マルセイユ守護神が2試合の出場停止に…PSG戦で飛び出しハンドで一発退場2019.03.28 14:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユに所属するフランス代表GKスティーブ・マンダンダが、リーグ戦2試合の出場禁止処分を科されたようだ。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。マンダンダは17日に行われたリーグ・アン第29節、パリ・サンジェルマン(PSG)とのル・クラスィクに先発出場。安定したセービングや得点に絡む活躍を披露していたが、62分にマルセイユの最終ラインの裏に抜け出したMFアンヘル・ディ・マリアを止めようとゴールエリアを飛び出したところ、ディ・マリアの浮かせたボールが腕に当たり、ハンドで一発退場となった。

リーグ・アン機構の懲戒委員会はマンダンダに対し、リーグ戦2試合の出場停止を科した。今後、30日の第30節アンジェ戦と、来月5日のボルドー戦に出場できなくなった。

マルセイユは現在勝ち点47でヨーロッパ出場圏内の4位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の3位リヨンとは勝ち点差「6」、5位のサンテチェンヌとは勝ち点差「1」に迫られている。
コメント
関連ニュース
thumb

ビラス=ボアス氏、酒井宏樹所属のマルセイユ指揮官に興味

上海上港を退団して以降、フリーの状態が続くアンドレ・ビラス=ボアス氏(41)が、日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユを指揮することに関心を示している。同氏がフランス『レキップ』で語っている。 これまでポルト、チェルシー、トッテナム、ゼニトの監督を歴任してきたビラス=ボアス氏。しかし、2017年に上海上港を退団して以降、フリーの状態が続いている。先日には将来的なJリーグ行きの可能性を示唆する発言もしていた同氏だが、フランス屈指の名門での指揮に関心を示しているようだ。 「私はゼニトに向かう前の2013年にすでにマルセイユとコンタクトを取っていた。彼らはヨーロッパのビッグクラブの1つであり、多くの名声を持っている。過去にはヨーロッパのチャンピオンにもなっている」 「したがって、私にとって間違いなく興味を惹かれるものだよ。彼らはルディ・ガルシアに対する決断を下したばかりだ。同時に私もよく知るアンドニ・スビサレッタ(SD)がクラブを運営している」 「彼らが私に会いたいと言ってくれば、もちろんその申し出に応えるだろうね。そうなれば、(指揮を執る)可能性は十分にあるはずだ」 なお、今季のヨーロッパリーグ(EL)でグループステージ敗退、リーグ・アンでは最終節を前にEL出場圏外の6位以下が確定しているマルセイユは22日、ルディ・ガルシア監督(55)が今季限りでの辞任を発表。後任人事は不透明な状況となっている。 2019.05.24 21:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ストロートマン、プレミア移籍か…ユナイテッドら3クラブがオファー

マルセイユに所属するオランダ代表MFケビン・ストロートマン(29)にプレミアリーグ参戦の可能性が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ストロートマンは昨夏、推定2300万ポンド(約32億円)でローマからマルセイユに移籍。ルディ・ガルシア監督の下で中盤の主力として公式戦34試合1得点5アシストを記録したが、今シーズンのリーグ・アンで6位に終わったマルセイユはコスト削減の必要性があり、今夏にローン移籍の可能性が浮上しているという。 そのストロートマンを巡っては既にプレミアリーグ勢からの関心を寄せられており、エバートンやウェストハムのほか、マンチェスター・ユナイテッドも既に獲得オファーを提示している模様だ。 2019.05.23 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹の指揮官ルディ・ガルシアがマルセイユ監督辞任

DF酒井宏樹の所属するマルセイユは22日、ルディ・ガルシア監督(55)が辞任することを発表した。 ルディ・ガルシア監督は22日に出席した記者会見で「マルセイユの監督を辞任する。これは会長によって承認された決定だ」とコメントした。 リールやローマで実績を上げ、2016年10月にマルセイユの監督に就任したルディ・ガルシア監督は昨季、ヨーロッパリーグ(EL)で準優勝に導くなど好成績を残した。リーグ・アンでも就任シーズンが5位、昨季が4位と高順位を収め、昨年10月に2021年まで契約を延長していた。 しかし、今季はELでグループステージ敗退、リーグ・アンでは最終節を前に来季のEL 出場が不可能となった6位に留まっていた。 2019.05.23 00:17 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井が昌子の前で1G1Aの大活躍! フランスでの初対決は酒井に軍配!《リーグ・アン》

リーグ・アン第37節、トゥールーズvsマルセイユが18日に行われ、2-5でマルセイユが勝利した。トゥールーズのDF昌子源とマルセイユのDF酒井宏樹は共にフル出場している。 15位トゥールーズ(勝ち点38)と、欧州カップ戦出場の可能性が途絶えた6位マルセイユ(勝ち点55)による日本人対決。 昌子が[4-2-3-1]の右センターバックで、酒井が[4-2-3-1]の右サイドバックでスタートしたフランスの地での初対決は、地力に勝るマルセイユが押し込む展開で立ち上がっていく。 それでも26分、トゥールーズが先制した。グラデルの左クロスにイセカが合わせて押し込んだ。 オープンな展開となる中、マルセイユが3分後に追いつく。グスタボの右サイドからのインスウィングのクロスをファーサイドのサンソンがボレーで蹴り込んだ。ハーフタイムにかけてはマルセイユが再び押し込む展開で推移したものの、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もマルセイユが攻勢に出る中、50分に勝ち越した。決めたのは酒井。クロスのルーズボールをボックス手前右にいた酒井が左足ボレーでゴール右に蹴り込んだ。 逆転を許したトゥールーズが一転して押し込む展開とすると、61分にスローインの流れからボックス手前左のグラデルがゴール左にグラウンダーのシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。 追いついて勢いに乗るトゥールーズが前がかっていたが、76分にマルセイユがリードした。ロングスルーパスに反応した酒井が右サイド高い位置からダイレクトでクロスを入れると、最後はエンジエが押し込んだ。 酒井の1ゴール1アシストで勝ち越したマルセイユは、試合終了間際にトヴァンが2ゴールを加点して5-2で勝利。1ゴール1アシストと大活躍の酒井が昌子との日本人対決を制している。 2019.05.19 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFA、ライオラに全世界での活動禁止処分! 大物顧客の去就に影響か

辣腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏(51)に対して、代理人活動の完全停止処分が下った。イギリス『BBC』が報じた。 大物代理人として名を馳せるミノ・ライオラ氏は8日、何らかの不正行為により、イタリアサッカー連盟(FIGC)から同国内における3カ月の代理人活動停止処分。従兄弟で同じく代理人を務めるヴィンチェンツォ・ライオラ氏も2カ月の処分が科され、すぐさま法的措置を取る意向を示した。 そうしたなか、国際サッカー連盟(FIFA)も10日、ミノ・ライオラ氏に対する制裁として、FIGCと同じく3カ月間の代理人資格停止処分を発表。しかも、同期間中に限り、全世界でのいかなる代理人活動をも禁ずるという、イタリア国内限定のFIGCより重い内容だ。 これにより、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)や、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(マルセイユ)、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(アヤックス)ら錚々たる顧客を持つミノ・ライオラ氏は、今夏の大半でビジネスを行えなくことができなくなった。 2019.05.11 09:55 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース