バイエルン、リュカ・エルナンデスを5年契約で獲得! 移籍金はクラブ史上最高額の約100億円!2019.03.28 01:49 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは27日、アトレティコ・マドリーのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年7月からの5年間で、移籍金はクラブ史上最高額の8000万ユーロ(約99億4000万円)となっている。バイエルンへの移籍を決めたリュカはバイエルンの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「今日は僕のキャリアの中でとても重要な1日となった。バイエルンは欧州、そして世界でもベストのクラブの一つ。これからバイエルンでタイトル争いを演じていけることを楽しみにしているよ。アトレティコのファン、チームメイト、コーチ陣、首脳陣のみんなに、12年間にわたる素晴らしい時間を過ごさせてもらったことに感謝の気持ちを伝えたい。アトレティコはずっと僕の一部でありつづける。これからはバイエルンでの次のステップアップを楽しみにしている」

アトレティコの下部組織出身であるリュカは、サイドバックとセンターバックをこなせるマルチプレイヤー。2014年12月にトップチームデビューを飾り、これまでアトレティコで公式戦110試合に出場して1ゴール4アシストを記録。2017-18シーズンにはヨーロッパリーグ優勝に貢献していた。今季は負傷の影響もあってリーガエスパニョーラで14試合に出場して1ゴール、チャンピオンズリーグでは5試合の出場に留まっている。

また、2018年3月にデビューしたフランス代表ではこれまで15試合に出場。昨年のロシア・ワールドカップでは全試合にフル出場し優勝に貢献していた。バイエルンでは既にシュツットガルトからDFバンジャマン・パヴァールの今夏の移籍が内定しており、リュカはパヴァールに続く世界王者フランス代表からの新戦力となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ移籍のグリーズマンに言及 モラタ「まだアトレティコにいて欲しかったけど…」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、同クラブからバルセロナへ移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)について言及した。スペイン『マルカ』が同国『EFE』でのインタビューを引用して伝えている。 2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコに加入したグリーズマンは、在籍5年で公式戦256試合に出場して133ゴールを記録。2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝や2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献した。 そんなグリーズマンだが、今年5月中旬に昨季限りでのアトレティコ退団を明言。そして今月12日、長らく取り沙汰されてきたバルセロナへの移籍が実現した。 フランス代表FWと半年間、2トップを組んできたモラタは、「まだここにいてくれることを望んだ」と悔やみながらも元同僚の決断を尊重した。 「ビッグな選手がクラブを退団した。特に大きなキャラクターがね。僕はまだここにいてくれることを望んだけど、誰にでもそれぞれ状況があり、道筋があるんだ」 「最高のトッププレーヤーだよ。どれだけ偉大かを僕が話す必要はないよ。近年のアトレティコのベストプレーヤーの一人さ」 2019.07.15 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

モラタ、アトレティコ移籍に歓喜「これまでの出来事の中で最高のもの」

アトレティコ・マドリーへの完全移籍が決定したスペイン代表FWアルバロ・モラタには、大きな喜びで満ち溢れているようだ。スペイン『マルカ』が同国『EFE』でのインタビューを引用して伝えている。 今年1月にチェルシーからアトレティコにレンタル移籍したモラタは、加入後、公式戦15試合6ゴールを記録。すると今夏、新シーズンこそ契約上、レンタル移籍という形だが、2019-20シーズンでのアトレティコへの完全移籍が決定した。本人も生活やプレースタイルの点で、イングランドよりも合っていると語っており、その希望が叶う形となった。 そのモラタは、アトレティコ加入に喜びを明かし、これまでの出来事の中で「最高のものだ」とコメントした。 「アトレティコ(への移籍)は、これまで僕に起こった出来事の中で最高のものだ」 「アトレティコでタイトルを獲得することは、僕が過去に勝ち取ってきたものよりもはるかに大きな意味がある。これまでとは違うよ」 2019.07.15 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ会長、グリーズマン移籍金の少なさ叫ぶアトレティコに反論「証拠がない」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの移籍に際するアトレティコ・マドリーの主張に反論した。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは12日、契約解除金1億2000万ユーロ(約145億8000万円)を支払ったとしてグリーズマンの獲得を正式発表。しかし直後、長らく不正な接触を指摘してきたアトレティコが声明文で、今度は「契約解除金額の不十分さ」について指摘した。 アトレティコ側の言い分としては、バルセロナとグリーズマンの交渉は、契約解除金が2億ユーロ(約243億6000万円)から1億2000万ユーロに引き下げられる7月1日以前、3月時点で締結していたことから、今回支払われた1億2000万ユーロでは不十分とのこと。その後、アトレティコ・マドリーの会長を務めるエンリケ・セレソ氏も「クラブが声明を出したのは、証拠があるからだ」と明かしている。 だが、今回、グリーズマンの入団会見に出席したバルトメウ会長は「証拠がない」と主張し、以下のように反論している。 「私は彼らと話をしたが、何の証拠もない」 「誰もが利益を守ろうとすること理解している。私は(アトレティコ・マドリーの)エンリケ・セレソ会長と話をしたが、今回の件が彼らのためにポジティブな方向に発展するとは思わない。何もないよ」 「我々はグリーズマンが映像でファンの皆に別れを告げたあと、彼にコンタクトをとった。3月には何も起こっていなかった」 2019.07.15 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナの入団会見に臨んだグリーズマン「すべてのトロフィーを獲得したい」

バルセロナに加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)が14日、カンプ・ノウで入団会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 2014年7月にアトレティコへ加入したグリーズマンは、在籍5年で公式戦256試合に出場して133ゴールを記録。2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝や2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献していた。 今年5月中旬に昨季限りでのアトレティコ退団を明言していたグリーズマンは12日、1億2000万ユーロ(約146億4000万円)と報じられる移籍金でバルセロナへ加入が決定。14日に入団会見を実施し、次のように話した。 「僕はこの素晴らしいクラブの重要な選手になりたいね。そしてラ・リーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグなど、僕がこれまで獲得できなかったすべてのトロフィーを獲得したいと思っているよ」 「アトレティコ・マドリーの環境はとても快適で去る事はとても難しい選択だった。だけど、僕は新たな場所でチャレンジし、より自分自身を成長させたいと思ったんだ」 2019.07.15 06:22 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ新加入FWグリーズマンの背番号が「17」に決定! 過去にはペドロやアルカセルが着用

バルセロナは14日、新加入のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの背番号が「17」に決定したことを発表した。 12日にアトレティコ・マドリーからの完全移籍が発表されたグリーズマン。その背番号が14日に本拠地カンプ・ノウで行われた入団発表イベントで明らかとなった。 17番と言えば過去にスペイン代表FWパコ・アルカセル(ドルトムント)や同代表FWペドロ(チェルシー)、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(クラブ・アメリカ)などが着用した背番号。2018-19シーズンは、今冬にバレンシアからレンタルで加入したコロンビア代表DFヘイソン・ムリージョが着用していた。 また、フランス人としては元フランス代表MFエマニュエル・プティ(2000-01)、同代表DFフィリップ・クリスタンヴァル(2001-02)に次ぐ、3人目の選手となった。 2019.07.15 03:10 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース