ユナイテッド、2月にプレミアデビューした“キャリック2世”と2022年まで契約延長2019.03.16 05:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは15日、U-18イングランド代表MFジェームズ・ガードナー(18)との契約延長を発表した。なお、契約期間は2022年6月30日までとなる。

8歳の頃にユナイテッドのアカデミーに入団したガードナーは、2018年5月にプロ契約を締結。リーダーシップと中盤の底からのゲームメイクを武器とするプレーメーカーは、“キャリック2世”とも評されており、2月27日に行われたプレミアリーグ第28節のクリスタル・パレス戦でトップチームデビューすると、6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン戦にも帯同していた。

また、U-17イングランド代表でキャプテンを務めたガードナーは、18日に開幕するSportChain Cup UAEに臨むU-18イングランド代表にも選出されている。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、コンテ就任ならルカク&モーゼス両獲りか

インテルがマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)とフェネルバフチェに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼス(28)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現時点のセリエAで4位につけるインテル。しかし、首脳陣は8連覇を達成したユベントスに大きく水をあけられている状況を良しとせず、今シーズン終了後、ルチアーノ・スパレッティ監督を解任することが既定路線に。最近では、昨シーズン終了後にチェルシーを退任して以降、フリーの状態が続いていたアントニオ・コンテ氏(49)の就任が決定的となっている。 そして今回伝えられるところによると、インテルはコンテ氏が後任指揮官として就任した場合、ルカクとモーゼスの両獲りを目指す模様。ルカクはコンテ氏がチェルシー監督時代、同選手がエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時、復帰を希望していた選手だ。ルカクは現在、ユナイテッドの退団候補の一人として見られており、本人も先月、セリエAでのプレーが「夢」であることを明かしていた。 一方のモーゼスは、コンテ氏がチェルシー時代に右ウイングバックという新境地を開拓させ、重宝してきた選手。コンテ氏が退団してマウリツィオ・サッリ監督が就任した今シーズンは、戦力外と見なされ、今冬の移籍市場でフェネルバフチェにレンタル加入している。 2019.05.23 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

来季ユナイテッド正守護神、ロメロか

マンチェスター・ユナイテッドに所属するアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロが来シーズンから正守護神を務めることになる様相だ。イギリス『メトロ』が報じた。 ユナイテッドに正守護神に長らく君臨するデ・ヘア。だが、2020年に失効する契約に関して長らく進展がなく、延長に向けた最終オファーもデ・ヘアの求める週給35万ポンド(約4800万円)を下回り、破談したという。 そのユナイテッドは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)の関心が取り沙汰されるデ・ヘアを移籍金6000万ポンド(約83億4000万円)で放出する可能性を考慮、その移籍金を今夏の再建費に充てることを画策している模様だ。 だが、すでにデ・ヘアの後釜候補が数名挙がるユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督に新たなGK獲得のプランはない様子。長らく2ndGKを務めるロメロを昇格させることで、穴埋めを図ろうとしているとのことだ。 2019.05.23 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ就任強まるインテル、“1stターゲット”ルカク狙う?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に対して、インテルから1stターゲットとしての関心が寄せられているという。イギリス『タイムズ』が報じた。 ユナイテッド在籍2年の今シーズン、公式戦45試合に出場して15得点を記録したルカク。以前にイタリア挑戦希望を口にしたなかで、チームがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで退団候補の1人として取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 そのルカクの移籍先として挙がっているのがインテルだ。事前の報道によれば、そのインテルは来シーズンからアントニオ・コンテ氏(49)の監督就任が決定的。コンテ氏はチェルシーを率いた2017年夏、ルカクがエバートンから退団する際に興味を示していたという。 オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるユナイテッドは、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが第一ストライカーとして台頭。ルカクの残留を望むユナイテッドだが、移籍の場合、投資額7500万ポンド(約104億5000万円)の回収を考えている模様だ。 2019.05.23 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ストロートマン、プレミア移籍か…ユナイテッドら3クラブがオファー

マルセイユに所属するオランダ代表MFケビン・ストロートマン(29)にプレミアリーグ参戦の可能性が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ストロートマンは昨夏、推定2300万ポンド(約32億円)でローマからマルセイユに移籍。ルディ・ガルシア監督の下で中盤の主力として公式戦34試合1得点5アシストを記録したが、今シーズンのリーグ・アンで6位に終わったマルセイユはコスト削減の必要性があり、今夏にローン移籍の可能性が浮上しているという。 そのストロートマンを巡っては既にプレミアリーグ勢からの関心を寄せられており、エバートンやウェストハムのほか、マンチェスター・ユナイテッドも既に獲得オファーを提示している模様だ。 2019.05.23 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、今夏補強第一号は若き快速ウィンガーか スワンズと交渉中

マンチェスター・ユナイテッドがスウォンジー・シティに所属するウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)の獲得に向かっている。 ダニエル・ジェームズは今夏、プレミアリーグクラブのターゲットとして、注目を集める新鋭。爆発的な快速が魅力の左ウィンガーとして、今シーズンの公式戦38試合5得点10アシストの成績を収め、ユナイテッドOBのライアン・ギグス現ウェールズ代表監督の下で代表デビューを果たしている。 イギリス『BBC』によれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督がイギリス人の若き才能を中心にしたチーム編成を志すユナイテッドは現在、スウォンジーと交渉中。移籍金などの金銭面で話し合いが続いているという。ユナイテッドの今夏補強第一号となるか。注目だ。 2019.05.23 08:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース