大迫勇也、2人目の女児誕生を報告 「#半端なく(笑)可愛い」2019.04.08 10:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也(28)が8日、自身のインスタグラム(yuya_osako)を通じて、第二子となる女児誕生を報告した。

大迫は2014年3月、モデルとして活躍する三輪麻未さんと入籍。同年10月に第一子となる長女が誕生した。2人の娘のパパになる大迫は次のように綴っている。

この度、第二子となる女の子が誕生しました。母子ともに健康で、元気に産まれて来てくれました。新たな家族も増え、父親としてより一層頑張って行きたいと思っています。ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で久しぶりに復帰することが出来ました。一つでも上の順位でフィニッシュ出来るように、今シーズン終盤戦頑張っていきます。引き続き応援宜しくお願いします」

「#半端なく(笑)可愛い」

なお、大迫は7日に敵地で行われたブンデスリーガ第28節のボルシアMG戦(1-1のドロー)で戦列復帰。ベンチスタートだったが、52分からピッチに立つと、79分に味方の同点弾をアシストした。
コメント
関連ニュース
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、アウェイゴール差でフェリックス擁するベンフィカを上回り逆転突破! 《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、フランクフルトvsベンフィカが18日に行われ、2-0でフランクフルトが勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-4とし、アウェイゴール差でフランクフルトが準決勝に進出している。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場した。 1週間前に敵地で行われた1stレグを退場者を出した中、2-4と敗戦したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となり、古巣対決のヨビッチがレビッチと2トップを形成した。 一方、新星フェリックスのハットトリックで4-2と先勝したベンフィカは、フェリックスが[4-4-2]の左MFでスタメンとなった。 少なくとも2点が必要なフランクフルトが8分にコスティッチの枠内シュートで牽制すると、徐々に圧力を強めていく展開となる。 なかなかシュートに持ち込めずにいたフランクフルトだったが、36分に先制する。ガシノビッチのミドルシュートが左ポストを直撃し、ルーズボールをボックス左のコスティッチが押し込んだ。 リプレーで見ると、コスティッチのポジションがオフサイドだったが、VARがないためゴールが認められた。 あと1点で逆転突破となるフランクフルトの攻勢がハーフタイムにかけて強まったが、前半のうちに追加点は生まれず1-0で前半を終えた。 迎えた後半開始2分、フェリックスが魅せる。味方とのワンツーでボックス左に侵入し、長谷部をかわしてクロスを入れ、決定機を演出した。その後も攻勢に出るベンフィカはセフェロビッチがヘディングシュートでGKトラップを脅かす。 劣勢のフランクフルトは57分にガシノビッチのコントロールシュートで牽制すると、60分にはレビッチの折り返しからヨビッチが決定的なシュートを浴びせていく。 そして67分、フランクフルトに逆転のゴールが生まれる。レビッチの落としたボールをボックス中央に侵入していたローデがゴール右にダイレクトで蹴り込んだ。 続く71分にもローデのコントロールシュートでゴールに迫ったフランクフルトに対し、サルビオとジョナスの両アタッカーを投入したベンフィカは、終盤の85分に決定機。しかし、左クロスに対してボックス右からボレーで合わせたサルビオのシュートはGKトラップにセーブされ、右ポストを直撃した。 結局、4分の追加タイムまで集中を切らさなかったフランクフルトがアウェイゴール差でベンフィカを上回り、逆転での準決勝進出を決めた。なお、準決勝ではチェルシーと対戦する。 2019.04.19 06:04 Fri
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワのFW西村拓真が左頬骨骨折…「必ず強くなって戻ります」

CSKAモスクワは13日、FW西村拓真が左頬骨骨折と診断されたことを発表した。 クラブの発表によると、西村は13日に行われたロシア・プレミアリーグ第13節のオレンブルク戦(2-3で敗北)で負傷した。全治については明かされていない。 その西村は自身のツイッター(@1022nishimura)で復活を誓っている。 「顔面骨折。顔と身体パワーアップして戻ります。顔は無理か、必ず強くなって戻ります」 西村は2018年8月にベガルタ仙台からCSKAモスクワに完全移籍。今シーズンはここまで公式戦12試合で1ゴールを記録している。 2019.04.16 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンの日本人選手全員が今夏退団の可能性? 現地メディアが6人を評価

日本人選手が6人在籍するベルギーのシント=トロイデンだが、全選手が同クラブを離れる可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えている。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するクラブのシント=トロイデン。2018年1月に加入した日本代表DF冨安健洋をきっかけに現在ではレンタル加入を含めて、日本代表DF遠藤航や同国代表MF鎌田大地の他、MF関根貴大、FW木下康介の5人の日本人選手が在籍している。鹿島アントラーズに期限付き移籍中のDF小池裕太も含めれば6人だ。 シント=トロイデンは今シーズン、レギュラーシーズンで昨シーズンの10位を上回る7位で終了。現在はヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権を目指して戦うプレーオフ2・グループAで首位に位置している。 そんなシント=トロイデンで奮闘する日本人選手を今回、同メディアが評価した。パフォーマンスが称えられているのは、DF冨安健洋、DF遠藤航とフランクフルトから期限付き移籍しているMF鎌田大地。「このトリオはここ数か月間、シント=トロイデンで良い印象を与えた」と語り、「より大きなコンペティションに移籍する可能性が高い」とステップアップを予想している。 一方で、厳しい評価が下されているのが、FW木下康介、インゴルシュタットから期限付き移籍中のMF関根貴大、鹿島アントラーズに期限付き移籍中のDF小池裕太。「十分な注目を集めることができなかった」とインパクトが残せなかったと主張する。 同メディアが伝えるところによると、関根は「シント=トロイデンには残らないと思います。僕のパフォーマンスは十分なものではなかったですし、インゴルシュタットからのレンタル加入なので」とすでに退団の可能性が高いことを明かしていた模様。その他、日本人選手の去就が不透明であり、今夏に全日本人選手の退団の可能性も伝えられている。果たしてどうなるのだろうか。 2019.04.16 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司、レスター退団か 英複数媒体報じる

レスター・シティに所属する元日本代表FW岡崎慎司(33)の移籍が既定路線だという。イギリス『テレグラフ』が報じた。 2015年夏にマインツから加入した岡崎。その初年度にクラウディオ・ラニエリ氏の下でレスター史上初のプレミアリーグ制覇に貢献したが、徐々に出場機会が減っている。 その岡崎の契約は今シーズン終了まで。2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指しており、今夏の移籍市場で新たな挑戦先を求める意向とみられる。 また、イギリス『デイリー・メール』も岡崎の今夏移籍を報道。新天地として、イタリアやスペインといった海外でのチャンスを模索していると指摘している。 2019.04.16 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

南野所属ザルツブルク、アシスタントコーチを務めるマルシュ氏の来季監督昇格を発表!

日本代表MF南野拓実の所属するザルツブルクは15日、来季指揮官にアシスタントコーチのジョセ・マルシュ氏(45)が昇格することを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ザルツブルクでは昨季からトップチームを指揮するマルコ・ローズ監督(42)が、来季のボルシアMG新指揮官に内定しており、今季限りでの退任が伝えられていた。そんな中、クラブはその後任として2018年7月からローズ監督の下でアシスタントコーチを務めるマルシュ氏を任命した。 アメリカ代表でもプレー経験のあるマルシュ氏は、2009年に現役引退。その後、2010年にアメリカ代表のアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタートさせると、2012年1月からはMLS(メジャーリーグサッカー)に加盟したモントリオール・インパクトで監督業に初挑戦。2015年1月から2018年6月までは、ザルツブルクの姉妹クラブであるニューヨーク・レッドブルズの指揮官を歴任していた。 2019.04.16 00:36 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース