DAZNを運営する『Perform Group』が名称を『DAZN』に統一…代表「今回の再編成は新たなターニングポイント」

2019.04.03 13:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」を運営する、イギリスに本社を置くPerform Group(パフォーム グループ)は3日、名称を「DAZN」に統一し、「DAZN Media(ダゾーン メディア)」はその傘下におけるパートナーシップを担う新しい組織になる事を発表した。世界最大級のデジタルスポーツメディア企業であるイギリス『Perform Group』。更なる成長を目指した再編成を行い、この度、DAZNに名称変更される。Perform Media改めDAZN Mediaはグローバル並びにローカルにおけるメディアパートナーシップ事業を担い、新しい形のスポンサーシップ並びに広告事業を展開していき、日本においても様々なコマーシャル事業の展開をDAZNブランド全体に渡って行くことを発表した。


また、ePlayer(イープレーヤー)はDAZN Player(ダゾーン プレーヤー)と名称を変え、DAZN Mediaの管理下でさらなるB to Cのコミュニケーションを行っていくようだ。日本におけるDAZN PlayerはDAZN、ライツホルダー、そしてニュースエージェンシーからセレクトしたプレミアムなスポーツ動画を提携するウェブメディア各社を通じて提供する動画広告ネットワークで、月間約2000万人以上のスポーツファンにリーチしている。

DAZN MediaではDAZN+という新たなコンセプトを立ち上げ、DAZN が持つGoal.com、SportingNews、DAZN Player、並びにSNSチャンネル、インフルエンサー、アンバサダーなどのリーチを集約し、データを基盤としたファンと多角的に触れ合えるユニークなプラットフォームも展開。DAZN MediaはDAZNが保有するさまざまなコンテンツやサービスを融合することで、広告主の方々に対して業界トップクラスの画期的な広告パッケージを提供していく。

Perform Contentは、これまで同様世界各地の大手放送局、デジタル配信業者、スポーツ雑誌に対するスポーツデータ、ニュース、動画の継続的提供など、法人向け事業(B to B事業)を担う。今回の再編により、世界規模での展開を続けるDAZNは引き続き、「スポーツの新しい本拠地」としてスポーツファンのみなさまに多くのコンテンツをお届けしていくことを伝えている。

今回の件に関して、DAZN代表者は以下のようにコメントしている。

◆DAZN Executive Vice President マーティン・ジョーンズ

「今回の再編成は私たちにとって新たなターニングポイントと捉えています。私たちのブランド、プロダクト、メディア記事や動画コンテンツを独自のデータインサイトとともに提供することによって、広告主の方々とも共に新しく革新的なかかわりかたをスポーツファンと持てると信じています。これからも私たちは、既定のビジネスの形にはこだわらずブランドを形成し、最新のテクノロジーを駆使したコンテンツに惜しみなく投資し、スポーツファンのみなさまによりスポーツを楽しんでいただけるサービスをお手頃な価格で提供してまいります」

◆DAZN 日本社長 中村 俊(なかむら たかし)

「DAZNは日本のスポーツ視聴を変えることをミッションにしてきましたが、さらなるステージとしてDAZNがスポーツブランドとなりファンとともにスポーツを盛り上げていく立場になってきたと感じています。DAZNに新しい広告形態を取り入れることにより、従来のテレビと同じようなインパクトをデジタル技術を通じて創造できると考えており、広告主の方々に新たな広告のご提案をできると考えています。DAZN+はその新しい広告形態として様々な形でそれぞれのお客様に沿ったコミュニケーションを提供していくことが可能となりました。新しいスポーツ視聴のみならず、企業がお客様と触れあう新しい機会を増やすことにつながればと願っています」
関連ニュース
thumb

トーレス引退試合超え!川崎Fvs横浜FMの今季開幕戦がDAZNのJリーグコンテンツ史上最多視聴数を更新!

2021シーズンの明治安田生命J1リーグの開幕戦となった川崎フロンターレvs横浜F・マリノスの一戦が、DAZNでの明治安田生命Jリーグコンテンツで史上過去最高の視聴数となった。 今回計測された視聴数は、ライブ視聴+見逃し配信+ハイライトの合計数。コロナ禍で迎えた新シーズンのJリーグ開幕戦が見事に記録を更新することとなった。 これまでのJリーグコンテンツで最高視聴数だったのは、フェルナンド・トーレスの引退試合でもある2019年8月23日(金)サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸だった。 また、ライブ視聴数でも、歴代最高であった2019明治安田生命Jリーグ開幕戦のセレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸を超え、こちらも史上最高に。さらに開幕節全体では、1節における1試合当たりの平均ライブ視聴数が過去最高となり、コロナ渦で厳しい状況下にある中でも開幕を迎えたJリーグへの期待と注目度の高さ、さらにはライブスポーツへの価値が再認識された結果となった。 また、試合のみならず、オリジナルコンテンツも好調を維持している。次節の見どころがわかる『Jリーグプレビューショー』では、J1開幕節10試合を展望した回が過去最高視聴数に。また昨年11月にスタートした、『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』では、開幕を迎えた2月の放送回(全4回、毎週日曜日)のすべてで、平均視聴数(全13回分)を大きく上回り、開幕への期待の高さを示している。 緊急事態宣言下での開幕となり、スタジアムでの観戦が制限されている中、DAZNを通じて試合会場以外でJリーグを楽しんだ方が多かったようだ。 2021.03.03 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグ開幕目前、今季の主役は? 「#2021のヒーローになれ」Twitterキャンペーン

いよいよ開幕が26日に迫っている2021シーズンのJリーグ。各クラブが調整に努めている。 昨年王者の川崎フロンターレと一昨年王者の横浜F・マリノスの“神奈川ダービー”で幕を開ける2021シーズンのJ1リーグ。そのJリーグ開幕を盛り上げるため、スポーツ・チャンネル『DAZN』と『超ワールドサッカー』がTwitterキャンペーンをスタートした。 今回のキャンペーンは、『DAZN』とJリーグが開幕に向けて定めたキャッチコピー「#2021のヒーローになれ」を使用し、超ワールドサッカーでは「ヤングなパワーで活力を与えてくれるヒーローは誰?」のお題で、皆さんからご意見を募集しています! 超ワールドサッカーのTwitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)にて投稿されるキャンペーンの該当ツイートを引用リツイートし、「ヤングなパワーで活力を与えてくれるヒーロー」について、ご意見を募集します。 ツイートしていただいた方の中から抽選で1名様に、お好きなJリーグクラブの1stユニフォームをプレゼント!あなたたが思う、「ヤングなパワーで活力を与えてくれるヒーロー」を投稿して下さい。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a> キャンペーン<br><br>お題<br>「ヤングなパワーで活力を与えてくれるヒーローは誰?」<br><br>応募方法<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a>(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer?ref_src=twsrc%5Etfw">@ultrasoccer</a>)/<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a>(<a href="https://twitter.com/DAZN_JPN?ref_src=twsrc%5Etfw">@DAZN_JPN</a>)をフォロー<br>引用RTでお題に回答<br><br>応募期間:2/26(金) 23:59まで<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> クラブのユニが当たる<br><br>詳細は<a href="https://t.co/2VKLzTJ3oX">https://t.co/2VKLzTJ3oX</a> <a href="https://t.co/D9oIjCeDTn">pic.twitter.com/D9oIjCeDTn</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1364122828556140545?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ■キャンペーン参加条件 ①超ワールドサッカー Twitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)とDAZN Twitterアカウント(<a href="https://twitter.com/DAZN_JPN" target="_blank">@DAZN_JPN</a>) ②超ワールドサッカーアカウントが投稿した該当ツイートを引用RTして、「ヤングなパワーで活力を与えてくれるヒーロー」について投稿 ■キャンペーン期間 2/23(火)17:00 ~ 2/26(金)23:59 2021.02.23 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司が加入したPAOKの今季試合を「DAZN」で独占ライブ配信

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は5日、MF香川真司が加入したPAOKテッサロニキの試合放映権を獲得したことを発表した。 香川は1月27日、半年間の無所属状態に別れを告げ、PAOKへと加入。すでにカップ戦でデビューを果たしていた。 「DAZN」は、PAOKの今シーズン残りゲーム6試合とプレーオフの放映権を獲得。独占ライブ配信することを発表した。 1926年創設のPAOKは、リーグで3度、ギリシャカップで7度の優勝を誇るクラブ。20節終了時点で、ギリシャ・スーパーリーグ4位に付けている。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWelZISnBIUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 残り6試合で来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を目指すPAOKだが、その激闘を「DAZN」で独占ライブ配信。全試合日本語実況付きで配信される。 <ギリシャ・スーパーリーグ 今季配信ラインナップ> ▽2月7日(日) 22:00~ 第21節 PAOKテッサロニキ vs アポロン・スミルニ ▽2月15日(月) 26:30~ 第22節 ヤニナ vs PAOKテッサロニキ ▽2月21日(日) 22:00~ 第23節 PAOKテッサロニキ vs ラミア ▽2月27日(土) 26:30~ 第24節 アステラス・トリポリス vs PAOKテッサロニキ ▽3月7日(日) 26:30~ 第25節 PAOKテッサロニキ vs アリス ▽3月14日(日) 26:00~ 第26節 パナシナイコス vs PAOKテッサロニキ 2021.02.05 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】11月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、11月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は10月28日(水)~11月24日(火)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同<br/>DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」11月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:FW吉田麻也(サンプドリア)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_yoshida.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝2敗 </p></div> 9・10月度の「月間ベストプレーヤーズ」で1位に輝いた吉田。引き続きチームの守備の要として試合に出続けているが、対象期間ではチームが2敗。3試合で4失点と締めることができなかった。前節は前半のみで交代となり、今後の起用が気になるところ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF冨安健洋(ボローニャ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:2勝1敗 </p></div> 先月はトップ3に入らなかった冨安だが、今月は2位にランクイン。安定したパフォーマンスで苦しんでいたチームの守備を整え、結果が出るように。イタリア国内での評価も相変わらず高い。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:189分 成績:1ゴール2アシスト チーム成績:3勝 </p></div> 11月度の1位に輝いた伊東は1ゴール2アシストと結果を残しチームの勝利に貢献。11月22日のムスクロン戦では1ゴール1アシストの活躍でチームの4-1の勝利を呼び込んだ。日本代表戦でも見せたように好調を維持している。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:FW鈴木武蔵(ベールスホット)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_musashi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:252分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:2勝1分け </p></div> 期間中のゴールは1だが、コンスタントに出場。チームも昇格組ながらリーグ3位につけており、直近4試合で3勝1分けと調子を上げている。好調なチームで重要な存在となるためにもさらに数字を残すことに期待だ。 2020.12.04 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「感謝を逆にお返ししていきたい」、新番組決定の矢部浩之が意気込みを語る「選手の裏側をもっともっと引き出していきたい」

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は24日、「大物選手獲得&新番組発表記者会見」と題してWEB会見を実施。ナインティナインの矢部浩之を起用した新番組『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』の配信を開始することを発表した。 矢部は、テレビ朝日系列で2002年4月7日から生放送されていた『やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~』のMCを務めていたが、9月末で放送が終了。18年6カ月で番組が幕を閉じた。 会見後、矢部氏はメディアの取材に応対。新番組で挑戦したいことについては「できる限り自分がボールを蹴っていたい。プレーヤーでいたいという想いがあった。年齢は重ねていきますが、さらにプロの方とボールを蹴りたいなと思います」と自身がプレーヤーとしていたいとコメント。また、「デジっちなんかは引き続きやっていくと思いますが、選手の裏側をもっともっと引き出していきたいなと思います」と、テレビでは難しかったシーンも伝えたいとコメント。「テレビではオンエアできなかったところも、DAZNでは挑戦していきたいなとお思います」と意気込んだ。 また、「選手たちも楽しんでやってもらっているので、今まで見たことないような選手のプレー、素顔をみせたいと勝手に思います」と、新シーズンの「デジっちが行く!」にも注目だ。 『やべっちFC』は18年6カ月と生放送を続けてきたが、新番組については「できるだけ長く続けられるように」とコメント。「おじいちゃんになってもリフティングしていきたい」と長年にわたって続けていきたいと語った。 また、今シーズン途中に現役を引退し、自身のMC番組を持つ内田篤人の『Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME(内田篤人のFOOTBALL TIME)』とのコラボについてもコメント。「ぜひぜひお願いしたいです」と語り、「ウッチーとこの話をいただいたときに話す機会があって、一緒に何かできたら良いなと話していた」とコメント。今後のコラボにも期待だ。 今回の新番組では、アシスタントとしてタレントの黒木ひかりさんが就任する。アシスタントについては「サッカーを詳しくなくても僕は別に良いと思っています。アシスタントに関しては」とコメント。「ただ、隙は見せていてほしいなという気持ちです。ガチガチにサッカーの知識があって、サッカーのこと聞かれたら無難に応えられるよりは、選手とのロケで何かクッションになってくれればと思います」と語り、新たなキャラ確立に期待を寄せた。 最後に、改めて番組開始について「「チャンス」と感じました。「サッカーができる」「サッカーを楽しめる」というチャンスをいただいたのもありますし、18年以上前の番組でやらせていただいて、ファンと選手が惜しんでいただいたことが嬉しく、今回の新番組につながったと思うので、感謝を逆にお返ししていきたいなと思います」とし、新番組でもファン・サポーターを楽しませていくことを誓った。 初回の配信は11月29日(日)の23時から生配信。解説者には中山雅史氏、中田浩二氏、名波浩氏が週替わりで務める。 2020.11.24 17:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly