柏、オルンガに続き山崎亮平が左ハムストリング肉離れ…全治は不明

2019.03.23 21:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
柏レイソルは23日、FW山崎亮平の負傷について発表した。

山崎は6日に行われたYBCルヴァンカップグループステージ第1節のFC東京戦で負傷し、50分にピッチを後にしていた。クラブの発表によると、左内側ハムストリング肉離れと診断されたようだが、離脱期間などは明かされていない。

昨季から柏でプレーする山崎。2年目を迎えている今シーズンはここまでJ2リーグで2試合、ルヴァンカップで1試合に出場している。

なお、柏では17日にFWオルンガが左外側ハムストリング肉離れにより3週間の離脱が発表されていたばかりだった。

関連ニュース
thumb

今季柏入りのペドロ・ハウル、メキシコクラブにレンタル…オルンガに代わる得点源として期待も3得点

柏レイソルは21日、FWペドロ・ハウル(24)がメキシコのフアレスに期限付き移籍で加わると発表した。 ペドロ・ハウルは今季、ボタフォゴから完全移籍加入。かつてボタフォゴで元日本代表FW本田圭佑とも同僚だった身長192cmのブラジル人ストライカーは昨季まで在籍したケニア代表FWマイケル・オルンガに代わる新たな主砲として期待されたが、公式戦11試合の出番しかなく、明治安田生命J1リーグでも8試合のプレーで3得点にとどまった。 シーズン途中での移籍を受け、柏を通じて、これまでのサポートに感謝の言葉を送るとともに、別れの挨拶をした。 「私がレイソルに来た初日から、柏サポーターの皆様から常に応援をしてもらったことを心から感謝しています。来日してから色々な困難がある中、私はいつもこのユニホームを着る際にチームやサポーターのために全力で闘いました。レイソル関係者の全ての人々のことを一生忘れません。遠くからチームの健闘をずっと祈っています」 一方のフアレスも20日に獲得を発表。そのフアレスはリーガMXに属しており、前期のここまで2勝2分け5敗の14位につけている。 2021.09.21 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

広島FWドウグラス・ヴィエイラがJ初ハットトリック! 好調柏を下して3試合ぶり白星!【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、柏レイソルvsサンフレッチェ広島が18日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-3で広島が勝利した。 3連勝と好調の柏(勝ち点33)と、かたや直近8試合でわずか1勝の広島(勝ち点36)が激突。試合は序盤から互いがゴールに迫る一進一退の攻防となった中、均衡を破ったのはアウェイの広島だった。 30分、右サイドに起点を作った広島は、攻撃を組み立て直そうと一旦後ろに下げるが、試合巧者の青山が柏の守備が一瞬緩んだ隙を突いて前線へ足の長いスルーパスを送る。これに阿吽の呼吸でドウグラス・ヴィエイラが反応しボックス右でフリーとなると、最後は左足チップキックでゴールを決めて見せた。 4試合ぶりに先制点を許した柏は、36分に瀬川が、前半アディショナルタイムには上島がそれぞれヘディングシュートを放つが、惜しくも枠を捉えられず、1点ビハインドで試合を折り返す。 その柏は後半から戸嶋と武藤を下げてマテウス・サヴィオと神谷を投入しテコ入れ。しかし開始数十秒で、右サイドから切り込んだ藤井のシュートがポストに直撃し、広島に追加点の雰囲気が漂う。 すると54分、広島は自陣の深い位置でボールを奪い返し、素早く前線のドウグラス・ヴィエイラに供給すると、大きく前に出ていた柏GKキム・スンギュが戻り切れなかったところを、ロングシュートを沈めて2点目をゲット。 これで2得点としたD・ヴィエイラはさらに60分、東が左サイドからクロスを入れると、相手のクリアミスをD・ヴィエイラが流し込みハットトリックを達成。Jリーグでは初の1試合3得点となった。 その後は、広島が主導権を渡さないまま試合を進める中で、87分には4点目にも迫る勢いを見せつつ試合終了。好調の柏を叩いて3試合ぶりの白星を手にした。 柏レイソル 0-3 サンフレッチェ広島 【広島】 ドウグラス・ヴィエイラ(前30) ドウグラス・ヴィエイラ(後9) ドウグラス・ヴィエイラ(後15) 2021.09.18 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が日本体育大学柏高校のDF土屋巧の来季加入内定を発表

柏レイソルは16日、日本体育大学柏高校のDF土屋巧(17)の来季加入内定を発表した。 土屋は、当時柏日体高校だった頃のMF広庭輝(2004年)以来となる2人目の入団となる。なお、アカデミー選手育成における相互支援契約締結後は初の入団となる。 土屋はクラブを通じてコメントしている。 「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います」 「今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」 2021.09.16 17:08 Thu
twitterfacebook
thumb

細谷の先制点を守り抜いた柏が3連勝、FC東京は味スタ凱旋で勝利できず【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、FC東京vs柏レイソルが12日に味の素スタジアムで行われ、1-0でアウェイの柏が勝利を収めた。 ルヴァンカップでは北海道コンサドーレ札幌を破り、準決勝進出を決めたFC東京。日本代表DF長友佑都の加入決定というホットな話題を提供するホームチームは、6月27日以来となる味スタでの勝利を目指す。 対する柏は前々節は徳島ヴォルティス、前節は横浜FCと、残留を争うライバルから確実に勝ち点を奪い、2連勝と好調をキープ。前節と同じ11人を先発に並べた。 様子を見合うような入りを見せた両チームだったが、1つのミスで試合は動く。8分、柏はハーフウェイ付近からクリスティアーノが浮き球を送ると、渡辺と波多野の間に落ちたボールを競り合いながらも細谷が先に触り、最後は右足で流し込んで先制に成功した。 追い掛ける展開となったFC東京のビッグチャンスは22分、ゴール正面でFKを得ると、やや距離はあるもののレアンドロが直接狙う。ブレ球がゴールを強襲するも、GKキム・スンギュが冷静にパンチング。その後のフィニッシュも防がれてしまった。 互いに裏を狙う長いボールが増え始めた前半の終盤は、ラインの駆け引きとタイトな守備の応酬に。ボックス内への決定的なパスが許されないなか、前半の終了間際にはボックス手前からクリスティアーノがミドル。これはGK波多野がセーブする。 後半の頭からメンバー交代を行ったのは、ビハインドで折り返したFC東京。永井と青木を送り込むと、58分にはその永井の左クロスが流れてディエゴ・オリヴェイラの下へ。ボックス右手前から左足で巻いたシュートを狙ったが、これは左のポストを叩く。 73分にFC東京がカウンターを仕掛け、抜け出した田川がボックス左まで持ち込んで左足で狙う。しかし、この絶好機を枠の右に外すと、直後のヘディングシュートも枠の左へ。87分にも永井が裏を取り、高萩からのパスを引き出したが、わずかにオフサイドの判定を取られた。 終盤はシンプルなプレーに徹した柏は交代カードも駆使して時計の針を進めると、戸嶋のクリアがブロックされ、タッチラインを割ったところでタイムアップ。序盤の1点を守り切った柏が3連勝を達成した。 FC東京 0-1 柏レイソル 【柏】 細谷真大(前9) 2021.09.12 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs柏】共に目指すは3連勝、東京は味スタ帰還&長友復帰に華を添えられるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月12日(日) 19:00キックオフ FC東京(9位/42pt) vs 柏レイソル(14位/30pt) [味の素スタジアム] ◆久々の味スタ、3連勝へ【FC東京】 中断期間中はYBCルヴァンカップの準々決勝で北海道コンサドーレ札幌と対戦し、2戦合計3-2で勝利。ベスト4に駒を進めた。 東京オリンピックの影響で本拠地の味の素スタジアムが使えなくなって早2カ月半。7試合連続のアウェイゲームを3勝2分け2敗で戦いぬいた。 久々のホームゲームはここから4連戦。チームとして一気に3位争いに加わりたいところだ。 この試合の目玉は久々のホームゲームにあるが、1人の男の帰還により特別なものに。海外を渡り歩いた日本代表DF長友佑都が11年ぶりに復帰。35歳の誕生日に復帰という粋な演出だが、ホームサポーターへもお披露目されることだろう。長友を歓迎する意味でも3連勝を納めたい。 チームとしての底上げがされることは間違いなく、サイドバックの選手にとっては強烈すぎるライバルが出現した。ここでしっかりアピールしておきたいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:鈴木準弥、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 ◆残留争いから抜け出すための3連勝を【柏レイソル】 前節は最下位の横浜FCとの大事な一戦で2-1と勝利。前々節は残留争い中の徳島ヴォルティスに0-1と連勝を納めた。 降格圏との勝ち点差は「7」まで開き、少し抜け出した感はある。ただ、気を抜けないのは当然のこと。このまま安全なところまで浮上していきたい。 この2試合は負けられない一戦だったこともあり、リアリストになって戦えていた部分があるだろう。守備はセーフティファースト、攻撃はカウンターから素早くしっかりと仕留めるというハッキリした戦い方を見せていた。その結果が2連勝へとつながった。 今季の柏は守備陣の出来が結果に繋がっていると言っても過言ではない。失点するときは大半がミスが絡んでいる状況。悪い取られ方をした結果、整う前にゴールを許してしまうという展開だ。 しかし、勇気を持って前に出ること、そしてカウンターを完結させることで、失点のリスクは減らせる。跳ね返す守備をし、中盤以前はしっかりとゴールへと向かう戦い方をすれば、自ずと結果はついてくる。 今回のポイントはFC東京のブラジル人トリオをどう抑えるか。想像を超えるパフォーマンスを見せることもあり、集中力が求められるだろう。ずるずると下がって失点せず、しっかりとカウンターで押し戻せるか。その点にも注目したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:キム・スンギュ DF:大南拓磨、上島拓巳、古賀太陽 MF:川口尚紀、ヒシャルジソン、三丸拡 MF:クリスティアーノ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、瀬川祐輔 監督:ネルシーニョ 2021.09.12 16:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly