大迫勇也、2人目の女児誕生を報告 「#半端なく(笑)可愛い」2019.04.08 10:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也(28)が8日、自身のインスタグラム(yuya_osako)を通じて、第二子となる女児誕生を報告した。大迫は2014年3月、モデルとして活躍する三輪麻未さんと入籍。同年10月に第一子となる長女が誕生した。2人の娘のパパになる大迫は次のように綴っている。

この度、第二子となる女の子が誕生しました。母子ともに健康で、元気に産まれて来てくれました。新たな家族も増え、父親としてより一層頑張って行きたいと思っています。ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で久しぶりに復帰することが出来ました。一つでも上の順位でフィニッシュ出来るように、今シーズン終盤戦頑張っていきます。引き続き応援宜しくお願いします」

「#半端なく(笑)可愛い」

なお、大迫は7日に敵地で行われたブンデスリーガ第28節のボルシアMG戦(1-1のドロー)で戦列復帰。ベンチスタートだったが、52分からピッチに立つと、79分に味方の同点弾をアシストした。
コメント
関連ニュース
thumb

岡崎慎司が本田圭佑の後釜に!? 豪複数クラブの関心報道

日本代表FW岡崎慎司(33)に対して、オーストラリア行きの可能性だ。オーストラリア『SBS』が報じた。 2015年夏にマインツから加入した岡崎。在籍4シーズンの公式戦得点数(137試合)こそ19得点にとどまったが、その初年度にクラウディオ・ラニエリ氏の下でレスター史上初のプレミアリーグ制覇に貢献するなど、泥臭いプレーでファンの心を掴んだ。だが、出場機会が激減した今シーズンは、わずか公式戦1ゴール。契約満了の今夏、レスター退団が決まり、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指して欧州でプレー先を模索している状況だ。 その岡崎に対して、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ、ウェスタン・ユナイテッド、そして、今シーズンまで元日本代表FW本田圭佑が所属したメルボルン・ビクトリーが興味を抱いているという。本田が受けた年俸290万ドル(約2億1000万円)を下回るものとみられるが、3クラブともにサラリーキャップの制限がないマーキープレーヤーとして岡崎を獲得する可能性が浮上している模様だ。 現在、明治安田生命J1リーグに属するヴィッセル神戸の関心報道も取り巻く岡崎。欧州でのプレー希望を抱く自身としては、それと異なる方面からの関心報道が続いているが、去就はいかに。 2019.06.27 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安健洋、ボローニャ移籍が決定的…8億超でクラブ間合意

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋(20)のセリエA挑戦が決定的な様相だ。イタリア『スカイ』が報じた。 2018年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデンに加わり、初の海外に活躍の場を移した冨安。実質初のフル稼働となった今シーズン、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ27試合1得点の成績を収め、主力として活躍した。傍ら、日本代表としても2018年8月にA代表デビュー。ここまで15試合のキャップ数を誇り、もはや欠かせないセンターバックの1人として台頭を遂げている。 そんな冨安に関してボローニャが獲得に乗り出していることが明らかになったが、600万ユーロ(約7億3000万円)のオファーに対して、シント=トロイデンは1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求。両者に移籍金額を巡る溝があり、ここにきてラツィオの関心報道も飛び出している状況だったが、ボローニャがクラブ間合意に至った模様だ。 そのボローニャとシント=トロイデンは、折り合いがつかずにいた冨安の移籍金額に関して、700万ユーロ(約8億5000万円)で合意。冨安は28日にもイタリアを訪れ、メディカルチェックと契約書へのサインが見込まれているという。 ボローニャは、今シーズンのセリエAを10位フィニッシュ。過去7度のスクデット歴を誇り、かつて元イタリア代表FWのロベルト・バッジョ氏や、日本代表MFの中田英寿氏も在籍した古豪の1つだ。 2019.06.27 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、冨安獲得から撤退か…新候補はクラブ・ブルージュのオランダ人DF

ボローニャが、シント=トロイデンの日本代表DF冨安健洋(20)の獲得をあきらめることになるかもしれない。イタリア『スカイ』やオランダ『テレグラーフ』が報じた。 センターバック補強のため冨安獲得を目指していたボローニャだが、1000万ユーロ(約12億5000万円)といわれる移籍金を前に二の足を踏んでいた。交渉が長期化する中、ラツィオが冨安獲得レースに参入したことを受けてボローニャは日本代表DF獲得から撤退し、新たなターゲット確保に動く可能性があるようだ。 ボローニャが新たに目を付けたのは、クラブ・ブルージュのオランダ人DFステファノ・デンスウィルだ。『スカイ』によれば、ボローニャは2020年にクラブ・ブルージュと契約満了を迎えるデンスウィルに対して移籍金700万ユーロ(約8億6000万円)を準備。現在、クラブ間で交渉を行っているという。 アヤックスユース出身のデンスウィルは、2012年にトップチームに昇格。しかし、アヤックスでは出場機会に恵まれず、2015年にクラブ・ブルージュへ移籍。クラブ・ブルージュでは、在籍4年間で公式戦177試合に出場し10ゴール5アシストを記録。2度のリーグ王者に輝くなど守備の要として活躍している。 2019.06.27 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安律が子供と交流…寄付金かかったキックターゲットで160万円ゲット《ウブロ×堂安律チャリティイベント》

スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』が25日、都内でチャリティイベントを開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「ウブロ×堂安律チャリティイベント」と銘打たれた同イベントは、2020年3月に供用開始予定である「JFA夢FIELD(フィールド)」の寄付金獲得を目指すテーマのもとで実施。森保ジャパンで主軸の一角を担う日本代表MF堂安律が参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベントには子供20人が集結。オランダで2年目のシーズンを過ごしたなかで、A代表デビュー&初ゴールも記録した堂安は、子供たちとの「1vs10のミニゲーム」や、「質問コーナー」、「寄付金額をかけたキックターゲット」で、約1時間にわたり交流を深めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベント最後には、堂安からイベントに参加した子供たちに対して、サイン入りのサッカーボールを贈呈。さらに、今月16日に21歳の誕生日を迎えた堂安にも、サプライズケーキがプレゼントされ、「進化できるように頑張りたい」と“21歳の抱負”を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>なお、堂安は子どもたちとのキックターゲットにより、160万円の寄付金を獲得。この全額が建設中の「JFA夢FIELD(フィールド)」に寄付されることになる。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/2SIhZT5_a14" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.25 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、コパ参戦の森保ジャパンから刺激! 「あとは自分がやるだけ」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が25日、スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』主催のイベントに登場した。 20名の子供たちとサッカーのミニゲームを通じて交流を図った堂安はイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。質疑応答に対して、次のようにコメントした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/2SIhZT5_a14" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆堂安律(フローニンヘン/日本代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──イベントを終えて 「子供たちと楽しく触れ合うができ、『ウブロ』さんのチャリティイベントを楽しくすることができて、嬉しく思う」 ──自身が子供時代に憧れた選手、ユニフォームを買った選手<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「明確には覚えていないが、セルティック時代の中村俊輔選手のユニフォームを持っていた記憶がある」 「(中村俊輔選手が好きだった理由?) 自分と同じ左利きで、背番号10を背負って日本代表を引っ張った選手だったので、すごく憧れがあった」 ──コパ・アメリカ2019を戦った日本代表を外から観た感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「僕が言うのもなんですが、逞しいというか、日本人らしく、最後までハードワークして戦っていたと思う。本当に刺激をもらってばっかり。これ以上ない環境、コパ・アメリカで戦う日本代表からこれ以上ない刺激をもらったので、あとは自分がやるだけかなと」 ──その日本代表で同世代がすごい活躍。ライバル意識は<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「そういった質問をたくさんもらうが、毎回言っているように、ありがたいし、感謝でしかない。そういう環境に身を置けるのは幸せなこと。それを拒否るようじゃ、サッカー選手のトップに上り詰められないと思う。逆に、歓迎して、自分も負けじと頑張りたい」 ──イベント内でプレーした感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「小学生のレベルというか、能力がどんなものなのか正直わからなかった。イベント中も言ったが、しつこいディフェンスが印象的だった。日本の良さはしつこいディフェンスでもあるので、『まだ子供なのにすごいな』と思った」 ──なでしこジャパンが女子W杯に参戦中。自身の主戦とするオランダが相手。メッセージを<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「男女関係なく、日本サッカーを盛り上げていきたい。なでしこジャパンは男子より成績を収めているので、今回も素晴らしい成績を収めて、日本に帰ってきてほしい。本当に頑張ってもらいたい」 ──対戦した子供たちと比べた自身の子供時代<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「あまり自分の子供時代を覚えていないので、わからない。イベント中も言ったように、緊張したと思うが、みんなが見ているなかでプレーする良い経験ができたと思う。この機会を生かしてほしい。年齢的に、僕と一緒にプレーできるので、『あのとき、堂安選手と会ったんです!』って言ってくる子供が出てきてくれたらなと思う」 ──今日のイベントで魅せられたか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「いや、まだまだです。練習します。僕も」 2019.06.25 19:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース