原口決定機逸のハノーファー、逆転負けで7連敗… 最下位脱せず《ブンデスリーガ》2019.04.07 00:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハノーファーは6日、ブンデスリーガ第28節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ外となっている。

前節シャルケ戦を0-1と敗れて6連敗となり、最下位に転落したハノーファー(勝ち点14)は原口が8試合連続スタメンとなり、契約上の問題で浅野がベンチ外となった。

8位ヴォルフスブルク(勝ち点42)に対し、原口が[4-3-3]の右インサイドでスタートしたハノーファーがハイプレスをかける立ち上がりとしたが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、10分にヴェグホルストに決定的なヘディングシュートを許した。

ここは枠を外れて助かったものの、劣勢が続いたハノーファーは、28分にもシュテフェンのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、30分に先制した。マイナの絶妙なロングスルーパスに抜け出したヴァイダントがボックス内に侵入し、GKとの一対一を制した。

しかし32分、あっという間に同点とされる。ギラヴォギのフィードに反応したボックス内のシュテフェンにバックヘッドで決められた。ハーフタイムにかけても劣勢を強いられたハノーファーだったが、原口が守備面で奮闘するなど何とか凌ぎ、1-1で前半を終えた。

迎えた後半6分、原口に決定機。ボックス左でブルックスに競り勝ち、体勢を立て直してシュート。しかし、GKカスティールスにセーブされた。

続く58分にもヴァイダントのパスを受けて巧みにボックス右へ侵入した原口がシュートに持ち込んだが、ややコースが甘く再びGKカスティールスに阻まれた。

すると71分、ギンチェクのダイレクトパスでボックス右へ侵入したシュテフェンにGKとの一対一を制され、逆転されてしまった。

さらに78分、マリのマイナスパスをボックス左のルシヨンに蹴り込まれて1-3とされたハノーファーは、そのまま敗戦。泥沼の7連敗となり最下位を脱せず、降格が近づいている。
コメント
関連ニュース
thumb

原口フル出場のハノーファー、古巣ヘルタにゴールレスドローで連敗を8でストップ《ブンデスリーガ》

ハノーファーは21日、ブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 前節ボルシアMG戦を0-1と敗戦して8連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が10試合連続スタメンとなり、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートとなった。 ダルダイ監督の今季限りでの退任が発表された11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点35)に対し、ハノーファーは自陣に引いてカウンターを狙っていく。 ヘルタの圧力の前に徐々に押し込まれる展開となっていったハノーファーだったが、17分に原口がロングカウンターからシュートに持ち込んだ。 それでも守勢が続くハノーファーは、なかなか自陣から出ることができない。そんな中34分、再び原口がミドルシュートでヘルタを牽制する。すると追加タイムには決定機。CKの流れからボックス左のアントンがシュート。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれた。 前半をゴールレスで凌いだハノーファーは迎えた後半、開始5分にムスリジャが左サイドからのカットインシュートでGKヤルシュテインを強襲した。すると、良い入りを見せたハノーファーが集中した守備からカウンターを狙う展開が続く。 ヘルタがゼルケを、ハノーファーがN・ミュラーを投入し、両チームが攻撃に変化を付けた中、ハノーファーは75分、カルーにGKエッサーを強襲されるシュートを打たれてしまう。 さらに80分にはカルーにディフェンスライン裏を取られる大ピンチを迎えたが、DFの身体を張った対応で何とか防いだ。 終盤にかけてもカルーを軸とするヘルタの攻勢を受けたハノーファーだったが、何とか凌いでゴールレスで終了。連敗を8で止め、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに6ポイント差とした。 2019.04.22 02:58 Mon
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のハノーファー、ボルシアMGにシャットアウト負けで8連敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは13日、ブンデスリーガ第29節でボルシアMGをホームに迎え、0-1で敗れた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野琢磨はベンチ入りしなかった。 前節ヴォルフスブルク戦を逆転負けし、7連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が9試合連続スタメンとなり、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートとなった。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フランクフルトに4ポイント差とされている5位ボルシアMG(勝ち点48)に開始直後、アクシデントが発生する。オストルツォレクと激しく接触したシュティンドルが右足を負傷し、ラファエウとの交代を強いられた。 早々に負傷者を出したボルシアMGに対し、ハノーファーが押し込まれる展開で立ち上がっていった中、14分にピンチ。オストルツォレクが自陣でボールを失い、ノイハウスにチップキックシュートを打たれてしまう。決定的だったが、アントンがゴールライン前まで戻って何とかクリアした。 凌いだハノーファーは17分に決定機。ヴァイダントがディフェンスライン裏に抜け出してラストパス。ボックス左のマイナがシュートに持ち込むも、DFの好ブロックに阻まれた。 すると19分にもピンチ。プレアのラストパスに反応したボックス左のT・アザールに決定的なシュートを打たれたが、GKエッサーが何とか凌いだ。 その後もT・アザールの左サイドを軸に攻め立ててくるボルシアMGに主導権を握られる中、ハノーファーは水際で耐え、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もボルシアMGが攻勢に出る中、53分に先制した。ルーズボールを拾ったラファエウがボックス中央に侵入してシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 その後も反撃の機会がなかったがハノーファーに71分、同点のチャンス。しかし、ボックス内でマイナのパスを受けてヴァイダントが放ったシュートは、GKゾンマーのファインセーブに阻まれた。 結局、終盤にかけては目立ったチャンスを作れなかったハノーファーは0-1のまま敗戦。8連敗となり、残留プレーオフに回れるシュツットガルトとの勝ち点差を縮めることができなかった。 2019.04.14 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ノーゴールの浅野拓磨、今季が終了…降格危機ハノーファー経営陣がメンバー外を指示した理由は?

アーセナルからハノーファーへレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨だが、今シーズンはもう終わってしまったようだ。『transfermarkt』が伝えた。 浅野は、2016年7月にサンフレッチェ広島からアーセナルへと完全移籍。しかし、労働許可書がないため、シュツットガルトへとそのままレンタル移籍を果たす。 今シーズンからはハノーファーにレンタルされており、ここまでブンデスリーガで13試合に出場、DFBポカールで2試合に出場。しかし、ここまでゴールを記録できていない浅野は、6日に行われたヴォルフスブルク戦でメンバー外となっていた。 ハノーファーのスポーツディレクターを務めるホルスト・ヘルト氏が浅野についてテレビ番組『Sky』でコメント。今シーズンはもう起用できないと語った。 「我々は浅野を使うことが許されないとうオーダーを受けた」 「あまり投資することができないならば、クリエイティブでなければいけない。裏切りではなく、アーセナルと交渉したようだ」 「経営陣から明確な指示を受けており、それを守る必要がある」 浅野のレンタル移籍には、出場試合数に応じて買取義務が発生する模様。移籍金は300〜350万ユーロ(約3億7600万円〜4億4000万円)と見られている。 しかし、ハノーファーはブンデスリーガで最下位に位置しており、2部降格が迫っている状況。浅野の買取義務が発生することが望ましくないと経営陣が判断したようだ。 2019.04.07 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

原口&浅野が出場のハノーファー、セルダー弾に沈みリーグ戦6連敗…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節のハノーファーvsシャルケが31日に行われ、0-1でシャルケが勝利した。ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は75分から出場した。 リーグ戦5連敗中の18位ハノーファー(勝ち点14)が、15位シャルケ(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。6試合ぶりの勝利を目指すハノーファーは、[4-2-3-1]の布陣を採用。原口が右MFでスタメンとなり、浅野はベンチスタートとなった。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ハノーファーは19分に決定機。右CKのこぼれ球を逆サイドで拾ったアルボルノスが左クロスを供給。相手DFのクリアボールをボックス中央のヴァイダントがボレーシュートで合わせたが、これは相手GKが好セーブに防がれた。 対するシャルケは39分、右サイドを持ち上がったスタンブリのクロスをニアサイドのセルダーがワントラップから右足でゴール左隅にシュートを流し込み、先制に成功した。 迎えた後半、1点を追うハノーファーはソルグを下げてムスリジャを投入。原口が右サイドバックにポジションを移す。 すると51分、原口からのパスを受けたムスリジャの右クロスをゴール前のヴァイダントがヘディングシュート。さらにゴール左に逸れたボールをN・ミュラーがダイビングヘッドで合わせたが、これはオフサイドの判定となった。 膠着状態が続く中、ハノーファーは75分にマイナを下げて浅野を投入。すると77分、ボックス右で浅野からの折り返しを受けた原口のラストパスをボックス中央に走り込んだN・ミュラーがシュート。しかし、これはGKヌーベルがファインセーブ。 1点が遠いハノーファーは、80分にもボックス右でロングパスを収めたN・ミュラーの落としを受けた原口がペナルティアーク内まで切り込みシュートを狙ったが、これは相手DFに当たりゴール左に外れた。 結局、試合はそのまま0-1で終了。後半だけで12本のシュートを放ったハノーファだが、最後まで1点が遠くリーグ戦6連敗となった。 2019.04.01 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

原口がボランチでフル出場のハノーファー、アウグスブルクとの残留争いに敗れ5連敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは16日、ブンデスリーガ第26節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-3で逆転負けした。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節レバークーゼン戦を2-3と惜敗し、4連敗となった17位ハノーファー(勝ち点14)は、レバークーゼン戦でアシストを記録し、幻弾に泣いた原口がスタメンとなり、負傷明けの浅野がベンチスタートとなった。 残留を争う15位アウグスブルク(勝ち点22)に対し、中盤フラットな[4-4-2]で臨んだハノーファーは原口をボランチに据えた。 そのハノーファーは8分に先制する。ロングボールを使って混戦を生むと、マイナのシュートは立て続けにDFにカットされるも、ルーズボールをヴァイダントがヘッドで押し込んだ。 良い入りを見せたハノーファーは12分にもロングボールを使ってヴァイダントが決定的なボレーシュートに持ち込み、流れを引き寄せていく。 その後、徐々に押し込まれる展開を強いられたハノーファーだったが、33分にCKの流れから原口がシュートを浴びせて応戦。さらに38分、原口が起点となってジョナタスが際どいシュートを浴びせた。 ハノーファーが前半を1点リードしたまま終えて迎えた後半、52分にボックス手前中央で得たFKを原口が直接狙うと、シュートはバーを直撃した。 追加点を奪いきれないハノーファーは55分、FKからダンソのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKエッサーの好守で凌いだ。 続く61分にもリヒターのミドルシュートでゴールに迫られたハノーファーは65分、ついに失点する。CKからハーンのボレーシュートは左ポストを叩いたが、ルーズボールをコルドバにヘッドで押し込まれた。 さらに75分、チ・ドンウォンに決定的なダイビングヘッドを打たれると、79分に逆転される。左サイド絞った位置で得たFKをシュミットが意表を突いて直接狙うと、GKエッサーの逆を突いてゴール左に決まった。 意気消沈のハノーファーは86分、ハーンのシュートをGKエッサーが守備範囲ながら止めきれずに1-3で敗戦。逃げ切れず逆転負けを喫し、5連敗となって残留が遠のいている。 2019.03.17 01:32 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース