【ブンデスプレビュー】優勝に直結する首位攻防のデア・クラシカー《バイエルンvsドルトムント》2019.04.06 18:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第28節、バイエルンvsドルトムントの“デア・クラシカー”が6日の25:30にキックオフされる。7連覇を目指す2位バイエルンと、首位に返り咲いたドルトムントによる2ポイント差の首位攻防の優勝の行方に直結する大一番だ。

前節フライブルク戦こそ痛恨の引き分けに終わって首位から陥落してしまったものの、後半戦に入って8勝1分け1敗と本来の圧倒的な強さを発揮しているバイエルン。とりわけエースのレヴァンドフスキが絶好調でリーグ戦ここ4試合で6ゴールを挙げ、攻撃陣を牽引している。また、シーズン当初は疑問視されたコバチ監督の手腕も評価が高まっており、チーム状態は上々。3日前に戦ったDFBポカールでは10人での戦いを強いられ消耗する試合となったが、何とか打ち合いを制して準決勝進出を決めた中、ドルトムントを撃破して首位返り咲きとし、7連覇に突き進みたい。

一方、知将ファブレ監督の下、接戦を制する勝負強さを発揮して首位でデア・クラシカーを迎えたドルトムント。後半戦に入って懸念されていたエースのロイスが負傷がちとなり、苦しい試合が多くなっているが、何とか終盤の劇的弾で勝利を拾っている状況だ。驚異的な追い上げを見せてくるバイエルンに何とか食らいついている中、この首位攻防戦を制して7季ぶりのリーグ優勝へ弾みを付けたい。

今季の1stマッチではドルトムントが打ち合いを制してバイエルンを3-2で下している。

◆バイエルン◆
【4-3-3】
(C)CWS Brains,LTD.
▽バイエルン予想スタメン
GK:ノイアー
DF:キミッヒ、ジューレ、フンメルス、アラバ
MF:ゴレツカ、チアゴ、ハメス・ロドリゲス
FW:ニャブリ、レヴァンドフスキ、コマン
負傷者:MFトリッソ、FWロッベン
出場停止者:なし

公式戦ここ2試合を負傷欠場していたノイアーが先発予想となっている、現状のベストメンバーで臨める状況だ。

◆ドルトムント◆
【4-2-3-1】
(C)CWS Brains,LTD.
▽ドルトムント予想スタメン
GK:ビュルキ
DF:ピシュチェク、ヴァイグル、アカンジ、ザガドゥ
MF:ヴィツェル、デラネイ
MF:サンチョ、ロイス、ラーセン
FW:ゲッツェ
負傷者:DFディアロ、アクラフ、FWプリシッチ、フィリップ、アルカセル
出場停止者:なし

前節を出産立ち合いのため欠場したロイスと、長期離脱していたピシュチェクが復帰する一方、アルカセル、ラファエウ・ゲレイロ、ディアロ、アクラフがいずれも前節負傷し、この大一番を欠場することとなった。

★注目選手
◆バイエルン:FWロベルト・レヴァンドフスキ
Getty Images
ここまでリーグ戦19ゴールを挙げて得点ランクトップに立つバイエルンの絶対的ストライカーに注目だ。前節フライブルク戦では華麗なバイシクルシュートを決めるなど、さすがの得点力を発揮しているレヴァンドフスキ。“ロッベリー”からポジションを奪取したコマンとニャブリの新世代ウインガーが生み出すチャンスを決めきる働きをこなす点取り屋が、古巣の前に大きく立ちはだかる。

◆ドルトムント:MFマルコ・ロイス
Getty Images
対するドルトムントは前節を子供の出産立ち合いのために欠場していたロイスに注目だ。ヴォルフスブルク戦ではロイスを欠いたこともあって苦戦したドルトムントだが、何とか後半追加タイムのアルカセルの2発で辛勝した。チームが勝利を繋いで大一番を首位で迎えた中、ロイスとしてはこの恩義に報いるためにもバイエルン撃破の立役者となりたい。
コメント
関連ニュース
thumb

J1首位FC東京、元蘭代表FWロッベンにオファーか

イタリア『カルチョメルカート』は21日、FC東京がバイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得に動いていると報じた。 今シーズンがバイエルンと契約最終年のロッベン。既にシーズン終了後の退団を表明しており、新天地に関して様々な憶測が飛び交っている。 そのロッベンを巡っては最近、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やイタリア行きの可能性が浮上しているが、FC東京も獲得オファーを打診した模様だ。 FC東京は今年で長谷川健太体制2年目。指揮官が志すファストブレイクを武器に、明治安田生命J1リーグ6勝2分け無敗で首位を走る首都クラブだ。 なお、ロッベンは今シーズンのここまで公式戦15試合に出場して5得点2アシスト。昨年11月末の試合を最後に負傷離脱が続き、復帰できていない。 FC東京にとって、実績十分の世界的スターであるロッベンが加われば、J1初制覇に向けて機運が高まるが、果たして…。 2019.04.22 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、”ロベリ”後釜にザネの獲得を検討か

バイエルンが、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 2016年にシャルケからシティに加入したザネ。今シーズンもここまで公式戦43試合で15ゴール18アシストと圧巻の数字を残しており、シティの強力攻撃ユニットの一角を担っている。 だが、2020年までの現行契約に関して延長交渉が難航しているザネに関しては今シーズン限りでのシティ退団の可能性が指摘されている。この状況を注視しているのがドイツ王者のようだ。 バイエルンでは、長年に渡って両翼を担ってきた元フランス代表MFフランク・リベリと、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの今シーズン限りでの退団が有力となっている。そして、その後釜としてザネに関心を寄せているという。 また、バイエルンのウリ・ヘーネス会長は「かつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と、今夏の移籍市場に向けて2億ユーロ(約251億円)の資金を準備していることを明言している。果たして、"ロベリ"の後釜としてザネの獲得に動くのか注目が集まる。 2019.04.21 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドイツ代表DFジューレ獲得に本腰か? 獲得に向けてバイエルンに照会

マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレ(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツ『Sport1』が伝えている。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で来シーズンの巻き返しを目指すユナイテッドは、今夏に大型補強に動く可能性が伝えられている。その中で優先度が高いのが、ようやくスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが独り立ちもそれ以外に頼りになる選手が少ないセンターバックのポジションだ。 これまではトッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスらの名前が挙がっているが、この新戦力候補リストに新たに加わったのがジューレのようだ。 『Sport1』が伝えるところによれば、ユナイテッドは2017年にホッフェンハイムから加入して以降、卓越した身体能力と守備センス、リーダーシップを武器にバイエルンとドイツ代表で主力を担う万能型DF獲得に向けてバイエルン側に照会を行ったという。 バイエルンではセンターバックでもプレー可能なフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカ・エルナンデスの2選手の加入が内定しているが、以前にクラブ側が今後ジューレを中心に最終ラインを構築すると宣言していたこともあり、ユナイテッドにとっては非常にタフなオペレーションになるはずだ。 2019.04.21 16:52 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンのトレーニングキャンプに参加してみないか? ジャパンセレクションのエントリー受付中!

ドイツの名門・バイエルンのトレーニングキャンプへの参加資格を得られる、「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ –フットボール エディション(ジャパンセレクション)」が今年も開催。現在エントリー受付を行なっている。 この取り組みは、バイエルンのプラチナ・パートナーである「アリアンツ」がサッカー普及活動の一環として行なっているものだ。 この「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ」は、2009年から10年に渡って、世界30カ国からエネルギー溢れる若いサッカー選手をミュンヘンに招待するプログラムとして開催。当キャンプの対象は14歳から16歳の男女となっており、それぞれ個人単位で参加するセレクションとなっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2UQ65nV" target="_blank">応募詳細はこちら<br/>公式HP</a><hr></div> セレクション内容は、フットボールの技術を試す1対1による対戦だけでなく、書類選考や 面接による選考も実施。そして、日本をはじめとする世界各国からそれぞれ選考を勝ち抜いたセレクション優勝者は、世界有数のビッグクラブの一つでもあるバイエルンが、ドイツのミュンヘンで開催する無料のトレーニングキャンプへの参加資格が得られることとなる。また、ミュンヘンでのトレーニングキャンプでは、バイエルンのコーチ達から直々にトレーニングを受けたり、実際に現役選手との交流も可能だ。 「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ – フットボール エディション(ジャパンセレクション)」は、昨年に引き続き2年目の開催。今年のセレクションは2019年6月16日(日)に東京での開催を予定している。 昨年はセレクションを通過した2名が、ドイツで異文化を体感しながら世界中の若きフットボーラー達との交流を図理、昨年よりキャンプでは“自己探求”という要素が追加され、参加者が自身のサッカースキルを向上させるだけではなく、それぞれの分野の優秀な人々との交流を通じて自信を蓄えることを奨励している。 この総合的なアプローチによって、参加者の運動神経の潜在能力を最大限に引き出せるた めのものとなっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2UQ65nV" target="_blank">応募詳細はこちら<br/>公式HP</a><hr></div> 2019.04.21 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスの8連覇は欧州5大リーグでの新記録! その他のリーグ記録は?

セリエAで8連覇を達成したユベントスが、ヨーロッパ5大リーグでの新記録を樹立した。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。先制を許す展開となったものの、アレックス・サンドロ、そしてクリスティアーノ・ロナウドがオウンゴールを誘発し、2-1と逆転勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hoqwo943j9ns1h1e54ktbuhfd" async></script> </div> この勝利により、5試合を残してスクデット(セリエA優勝)を獲得したユベントス。これにより、通算35度目のセリエA優勝を達成するとともに、2011-12シーズンから続く連覇を「8」に伸ばした。 ヨーロッパ5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)でのリーグ連覇の記録は、リーグ・アンのリヨンが2001-02シーズンから2007-08シーズンまで記録した7連覇が最高だった。 リヨンは、ジャック・サンティニ(2001-02/1回)、ポール・ル・グエン(2002-2005/3回)、ジェラール・ウリエ(2005-07/2回)、アラン・ペラン(2007-2008/1回)と4人の監督の下で7連覇を達成。一方のユベントスは、アントニオ・コンテ(2011-14/3回)、マッシミリアーノ・アッレグリ(2014-19/5回)の2人で達成している。 なお、ブンデスリーガではバイエルンが今シーズン優勝すると7連覇を達成することに。リーガエスパニョーラの記録は、レアル・マドリーの5連覇、プレミアリーグはマンチェスター・ユナイテッドの3連覇が最高となっている。 ちなみに、欧州サッカー連盟(UEFA)の記録では、ジブラルタルのリンカーン(2003~16年)とラトビアのスコント(1991~2004年)の「14連覇」が最長記録となっている。 ◆セリエA ユベントス:8連覇 2011-2019(継続中) ◆リーグ・アン リヨン:7連覇 2001-2008 ◆ブンデスリーガ バイエルン:6連覇 2012-18(継続中) ◆リーガエスパニョーラ レアル・マドリー:5連覇 1960-65/1985-90 ◆プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド:3連覇 19998-2001/2006-2009 2019.04.21 10:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース