復帰の大迫が同点弾アシスト! ブレーメン11戦負けなし《ブンデスリーガ》2019.04.08 03:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは7日、ブンデスリーガ第31節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は52分から出場している。

前節マインツ戦を勝利し、3連勝で10戦負けのない6位ブレーメン(勝ち点42)は、4日前に行われたDFBポカール準々決勝のシャルケ戦を制して準決勝進出を果たした。好調を維持するチームはシャルケ戦でベンチ入りし戦列に復帰した大迫が引き続きベンチスタートとなった。

前節デュッセルドルフ戦の敗戦でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したボルシアMG(勝ち点47)に対し、押し込まれる入りとなったブレーメンだったが、15分に両チーム通じて最初の決定機。クルーゼのダイレクトパスでボックス右に侵入したJ・エッゲシュタインのシュートはGKにセーブされた。

しかし、その後もボルシアMGの攻勢を受けると、23分には左クロスに反応したファーサイドのヘアマンに右ポスト直撃のシュートを浴びせられる。さらに28分、ボックス左からプレアのコントロールシュートでゴールに迫られた。

ハーフタイムにかけてもボルシアMGに押し込まれる展開となったブレーメンだったが、凌いでゴールレスで前半を終えた。

しかし迎えた後半開始4分、クルーゼのボールロストからショートカウンターを受けると、最後はノイハウスにGKもかわされネットを揺らされた。

その後もプレアのコントロールシュートでゴールを脅かされるなど劣勢のブレーメンは52分、大迫を投入。ブレーメンでは昨年12月以来の試合となった大迫の投入を機に前がかるブレーメンは、68分にクルーゼのコントロールシュートで反撃。

そしてピサーロを投入してアタッカーを増やしたブレーメンは79分に大迫のアシストで追いついた。クリアボールを拾った大迫が右サイド絞った位置から丁寧にクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだクラーセンがヘディングで押し込んだ。

終盤にかけても互いに勝ち越しゴールを目指してオープンな展開となったが、1-1で終了。ブレーメンは8位に後退したが、リーグ戦11戦負けなしとした。一方、勝ち点1を積み上げるに留まったボルシアMGは4位フランクフルトとの勝ち点差が4に広がっている。
コメント
関連ニュース
thumb

大迫弾もバイエルンがブレーメンとの打ち合いを制してライプツィヒの待つ決勝に進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ブレーメンvsバイエルンが24日に行われ、2-3でバイエルンが勝利し、決勝進出を果たした。ブレーメンのFW大迫勇也はゴールを決め、フル出場している。 準々決勝でシャルケに勝利したブレーメンと、ハイデンヘイムとの打ち合いを制したバイエルンの、4日前にもリーグ戦で対戦した両チームによる決勝進出を懸けた一戦。 大迫が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角でスタメンとなったブレーメンと、現状のベストメンバーで臨んだバイエルンによる試合は、ブレーメンが攻勢に出る立ち上がりとなる。 それでも、そのブレーメンの攻勢を受け止めたバイエルンが徐々に盛り返すと、16分に決定機。コマンがボックス左に侵入して入れたクロスにミュラーが合わせる。シュートは枠を捉えていたが、DFのブロックに阻まれた。 劣勢になり始めたブレーメンは23分、ラシカの右クロスからクラーセンがボレーシュートで牽制するも、引き続きバイエルンが主導権を握る。 そして36分、バイエルンが先制した。J・ボアテングのロングフィードをゴールエリア左のミュラーがヘディングで折り返すと、ボールは右ポストに直撃。ルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んだ。43分にもニャブリのミドルシュートでゴールに迫ったバイエルンが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半もブレーメンが積極的に入った中、バイエルンは開始3分にコマンのボレーシュートで牽制。そのバイエルンが流れを渡さずに時間を進める中、58分にニャブリを下げてゴレツカを投入。右サイドにミュラーを出した。 すると63分、バイエルンに追加点が生まれる。ゴレツカのシュートをボックス中央でカットしたミュラーがトラップからゴール右上に蹴り込んだ。 2点を追う展開となったブレーメンはピサーロを投入。66分にクラーセンのヘディングシュートがGKウルライヒを強襲すると、74分に1点差に詰めよる。ボックス右で仕掛けたラシカの折り返しに反応したボックス中央の大迫がダイレクトで合わせたシュートがネットを揺らした。 大迫が反撃の狼煙を上げて勢いに乗るブレーメンはわずか1分後に同点とする。M・エッゲシュタインのボールカットからラシカがボックス右まで持ち上がってスライディングシュート。これが左ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 まさかの連続失点を喫したバイエルンだったが、78分にPKを獲得する。ボックス左で仕掛けたコマンがゲブレ・セラシェに倒された。このPKをレヴァンドフスキが決めて勝ち越したバイエルンが終盤にかけてのブレーメンの反撃を凌ぎきって勝利。ライプツィヒが待つ決勝に進出した。 2019.04.25 05:43 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、大迫途中出場の10人ブレーメンに辛勝で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、バイエルンvsブレーメンが20日に行われ、1-0でバイエルンが辛勝した。ブレーメンのFW大迫勇也は73分から出場している。 前節デュッセルドルフ戦を4-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点67)は、2位ドルトムントとの1ポイント差を維持した中、デュッセルドルフ戦でGKノイアーとフンメルスが負傷してしまった。そのバイエルンは4日後にもDFBポカール準決勝で対戦するブレーメンに対し、GKウルライヒとJ・ボアテングが前述の2選手の代役を務めた。 一方、大迫が先発復帰した前節フライブルク戦を2-1と勝利した7位ブレーメン(勝ち点46)は、ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまった中、大迫がベンチスタートとなった。 [4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。 そのバイエルンは8分、左CKからハビ・マルティネスがヘディングシュートでゴールに迫ると、続く21分にはミュラーがコントロールシュートでオンターゲットを記録。 そして26分には決定機が訪れる。チアゴの浮き球パスに抜け出したボックス中央のニャブリがボレーシュート。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれた。 その後もハーフコートゲームを続けたバイエルンだったが、前半のうちにゴールを奪えずに後半へ折り返した。 迎えた後半、ギアを上げたバイエルンがゴールに迫っていった中、ブレーメンは58分に退場者を出してしまう。ヴェリコビッチがジューレに対して競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。 しかし、ここから膠着状態に陥り、なかなかゴールに迫れない状況が続いた。そこで70分、ミュラーに代えてリベリを投入。 ブレーメンが73分に大迫を投入してきたのに対し、75分にバイエルンが均衡を破る。中央でパスを受けたジューレが右足を振り抜くと、DFに当たったミドルシュートがネットを揺らした。 その後もレヴァンドフスキのミドルシュートなどで追加点に迫ったバイエルンは、2点目こそ奪えなかったものの、ブレーメンに反撃の隙を見せずに逃げ切り。明日試合を行うドルトムントにプレッシャーをかけている。 2019.04.21 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第30節プレビュー】残り5試合! 首位バイエルンが大迫ブレーメンと対戦

前節は首位バイエルンと2位ドルトムントが揃って勝利し、両チームの1ポイント差が維持された。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは4位フランクフルト(勝ち点52)がリーグ戦12試合ぶりの敗戦を喫した一方、5位ボルシアMG(勝ち点51)が4試合ぶりの勝利を収めて1ポイント差に迫っている。そして、久保が待望のブンデス初ゴールをマークした。残り5試合となって迎える第30節、バイエルンは大迫のブレーメンと土曜にホームで対戦する。 前節デュッセルドルフ戦を4-1と快勝して首位をキープしたバイエルン(勝ち点67)は、7連覇へまた一歩前進した中、ノイアーが全治3週間の負傷を負ってしまった。シーズン終盤のこの重要な時期に守護神を欠くこととなった中、翌水曜にもDFBポカール準決勝で対戦するブレーメンに勝利し、日曜に試合を行うドルトムントにプレッシャーをかけたい。 一方、大迫が先発復帰した7位ブレーメン(勝ち点46)は前節フライブルク戦を2-1と勝利し、ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまっている。大迫はフライブルク戦では見せ場を作れなかったが、バイエルン戦も引き続き先発予想となっているが、インパクトを残せるか。 バイエルンを追う2位ドルトムント(勝ち点66)は、13位フライブルク(勝ち点32)とのアウェイ戦に臨む。前節マインツ戦では後半に反撃を許して手こずったものの、何とかGKビュルキの好守もあって2-1と逃げ切った。デア・クラシカーの大敗後の試合を制した中、残留がほぼ確実な相手をしっかりと下してバイエルンを追走したい。 監督交代のあったアウグスブルクに10人での戦いを強いられ、1-3と逆転負けした4位フランクフルト(勝ち点52)は、9位ヴォルフスブルク(勝ち点45)とのアウェイ戦を月曜に戦う。公式戦2試合連続で退場者を出して連敗中のチームは、木曜に行われたELベンフィカ戦では2-0と勝利してアウェイゴール差で準決勝進出を決めた。悪い流れを断ち切った中、CL圏内をキープするためにも勝利が必須となる。 前節シャルケ戦(1-1)で久保に待望のゴールが生まれた17位ニュルンベルク(勝ち点18)は、8位レバークーゼン(勝ち点45)とのアウェイ戦に臨む。残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに3ポイント差と迫った中、ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまっているレバークーゼン相手に久保は2戦連続ゴールを決められるか。 原口がフル出場を続けているものの、8連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。格上ボルシアMGに対し、守勢に回された原口はインパクトを残すことができずに試合を終えたが、ダルダイ監督の今季限りでの退任が発表された古巣ヘルタ相手に原口は今季初ゴールを決めることはできるか。 最後に宇佐美が途中出場したものの、バイエルンの前に1-4と大敗した10位デュッセルドルフ(勝ち点37)は、12位マインツ(勝ち点33)とのアウェイ戦に臨む。バイエルン戦では終盤に出場した宇佐美は見せ場なく試合を終えたが、マインツ戦ではより長い出場時間をもらえるか。 ◆ブンデスリーガ第30節 ▽4/20(土) 《22:30》 アウグスブルク vs シュツットガルト マインツ vs デュッセルドルフ バイエルン vs ブレーメン レバークーゼン vs ニュルンベルク 《25:30》 ボルシアMG vs ライプツィヒ 《27:30》 シャルケ vs ホッフェンハイム ▽4/21(日) 《22:30》 フライブルク vs ドルトムント 《25:00》 ヘルタ・ベルリン vs ハノーファー ▽4/22(月) 《27:30》 ヴォルフスブルク vs フランクフルト 2019.04.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメスが内転筋負傷で練習を途中離脱、ブレーメン戦出場に暗雲か

バイエルンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが足を痛めたようだ。バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が公式会見で明かしている。 コバチ監督によれば、ハメスは18日に行われたトレーニング中に内転筋を負傷。大事をとって全体練習を途中で切り上げたとのこと。 なお、バイエルンは20日にホームでブンデスリーガ第30節のブレーメン戦を行うが、コバチ監督はハメスの出場は微妙な状況と考えているようだ。 2019.04.19 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

クラーセン&ゲブレ・セラシェのヘッド弾でブレーメンが大迫の新年初先発を勝利で飾る!《ブンデスリーガ》

日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは13日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクと対戦し、2-1で勝利した。大迫は63分までプレーした。 リーグ戦11試合負けなしの8位ブレーメン(勝ち点43)が、13位フライブルクをホームに迎えた一戦。前節のボルシアMG戦をドローで終えたブレーメンは、その試合から先発を2人変更。復帰戦となった前節同点弾をアシストした大迫は、2トップの一角として2019年ブンデス初先発となった。 試合は立ち上がりから素早い攻守の切り替え切り替えとサイドを起点に推進力のある攻めを見せるブレーメンが主導権を握る。すると5分、ラシカの左CKをヴェリコビッチがヘディングで合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 攻勢を続けるブレーメンは、18分にボックス左でパスを受けたラシカの折り返しから大迫が決定機を迎えたが、ダイレクトシュートは枠の上に外してしまう。 すると直後にブレーメンはピンチを迎える。19分、ゴンドルフのループパスをボックス左で受けたギュンターがボレーシュートをゴール右隅に流し込んだが、このゴールはオフサイドの判定で取り消された。 ピンチを凌いだブレーメンは38分、ヴェリコビッチの右クロスをボックス中央のクルーゼがヘディングシュート。さらに相手のクリアボールを繋ぐブレーメンは、左サイドを持ち上がったラシカの折り返しをボックス手前で受けたクルーゼがミドルシュートでゴールを狙ったが、共にGKシュウォローの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、前半の接触プレーで負傷したGKパブレンカに代えてGKカピノをピッチに送り出したブレーメンは、52分に決定機。ラシカの左クロスをファーサイドに走り込んだクラーセンがボレーシュート。しかし、これはゴールライン上でシュローターベックのブロックに阻まれた。 膠着が続く中、ブレーメンは63分に大迫を下げてピサーロを投入。すると76分、ピサーロの右クロスのこぼれ球をボックス右で拾ったシャヒンが再びクロスを供給。これをゴール左前のクラーセンがヘディングで叩き込み、ブレーメンが先制に成功した。 待望の先制点で勢いづくブレーメンは、84分にもクルーゼの右CKからゲブレ・セラシェがヘディングシュートをゴール左に突き刺し、試合を決定づける2点目を奪った。 その後、後半アディショナルタイムにワルドシュミッドに1点を返されたブレーメンだが、1点を守り抜き2-1で勝利。ブレーメンが大迫の2019年初先発試合を勝利で飾った。 2019.04.14 00:36 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース