そんなバカな…東京五輪世代のズヴォレDF中山雄太、痛恨のミスをクラブに暴露される2019.04.08 21:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柏レイソルからズヴォレへと移籍した中山雄太が、痛恨のミスを犯していたことが発覚した。クラブが公式インスタグラム(peczwolle)で明かした。今年1月にズヴォレに加入した中山は、ベンチ入りを果たすもなかなか出場機会が得られないでいた。3月31日のエメン戦に途中出場しエールディビジデューを果たすと、7日に行われたフォルトゥナ・シッタート戦にも途中出場。22分間プレーし、チームは5-0で勝利していた。

ズヴォレのインスタグラムでは、試合後にゴール裏に集まったサポーターの下へ向かう中山の様子を写した動画が投稿。自身のスマートフォンで自撮りをしながら、サポーターと勝利を分かち合う姿が映されていた。

しかし、クラブが投稿した動画に付けられたコメントに思わぬ真実が隠されていた。

「ユウタは、残念ながら間違ったボタンを押してしまっていた。でも、この動画をここで見せましょう」

なんと、サポーターを煽りながら自撮りをしていた中山は、まさかの失敗に終わっていたとのこと。自撮りをしていたので、画面には自身やサポーターの姿は映っていたと考えられるため、録画ボタンを上手く押せていなかったと推測される。

中山は、自身のインスタグラム(y_5_nakayama)を更新。「+3ポイント。本当に良いゲームでした。ボールを持っているときは、いつでもサポーターの大きな歓声を聞くことができました。本当に幸せでした。来場ありがとうございます」とメッセージを投稿したが、そこには自撮りした動画ではなくクラブの写真を投稿。クラブが明かしたように、本当に自撮りに失敗していたのかもしれない。

コメント
関連ニュース
thumb

香川真司、ドルトムントの米国ツアー不参加…今夏移籍決定的に

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(30)がアメリカで行われるプレシーズンツアーに参加しないことがわかった。 ドルトムントは15日、アメリカツアー参加者26名のメンバーリストを公表。その名簿のなかに元ドイツFWアンドレ・シュールレとともに、香川の名前もなかった。 香川は、昨シーズン途中に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍後、今夏にドルトムント復帰。12日のテストマッチで途中からピッチに立ち、1得点1アシストを記録した。 その香川は、新シーズンもルシアン・ファブレ監督の構想に含まれておらず、以前から今夏移籍が有力とする報道が加熱している。 2019.07.16 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安加入のボローニャを率いるミハイロビッチ監督が白血病を告白

ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督(50)が記者会見で白血病であることを明かした。 ミハイロビッチ監督は体調不良を理由にプレシーズンのキャンプに同行しておらず、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は病状は不明なものの深刻な病であると報じていた。 そんな中、現地時間13日16時半から公式会見を行ったミハイロビッチ監督は、自身の病状について以下のように語った。 「急性白血病と診断された。相手は強力だが決して倒せないものではない。(監督として)選手達にいつも話しているように、攻撃して勝ちに行く。ただ守るだけではすぐに負けてしまうだろう。私はあらゆる戦術を使いきりこの戦いに勝利できると確信している」 「私は家族のため、子供たちのため、私を愛してくれている人たちのためにこの白血病との戦いに勝利する」 現役時代に闘争心溢れる守備と正確且つパワフルな左足のプレースキックを武器にラツィオやサンプドリア、インテルで活躍した元ユーゴスラビア代表DFのミハイロビッチ監督は、指揮官転身後にカターニャやフィオレンティーナ、サンプドリア、ミラン、トリノの監督を歴任。 ボローニャでは今年1月末に降格圏の18位に低迷していたチームを引き継ぐと、規律と闘争心を植え付けて最終的に10位まで浮上させ、余裕の残留に導いた。 なお、ボローニャのチームドクターは、ミハイロビッチ監督が16日から白血病の治療を開始することを明かしている。 2019.07.14 02:05 Sun
twitterfacebook
thumb

"ルーマニアのレジェンド"ハジの息子が伊東純也と同僚に 父が指揮するクラブからヘンクに完全移籍

日本代表MF伊東純也が所属するヘンクは12日、ルーマニアのヴィトルル・コンスタンツァからルーマニア代表MFヤニス・ハジ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年まで。 レアル・マドリーやバルセロナでプレーしたルーマニアサッカー界のレジェンドであるゲオルゲ・ハジ氏の息子として知られるヤニスは、2009年に父が創設したヴィトルル・コンスタンツァでプロデビューを飾ると、2016年にはフィオレンティーナに加入。2018年1月にヴィトルル・コンスタンツァへ復帰し、父が指揮官を務める中、昨シーズンはキャプテンを務め、公式戦39試合で14ゴール8アシストを記録した。 すでにA代表デビューも飾っており、先月に開催されたU-21欧州選手権2019では、4試合で2ゴール1アシストの活躍でルーマニア代表を準決勝進出に導いた。 ちなみにヤニス・ハジは今夏、バルセロナ、セビージャ、アヤックスなどからの関心が伝えられていた。 2019.07.13 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、公式SNS開設…真野恵里菜との2ショット公開

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が11日、『インスタグラム(official_gaku)』と『ツイッター(@GakuShibasaki_)』の公式アカウントを開設した。 柴崎は2017年1月に鹿島アントラーズから海外挑戦。テネリフェを経て、2017-18シーズンからヘタフェに加わった。だが、昨シーズンは公式戦9試合に出場したのみ。今夏移籍の見方が浮上している。 記念すべき初投稿は、いずれも先日に挙式を行ったという女優として活躍する妻の真野恵里菜さんとのツーショット写真。2人は昨年7月16日、同月に結婚したことを発表した。 柴崎はツイッターを通じて、「いつも応援してくださる皆様へ。先日、妻と挙式を行いました。自分が思った以上に素晴らしい式となり、やってよかったと思いました。これからもよろしくお願い致します。柴崎岳」と綴っている。 ◆インスタグラム<div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bzx0USqHYJr/" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/BzT3B_sg64E/" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/BzT3B_sg64E/" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Dj D Studgie D and @luccidapoochie yeah he has an account it wasn’t my shout</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/danielsturridge/" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Daniel Sturridge - Dstudge</a>さん(@danielsturridge)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2019-06-29T22:23:47+00:00">2019年 6月月29日午後3時23分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> ◆ツイッター<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_">@GakuShibasaki_</a> is this Lucci ? <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_/status/1149310636343492613">pic.twitter.com/By4uZVzAEK</a></p>&mdash; KILLA FAME (@KILLAFAME) <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_/status/1149310636343492613?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年7月11日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.12 07:50 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、デポルティボ移籍の可能性が再び

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(27)に対して、デポルティボ移籍の可能性が再浮上した。スペイン『アス』が取り上げた。 2018-19シーズンの柴崎は、日本代表の主力として存在感を示したが、所属先のヘタフェで信頼を掴み取れず、公式戦9試合に出場したのみ。そのヘタフェと2年契約を残しているが、今夏移籍の見方が強まっている状況だ。 その柴崎を巡って、デポルティボが今年1月に続き、今夏も獲得に乗り出しており、両者の協議はかなり進展。リーガエスパニューラ1部や、国外のクラブも関心を抱いているが、デポルティボは手応えを掴んでいるという。 1度のスペイン1部優勝歴を持つデポルティボは、2017-18シーズンに2部降格。昨シーズンは1部昇格プレーオフまで勝ち上がったが、決勝でマジョルカに2戦合計スコアで敗れ、1部復帰を逃した。 先のコパ・アメリカ2019で東京五輪世代中心のチームのなかで、司令塔として出色の存在感を解き放った柴崎。今夏の動向から目が離せない。 2019.07.11 08:10 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース