残留争いのニューカッスルに痛手、CBのルジューヌが今季終了2019.04.08 20:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのフランス人DFフローラン・ルジューヌの今季終了が確定した。ルジューヌは6日に行われたプレミアリーグ第33節のクリスタル・パレス戦に先発出場。だが65分に左ヒザの古傷が再発してしまい、ストレッチャーに乗せられてピッチを後にしていた。

そして、ニューカッスルが8日に発表した内容によると、ルジューヌの今季終了が確定。今後、さらなる回復情報が提供される見込みだという。

ルジューヌは今季開幕前にヒザのじん帯損傷で長期離脱を余儀なくされており、リーグ戦で初出場したのは1月12日のチェルシー戦だった。その後は11試合連続でフル出場しマグパイズの守備を支えていただけに、残留を争う15位のニューカッスルにとって大きな痛手となった。
コメント
関連ニュース
thumb

A・ペレスがハットトリックのニューカッスル、セインツ下し残留へ大きく前進! 武藤は3戦出番なしで日本人対決実現せず《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、ニューカスルvsサウサンプトンが20日に行われ、3-1でニューカッスルが勝利した。 勝ち点38の15位ニューカッスルと、勝ち点36の16位サウサンプトンによる残留を争う下位対決。 前節のレスター・シティ戦で4試合ぶりの勝利を収めたニューカッスルはその試合と同じスタメンを起用。武藤はベンチスタートとなった。一方、セインツはここ4試合でトッテナムを倒すなど3勝を挙げ好調。スタメンは2選手変更となり、吉田は7試合連続スタメンを果たした。 互いに2連勝を目指す一戦。序盤はニューカッスルが押し気味に進める展開に。15分までシュート0のセインツに対し、ニューカッスルは2本のシュートを打っているものの、どちらもゴールにつながるものではなかった。 だが、ペースを掴んだニューカッスルが試合を動かす。27分、吉田のパスをヘイデンが見事なスライディングでカット。そのボールをボックス手前で拾ったアジョセ・ペレスがドリブルでボックス右まで運び、吉田のチェックをもろともせず、右足でゴールに流し込んだ。 さらにその4分後、今度は左サイドを抜け出したロンドンのグラウンダーのクロスを再びアジョセ・ペレスが押し込んでニューカッスルに追加点。 2点先行されたセインツは45分にようやく攻撃の形。敵陣中央のレドモンドからスルーパスを受けたシムズがボックス左からシュート。しかし、このシュートは相手DFのブロックに捕まり、試合はニューカッスルの2点リードで折り返した。 セインツは後半、スティーブンスとシムズに代えて、レミナとアームストロングを投入。そのアームストロングが早速左から仕掛けてCKを獲得。そのCKに吉田が頭で合わせたが枠の右に外れた。 セインツが圧倒する後半立ち上がり。しかし55分、ニューカッスルのキ・ソンヨンがボックスの外から放ったシュートがポスト右を直撃。肝を冷やしたセインツだったがこの流れのまま1点を返す。 59分、パス交換から右サイドを突破したレドモンドからボックス手前のアームストロングへつながると、ワンタッチではたいたボールをレミナがインサイドステップで丁寧に流し込み点差を縮めた。 交代選手2人で点を奪ったセインツはさらに66分にもビッグチャンス。右CKがファーサイドに流れ、ボールはレドモンドの下へ。一人躱して折り返すと、この先にいたのは吉田。左足で合わせたが、クロスバーの上を越えてしまった。 後半はここまで押し込まれていたニューカッスルだったが迎えた86分、右サイドから上がったクロスは跳ね返されたものの、そのボールをダイレクトでリッチーがヘディングシュート。さらにこれをゴール前でアジョセ・ペレスがコースを変えてゴールイン。アジョセ・ペレスのハットトリックでニューカッスルは試合を決定付ける3点目を奪った。 後半アディショナルタイムには、セットプレーから吉田がヘディングシュートを枠に飛ばすがGKドゥブラフカがビッグセーブ。結局、試合は3-1でニューカッスルが制し残留に大きく前進。一方、2試合ぶり黒星を喫したサウサンプトンはまだまだ厳しい残留争いを強いられることになった。 2019.04.21 03:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがレスターを下して残留へ前進! 日本人対決は実現せず《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、レスター・シティvsニューカッスルが12日に行われ、ニューカッスルが1-0で勝利した。岡崎慎司と武藤義紀はともに出番はなかった。 7位のレスター(勝ち点47)と、15位のニューカッスル(勝ち点35)の対戦。 リーグ戦ここ4連勝とブレンダン・ロジャーズ監督の下で調子を上げてきたレスター。2年ぶりの5連勝を目指す今節のスタメンは、前節から1人変更。ソユンクに代わりマグワイアが先発に復帰した。 一方のニューカッスルは現在2連敗中。残り一枠となった降格圏の18位から勝ち点差は「7」あるとはいえ、消化試合が1試合多いためあまり油断はできない。4試合ぶりの勝利を目指し、スタメンはディフェンスを2人変更。ケガで今季絶望のルジューヌとイェドリンを代えて、ダメットとマンキージョが先発に起用された。 岡崎と武藤がともにベンチスタートとなった一戦。まずは2分にニューカッスルがラッセルズのヘディングシュートで先制パンチ。対するレスターもその直後に、ヴァーディがボックス中央からシュートを狙うも枠を外した。 互いに決定機を迎えた序盤戦。15分にボックス手前でFKを得たニューカッスルは、直接狙ったロンドンの強烈なシュートがクロスバーを直撃。25分にはヘイデンがボックス内からシュートを狙ったが、ゴール左を狙ったシュートはGKシュマイケルにセーブされた。 試合が動いたのは32分。ポゼッションでは劣るニューカッスルがピッチ中央でボールを奪って左へ展開。リッチーが上げたクロスに対し、ニアサイドに飛び込んだアルミロンが頭で流し込んで、アウェイのニューカッスルが先制した。 後半も大勢は変わらず、ボールを保持するレスターと、カウンター狙いのニューカッスルという構図に。だがしばらくしても得点の匂いがしないレスターは72分にエンディディとグレイを下げてティーレマンスとイヘアナチョを同時投入。さらに80分にはバーンズを下げてオルブライトンをピッチに送り攻撃を活性化。これで岡崎の出場はなくなった。 そんなレスターは80分に味方の浮き球パスでヴァーディがゴール前へ。飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを放ったが、惜しくも枠を捉えることが出来ず。 一方のニューカッスルもアルミロンを下げてアツ、キ・ソンヨンを下げてディアメを投入。75分にアジョセ・ペレスがゴール前まで侵攻し、GKも躱そうとするがうまくいかなかった。 試合終盤にレスターは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。最後まで失点を許さなかったニューカッスルが虎の子の1点を守り切り1-0で勝利した。一方のレスターはこれでロジャーズ体制2敗目となった。 2019.04.13 06:03 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤欠場のニューカッスル、ミリボイェビッチのPK弾に沈みリーグ戦連敗《プレミアリーグ》

FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは6日、プレミアリーグ第33節でクリスタル・パレスと対戦し0-1で敗戦した。武藤はベンチ入りも出場機会なかった。 3試合ぶりの勝利を目指す14位ニューカッスル(勝ち点35)が、本拠地セント・ジェームズ・パークに13位のクリスタル・パレス(勝ち点36)を迎えた一戦。 試合は立ち上がりから一進一退が続く中、ニューカッスルが14分に決定機を迎える。右クロスをファーサイドでリッチーが折り返すと相手DFとGKに当たったボールがゴール前のロンドンに繋がりゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ニューカッスルは、29分と34分にもロンドンに訪れたが決定機を逃がすと、42分にセットプレーからピンチ。ミリボイェビッチの右CKをボックス中央のトムキンスに右足で流し込まれたが、これはゴール前でGKドゥブラフカのブライドとなったマッカーサーがプレーに関与したためオフサイドの判定となった。 ゴールレスで迎えた後半、先にゴールに迫ったのはニューカッスル。53分、リッチーの左CKからルジューヌがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKが正面でキャッチ。 膠着状態が続く中、81分にスコアが動く。クリスタル・パレスは、ボックス左まで持ち上がったザハが切り返しの際にイェドリンに倒されてPKを獲得。このPKをミリボイェビッチが確実にゴール左決め、待望の先制点を奪った。 結局、これが決勝点となりニューカッスルは0-1で敗戦。リーグ戦連敗となったニューカッスルは、リーグ戦のホーム連勝記録も「5」でストップした。 2019.04.07 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のニューカッスルに快勝のアーセナルが3位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、アーセナルvsニューカッスルが1日に行われ、2-0でアーセナルが快勝した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は77分からプレーしている。 3月10日に行われた前節マンチェスター・ユナイテッド戦を勝利した暫定5位のアーセナル(勝ち点60)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ユナイテッドを1ポイント差で追う中、コシエルニーとジャカを負傷で、トレイラを出場停止で欠いた以外は現状のベストメンバーを送り込んだ。 一方、3月16日に行われた前節ボーンマス戦をラストプレー弾で2-2と引き分けた14位ニューカッスル(勝ち点35)は、武藤が引き続きベンチスタートとなった。 [3-4-2-1]で臨んだアーセナルは最前線にラカゼット、2シャドーにエジルとイウォビを並べた。そのアーセナルが5バックを敷くニューカッスル相手にポゼッションしていくと、13分に先制のチャンス。 左CKの流れからファーサイドのラムジーがボレーで蹴り込むも、その前にパパスタソプーロスのファウルを取られた。 その後も敵陣でボールを持ったアーセナルが押し込む中、30分に最初のシュートでゴールに結びつける。決めたのは先ほどゴールを取り消されたラムジー。グエンドウジの縦パスをラムジーがフリックパスでラカゼットに渡すと、ラカゼットはボックス左で仕掛ける。DFに対応されてボールがルーズとなったところをボックス内に詰めていたラムジーが左足でゴールに蹴り込んだ。 先制後も主導権を握るアーセナルは、追加タイム1分にラカゼットが決定的な枠内シュートを放つも、ゴールライン上にいたリッチーの好クリアに阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もアーセナルが押し込む展開で推移する中、61分にイウォビに代えてオーバメヤンを投入。 そのアーセナルが引き続き攻勢に出る展開が続く中、73分にオーバメヤンがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせた。 まともなシュートすら打てない状況のニューカッスルは77分に武藤を投入。すると80分、キ・ソンヨンがミドルシュートでゴールを脅かした。 それでも83分、アーセナルが順当に勝負を決定付けた。オーバメヤンのヘディングでのパスに反応したラカゼットがディフェンスライン裏を突いてループシュート。飛び出していたGKのいない無人のゴールに決まった。 このまま2-0で快勝したアーセナルがユナイテッドとトッテナムを抜いて3位に浮上している。 2019.04.02 05:54 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤に朗報? ライバルFWアジョセ・ペレスが移籍示唆 「変化の時」

ニューカッスルのスペイン人FWアジョセ・ペレス(25)が5年を過ごしたクラブからの退団を示唆している。同選手がスペイン『El Chiringuito TV』で語った。 2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアジョセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。ここまで公式戦188試合に出場し42ゴールを記録。今シーズンここまではチームが守備的なスタイルで戦う中、セカンドトップや左右のウイングを主戦場にリーグ戦30試合で6ゴール2アシストの数字を残している。 ニューカッスルとの契約は2021年までとなっているが、アジョセ・ペレスは5年間というひとつのサイクルを経て、今が自身にとって変化すべき時だと感じているようだ。 「僕はサイクルというものを信じている。ここでは5年間を過ごしてきた。そして、個人的に今が変化の時期だと思っている」 また、昨夏にベティス行きの可能性が伝えられるなど、母国からのオファーが噂されるアジョセ・ペレスは、スペイン復帰の希望を口にしている。 「スペインに戻ってラ・リーガでプレーし、ビッグクラブと競うことは自分のキャリアにとって素晴らしいものになると考えているよ」 「僕はここで多くの試合をプレーし、非常に困難なリーグに適応した。個人的には良い数字を残せていると思っている。ただ、ここでの生活はスペインに比べて劣っているとも思うよ」 日本代表FW武藤嘉紀と直接のライバルであるアジョセ・ペレスが今夏に希望通り退団となれば、武藤によりチャンスが与えられることになりそうだ。 2019.03.29 21:46 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース