ケアンの3戦連発弾でミランに逆転勝利のユーベが8連覇に王手! ミランはCL圏外転落の危機《セリエA》2019.04.07 03:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第31節、ユベントスvsミランが6日に行われ、2-1でユベントスが勝利した。前節カリアリ戦をケアンのリーグ戦2試合連続ゴールで辛勝した首位ユベントス(勝ち点81)は、敗戦した2位ナポリとのポイント差を18に広げた。4日後にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアヤックス戦を控え、残り8試合で2勝すれば自力での8連覇が決まる状況となった中、キエッリーニ、ピャニッチ、カンセロら一部主力をベンチスタートとした。

一方、ピョンテクに3試合ぶりのゴールが生まれたものの、ウディネーゼに引き分けに持ち込まれ、3試合勝利から見放されている4位ミラン(勝ち点52)は、6位チーム(ラツィオ、ローマ、トリノ)まで4ポイント差と後続勢に迫られている中、ウディネーゼ戦で負傷した守護神ドンナルンマとパケタが欠場となった。

前節の2トップから[4-3-3]に戻したミランは開始1分過ぎ、ピョンテクが決定的なヘディングシュートを放って良い入りを見せる。5バック気味に構えるユベントス相手にポゼッションしつつ押し込んでいった。

時間の経過とともにデ・シリオとスピナッツォーラの両ウイングバックを押し上げて攻撃に比重を置き始めたユベントスが流れを引き寄せる中、足首を痛めていたジャンがプレー続行不可能となって、不整脈が癒えたケディラが25分に投入された。

ケディラの投入でベンタンクールを中盤のアンカーに下げたユベントスが引き続き押し込むも、シュートに持ち込むには至らない。

手堅い展開が続く中、35分に右サイドからチャルハノールの入れたクロスがボックス内のアレックス・サンドロの手に当たってVARが発動するも、主審はノーファウルの判定を下した。

しかし39分、ミランが先制する。ボヌッチのパスをバカヨコが敵陣でカットし、パスを受けたボックス中央のピョンテクがGKとの一対一を決めきった。

追うユベントスは追加タイム1分に同点のチャンス。しかし、マンジュキッチのバイシクルシュートはGKレイナのファインセーブに阻まれ、前半はミランの1点リードで終了した。

迎えた後半開始6分にピョンテクのミドルシュートでゴールに迫ったミランが牽制する入りとなった中、56分にはボリーニがボックス左から際どいシュートを浴びせて追加点に迫った。

しかし59分、ロングフィードを受けたディバラがボックス左に侵入したところでスライディングタックルを仕掛けたムサッキオに倒され、PK判定となった。これをディバラが決めて劣勢のユベントスが試合を振り出しに戻した。

追いつかれたミランは64分にボリーニがボックス左から再び際どいシュートを浴びせれば、直後にもチャルハノールの直接FKで勝ち越しゴールに近づいた。

ディバラに代えてリーグ戦2試合連続ゴール中のケアンを投入したユベントスに対し、ミランはスソに代えてカスティジェホを投入。

互いに勝ち越しゴールを目指す中、ユベントスは79分にCKの流れからアレックス・サンドロが際どいヘディングシュートを浴びせると、84分に逆転した。カラブリアのミスパスを敵陣でカットしたピャニッチがラストパスを送ると、これを受けたボックス右のケアンがゴール左にシュートを突き刺した。

ケアンのリーグ戦3戦連発弾で逆転したユベントスに対し、失点を受けてカラブリアに代えてクトローネを投入したミランは90分にチャルハノールが枠内シュートを浴びせるもGKシュチェスニーにセーブされ、1-2で敗戦。4試合勝利から見放され、CL圏外転落の危機を迎えている。

一方、勝利したユベントスは明日の試合でナポリが敗れると、8連覇が決まる状況となった。


コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスのラムジーが初お披露目!「ユベントスは世界最高のチームの一つ」

ユベントスに加入したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)が15日、アリアンツ・スタジアムで入団記者会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 カーディフ・シティでプロデビューしたラムジーは、2008年の夏にアーセナルへ移籍。その後、在籍11シーズンで公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録するなど、3度のFAカップ制覇に加え、3度のFAコミュニティ・シールド獲得に貢献。今季もプレミアリーグ28試合に出場し4ゴール6アシストを記録した。 今季限りでアーセナルを退団したラムジーは、15日に入団会見を実施し、次のように話した。 「ここに来られて嬉しいし、みんなに感謝しているよ。ユベントスは世界最高のチームの一つ。なるべく早く準備を整えるために、他の選手と一緒にハードワークしているよ」 「最初にユベントスからの興味を聞いた時は、ここに来るのは夢のようだし大きなチャレンジだと思った。このチャンスを逃すことはできなかったんだ。僕にぴったりのクラブだし、歴史の一部になれることを願っている」 「チーム、選手たち、監督のみんなから温かい歓迎を受けた。サッリ監督とはもう何回か話したけど、話しやすい人だね。今季の大きな目標を達成するために彼とチームの助けになるのが待ちきれないよ」 2019.07.16 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、間もなくユベントス移籍完了か 15日にメディカルチェックと伊紙が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス行きがもう間もなく実現するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 昨シーズンの国内2冠とチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4の躍進を見せたアヤックスを攻守両面でけん引し、今夏のビッグクラブ注目の的となっているデ・リフト。早い段階で個人合意に達していたとされながら、これまでなかなかクラブ間での合意が伝えられてこなかったが、ついに取引が締結しようとしているようだ。 今回伝えられるところによると、両者は移籍金7000万ユーロ(約85億円)で合意。15日にトリノでのメディカルチェックに臨むようだ。なお、契約解除金は1億5000万ユーロ(約182億3000万円)に設定されるという。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。長きに渡って繰り広げられたデ・リフト争奪戦が、ついに終結を迎えるか。 2019.07.15 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、イカルディ獲得に有望株ケアン譲渡を考慮

インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)への関心が伝えられているユベントスが新たな作戦を練っているようだ。イタリア『fcinternews.it』が伝えている。 昨シーズンの騒動から今夏の退団の噂が絶えないイカルディ。クラブからの契約延長交渉を延期し続けたことが逆鱗に触れ、キャプテンマークの剥奪という事態に至った。クラブ陣営から完全に呆れられており、すでに戦力外とみなされていることが伝えられている。13日には、同選手がアジアツアーに参加しないことが公式発表され、移籍の噂はさらに熱を帯びてきている模様だ。 退団が確実視される中でも、イカルディ獲得には高額な移籍金と年俸がネックとなって簡単なオペレーションにはならないことが予想されている。そこで移籍先の最有力候補と見られるユベントスは、若手有望株のイタリア代表FWモイゼ・ケアン(19)の譲渡を考えているという。 2011年にトリノからユベントスの下部組織に移籍したケアンは2016年11月にトップチームデビューを果たした。昨季は公式戦17試合に出場し、セリエA第29節から32節の間に4試合連続ゴールを決めるなど鮮烈な印象を世間に植え付けた。 昨年11月にイタリア代表デビューした19歳の逸材にはレアル・マドリーからの関心も伝えられるなど、最も注目されている若手の一人だ。イカルディ売却は避けられないインテルにとって、将来有望なケアンを手中に出来るのは心強い。なお、ケアンの推定市場価格は2000万ユーロ(約24憶3600万円)程度のようだ。 2019.07.14 15:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォン復帰でペリンはベンフィカへ

ユベントスのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)のベンフィカ移籍が迫っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が伝えている。 2018年にジェノアから加入したペリン。イタリア各年代の代表に名を連ねてきた経験豊富なGKだが、ユベントスではヴォイチェフ・シュチェスニーの牙城を崩せず、リーグ戦9試合の出場に留まった。さらに今夏にはパリ・サンジェルマンからレジェンド、ジャンルイジ・ブッフォンが復帰。同選手がベンチもしくはスタメンに名を連ねることは濃厚だ。 そのためペリンは、自身に興味を示し続けていた元ポルトガル代表MFのマヌエル・ルイ・コスタ氏がスポーツ・ディレクターを務めるベンフィカへの移籍を決めたという。『ジャンルカ・ディマルツィオ』によると、契約にはユベントスが1500万ユーロ(約18憶2700万円)で買い戻しができる条件が付いているようだ。 また、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ベンフィカは1000万ユーロ(約12憶1800万円)の移籍金を提示。年俸は250万ユーロ(約3億円)と伝えられている。 2019.07.14 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ポグバ復帰の扉をクローズ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)のユベントス復帰は実現しなさそうだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、新たなチャレンジとしてユナイテッドからの移籍希望を公言したポグバ。代理人を務めるミノ・ライオラ氏も先日、「誰もがポールの移籍意思を知っている。我々はそのプロセスにある」と述べ、ユナイテッドにプレッシャーをかけている。 だが、そのポグバの移籍先候補としてレアル・マドリーとともに長らく挙がるユベントスは、争奪戦から手を引いたとのこと。ユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏がポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏にその旨を言い渡したという。 ユベントスは今夏、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとフランス代表MFアドリアン・ラビオの加入で中盤の補強に成功。さらに、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているため、ポグバを見送った模様だ。 これにより、ポグバが移籍するとなれば、その行く先はレアル・マドリー一択に。だが、ポグバを売る気のないユナイテッドは、売却額として1億5000万ポンド(約203億4000万円)を設定しているとされ、そう容易く移籍できない様相となっている。 2019.07.13 18:45 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース