ギャンガンのいぶし銀MFディドが今季限りで現役引退2019.03.24 13:24 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ギャンガンのフランス人MFエティエンヌ・ディド(35)が今シーズン限りでの現役引退を発表した。同選手が自身の公式ツイッターを通じて明かした。スタッド・レンヌの下部組織出身のディドは2002年にトップチームデビュー。その後、2008年にトゥールーズに完全移籍を果たすと、卓越した戦術眼と攻守に渡る献身的なプレーを武器に8シーズンに渡ってセントラルMFの主力として活躍。

2016年夏からはギャンガンに移籍を果たし、今季ここまでは公式戦27試合に出場し1ゴール2アシストの数字を残している。

また、フル代表でのプレー経験はないものの、U-21フランス代表では主力としてプレーしていた。

※写真はトゥールーズ時代
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、テュラム息子の獲得に関心か? フランスで躍動する新進気鋭のアタッカー

アーセナルがギャンガンに所属するフランス人FWマルクス・テュラム(21)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 今夏の移籍市場で個での打開力に長けたドリブラーの獲得を目指すアーセナルでは、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)やローマのトルコ代表MFジェンギズ・ウンデル(21)ら逸材レフティの獲得を目指している。 しかし、競合クラブの存在や高騰する移籍金の影響もあってオペレーション実現には相当な努力や運が必要となる。 そのため、前述の2選手に代わる選手の発掘に余念がないアーセナルは、パリ・サンジェルマン監督時代の経験からリーグ・アンに精通しているウナイ・エメリ監督のツテを使って、より獲得が容易な21歳のアタッカー獲得に関心を強めているようだ。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cm近い恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れた右利きのアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、2017年にはギャンガンに加入。今季は本職の左ウイングとセンターフォワードを主戦場に公式戦29試合に出場し11ゴールを挙げる活躍を見せている。また、フランスの年代別代表チームでは常に主力を担ってきた逸材だ。 なお、アーセナルはマルクス獲得に向けて順調に準備を進めている一方、同選手に対してはドルトムントなどブンデスリーガ勢も熱視線を送っているようだ。 2019.03.25 16:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ギャンガンがガボン代表エンドングを獲得…9月にサンダーランドと規律違反を理由に契約解除に

▽ギャンガンは27日、ガボン代表MFディディエ・エンドング(24)をフリーで獲得したことを発表した。 ▽母国のガボンでプロデビューしたあと、スイスやフランスでキャリアを積み、2016年にサンダーランドに加入したエンドング。加入初年度はリーグ戦31試合に出場したものの、昨季の2017-18シーズンは徐々に出場機会を減らし、今年1月にワトフォードにレンタルで出されたが、一度も試合に出られなかった。 ▽そんな中、9月にサンダーランドはエンドングとの契約を解除。2021年まで契約を残していたものの、7月にプレシーズンのトレーニングに戻らず、正当な理由もなく報告もなかったとのこともあり、クラブは規律違反として同選手を処分。ガボン代表MFはこれを受理し、契約解除に至った。 ▽ギャンガンは公式サイトで「エンドングの譲渡に関して、サンダーランドと原則的な合意に至った」と発表。エンドングはおよそ2年半ぶりにフランスに戻ることになったようだ。 ▽また、フランス『フランス・フットボール』によると、ギャンガンはかつてチェルシーでプレーしたセネガル代表DFパピー・ジロボジの獲得にも迫っている模様。同選手はエンドング同様に、今年9月に規律違反が理由でサンダーランドと契約解除に至っている。 2018.12.29 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、途中交代に手袋投げ捨て不満示すも…ヴィエラ監督「良いこと」

ニースのパトリック・ヴィエラ監督は、FWマリオ・バロテッリのやや不遜な態度にもクールな姿勢を保っている。フランス『SO FOOT』などが報じた。<br><br>ニースは1日、リーグ・アン第15節でギャンガンと対戦。スコアレスドローに終わったこの一戦では、バロテッリが75分に途中交代となった際に手袋を投げ捨て、不満をあらわにした。指揮官の決定に対する異論ともとれるが、ヴィエラ監督は気に留めていない様子だ。<br><br>「それは良いことだ。選手が交代に満足していないというなら嬉しいね。もっとプレーしたかったということなんだから。ただ、重要なのは私には決断を下す責任があると、理解してもらうことだ。バロテッリやダンテの個人的なトレーナーではない。ニースの監督なんだ。決断をくださないと」<br><br>また、罰を与えるつもりはなく、「そういったものは好きではないし、我々に必要なものは公正であること」とコメントした。<br><br>バロテッリは今季ここまでリーグ戦9試合でゴールなし。フラストレーションを溜めていることは間違いなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.03 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位ギャンガン、かつてフランス杯優勝に導いたグーヴェネック氏に託す

▽ギャンガンは8日、ジョスリン・グーヴェネック氏(46)と新監督就任に向けて原則合意したことを発表した。 ▽クラブは6日に成績不振を理由にアントワーヌ・コンブアレ監督(54)を解任。2016年からギャンガンの指揮を執り、2シーズン連続でチームを余裕の残留に導いてきたが、今季は開幕から極度の不振に陥り、リーグ・アン第12節終了時点で1勝7敗4分けの最下位に低迷していた。 ▽原則合意したというグーヴェネック氏は2010年から2016年にかけてギャンガンで監督を務めていた人物。攻守のバランスに長けたチームを作り上げ、当時3部から2011年にリーグ・ドゥ、2013年にリーグ・アン昇格に導いた。また、2013-14シーズンにはクープ・ドゥ・フランス優勝を果たすなどの手腕を発揮した。2016年夏にボルドーの監督に就任したが、昨季は順位が上がらず今年1月に解任されていた。 ▽およそ2年半ぶりに古巣再任となる同氏。フランス『フランス・フットボール』によると、契約期間は最短でも2020年6月までとなるようだ。 2018.11.09 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

最下位ギャンガン、コンブアレ監督を解任…

▽ギャンガンは6日、アントワーヌ・コンブアレ監督(54)の解任を発表した。 ▽現役時代にセンターバックとしてパリ・サンジェルマン(PSG)やナントで活躍したコンブアレ監督は、指揮官として古巣PSGやストラスブール、RCランスらの指揮官を歴任。そして、2016年からギャンガンの新指揮官に就任。同クラブでは限られた戦力の中で2シーズン連続でチームを余裕の残留に導いてきた。 ▽だが、今季は開幕から極度の不振に陥り、リーグ・アン第12節終了時点で1勝7敗4分けの最下位に低迷していた。 ▽なお、後任人事が決定するまではリザーブチームの監督を務めるシルヴァン・ディド氏と、トレーニングセンターのディレクターを務めるヴァンサン・ルートゥロー氏が暫定指揮官を務める。 2018.11.06 22:30 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース