残留争いのニューカッスルに痛手、CBのルジューヌが今季終了2019.04.08 20:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのフランス人DFフローラン・ルジューヌの今季終了が確定した。ルジューヌは6日に行われたプレミアリーグ第33節のクリスタル・パレス戦に先発出場。だが65分に左ヒザの古傷が再発してしまい、ストレッチャーに乗せられてピッチを後にしていた。

そして、ニューカッスルが8日に発表した内容によると、ルジューヌの今季終了が確定。今後、さらなる回復情報が提供される見込みだという。

ルジューヌは今季開幕前にヒザのじん帯損傷で長期離脱を余儀なくされており、リーグ戦で初出場したのは1月12日のチェルシー戦だった。その後は11試合連続でフル出場しマグパイズの守備を支えていただけに、残留を争う15位のニューカッスルにとって大きな痛手となった。
コメント
関連ニュース
thumb

去就不透明のベニテス、中国でハムシクと再会か!? 大連一方が年俸16億円のビッグオファーを提示

中国スーパーリーグの大連一方が、今季限りでニューカッスルと契約満了を迎えるラファエル・ベニテス監督(59)の招へいに動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レアル・マドリーやリバプール、ナポリなど多くのビッグクラブで監督を歴任してきたベニテス監督は、2016年3月に3年契約でニューカッスルの指揮官に就任。成績不振のチームを好転させたが、チームはチャンピオンシップへ降格。しかし、翌シーズンに2部優勝を飾り1年でのプレミア復帰に成功すると、昨季は10位、今季は13位と2年連続でプレミア残留に導いた。 今季限りで契約が切れるベニテスに対してニューカッスルは契約更新交渉を行っているが、交渉は難航。未だに去就は不透明になっていた。 そんな中、『スカイ・スポーツ』によれば、大連一方はベニテス監督の招へいに向けて年俸1200万ポンド(約16億円)のオファーを提示しており、同監督もこのオファーを検討しているという。 ナポリ時代の教え子であるスロバキア代表MFマレク・ハムシクやベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコらを擁する大連一方は、今冬に元韓国代表指揮官のチェ・ガンヒ監督を新指揮官に招へい。しかし、ここまで3勝4分け6敗の11位と低迷している。 2019.06.19 03:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがまた英国産の新星確保か…ニューカッスルの若きMF獲得に迫る!

マンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルに所属するイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)の獲得に迫っているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今夏、スウォンジーから爆発的なスピードが売りのウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得したユナイテッド。今後もイギリス産の有望株を中心とした補強が指摘されており、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)や、クリスタル・パレスのU-21同国代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)らが候補に浮上している。 その1人として挙がっているのが、ニューカッスル下部組織育ちのロングスタッフだ。セントラルハーフやボランチを本職とする選手で、左右両足のキック精度や運動量、タックルに定評のある若き注目株。今シーズンこそケガの影響で公式戦13試合の出場にとどまったが、ユナイテッドは求めるタイプの選手として、獲得に熱を入れているという。 ユナイテッドは、移籍金2500万ポンド(約34億1000万円)でそのロングスタッフ獲得を確信している様子。ニューカッスルに身売りのほか、ラファエル・ベニテス監督の退任説も加熱している将来不確実な状況が、ロングスタッフを狙うユナイテッドに自信をもたらしているとのことだ。 2019.06.15 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがベニテス監督の復帰を画策か!? サッリ監督のユベントス行きも濃厚に…

ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督(59)が、6シーズンぶりにチェルシーの指揮官に復帰する可能性があるようだ。イタリア『トゥットスポルト』は伝えている。 レアル・マドリーやリバプール、インテルで監督を歴任してきたベニテス監督は、2012年11月にロベルト・ディ・マッテオ氏の後任としてチェルシーの暫定監督に就任。公式戦48試合で28勝を挙げると、リーグ戦をチャンピオンズリーグ出場圏内の3位で終えると、10シーズンぶりの参加となったヨーロッパリーグではクラブを史上初の優勝に導いたが、シーズン終了後に退任。 その後、ナポリとマドリーで監督を歴任したベニテス監督は、2016年3月に3年契約でニューカッスルの指揮官に就任。成績不振のチームを好転させたが、チームはチャンピオンシップへ降格。しかし、翌シーズンに2部優勝を飾り1年でのプレミア復帰に成功すると、昨季は10位、今季は13位と2年連続でプレミア残留に導いた。 今季限りで契約が切れるベニテスに対してニューカッスルは契約更新交渉を行っているが、交渉は難航。未だに去就は不透明になっていた。 そんな中、ベニテス監督をチェルシーが来季の指揮官に招へいする噂が浮上。『トゥットスポルト』によれば、同クラブはすでにベニテスと契約交渉を開始している模様。チェルシーではマウリツィオ・サッリ監督がユベントスの指揮官に就任することが決定的となっており、ユベントスもチェルシーとベニテス監督の交渉を待っている状態だという。 なお、同メディアはユベントスが13日までにサッリ監督の指揮官就任を発表すると併せて伝えている。 2019.06.12 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ニューカッスル退団を望むアジョセ・ペレスに興味か

バレンシアが、ニューカッスルのスペイン人FWアジョセ・ペレス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena Cope』の記事を引用し『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアジョセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。ここまで公式戦195試合に出場し48ゴールを記録。今シーズンここまではチームが守備的なスタイルで戦う中、セカンドトップや左右のウイングを主戦場にリーグ戦37試合で12ゴール2アシストの数字を残した。 5年間というひとつのサイクルを経て、今が自身にとって変化すべき時だと感じているアジョセ・ペレスは、3月に行われた『El Chiringuito TV』のインタビューで「僕はサイクルというものを信じている。ここでは5年間を過ごしてきた。そして、個人的に今が変化の時期だと思っている」と退団を示唆するコメントを残していた。 『Cadena Cope』によると、バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は複数のポジションをこなせるアジョセ・ペレスを高く評価しており、今夏での獲得に興味を示しているという。 2019.06.11 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、新オーナー就任でモウリーニョ招へいへ?

ニューカッスルが、ジョゼ・モウリーニョ氏(56)の招へいを目指しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ニューカッスルは現在、同メディアが報じたように新オーナーとしてシェイク・カレド氏の就任が近付いていると言われている。シェイク・カレド氏はマンチェスター・シティでオーナーを務めるシェイク・マンスール氏のいとこで、近年湾岸諸国で最も成功を収めたというかなりの大金持ち。 大改革が予想されるニューカッスルだが、手始めに指揮官の確保に動く模様だ。以前の情報では、クラブは現指揮官のラファエル・ベニテス監督と新契約を結んだと伝えられていたが、去就が再び不透明になったことから、現在はモウリーニョ氏にアポイントを取っている状況のようだ。 世界屈指の名将の招へいの為に、ニューカッスルは年俸350万ポンド(約4億8000万円)を用意。同氏がこの話を呑めば、プレミアリーグではチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドに次ぐ3番目のチームとなる。 モウリーニョ氏は昨年の夏、ニューカッスルに関してスタジアムやファンに好印象を持っていることを語っていたが、実は同氏はニューカッスルの本拠地、セント・ジェームズ・パークでは一度も勝ったことがない。 2019.06.09 15:58 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース