アッレグリ、人種差別擁護発言のボヌッチに「間違っていた」2019.04.06 00:39 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、人種差別擁護発言をしたイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに対し、自身の見解を示した。ユベントスでは2日に行われたセリエA第30節カリアリ戦でゴールを決めたイタリア代表FWモイゼ・ケアンのゴールセレブレーション以降、ケアン、MFブレーズ・マテュイディ、DFアレックス・サンドロら黒人選手に対してホームサポーターから執拗なモンキーチャントが行われていた。

しかし試合後、ボヌッチは「ゴールは仲間と喜ぶべきだということはケアンもわかっている。別のやり方があったはずだ。あのゴールの後に人種差別的なヤジがあった。ブレーズはそれを聞いて怒っていた。自分的には責任はフィフティー・フィフティーだと思う。モイゼはあんなことをすべきじゃなかったし、ゴール裏もああいうかたちでやり返すべきじゃなかった」と人種差別擁護とも取れるコメントをしていた。

サッカー界から批判的な反応が出ている中、アッレグリ監督は次のように自身の見解を示した。

「人種差別は常に断罪され、戦わなければならない。決して正当化されることはない。ボヌッチは試合後、興奮状態であの発言をした。彼は間違っていたと思うが、すぐに発言の意味を説明し、謝罪もしている。これが紛れもない事実だよ」
コメント
関連ニュース
thumb

エムレ・ジャン、来季はCBに転身か

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ドイツ代表MFエムレ・ジャンをセンターバックで起用することを考えているようだ。イタリア『SPORT MEDIASET』が伝えている。 すでにセリエA8連覇を決めたユベントスは、早くも来季に向けた準備に取り掛かっている。とりわけ急務となっているのが高齢化した守備陣の整理だ。今季の守備を支えたジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチは来季にはそれぞれ35歳と32歳を迎え、マルティン・カセレスも32歳、アンドレア・バルザーリは今季限りでの引退を決め、主力級の若いセンターバックは24歳のダニエレ・ルガーニのみとなっている。 ユベントスの獲得リストにはアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトや、レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスらが名を連ねているが、アッレグリ監督はそれよりもエムレ・ジャンのセンターバックへのコンバートを考えているようだ。 同選手の主戦場はボランチやセントラルMFだが、チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦のセカンドレグではセンターバックとして90分出場した。アッレグリ監督は残りのシーズンでジャンのセンターバックとしての適性度合いを見極めるつもりのようで、センターバックの獲得に動くのはそれからのようだ。 2019.04.25 20:38 Thu
twitterfacebook
thumb

今季のセリエAで最も被ファウルの多い選手は? 初参戦のC・ロナウドは意外にも…

イタリア『スカイ・スポーツ』が、今季のセリエAでファウルを受けた回数が多い選手を紹介している。 すでにユベントスの8連覇が決まったセリエA。しかし、チャンピオンズリーグ出場権争いや残留争いはまだまだ熾烈を極め、残り5試合、それぞれの目標をかけたさらなる熱い戦いが予想される。 そんな中、『スカイ・スポーツ』が第33節を終えた時点での被ファウル数の多い選手を紹介。最も多かったのが、トリノのFWアンドレア・ベロッティだ。ここまで32試合に出場し、12ゴール2アシストと7位のトリノの攻撃を牽引しているイタリア代表ストライカーは、そのポジションからやはりファウルを受ける回数は多く、これまでの99回は、2番目に多かったサッスオーロのFWドメニコ・ベラルディの87回を大きく上回った。 また、トリノからはDFアルマンド・イッツォが50回で26番目にランクイン。センターバックのイッツォはDFとして最もファウルを受けた回数が多い選手に。 得点ランクトップのサンプドリアFWファビオ・クアリアレッラは38回。同選手は32試合で22ゴール8アシスト。「ゴールもできてアシストもできてさらにファウルももらう。これ以上何を求めることができるだろうか」と『スカイ・スポーツ』は称賛している。 首位のユベントスでは、FWパウロ・ディバラが54回でトップ。FWクリスティアーノ・ロナウドの加入でやや迫力が薄まった感のあるアルゼンチン代表FWだが、相手の危険なスペースに入り込むセンスは衰えていない。 そして、そのクリスティアーノ・ロナウドは42回。ここまで27試合に出場しているため1試合平均は1.55回。全体で40番目と、世界最高のストライカーとしては意外と少ない印象だ。同メディアも「このランキングにいるのは彼も慣れていないだろう」と反応している。 2019.04.24 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドを満足させる買い物リスト コリエレがまとめて紹介

驚異のセリエA8連覇を達成したユベントス。だが、彼らの目標はその先のチャンピオンズリーグ(CL)制覇。その実現のために、昨夏に1億ユーロ(約125億円)をかけてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したが、奮闘虚しくアヤックスの前にベスト8で散った。 そして来季こそビッグイヤーを掲げたいビアンコネロは新エース、C・ロナウドを満足させる選手の獲得をこの夏に目論んでいる模様だ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。 ジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチのベテラン2人に支えられた守備陣は若さと質が求められる。アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得が第一優先だが、同選手はバルセロナ行きとなる可能性が高い。そこでレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランに注目。C・ロナウドの元チームメイトでCL3連覇も経験している世界王者を獲得できれば申し分ない。しかし、ネックとなるのがその移籍金だ。C・ロナウドにかけた1億ユーロに近い移籍金が必要とされている。そのため、代替案としてローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスもリストに加えているようだ。マノラスなら3600万ユーロ(45億円)の解除条項が設定されているため、比較的安く手に入れることが出来る。また、ベンフィカの21歳、ポルトガル代表DFルベン・ディアスも候補の1人だ。 アーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの加入が内定している中盤では、目標はマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバの復帰だが、現実的にはリヨンの同代表タンギ・エンドンベレが理想。昨年10月にレ・ブルーのデビューも果たした22歳は今季公式戦戦44試合で2ゴール7アシストと評価を高めている。しかし、同選手にはマンチェスター・シティも目を光らせている模様。その他、マドリーのスペイン代表MFイスコもレーダーに入っているという。 そして、C・ロナウドとコンビを組むことになる前線の補強候補には、これまでにもユベントスの強い関心が伝えられてきたベンフィカのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスと、フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが挙げられている。前者は今夏に多くの有力クラブが挙って獲得に名乗りを挙げている超人気銘柄。その移籍金はC・ロナウドも超えると予想されており、ライバルも多いことから可能性は低い。キエーザは今季リーグ戦32試合で6ゴール7アシストとイタリアでの実績は折り紙付きでより安価。国内外で獲得を望んでいるクラブ多いが、ユベントスの第一候補は右ウイングのキエーザのようだ。 2019.04.23 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドにユベントスOBが苦言?「彼に苦しめられている選手もいる」

ユベントスOBのマルコ・タルデッリ氏が、古巣の選手起用について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズンのユベントスは、セリエA史上最高額となる1億ユーロ(約125億8000万円)でレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得。そのC・ロナウドは公式戦戦39試合で26ゴール13アシストを記録するなど、その実力をイタリアでも見せ付けている。 その一方で、煽りを受ける形となったのがアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラだ。2015年にパレルモから加入して以降、“宝石”とも称される華々しいプレーで攻撃を牽引してきたディバラだが、今シーズンはここまでリーグ戦27試合で5ゴール6アシストに留まっている。 そうした中で、1975年から10年間ユベントスでプレーしたタルデッリ氏が、イタリア『Rai Sport』のインタビューでディバラとC・ロナウドの共存についてコメントしている。 「ユベントスはスカッドのマネジメントに取り組む必要があるよ」 「今シーズンのクリスティアーノ・ロナウドはプレーしすぎかもしれない。彼はチームにプレッシャーをかけてしまっている」 「(チャンピオンズリーグの)アヤックス戦、彼はもっとできたはずだ」 「私が思うに、C・ロナウドにあまり賛成できていない選手もいる。無意識のうちに苦しめられているかもしれない。ディバラもその1人だ」 2019.04.23 14:44 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが偉業達成! セリエA、リーガ、プレミア制覇した初の選手に

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、またしても偉業を成し遂げている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。引き分け以上でセリエA8連覇がかかる一戦では先制を許すも、DFアレックス・サンドロ、そしてC・ロナウドのクロスから生まれた相手オウンゴールによって2-1と逆転勝利。見事にスクデット獲得を決めた。 この優勝によってC・ロナウドは、マンチェスター・ユナイテッド時代のプレミアリーグ、レアル・マドリー時代のリーガエスパニョーラ制覇に続き、セリエAも制して、イングランド、スペイン、イタリアの3カ国で優勝を手にした初の選手となったようだ。 なお、監督としては現在フリーのジョゼ・モウリーニョ氏が、チェルシー(2004-05、05-06、14-15)、インテル(2008-09、09-10)、レアル・マドリー(2011-12)で優勝を達成している。 また近い成績では、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏はレアル・マドリーで1回、ユナイテッドで6回、パリ・サンジェルマン(フランス)で優勝を経験しているが、ミラン(イタリア)ではリーグタイトルを勝ち取ることはできなかった。 他にはロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、アヤックス(オランダ)、バルセロナ(スペイン)、ミラン、パリ・サンジェルマンなどで優勝したが、ユナイテッドでは優勝できなかった。 2019.04.21 15:11 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース