CL出場を争うサンプドリア戦に臨むローマ、エル・シャーラウィ復帰もペロッティ&サントンが負傷欠場2019.04.06 01:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは5日、翌日に行われるセリエA第31節サンプドリアとのアウェイ戦に向けた招集メンバーを発表した。前節フィオレンティーナ戦を引き分け、リーグ戦ここ3試合勝利のないローマは、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランを3ポイント差で追っている。そんな中、3ポイント差の9位サンプドリアに対し、フィオレンティーナ戦で先発しチーム2点目を決めていたFWディエゴ・ペロッティと、同じく先発していたDFダビデ・サントンがいずれもハムストリングを痛めて招集外となった。

『スカイ・スポーツ・イタリア』によればペロッティは1週間の離脱、サントンは1カ月の戦線離脱となると主張している。その他、DFアレッサンドロ・フロレンツィ、MFハビエル・パストーレが負傷により欠場する。

一方でイタリア代表合流中にふくらはぎを痛めてリーグ戦ここ2試合を欠場していたFWステファン・エル・シャーラウィが復帰しており、ローマにとってはファラオーネが起爆剤となることを願うばかりだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ加入のパウ・ロペス「アリソン?比較は好きじゃない。僕はパウだ」

ベティスからローマへの加入が発表されていたスペイン代表GKパウ・ロペス(24)が16日に入団記者会見を行った。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 エスパニョールの下部組織出身のパウ・ロペスは、2014年にトップチームデビュー。トッテナムへの期限付き移籍を経て、昨夏に加入したベティスでは守護神として公式戦33試合に出場し、10回のクリーンシートを達成した。 入団会見でいくつかの質問に答えた同選手は、その中で2017-18シーズンまで在籍した減リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーと比較されることに異論を唱えた。 「はじめに、ローマへ入団できたことをクラブとディレクターに感謝したい。それらの感謝を結果で返せるかは僕次第だ。僕はスペインから来たから、技術的にもイタリアで学ぶことはたくさんある」 「アリソンはここでは非常に重要な存在だったが、比較は好きじゃない。僕はパウだ。ローマを学び、手助けするためにここに来た。今、私の素晴らしいストーリーがはじまった。私はファンの皆を誇りに思っている」 「イタリア語もすでにかなり勉強している。クラブを尊重しているからすぐに適応できるだろう。今は代表チームのことはあまり考えていない。ローマで戦う事だけを考えているよ」 2019.07.16 21:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、ヴィオラMFヴェレトゥ争奪戦でポールポジションに!

ローマがフィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ナント出身のヴェレトゥは2015年にアストン・ビラ入りすると、サンテチェンヌへのレンタル移籍を経て、2017年夏にフィオレンティーナに加入。セントラルMFを主戦場に豊富な運動量で守備から攻撃まで一手に担うゲームメイカーは、昨シーズンの公式戦37試合で5ゴール4アシストをマークしていた。 そのフランス人MFを巡っては最近、ミランやナポリ、アタランタなど複数クラブの関心報道が加熱。そうしたなかで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のメンバーから外れ、今夏の移籍により拍車がかかっている状況だ。 関心を示す一角として動向に注目を集めるローマは、そのヴェレトゥ獲得に向け、2000万ユーロ(約24億2000万円)+ボーナスといわれるフィオレンティーナの要求額に最も近い条件を用意しており、ミランとの一騎打ちとみられる争奪戦で優位に立った模様だ。 なお、そのローマはヴェレトゥとともに、アタランタでプレーするイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得も近い様子。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるジャンルカ・ペトラーキ氏は、数日中の獲得を試みているとのことだ。 2019.07.16 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、ファラオーネ後釜に2選手をリストアップか?

ローマは上海申花に移籍したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)の後釜に2選手をリストアップしているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ローマは2020年夏に契約が終了するエル・シャーラウィの慰留を目指していたもののサラリー面の問題で交渉が難航した結果、最終的に総額1800万ユーロ(約21億9000万円)の移籍金で上海申花に放出することになった。 そのため、昨季セリエAでチーム最多の11ゴールを記録したファラオーネの後釜探しが今夏の補強ポイントの1つとなっている。 その中で現在、最有力候補の1人に挙がっているのが、昨夏にも獲得に動いた経緯があるレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)だ。 爆発的な加速力とドリブルテクニックに加え、ここ最近はアタッキングサードでの判断力、決定力向上が著しい左利きのウイングに関して、ローマは今夏も獲得交渉を行っているという。 しかし、『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、レバークーゼンはチェコ代表FWパトリック・シック(23)の譲渡+移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求しているという。 ローマとしては加入以降、思うようにフィットしていないシックの放出自体に異論はないものの、サンプドリアからの獲得時の契約条項が問題になっているという。 2017年に総額4200万ユーロ(約51億1000万円)でローマに加入したシックに関しては、複雑な契約が結ばれており、現時点でローマは1年間の有償レンタルの金額として500万ユーロ、昨夏に完全移籍への切り替えの一時金として900万ユーロをすでに支払っている。その一方、最大800万ユーロと言われるボーナスに関しては同選手のパフォーマンスが微妙なこともあり、大きな問題とはなっていないようだ。 ただ、ベイリーの交渉に関して問題になっているのは、2020年2月1日までにローマがシックを売却した場合、移籍金の50パーセントをサンプドリアに支払わなければならないという条項だ。今回レバークーゼンはシック+移籍金でのベイリー放出を望んでいるためにシックの移籍金の取り扱いに関して複雑な手続きが必要になる可能性がある。 仮に、この形での交渉が難しい場合、ローマは2020年2月に予定されている2000万ユーロの移籍金をサンプドリアに先払いし、保有権をハッキリとさせた状態でシックをトレードでレバークーゼンに放出する形を取ることになるかもしれない。 その一方でローマはベイリー以外の候補としてクラブ・ブルージュに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(22)にも関心を示しているという。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。 優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする22歳は、昨シーズンに足首のケガで長期離脱を強いられながらも公式戦24試合で6ゴール4アシストを記録。さらに、昨年10月にはオランダ代表デビューも飾り、2キャップ目となったベルギー代表戦では初ゴールも記録している。 なお、ベイリーに比べて実績で劣るダンジュマの移籍金に関しては1200万~1400万ユーロ(約14億6000万~17億円)程度とみられている。 2019.07.14 16:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマのジェルソンが母国フランメンゴに完全移籍! 昨季はフィオレンティーナでプレー

ローマは12日、ブラジル人MFジェルソン(23)がフラメンゴに完全移籍することを発表した。 ローマは同選手の放出で1180万ユーロ(約14億3000万円)の移籍金と、今後同選手がフラメンゴから他クラブに移籍した際の移籍金の10パーセントを受け取ることになる。なお、ジェルソン自身はフラメンゴと2023年12月末までの契約にサインしている。 2016年夏にフルミネンセから1600万ユーロ(約19億5000万円)でローマへ移籍したレフティーのジェルソンは、ローマでは在籍2年間で公式戦42試合に出場して2ゴール1アシストを記録。直近の2018-19シーズンは1年間のレンタル移籍で加入したフィオレンティーナで公式戦40試合に出場し3ゴール4アシストを記録していた。 今夏の移籍市場では当初、ディナモ・モスクワ移籍の可能性が濃厚となっていたが、ジェルソン自身が母国復帰を望んでフラメンゴが移籍金を増額したことで今回の交渉成立となった。 2019.07.13 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、昨季プリマヴェーラ得点王のツェラルと新契約締結! 今季はチッタデッラに武者修行へ

ローマは11日、U-21スロベニア代表FWザン・ツェラル(20)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。また、2019-20シーズンはセリエBのチッタデッラに1年間のレンタル移籍に出ることを併せて伝えている。 2017年夏、前スポーツ・ディレクターのモンチ氏に見いだされたツェラルは母国の名門マリボルからローマのプリマヴェーラに加入した。 186cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、両足をそん色なく操るシュート精度を武器とする生粋のストライカーは、トップチームで活躍するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコを想起させる。また、大柄ながらもスピードにも優れており、ウイングでも起用されている。 昨シーズンのプリマヴェーラでは27試合で28ゴールを挙げて得点王に輝く活躍を見せると、今年3月に行われたエンポリ戦では途中出場でセリエAデビューも飾っていた。 2019.07.12 13:55 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース