復帰の大迫が同点弾アシスト! ブレーメン11戦負けなし《ブンデスリーガ》2019.04.08 03:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは7日、ブンデスリーガ第31節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は52分から出場している。前節マインツ戦を勝利し、3連勝で10戦負けのない6位ブレーメン(勝ち点42)は、4日前に行われたDFBポカール準々決勝のシャルケ戦を制して準決勝進出を果たした。好調を維持するチームはシャルケ戦でベンチ入りし戦列に復帰した大迫が引き続きベンチスタートとなった。

前節デュッセルドルフ戦の敗戦でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したボルシアMG(勝ち点47)に対し、押し込まれる入りとなったブレーメンだったが、15分に両チーム通じて最初の決定機。クルーゼのダイレクトパスでボックス右に侵入したJ・エッゲシュタインのシュートはGKにセーブされた。

しかし、その後もボルシアMGの攻勢を受けると、23分には左クロスに反応したファーサイドのヘアマンに右ポスト直撃のシュートを浴びせられる。さらに28分、ボックス左からプレアのコントロールシュートでゴールに迫られた。

ハーフタイムにかけてもボルシアMGに押し込まれる展開となったブレーメンだったが、凌いでゴールレスで前半を終えた。

しかし迎えた後半開始4分、クルーゼのボールロストからショートカウンターを受けると、最後はノイハウスにGKもかわされネットを揺らされた。

その後もプレアのコントロールシュートでゴールを脅かされるなど劣勢のブレーメンは52分、大迫を投入。ブレーメンでは昨年12月以来の試合となった大迫の投入を機に前がかるブレーメンは、68分にクルーゼのコントロールシュートで反撃。

そしてピサーロを投入してアタッカーを増やしたブレーメンは79分に大迫のアシストで追いついた。クリアボールを拾った大迫が右サイド絞った位置から丁寧にクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだクラーセンがヘディングで押し込んだ。

終盤にかけても互いに勝ち越しゴールを目指してオープンな展開となったが、1-1で終了。ブレーメンは8位に後退したが、リーグ戦11戦負けなしとした。一方、勝ち点1を積み上げるに留まったボルシアMGは4位フランクフルトとの勝ち点差が4に広がっている。
コメント
関連ニュース
thumb

FW大迫勇也、新システム早期浸透に意気込む「時間だけの問題にはしたくない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は7日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを実施した。 トレーニング終了後、サッカー担当記者の投票によって決定する2018年度の年間最優秀選手に選ばれ、記念品を受け取ったFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。新システムへの対応に向けて「時間だけの問題にはしたくない」と早期浸透に意気込みを語った。 ◆FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ──年間最優秀選手賞受賞の感想は 「去年は1年を通して代表の試合に出る機会が多かったですし、W杯もありました。去年の1年間ですごく代表に対しての責任感は、今までに以上に強くなったと思います」 ──今回の受賞は代表での活躍が評価されたということだが 「評価されたのは嬉しいことですけど、これも過去のことなので、次に向かってチャレンジし続けられるようにしたいです」 ──トリニダード・トバゴ戦での3バックの感想 「チームとしてのチャレンジ、新しい取り組みでしたけど、まずは結果が出なかったことに関しては、自分個人としても責任は感じました。悔しさやもどかしさが試合後に残ったというのが率直な感想です」 ──ワールドカップ(W杯)予選に向けて、やるべきことは 「チームとしてやるべき事としては、3バックという新しいことにチャレンジしているところで、新しいことをやるときはいつも良いことばかりではありません。その中で、各々が上手く対応できるようにしていくこと。そこは経験のある選手が揃っているので、問題ないと思います」 ──チームとしての約束事はどの程度できたか 「試合も初めてでしたし、準備期間も2、3日しかなかった中でのトライでした。考えながらプレーしなければいけない回数が増えたことが、判断の遅れやパスコースが潰れることに繋がったと思います。ここは時間が解決してくれるとは思いますけど、これを時間だけの問題にはしたくありません。早く対応できるようにしっかり考えて向き合っていきたいと思います」 2019.06.07 23:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメンがバイエルンからレンタル中のDFフリードルを完全移籍で獲得

ブレーメンは29日、バイエルンからレンタル移籍中のU-21オーストリア代表DFマルコ・フリードル(21)を完全移籍で加入することを発表した。 ブリードルは、2018年1月からレンタル移籍でプレー。2017-18シーズンはブンデスリーガで9試合、2018-19シーズンは7試合プレーしていた。 ブリードルは、2008年7月にバイエルンの下部組織に入団。その後は順調にステップアップすると、2017年7月にトップチームへ昇格。トップチームでは2017-18シーズンのブンデスリーガで1試合、同年のチャンピオンズリーグで1試合プレーしていた。 ブレーメンのフランク・バウマンCEOは「我々はマルコの成長に非常に満足しており、彼とともに働き続けたいと早い段階で示してきた」とコメント。「マルコとバイエルンとの会談はとても有意義だった。そのため、我々は長期的にマルコとブレーメンをつなげることに成功し、嬉しく思っている」とコメントしている。 なお、ブレーメン、バイエルンの双方は、契約の詳細は明かさないことで合意したとも発表している。 2019.05.30 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ゲブレ・セラシェが代表引退…チェコ史上初の黒人選手

ブレーメンに所属するDFセオドル・ゲブレ・セラシェ(32)が21日、自身の公式『インスタグラム』でチェコ代表からの引退を発表した。 なお、ゲブレ・セラシェは代表引退に関して自身のコンディションと家族が理由だと説明している。 エチオピア人の父親とチェコ人の母親の下、チェコのトシェビーチで生まれ育ったゲブレ・セラシェは、スラヴィア・プラハ、スロヴァン・リベレツと国内の強豪でのプレーをキッカケに2011年6月に日本で行われたキリンカップのペルー代表戦でフル代表デビュー。なお、同選手はチェコ代表史上初の人選手だった。 その後は豊富な運動量とスピード、攻撃性能を武器にチェコの不動の右サイドバックとして活躍。2012大会、2016大会と2度のユーロ本大会に出場するなど、代表通算54試合に出場し4ゴールを記録した。 2019.05.22 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、40歳のレジェンド・ピサーロと2020年まで契約延長

ブレーメンは18日、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(40)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 昨夏にブレーメンへ復帰したピサーロは、今季ブンデスリーガ26試合に出場し5ゴール2アシストをマーク。18日に行われたブンデスリーガ最終節のライプツィヒ戦では、74分から出場し88分に決勝点となるゴールを記録。チームを勝利に導いた。 現契約は今シーズン終了後に切れる予定だったが、1年間の新契約を手にしたピサーロは、今回の契約延長を喜んでいる。 「僕は現役を続けるかの決定は自分の身体と相談しながら決めてきた。そして今、僕はすごく調子がいいんだ。だから、ブレーメンと新たに契約を結べて嬉しく思っているよ」 2019.05.19 03:51 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫PK獲得で勝利に貢献! EL出場権はボルシアMG、ヴォルフスブルク、フランクフルトが獲得《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節が各地で行われた。 ブレーメンvsライプツィヒは、2-1でブレーメンが勝利した。大迫は74分までプレーした。 すでに来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得の可能性は消滅している9位のブレーメン(勝ち点50)。今季最後の試合となる今回は、大迫が3試合連続で先発出場となった。また、先日に今季限りでの退団が発表された主将のマックス・クルーゼには試合前に花束が贈呈された。試合はケガで欠場となった。 すでに3位を確定させているライプツィヒとの一戦は、互いに中盤で精彩を欠き、30分を過ぎてもシュートゼロ。初シュートが生まれたのは33分だった。左のアウグスティンションのクロスに大迫が反応するも、上手くミートさせることができす、脛に当ててしまった。 ところが、この場面で大迫が相手のチャージを受けたことでPKを獲得。これをラシカが決めてブレーメンが先制した。 先制のきっかけとなった大迫は39分、左のハーフスペースからのFKからへディングシュートを放つ。打点の高いシュートだったが、惜しくも枠の左に外れた。 ライプツィヒのファーストシュートは前半アディショナルタイムに訪れた。オギュスタンのドリブル突破から最後はブルマ。ボックス中央からのシュートだったが、ネットを揺らすことはできなかった。 迎えた後半、1点リードのブレーメンは絶体絶命のピンチを迎える。53分、フリードルがボックス内でハンドをしてしまったことで、ライプツィヒにPKが与えられてしまう。だが、キッカーのブルマがこれを枠の上に外してしまい、ブレーメンのリードは継続。 助かったブレーメンは60分に大迫にチャンス到来。左から流れてきたボールを拾ってボックス右に侵入。マークを振りほどいて右足で強烈なシュートを放つが、GKに弾かれた。 そして、その大迫は74分にピサーロと交代でベンチへ退いた。 すでに3枚の交代カードを切っているライプツィヒは86分、ブレーメンのミスからCKを獲得すると、立て続けに得た2度目のCKの流れから、左からのクロスをムキエレが押し込んで同点に追いついた。 しかしその2分後、ブレーメンはピサーロが相手に囲まれながらもボックスの外から放ったシュートがゴール右隅に突き刺さり、再びライプツィヒを突き放した。 結局試合は2-1でブレーメンが勝利。リーグ2連勝でシーズンを締めくくった。 一方、EL出場権争いでは、7位のヴォルフスブルク(勝ち点52)がアウグスブルクに8-1で勝利。この結果、バイエルンに敗れたフランクフルト(勝ち点54)を抜いて、ヴォルフスブルクがEL出場権獲得となる6位でフィニッシュした。フランクフルトは7位に落ちたが、国内カップ戦でライプツィヒが優勝しているため、繰り下げでEL出場権獲得となった。8位のホッフェンハイムはマインツに逆転負けし、最終的に9位となった。 また、最終節でドルトムントに敗れたボルシアMGが5位に。ヘルタ・ベルリンに勝利したレバークーゼンは逆転で4位に浮上し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 2019.05.19 00:38 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース