シント=トロイデン・鎌田大地が2ゴールも、昇格組ウェステルローに追いつかれドロー《ジュピラー・プロ・リーグPO2》2019.04.07 12:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
プレーオフラウンドがスタートしたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ。プレーオフ2に進んだシント=トロイデンは6日、第3節でウェステルローと対戦し、2-2の引き分けに終わった。

プレーオフ2では2連勝スタートを切ったシント=トロイデンは、2部から昇格したウェステルローと敵地で対戦した。DF冨安健洋、MF遠藤航、FW鎌田大地の日本代表3選手とFW木下康介が先発出場。MF関根貴大がベンチスタートとなった。

試合は13分、アサモアがエイブラハムズをボックス内で倒してしまい、ウェステルローがPKを獲得。しかし、これはGKピラードがセーブし事なきを得る。それでも24分、ウェステルローは右サイドを仕掛けると、ゴール前へのクロスを最後はナーセンスが押し込んで、ウェステルローが先制する。

幸先の悪いスタートとなったシント=トロイデンは、攻勢を強めるもゴールを奪うことができず。前半は、ウェステルローが1点リードして終える。

それでも48分、シント=トロイデンが反撃。ボタカがボックス手前から低空シュートを放つと、相手GKがセーブするもこぼれ球を鎌田が頭で押し込んで、シント=トロイデンが同点に追いつく。

同点に追いついたシント=トロイデンは65分に、遠藤に代えて関根を投入。するとこの交代が結果を出す。71分、関根の仕掛けからPKを得ると、ボリのシュートはGKがセーブ。しかし、こぼれ球をつなぎ関根がシュートを放つと、GKが再びセーブするも、こぼれ球を鎌田が蹴り込み、シント=トロイデンが逆転に成功する。

しかし、77分にレンタル移籍中のエイブラハムにゴールを許し、同点に。その後も攻め続けるシント=トロイデンだったが得点を奪えず、2-2のドローに終わった。

次節は13日(土)の27時からオーステンデと対戦する。

ウェステルロー 2-2 シント=トロイデン
【ウェステルロー】
ナーセンス(前24)
エイブラハム(後32)
【シント=トロイデン】
鎌田大地(後3、後26)
コメント
関連ニュース
thumb

関根貴大のアシストから鎌田大地が今季16点目も豊川雄太先発のオイペンとドロー《ジュピラー・プロ・リーグPO2》

プレーオフラウンドがスタートしたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ。プレーオフ2に進んだシント=トロイデンは20日、第5節でオイペンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 プレーオフ2では3勝1分けと好スタートを切ったシント=トロイデンは、FW豊川雄太が所属する5位のオイペンとアウェイで対戦。シント=トロイデンはDF冨安健洋、MF遠藤航、MF関根貴大、FW鎌田大地が先発出場。オイペンもFW豊川雄太が先発した。 シント=トロイデンは先手を奪うことに成功する。前半をゴールレスで終え迎えた49分、ハーフウェイライン付近からアサモアーがロングフィード。これに反応した関根がボックス内で巧みなトラップを見せると、冷静に中央で折り返し、最後は鎌田が流し込んでシント=トロイデンが先制する。鎌田は今シーズン16ゴール目を記録した。 日本人コンビの活躍で先手を奪ったシント=トロイデンだったが、オイペンも反撃。54分、こぼれ球の処理にもたつくと、後方から走り込んだカストロ=モンテスがボールを奪いそのままシュート。強烈なシュートがネットを揺らし、オイペンが同点に追いつく。 結局その後は両者にゴールが生まれず、1-1のドローで終了。シント=トロイデンは無敗を継続し首位をキープ。一方のオイペンは最下位に転落した。 試合後、先制点を記録した鎌田は「(退場者が出て)10人になってからはピンチの数が多かったですし、数的不利になると勝つことが難しくなるので、勝ち点が拾えた試合だったかなと思います。今日は、ずっとオイペンの2ボランチに見られて上手く消されていたので後ろに下がってボールに触っていました。プレーオフ2に入ってからは、後ろに下がって上手くボールは引き出せていると感じます」とコメントし、自身のプレーに満足感を示した。 また、先発フル出場の遠藤は「先制するまではイメージ通りの試合展開でしたが、その後2点目を取りに行く姿勢を見せれれば良かったですし、自分たちのオーガナイズが良くなかったかなと思います」とコメント。また、退場者が出て70分からセンターバックでプレーしてプレーした点については「もともと日本でもプレーしていたポジションなので落ち着いて、しっかりブロックを敷いて失点をしない戦い方にフォーカスして守っていました。10人になってからもボールを動かしながら、2点目が取れれば良かったですけど、数的不利で引き分けたのはポジティブに考えたいです」とコメントした。 シント=トロイデンは、次節28日(日)の27時からベールスホット・ウィルレイクと対戦する。 オイペン 1-1 シント=トロイデン 【オイペン】 カストロ=モンテス(後9) 【シント=トロイデン】 鎌田大地(後4) 2019.04.21 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

日本人躍動のシント=トロイデンと札幌が業務提携…Jクラブで4つ目

ベルギーのシント=トロイデンとJリーグの北海道コンサドーレ札幌が業務提携を締結したことを発表した。 日本代表にも選出されているDF冨安健洋やMF遠藤航、FW鎌田大地の3名や、MF関根貴大、FW木下康介と日本人選手が多く所属しているシント=トロイデン。今回の業務提携により、人材育成や国際交流、それぞれが持つノウハウの共有を通して、両クラブのさらなる発展を目指すことになる。 すでに、ファジアーノ岡山(2018年1月)、大分トリニータ(2018年2月)、FC東京(2018年3月)と3つのJリーグクラブと業務提携を行なっているシント=トロイデンにとって、札幌は4つ目のJリーグクラブとなる。 20日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス戦を前に、試合会場の札幌ドームで記者会見を実施。シント=トロイデンの立石敬之CEO、札幌の野々村芳和代表取締役社長CEOがコメントした。 ◆立石敬之氏(シント=トロイデン) 「我々は、選手、指導者、ビジネススタッフの世界挑戦を通して、将来の日本サッカーに還元したいという理念を持っています。弊クラブの村中が北海道の出身ということもあり、提携にいたりました」 「コンサドーレ札幌さんはビジネスの分野で色々なチャレンジをされていて、ますます大きなクラブになっていくのではという印象を持っています」 「我々はすでに3つのJリーグクラブと提携しており、アカデミーや指導者養成を中心に年3〜4回の交流を行っております。今回の提携ではビジネススタッフの交流、ビジネス事業のノウハウの交換を考えております」 「業務提携はすぐに成果があがるものではなく、じっくりとゆっくりと、種をまき、水をやり、実がなっていくものだと思っています。この提携でより多くの実り、日本サッカー界の将来を支える人材が育っていくことを願っています」 ◆野々村芳和氏(北海道コンサドーレ札幌) 「コンサドーレとしては、「北海道とともに、世界へ」ということを実現するために、この数年間はアジアの数か国とクラブ間提携し、どちらかといえばピッチレベルの話が多かったと思いますが、サッカーというスポーツで、まず国内でコンサドーレが上位のクラブ、大きくなるためには、はやりヨーロッパのクラブから学ぶべきものはたくさんあります。大きくなるには当然、選手も成長しなければなりませんが、クラブのスタッフがどれだけサッカー界から刺激を受けて成長していくか、ということが非常に重要であると思っています」 「今回は、ヨーロッパで世界のトップレベルを近くで感じているクラブ様と色々な取り組みができるということで、クラブスタッフがより成長することができる環境で一緒にやることで、コンサドーレのスタッフが(様々な刺激・経験を)得ることができると思います。将来的には、コンサドーレが国内でも海外でも、より認知されるようなクラブになるきっかけになればと思います」 「サッカーでもヨーロッパの4大リーグ、5大リーグの近くにあるベルギーのリーグの魅力を、コンサドーレの選手やアカデミーの選手が感じながら、コンサドーレを通して世界が見える、という一つのきっかけになれればと思います」 なお、両クラブの提携期間は2019年4月1日〜2021年3月31日までの2年間となる。 2019.04.20 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンの日本人選手全員が今夏退団の可能性? 現地メディアが6人を評価

日本人選手が6人在籍するベルギーのシント=トロイデンだが、全選手が同クラブを離れる可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えている。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するクラブのシント=トロイデン。2018年1月に加入した日本代表DF冨安健洋をきっかけに現在ではレンタル加入を含めて、日本代表DF遠藤航や同国代表MF鎌田大地の他、MF関根貴大、FW木下康介の5人の日本人選手が在籍している。鹿島アントラーズに期限付き移籍中のDF小池裕太も含めれば6人だ。 シント=トロイデンは今シーズン、レギュラーシーズンで昨シーズンの10位を上回る7位で終了。現在はヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権を目指して戦うプレーオフ2・グループAで首位に位置している。 そんなシント=トロイデンで奮闘する日本人選手を今回、同メディアが評価した。パフォーマンスが称えられているのは、DF冨安健洋、DF遠藤航とフランクフルトから期限付き移籍しているMF鎌田大地。「このトリオはここ数か月間、シント=トロイデンで良い印象を与えた」と語り、「より大きなコンペティションに移籍する可能性が高い」とステップアップを予想している。 一方で、厳しい評価が下されているのが、FW木下康介、インゴルシュタットから期限付き移籍中のMF関根貴大、鹿島アントラーズに期限付き移籍中のDF小池裕太。「十分な注目を集めることができなかった」とインパクトが残せなかったと主張する。 同メディアが伝えるところによると、関根は「シント=トロイデンには残らないと思います。僕のパフォーマンスは十分なものではなかったですし、インゴルシュタットからのレンタル加入なので」とすでに退団の可能性が高いことを明かしていた模様。その他、日本人選手の去就が不透明であり、今夏に全日本人選手の退団の可能性も伝えられている。果たしてどうなるのだろうか。 2019.04.16 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】久保が今季初ゴール! シント=トロイデンの関根と遠藤が決勝点に絡む

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ニュルンベルクに所属する日本代表FW久保裕也は、12日のブンデスリーガ第29節のシャルケ戦に途中出場し、待望の今シーズン初ゴールを記録。しかし、チームは直後に追いつかれ、1-1の引き分けに終わっている。 シント=トロイデンは13日、ジュピラー・プロ・リーグプレーオフ2・グループA第4節でオーステンデと対戦。MF関根貫大のCKから日本代表MF遠藤航がアシスト。1-0の勝利に貢献している。 ◆<span style="font-weight:700;">イングランド</span> [レスター・シティ]岡崎慎司 H 0-1 ニューカッスル ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353304">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 A 1-0 レスター・シティ 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353304">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 H 3-1 ウォルバーハンプトン 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353340">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">スペイン</span> [ヘタフェ]柴崎岳 A 2-2 バジャドリー △ ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353377">詳細ニュース</a> [アラベス]乾貴士 A 1-2 エスパニョール ● 79分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353333">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">ドイツ</span> [ブレーメン]大迫勇也 H 2-1 フライブルク 〇 63分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353339">詳細ニュース</a> [フランクフルト]長谷部誠 H 1-3 アウグスブルク● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353386">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H 1-1 シャルケ △ 50分からプレー、1ゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353303">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 H 0-1 ボルシアMG ● ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353338">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 H 0-1 ボルシアMG ● 81分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353338">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 H 1-4 バイエルン ● 80分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353382">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">フランス</span> [マルセイユ]酒井宏樹 H 2-1 ニーム 〇 フル出場 [トゥールーズ]昌司源 A 1-2 モンペリエ ● フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 H 3-3 ギャンガン △ ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">オランダ</span> [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 1-1 フローニンヘン △ 79分までプレー [フローニンヘン]堂安律 A 1-1 ヘーレンフェーン △ 52分までプレー [フローニンヘン]板倉滉 A 1-1 ヘーレンフェーン △ ベンチ入りも出場せず [ズウォレ]中山雄太 A 0-2 ヴィレムⅡ ● ベンチ入りも出場せず ◆<span style="font-weight:700;">ポルトガル</span> [ポルティモネンセ]権田修一 H 0-3 ポルト ● ベンチ入りせず [ブラガ]安西海斗 H vs トンデラ ベンチ入りせず [ギマランエス]深堀隼平 A 1-2 リオ・アヴェ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">トルコ</span> [ベシクタシュ]香川真司 H 2-1 バシャクシェヒル 〇 60分からプレー [ガラタサライ]長友佑都 A 1-1 フェネルバフチェ △ ベンチ入りも出場せず ◆<span style="font-weight:700;">オーストリア</span> [ザルツブルク]南野拓実 H 3-1 シュトルム・グラーツ 〇 85分までプレー [インスブルック]財前淳 H 1-3 アドミラ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">ロシア</span> [CSKAモスクワ]西村拓真 H 2-3 オレンブルク ● 64分からプレー ◆<span style="font-weight:700;">ベルギー</span> [ヘンク]伊東純也 H 3-1 クラブ・ブルージュ 〇 フル出場 [シント=トロイデン]遠藤航 H 1-0 オーステンデ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]鎌田大地 H 1-0 オーステンデ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 H 1-0 オーステンデ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 H 1-0 オーステンデ 〇 88分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]木下康介 H 1-0 オーステンデ 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353351">詳細ニュース</a> [シャルルロワ]森岡亮太 H 2-0 ヴァステルロー 〇 ベンチ入りせず [オイペン]豊川雄太 A 0-2 ベールスホット ● フル出場 [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 3-2 ワースランド 〇 フル出場 2019.04.15 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

関根のCKから遠藤がアシスト! 無敗のシント=トロイデンが首位キープ!《ジュピラー・プロ・リーグPO2》

シント=トロイデンは13日、ジュピラー・プロ・リーグプレーオフ2・グループA第4節でオーステンデと対戦し、1-0で勝利した。日本代表のDF冨安健洋、MF遠藤航、FW鎌田大地はフル出場。MF関根貴大は88分まで出場した。 プレーオフ2では、レギュラーシーズンの7位から12位チームと2部リーグ上位3位を加えた12クラブを2つのグループに分けてホーム&アウェイの総当たり戦を実施。その後、両グループの1位が激突し、勝者がプレーオフ1の4位クラブとホーム&アウェイで対戦。その試合での勝者にヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権が与えられる。 前節のウェステルロー戦を2-2で引き分けるも現在、勝ち点7でPO2グループAの首位に位置するシント=トロイデン。今節は、グループAで2位につけるオーステンデ(勝ち点6)をホームに迎えた。 試合は前半からシント=トロイデンが試合のペースを握り、チャンスを作る。しかし、ゴールレスで試合を折り返した。 迎えた後半、シント=トロイデンが先制点。57分、関根の右CKからファーサイドの遠藤が中央に頭で折り返す。これをシラが頭でニアサイドで押し込んで、ゴールネットを揺らした。 このゴールを守り切ったシント=トロイデンが1-0で勝利。3勝1分けで無敗を継続し、首位をキープした。 シント=トロイデンは次節、20日にFW豊川雄太が所属するオイペンと対戦する。遠藤と関根のコメントは以下の通り。 ◆MF遠藤航 「(試合を振り返って)理想は追加点を取ることで、実際チャンスはいっぱいあったので。自分もセットプレーから決めれれば。カウンターで仕留めないといけないゲーム展開だったと思います。オープンな展開になった時に後ろでリスクマネジメントして、ボールを奪い返して攻撃に繋げていくことはできたと感じているので、DFラインとコミュニケーションをとってしっかりオーガナイズしながら守れていたと思います」 「相手の中盤が(STVVの)2ボランチに対してプレッシャーをかけてきて、実際前がかりになってきていたので、とにかく自分とサミュエル(アサモア選手)で動き続けながらマークをはがそうと。大地(鎌田選手)とかアレクシス(デ・サート選手)がボールを受けたところに対して前向きに絡んでいくところを意識してたので、上手くサイドは使いながら時間を作って、相手を押し込んでボールを動かしながらチャンスメイクしてたと思うので。貴(関根選手)は裏の抜け出しが彼の良さなので右で作りながら上手く最後貴のところを使ってチャンスを作れていたと思います」 ◆MF関根貴大 「前半から体は動けていたので、その中でチャンスがある時は積極的に仕掛けていこうと思っていました。1-0で終わってしまったのは今日の課題なので、2点目3点目と取れていたら楽なゲームができていたと思います」 「当日にスタメンが発表されるのですが、試合の2日前からチャンスが来ると思っていたので、出られるかなと大体分かっていました。自分の中で難しいシーズンになりましたし、プレーオフ2でも中々チャンスがなかったので、今日が本当にラストチャンスかなと思って試合に臨みました」 シント=トロイデン 1-0 オーステンデ 【シント=トロイデン】 シラ(後12) 2019.04.14 09:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース