長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレーのPK弾でシャルケに競り勝ち6連勝!4位を死守!《ブンデスリーガ》2019.04.07 00:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは6日、ブンデスリーガ第28節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。前節シュツットガルト戦を快勝して5連勝とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したフランクフルト(勝ち点49)は、公式戦14試合負けがない中、長谷部がリベロで引き続きスタメンとなった。

テデスコ監督を解任して前節ハノーファー戦を勝利した14位シャルケ(勝ち点26)に対し、開始3分にショートカウンターに転じたフランクフルトが決定機。しかし、ゴール至近距離のヨビッチのダイレクトシュートはGKヌーベルのビッグセーブに阻まれた。

続く7分にもレビッチのヒールシュートでゴールに迫ったフランクフルトは、13分に順当に先制した。コスティッチのスルーパスに抜け出したレビッチがボックス左に侵入し、GKヌーベルを巧みにかわしてシュートを流し込んだ。

さらに14分にもヒンテレッガーのロングシュートでゴールに近づいたフランクフルトだったが、21分にワンチャンスで同点とされる。FKの流れからエンボロのヘディングシュートはGKトラップが好守で凌ぐも、ルーズボールをゴールエリア左のセルダーに詰められた。1-1となって以降は膠着状態が続き、互いに目立ったチャンスなく後半へ折り返した。

迎えた後半開始7分、後半から投入されていたパシエンシアがFKから決定的なヘディングシュートを放ったフランクフルトだったが、再びGKヌーベルのビッグセーブに阻まれた。直後のCKから相手選手のヘディングでのクリアがゴールに向かったが、ここもGKヌーベルのファインセーブに阻止され、フランクフルトは勝ち越せない。

その後もフランクフルトがボールを持つものの、パシエンシアがブレーキとなって決定機を生み出すには至らない。そのまま引き分けが濃厚かと思われたが、ラストプレーの追加タイム6分、フランクフルトに決定機が生まれる。コスティッチのミドルシュートがボックス内のカリジウリのハンドを誘ってPKを獲得。これをヨビッチが決めて劇的勝利を飾ったフランクフルトが連勝を6に伸ばし、4位を死守している。
コメント
関連ニュース
thumb

ハマーズ、クラブ史上最高額でフランクフルトFWアラーが加入! 「移籍金の意味はわかっている」

ウェストハムは17日、フランクフルトからフランス人FWセバスティアン・アラー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となり、1年間の契約延長オプションが付随している。 ウェストハムは具体的な金額に関して伏せているものの、アラー獲得にクラブ史上最高額の移籍金を支払ったと伝えている。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は今回の移籍金に関して、昨夏ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンを獲得した際に支払ったとされる4200万ポンド(約56億4000万円)を300万ポンド上回る、4500万ポンド(約60億5000万円)と推定している。 クラブ史上最高額での加入という大きな期待を背負う新エースストライカー候補は新天地での意気込みを語っている。 「本当に気分がいいんだ。ここに来ることは自分にとって本当に良いチャンスだと思っているんだ」 「それ(クラブ史上最高額での加入)は多くの意味を持っている。そのうちの1つはクラブが長年僕を欲しがってくれていたという証明になると思う。個人的にクラブが自分とサインしたいという熱意を感じていたんだ。同時にここが野心的なクラブであり、良いクラブで素晴らしい街と素晴らしいファンを持っているということもね」 「クラブが僕に示した信頼に応えるためにいつでも全力を尽くすことを約束したい。毎日、毎試合すべてを捧げることを誓うよ」 母国の名門オセールでキャリアをスタートしたアラーは、オランダのユトレヒトでの活躍を経て2017年にフランクフルトに加入。昨シーズン、主力としてDFBポカール制覇に貢献すると、今シーズンはシーズン終盤に数試合の離脱を強いられながらも公式戦41試合で20ゴール12アシストの数字を残した。 190cmの長身に加え、フィジカルだけに頼らない懐の深いボールキープ、ポストワークに優れるターゲットマンは、ここ数年フィニッシュの局面でも精度、落ち着き共に向上中でレ・ブルー入りも期待される好タレントだ。 なお、アラーは現在中国ツアー参戦中のチームには帯同せず、このままロンドンで調整を続ける。 2019.07.17 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがアラーのハマーズ移籍合意を発表…推定移籍金60億円

フランクルトは16日、フランス人FWセバスティアン・アラー(24)のウェストハム移籍を発表した。 フランクルトとウェストハムはアラーの移籍に関して、クラブ間合意。アラーは今後、ロンドンでウェストハムのメディカルチェックを受け、問題なければ移籍が正式に決まる見通しだという。 レ・ブルー入りも期待されるアラーは2012年にオセールでプロデビュー後、ユトレヒトを経て、2017年夏からフランクフルトでプレー。昨シーズンは公式戦41試合20得点12アシストの好成績を収めた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は推定4500万ポンド(約60億5000万円)。ウェストハムにとって、退団したオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに代わるストライカー到着となる。 2019.07.16 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

アピールを続ける鎌田大地について地元紙「良い準備はしてきたが活躍できるかは未知数」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地について、地元紙『フランクフルタールンシャウ』は「良いアピールはしているが、ドイツで活躍できるかは未知数」と現時点では辛口な評価を伝えた。 鎌田は昨季ベルギーのシント=トロイデンへレンタル移籍すると、すぐに適応。リーグ戦24試合で12点という成績を残してブレイクを遂げたが、今季からフランクフルトへの復帰が決まった。 同紙は鎌田の復帰に関して、決して期待度が高くなかったとした上で、練習試合でゴールを挙げるなどアピールし続ける同選手を「始動後2週間にわたり良い準備をしてきた勝者」と称賛。同チームのアドルフ・ヒュッター監督の「ベルギーで鎌田は良いシーズンを過ごした。身体的にも今までとは違うという姿を示し、とても良い可能性を持っている」というコメントも紹介した。 しかし、同時に「今までの鎌田はフランクフルトで何も提示していない。練習試合はあくまで練習試合、ブンデスリーガでは通用しないのではないか」と辛口な評価もしており、チームにフィットしないようだと再度のレンタルもあり得ると付け加えた。 ベルギーで確かな実績を積み、ドイツでリベンジを期す鎌田。地元紙の辛口評価を覆す活躍を見せることができるのか。大いに注目が集まる。 2019.07.16 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、レバークーゼンMFドミニク・コールを5年契約で獲得!

フランクフルトは3日、レバークーゼンからドイツ人MFドミニク・コール(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 レバークーゼンの下部組織出身のコールは、2012年にトップチームに昇格。しかし、その後は出場機会に恵まれず、2014年1月にアウグスブルクへレンタル移籍で加入すると、翌年に完全移籍。アウグスブルクでは在籍2年半で公式戦102試合で3ゴール8アシストをマーク。 この活躍が認められ、2017の夏に古巣レバークーゼンに復帰を果たすと、2シーズンで公式戦57試合に出場し4ゴール7アシストを記録。今シーズンは主にカップ戦要因としてブンデスで18試合を含む公式戦25試合に出場していた。 2019.07.04 03:25 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがハダースフィールドから元ドイツ代表DFドゥルムを獲得!

フランクフルトは3日、ハダースフィールドから元ドイツ代表DFエリク・ドゥルム(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 マインツ、ドルトムントのセカンドチームでのプレーを経て2013年にドルトムントでトップチームデビューを飾ったドゥルムは、左右のサイドバックやウイングバックを主戦場にトップチーム在籍5年間で公式戦97試合に出場。 今シーズンは、かつてドルトムントのセカンドチームで監督を務めたデイビッド・ワーグナー監督率いるハダースフィールドへ移籍すると、プレミアリーグ28試合にを含む、公式戦30試合に出場していた。 また、ドイツ代表では通算7キャップも2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていたため、W杯優勝メンバーの1人である。 2019.07.04 00:05 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース