岡崎途中出場のレスターが最下位相手に4発快勝! リーグ4連勝で暫定7位に浮上!《プレミアリーグ》2019.04.07 01:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第33節、ハダースフィールドvsレスター・シティが6日に行われ、アウェイのレスターが4-1で快勝した。なお、レスターのFW岡崎慎司は61分から途中出場した。前節、プレミアリーグ最速タイで降格が決定した最下位のハダースフィールドと、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す9位のレスターによる一戦。3連勝中のレスターはセンターバック2枚を入れ替えた以外、同じメンバーを起用。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。

モチベーションで勝るレスターが立ち上がりからホームチームを押し込んでいく。再三相手のボックス内に侵入していく中でマディソンやグレイが決定機に絡む。

すると24分、右CKの流れからゴール前で混戦が生まれると、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したティーレマンスが見事な右足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。幸先良く先制に成功したレスターだが、34分にはGKシュマイケルが外に釣り出された状況でプリチャードにロングループを打たれるが、これは枠の右に外れる。その後はカウンターからグレイに決定機が訪れるも前半は1-0のスコアで終了した。

迎えた後半もレスターが早い時間帯にゴールを奪う。48分、右サイドのスペースに飛び出したリカルド・ペレイラから絶妙なグラウンダーのアーリークロスが供給されると、これをゴール左に走り込んだヴァーディがワンタッチで流し込んだ。

厳しい2失点目を喫したハダースフィールドだがすぐさま1点を返す。52分、ボックス内でグラントがDFソユンクに倒されてPKを獲得。これをキッカーのムーイが冷静に流し込んだ。

このゴールによってホームチームの勢いが増していく中、レスターは61分にバーンズを下げて3試合ぶりの出場となる岡崎をピッチに送り出す。ここからは行ったり来たりの展開が続き70分にはハダースフィールドがムニエのシュートで同点ゴールに迫るが、ここはGKシュマイケルの好守で凌ぐ。

何とか3点目を奪って試合を決めたいレスターは74分、ボックス手前中央の好位置でFKを獲得。これをキッカーのマディソンが見事な右足のシュートをゴール右隅に突き刺す。さらに84分にはカウンターでボックス内に侵入したヴァーディが相手DFに倒されてPKを獲得。これをヴァーディ自ら決めて試合を決定付ける4点目とした。

そして、このまま試合を4-1でクローズしたレスターが4連勝を飾り、暫定ながら7位浮上に成功した。
コメント
関連ニュース
thumb

岡崎慎司が本田圭佑の後釜に!? 豪複数クラブの関心報道

日本代表FW岡崎慎司(33)に対して、オーストラリア行きの可能性だ。オーストラリア『SBS』が報じた。 2015年夏にマインツから加入した岡崎。在籍4シーズンの公式戦得点数(137試合)こそ19得点にとどまったが、その初年度にクラウディオ・ラニエリ氏の下でレスター史上初のプレミアリーグ制覇に貢献するなど、泥臭いプレーでファンの心を掴んだ。だが、出場機会が激減した今シーズンは、わずか公式戦1ゴール。契約満了の今夏、レスター退団が決まり、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指して欧州でプレー先を模索している状況だ。 その岡崎に対して、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ、ウェスタン・ユナイテッド、そして、今シーズンまで元日本代表FW本田圭佑が所属したメルボルン・ビクトリーが興味を抱いているという。本田が受けた年俸290万ドル(約2億1000万円)を下回るものとみられるが、3クラブともにサラリーキャップの制限がないマーキープレーヤーとして岡崎を獲得する可能性が浮上している模様だ。 現在、明治安田生命J1リーグに属するヴィッセル神戸の関心報道も取り巻く岡崎。欧州でのプレー希望を抱く自身としては、それと異なる方面からの関心報道が続いているが、去就はいかに。 2019.06.27 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、DF史上最高額でマグワイアの獲得迫る?

マンチェスター・シティが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 2017年6月にハル・シティからレスターに加入したマグワイア。圧倒的なフィジカルを武器に守備の要として今シーズンの公式戦32試合に出場した。 そんなマグワイアを巡って、マンチェスターの両クラブが熱視線を送っていると各紙は報道。そうした中、同選手自身は、昨年9月にレスターと2023年までの新契約を締結したものの、シティへの移籍を友人に仄めかしていたようだ。 そして、今回の記事によれば、シティは2017年12月にリバプールがオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの獲得時に支払ったDF最高額の7500万ポンド(約102億7000万円)を超える8000万ポンド(約109億5000万円)の移籍金に加えて、週給28万ポンド(約3900万円)という好待遇のオファーを準備できているという。今週中にも移籍が成立する可能性があるとのことだ。 2019.06.24 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。 昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。 そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。 「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」 「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」 「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」 2019.06.18 16:42 Tue
twitterfacebook
thumb

レスター、U-21イングランド代表MFバーンズと2024年まで契約延長!

レスター・シティは14日、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・バーンズ(21)との契約を2024年6月まで延長したことを発表した。 9歳の頃にレスターのアカデミーに入団したバーンズは、2016年12月にトップチームデビュー。その後、ミルトン・キーンズ・ドンズ、バーンズリーにレンタル移籍し、イングランド下部リーグで経験を積んだ。 今シーズンはWBAに武者修行に行き、チャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)で26試合9ゴール7アシストという好成績を残すと、今冬の移籍市場でレスターに復帰。その後、プレミアリーグで16試合1ゴール2アシストを記録した。 2019.06.15 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ムニエ売却ならレスターのポルトガル代表DF獲得か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、レスター・シティに所属するポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(25)をリストアップしているようだ。イギリス地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えている。 現在、PSGではベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27)が、マンチェスター・ユナイテッドの他、恩師のウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルから関心を寄せられている。ムニエ本人こそ母国メディアに対して、「残りたい」と残留を希望。しかし、クラブ側は同選手の契約が来シーズン終了後に失効する状況から、2500万ポンド(約34億4000万円)で売却に踏み切る可能性があると伝えられている。 そして今回の報道によると、PSGはムニエを売却した場合、レスターのリカルド・ペレイラを後釜として獲得したいと考えているようだ。 ちなみに現在、同選手にはバルセロナも関心。しかし、レスター側は同選手の売却を望んでおらず、来シーズンも右サイドバックのファーストチョイスとして見ているという。 リカルド・ペレイラは、2018年5月にポルトからレスターに5年契約で加入。今シーズンは、公式戦37試合に出場し2ゴール7アシストを記録した。右サイドバックを主戦場としているが、左右のサイドハーフも務めている。 2019.06.11 16:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース