス手前のウェストハムDFをダブルタッチで抜き去り、ゴール右隅にシュートを流し込んだ。

先制したチェルシーは、26分にもアザールのロングパスで相手DFの裏に抜け出したイグアインがゴールエリア左横から左足でシュートを放ったが、これはGKファビアンスキの好セーブに阻まれる。

ハーフタイムにかけても押し込む流れが続くチェルシーは43分、ボックス右でボールキープしたハドソン=オドイの落としからカンテがクロスを供給。ゴール前のイグアインが胸トラップからボレーシュートで狙ったが、シュートは相手DFに当たり枠の右に外れた。

迎えた後半、1点を追うウェストハムはエルナンデスを下げてスコットグラスを投入。すると54分、フェリペ・アンデルソンのロングパスをボックス右深くで受けたアルナウトビッチがマイナスの折り返しを供給。これを走り込んだランシーニがダイレクトで合わせたが、シュートはGKケパの好セーブに防がれた。

追加点が遠いチェルシーは、70分にロフタス=チークを下げてバークリーを投入。さらに76分にイグアインを下げてジルー、85分にはハドソン=オドイを下げてペドロをピッチに送り出した。すると90分、チェルシーに追加点が生まれる。

ペドロの左クロスのクリアボールをボックス左手前で拾ったバークリーが、丁寧なクロスをボックス右へ送ると、これをフリーで受けたアザールが冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。アザールの2ゴールでリーグ戦3連勝を飾ったチェルシーが、暫定3位に浮上した。


コメント
関連ニュース
thumb

来日ランパード、補強禁止と若手の去就について語る「アンパドゥはローンに出すかも」

明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見が16日に行われた。 チェルシーの新指揮官として会見に臨んだフランク・ランパード監督。選手としてキャリアのほとんどを過ごしてきた愛する古巣に戻ってきたが、いきなり補強禁止という大きな壁にぶつかっている。これに関する記者からの「ある意味では良かったのでは?」という質問に同監督はこう答えた。 「移籍に関しては、クラブは常に移籍によってチームを良くしようとするものだ。ただし今回の補強禁止は私の監督就任前に決まってしまったことなので、今更後悔することはできない」 「チームが合流してこの1週間は選手たちに満足している。最も重要なことは、ここにいる選手たちやスタッフもファンも一緒に日々成長できるよう努力していくことだ」 「補強禁止処分については、8月の移籍ウインドウでのストレスがなくなったと考えれば、今のメンバーに集中できるから良いことかもしれない」 また、補強禁止処分に関連して、先日に新たに5年契約を結んだ20歳のイングランド代表MFメイソン・マウントについても言及した。 「マウントが契約してくれたことは本当に良いことだ。私はアカデミーの選手にいつも注目しており、トップチームに入る準備ができている選手はたくさんいる。今回彼と契約したのは年齢ではなくパフォーマンスからだ。だが、私が若い選手を求めているということがハッキリしたと思う」 最後に、今回のツアーに参加していないウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥに関しては「イーサンはローンに出すかもしれない。決まったわけではないがその可能性がある」と、理由を説明している。 2019.07.16 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

就任3戦目のランパード監督、川崎Fとの対戦に「今の我々には重要な試合」 サッリ前監督にも言及

明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見が16日に行われた。 クロアチア代表MFマテオ・コバチッチとともに壇上に上がったフランク・ランパード監督にとって、川崎F戦は今夏の就任から3試合目となる一戦。来日前にアイルランドで2試合戦い、1勝1分けという成績だ。その中でJ1王者の川崎Fとの対戦は「重要な試合」と位置付けた。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)でライバルとなる相手を想定し、川崎Fのようなエネルギッシュでスピードのあるチームと戦うことは大切なことだと語った。 「今の我々にとってコンペティティブな試合は極めて重要になる。ここで我々は質を上げていかなければならない。チームとして集まってまだ1週間だが、この段階で日本のリーグの王者、つまり質があり、エネルギーがあり、スピードがあるチームと一緒にプレーするということは重要なチャレンジだ」 「また、日本のトップのチームと対戦することにリスペクトもしている。我々が何をできるかテストすることができる。プレミアリーグでもチャンピオンズリーグでも様々なクラブがあり、異なったスタイルのクラブと試合をすることも含めて大事な試合だ」 ランパード監督は前任のマウリツィオ・サッリ監督にも言及。昨季の結果や受け継いだ選手たちに関して、今夏の補強禁止にも触れて考えを述べた。 「昨シーズンのサッリ監督のチェルシーの試合はたくさん見た。いいシーズンだったと思う。来季のCLも確保したし、ヨーロッパリーグでは優勝することができた。しかし、私は後ろは振り返らない。自分のやり方があり、クラブについても選手についてもチェルシーのことは非常によく知っている」 「この1週間には満足している。選手の質や態度は素晴らしい。私の求めるプレーはエネルギッシュでスピード感のあるプレーだ。それを目指して楽しくフットボールができるようにすることが私の使命だ。サッリ監督から受け継いだ選手たちは非常に良い選手たちだし、今年はこれ以上補強ができないことは分かっているので、今いるメンバーで戦いたいと思う」 2019.07.16 19:33 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがついに来日! 川崎Fvsチェルシー、両クラブの監督・選手が意気込み語る

明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見が16日に行われた。 2年ぶりの開催となる同大会。J1王者川崎Fと、昨季のプレミアリーグ3位でヨーロッパリーグ王者のチェルシーが対戦する。 会見には川崎Fから鬼木達監督と日本代表FW小林悠が登場。チェルシーからは今夏に新たに就任したフランク・ランパード監督と、同じく今夏にレアル・マドリーから完全移籍加入したクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが出席した。 試合は19日に日産スタジアムで19時にキックオフする。 以下、両チームの選手・監督の試合に向けたコメント。 ◆鬼木達監督 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190716_30_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「チェルシーという素晴らしいチームと対戦できることを本当に楽しみにしていました。まず、自分も選手も楽しいゲームができるようにしたいと思いますし、また、多くの両クラブのサポーターの方々が来てくれると思いますので、魅せられるゲームをしたいと思います」 ◆FW小林悠 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190716_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「チェルシーという素晴らしいクラブとの対戦をすごく楽しみにしていますし、今僕たちの力がどれだけ通用するのかというのをぶつけていきたい。しっかり勝ちを狙ってチーム一丸となった戦いたいと思います」 ◆フランク・ランパード監督 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190716_30_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「また日本に来ることができてとても嬉しいよ。以前にも選手として来たことがある。金曜日の試合を楽しみにしているよ。競争力のある素晴らしい試合になると思う。新シーズンの準備に向けて重要な試合となる」 ◆MFマテオ・コバチッチ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190716_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「こんにちは。監督が僕の言いたいことを全て言ってくれたんだけど、僕も楽しみにしているよ。今回の試合は僕たちの次のシーズンに向けた準備に非常に重要だ。日本のファンの皆の前で良い試合をしたい」 2019.07.16 18:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ランプス・チェルシー、来日メンバー発表!

チェルシーは16日、来日メンバーを発表した。 今夏、ブルーズが誇る伝説的OBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード監督が指揮官としてカムバックを果たしたチェルシー。同クラブにとって、初の日本ツアーとなる。そのチェルシーは来日後、プレシーズンマッチ2試合を予定。Jリーグ王者の川崎フロンターレ(19日/日産スタジアム‎)、バルセロナ(23日/埼玉スタジアム2002)と激突する。 注目の来日メンバーは26名。今夏のコパ・アメリカ2019を戦ったブラジル代表MFウィリアンのほか、イタリア代表DFアントニオ・リュディガーや、イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ、同代表MFルベン・ロフタス=チークら負傷者を除く選手が勢揃いしており、今夏加入のアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチもメンバー入りした。 ◆メンバーリスト GK ケパ・アリサバラガ ウィリー・カバジェロ ジェイミー・カミング DF マルコス・アロンソ ダビデ・ザッパコスタ アンドレアス・クリステンセン セサル・アスピリクエタ ダビド・ルイス エメルソン・パルミエリ イーサン・アンパドゥ クルト・ズマ フィカヨ・トモリ MF ジョルジーニョ ダニー・ドリンクウォーター エンゴロ・カンテ ロス・バークリー クリスチャン・プリシッチ マテオ・コバチッチ ティエムエ・バカヨコ メイソン・マウント ケイシー・パルマー FW ペドロ オリヴィエ・ジルー ミッチー・バチュアイ タミー・エイブラハム ケネディ 2019.07.16 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、逸材メイソン・マウントと新5年契約締結!

チェルシーは15日、イングランド代表MFメイソン・マウント(20)と新たに5年契約を締結したことを発表した。 マウントは6歳の頃からチェルシーのアカデミーで英才教育を受けていた逸材で、2017年のUEFA U-19欧州選手権では、イングランドを優勝に導き大会MVPにも選出された、イギリスで最も期待されている若手の一人。まだデビューはしていないものの、昨年にイングランド代表にも招集された。 2017-18シーズンはフィテッセでリーグ戦29試合で8ゴール9アシストを記録。昨シーズンはダービー・カウンティにレンタルし、今夏からチェルシーの指揮を執るフランク・ランパード監督の下で1年間プレーした。 現在行われているプレシーズンツアーではそのランパード監督の下、13日に行われたアイルランドのセント・パトリックス戦でトップチーム初ゴールを決めた。指揮官も称賛する20歳は今回の契約延長についてこう語る。 「僕や僕の家族にとってとてつもなく大きな誇りだ。6歳の頃にこのクラブに来たときからいつだって目標はファーストチームでプレーすることだった」 「今は新シーズンが待ち遠しいよ。一生懸命やってインパクトを残したい。もうここに来て長いけど、もっと長くとどまりたい」 2019.07.15 22:37 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース