武藤欠場のニューカッスル、ミリボイェビッチのPK弾に沈みリーグ戦連敗《プレミアリーグ》2019.04.07 01:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは6日、プレミアリーグ第33節でクリスタル・パレスと対戦し0-1で敗戦した。武藤はベンチ入りも出場機会なかった。3試合ぶりの勝利を目指す14位ニューカッスル(勝ち点35)が、本拠地セント・ジェームズ・パークに13位のクリスタル・パレス(勝ち点36)を迎えた一戦。

試合は立ち上がりから一進一退が続く中、ニューカッスルが14分に決定機を迎える。右クロスをファーサイドでリッチーが折り返すと相手DFとGKに当たったボールがゴール前のロンドンに繋がりゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

ニューカッスルは、29分と34分にもロンドンに訪れたが決定機を逃がすと、42分にセットプレーからピンチ。ミリボイェビッチの右CKをボックス中央のトムキンスに右足で流し込まれたが、これはゴール前でGKドゥブラフカのブライドとなったマッカーサーがプレーに関与したためオフサイドの判定となった。

ゴールレスで迎えた後半、先にゴールに迫ったのはニューカッスル。53分、リッチーの左CKからルジューヌがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKが正面でキャッチ。

膠着状態が続く中、81分にスコアが動く。クリスタル・パレスは、ボックス左まで持ち上がったザハが切り返しの際にイェドリンに倒されてPKを獲得。このPKをミリボイェビッチが確実にゴール左決め、待望の先制点を奪った。

結局、これが決勝点となりニューカッスルは0-1で敗戦。リーグ戦連敗となったニューカッスルは、リーグ戦のホーム連勝記録も「5」でストップした。
コメント
関連ニュース
thumb

武藤先発のニューカッスル、ウルブズに完敗…《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、ニューカッスルvsウォルバーハンプトンが17日に中国で行われ、0-4でウルブズが快勝した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は63分までプレーしている。 武藤が1トップで先発したニューカッスルだったが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、15分に先制を許す。ジョニーのパスを受けたジョッタがボックス手前左で仕掛けてゴール左隅に蹴り込んだ。 その後も攻勢に出るウルブズは33分に突き放した。ジョニーのパスを受けたギブス=ホワイトがペナルティアーク左からゴール右にシュートを突き刺した。 さらに40分、ジョッタがボックス内で相手DFのボールを奪ってこの試合2点目を叩き込み、ウルブズが3-0として前半を終えた。 後半も攻め手のないニューカッスルは63分に見せ場を作れなかった武藤が交代となってしまう。そして85分、CKの流れからオウンゴールを献上し、0-4で惨敗。 勝利したウルブズはマンチェスター・シティvsウェストハムの勝者と20日に決勝を戦う。 ニューカッスル 0-4 ウォルバーハンプトン 【ウォルバーハンプトン】 ジョッタ(前15、前40) ギブス=ホワイト(前32) OG(後40) 2019.07.17 22:37 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤所属のニューカッスル、スティーブ・ブルース氏を新指揮官に招へい!

ニューカッスルは17日、スティーブ・ブルース氏(58)の新監督就任を発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。 昨シーズンを12勝17敗9分けの13位でフィニッシュしたニューカッスルは、フロントとの方針の違いによってラファエル・ベニテス前監督(現大連一方)が先月24日に退任していた。 その後任に関しては前リヨン指揮官のブルーノ・ジェネジオ氏やアーセン・ヴェンゲル氏、ジョゼ・モウリーニョ氏など多くの候補の名前が挙がっていたが、最終的にプレミアリーグで豊富な経験を持ち、直前までチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ウェンズデイを率いていたブルース氏となった。 ニューカッスル近郊のコーブリッジで生まれ育ったブルース氏は、故郷の名門クラブで指揮を執ることに強い意欲を示している。 「ニューカッスル・ユナイテッドの監督に任命されたことを非常に光栄に思っている。このクラブは私が子供の頃から愛していたクラブであり、父が愛したクラブでもあるんだ。だから、我々の家族にとって非常に特別な瞬間だ」 「我々の前には非常に大きな挑戦が待っている。もちろん、私と私のスタッフたちはその準備ができている。今はすごく張り切っているし、このクラブが成功を収めてそれを我々のサポーターが誇り高く感じられるように、自分たちのすべてを捧げるつもりだ」 なお、ブルース新監督やコーチングスタッフはすぐさま中国でプレシーズンツアー中のチームに合流する予定だ。 現役時代に屈強なセンターバックとしてマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した名選手のブルース氏は、シェフィールド・ユナイテッドでプレーイングマネージャーとして監督キャリアをスタート。その後、バーミンガムやウィガン、サンダーランド、ハル・シティ、アストン・ビラなどの指揮官を歴任。2019年1月から直近まではシェフィールド・ウェンズデイを率い、昨季のチャンピオンシップでは24チーム中12位という戦績に導いていた。 ニューカッスル2年目で真価が試される日本代表FW武藤嘉紀は、[4-2-3-1]を基本布陣に堅守速攻スタイルを志向する新指揮官の下でポジションを掴むことはできるか。 2019.07.17 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表FW武藤嘉紀に新たなライバル? ニューカッスル、ホッフェンハイムのブラジル人FWに48億円用意か

ニューカッスルがホッフェンハイムに所属するブラジル人FWジョエリントン(22)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏、FWアジョセ・ペレス(25)とFWホセル(29)の両スペイン人FWが相次いで流出したニューカッスル。さらに、ベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)も中国移籍が囁かれており、FWの強化が急務となっている。 そこで、ニューカッスルは今年1月にも噂されたジョエリントンへの関心を再熱させている模様。ウォルバーハンプトンも目を光らせているとされる同選手の獲得に向け、今週中に移籍金3600万ポンド(約48億3000万円)のオファーを提示する準備があるという。 母国スポルチ・レシフェでプロキャリアをスタートさせたジョエリントンは、2015年にホッフェンハイムに加入。ラピド・ウィーンへのレンタルから復帰した昨シーズン、公式戦35試合11ゴール9アシストを記録していた。 2019.07.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アラベス、武藤の同僚FWホセルを完全移籍で獲得

アラベスは15日、ニューカッスルからスペイン人FWホセル(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。 セルタの下部組織出身のホセルは、2009年にレアル・マドリーのカスティージャに身を置くものの、トップチームでの出場はわずか1試合のみ。その後はホッフェンハイムやフランクフルト、ハノーファー、ストークなどを転々とし、2017年夏にニューカッスルに加入した。 ニューカッスルでは、在籍2年間で公式戦52試合で7ゴール2アシストをマーク。2018-19シーズンはプレミアリーグ16試合を含む公式戦20試合に出場し3ゴール1アシストを記録した。 2019.07.16 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル退団のMFディアメがカタールのアル・アハリ加入!

カタールのアル・アハリ・ドーハは11日、ニューカッスルを退団した元セネガル代表MFモハメド・ディアメ(32)の加入を発表した。契約期間は2年となる。 2009年に加入したウィガンで台頭した屈強なセントラルMFのディアメは、ウェストハム、ハル・シティを経て2016年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のニューカッスルに完全移籍。 加入初年度にプレミアリーグ昇格に貢献し、直近2シーズンもラファエル・ベニテス前監督からの信頼を集めて主力として活躍。2年連続のプレミアリーグ残留の立役者の1人となっていた。 昨季限りでのニューカッスル退団に伴い、一時は同じカタールのアル・ガラファへの移籍の可能性が取り沙汰されていたが、新天地はアル・ガラファのライバルクラブのアル・アハリとなった。 なお、アル・アハリには元オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング、元モロッコ代表FWナビル・エル・ザハルと、かつてプレミアリーグでプレーしていた2選手が在籍している。 2019.07.12 15:11 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース