広州恒大のファビオ・カンナバーロ監督がリッピ監督退任の中国代表監督を兼任!2019.03.16 01:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー協会(CFA)は15日、中国スーパーリーグの広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督(45)が中国代表の指揮官を兼任することを発表した。なお、契約期間などは明かされていない。

中国はユベントスやイタリア代表でタイトルを獲得し、広州恒大でも指揮を執った世界的名将のマルチェロ・リッピ監督(70)が指揮を執っていたが、1月に開催されたAFCアジアカップ2019での指揮を最後に退任の意向を示していた。

二束のわらじを履くこととなったカンナバーロ監督は、現役時代にリッピ監督が率いていたイタリア代表で主将を務め、2006年ドイツ・ワールドカップで頂点に輝いた。2011年に現役を引退すると、アル・ヒラルで指導者としてのキャリアをスタート。2014年12月に広州恒大で監督としてのキャリアをスタート。

その後、アル・ナスルや天津権健での監督を歴任し、2017年11月にルイス・フェリペ・スコラーリ監督の退任した広州恒大の監督に復帰。しかし、昨季は中国スーパーカップを獲得するもリーグ戦は2位で8連覇逃がし、中国FAカップでもベスト16で敗退していた。

なお、カンナバーロ監督の初陣は今月に行われるチャイナカップ2019の準々決勝のタイ代表戦(22日)となる。
コメント
関連ニュース
thumb

理由は「家族」と「広州恒大」、カンナバーロ監督が中国代表監督をわずか2試合で辞任

中国代表の指揮官であるファビオ・カンナバーロ監督(45)が、辞任することを発表した。自身のインスタグラム(fabiocannavaroofficial)で発表している。 カンナバーロ監督は、現役時代はパリマやインテル、ユベントス、レアル・マドリーで活躍。イタリア代表としても活躍し、2006年のドイツ・ワールドカップで優勝。同年のバロンドールも受賞していた。 引退後は指導者の道を歩み、アジアのクラブで指揮。2014年11月に広州恒大で監督キャリアをスタートさせると、アル・ナスル(サウジアラビア)、天津天海(当時は天津権健)で指揮をとり、2017年11月から広州恒大の監督に復帰している。 2019年3月には、恩師でもあるマルチェロ・リッピ監督の後任として中国代表の監督に就任。しかし、3月に行われたタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)のわずか2試合での辞任となった。 カンナバーロ監督は今回の辞任発表に関して、「家族」を理由に挙げつつ、広州恒大、そして中国サッカー協会への感謝を綴った。 「何年もの間、私を支えてきてくれた国に感謝し、私は中国代表チームの監督の地位を離れることを伝えなければならない」 「私は、この国における2つの重要なチームの監督として考えてくれた、広州恒大、そして中国サッカー協会に感謝します。しかし、兼任するということは私を家族から遠ざけることとなった」 「1カ月ほど前、広州恒大だけを指導し続けることで、情熱とプロ意識を持って日々プレーしている若い中国の選手たちの成長に、貢献できること、そしてそれを望むことをチームと選手に伝えた。そして、毎日、情熱とプロ意識を持って働いた」 「2022年のカタール・ワールドカップ予選を迎える中国代表へ幸運を。そして、改べ全てに感謝します」 2019.04.29 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルグアイがJ所属3選手出場のタイを4発粉砕で大会連覇! 全敗中国はカンナバーロ新体制に暗雲…《チャイナカップ2019》

チャイナカップ2019決勝のタイ代表vsウルグアイ代表が25日に行われ、4-0で圧勝したウルグアイが大会2連覇を飾った。 2017年に『ワンダ・スポーツ・ホールディングス』の主催によって創設されたチャイナカップ。 今大会ではホスト国の中国代表、ウズベキスタン代表、タイ、ウルグアイの4カ国が参戦。21日と22日に行われた準決勝ではタイが中国に1-0、ウルグアイがウズベキスタンに3-0で勝利して決勝進出を果たした。 大会初出場で初優勝を目指すタイは、中国戦で決勝ゴールを決めた札幌FWチャナティップ、大分MFティティパン、横浜FMのDFティーラトンらJリーグ勢が揃って先発に入った。 一方、ルイス・スアレスとカバーニの2大エースを欠きながらストゥアーニの2ゴールなどでウズベキスタンとの初戦に快勝したウルグアイは、闘将ゴディンやホセ・ヒメネス、ヴェシーノ、バルベルデ、ストゥアーニらが先発に入り、トレイラやベンタンクール、マキシ・ゴメスはベンチスタートとなった。 試合は開始早々に動く。6分、ウルグアイがこの試合最初の左CKを獲得すると、キッカーのロデイロが左足アウトスウィングのボールをニアに入れる。これを競り勝ったヴェシーノが頭で合わすと、GKがニアを消し切れずゴールネットに吸い込まれた。 幸先良く先制に成功したウルグアイは球際の強さで完全にタイを凌駕して試合を優位に進める。とりわけ、タイのウイングバックと3バックの間のスペースを狡猾に突き再三の決定機を創出。対するタイはチャナティップが鋭い仕掛けから孤軍奮闘の活躍を見せるが、27分のミドルシュートはわずかに枠の右に外れた。 その後も完全に試合を支配するウルグアイは38分、ボックス左で仕掛けたストゥアーニからのグラウンダーの折り返しを中央のガストン・ペレイロがワンタッチで流し込み、2点目を奪って試合を折り返した。 迎えた後半、ウルグアイはいずれもゴールを決めたヴェシーノ、ペレイロを下げてトレイラとデ・アラスカエタを後半頭から投入する。 前半同様に優勢に試合を運ぶと、58分には右CKの場面でキッカーのデ・アラスカエタの右足アウトスウィングのボールをニアに走り込んだストゥアーニが打点の高いヘディングで合わせ、試合を決定づける3点目とした。 その後、互いに積極的にメンバーを入れ替えていく中、何とか一矢報いたいタイが攻勢に出る時間もあったが、ウルグアイの堅守を脅かすまでには至らず。逆に88分にはペナルティアーク付近でマキシ・ゴメスが放ったシュートがDFにディフレクトしてうまくゴール右隅に決まり、ウルグアイに4点目が生まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、タイに力の差をまざまざと見せつけたウルグアイが大会2連覇を達成した。 また、決勝戦前に行われた中国とウズベキスタンによる3位決定戦は、ウズベキスタンが1-0で勝利した。大会前に広州恒大との兼任でファビオ・カンナバーロ監督の就任が発表された中国は、新体制発足後2連敗で今大会を最下位で終えることになった。 ◆チャイナカップ2019結果 ▽決勝 タイ 0-4 ウルグアイ 【ウルグアイ】 ヴェシーノ(6) ガストン・ペレイロ(38) ストゥアーニ(58) マキシ・ゴメス(88) ▽3位決定戦 中国 0-1 ウズベキスタン 【ウズベキスタン】 ショムロドフ(35) ▽準決勝 3/22 ウズベキスタン 0-3 ウルグアイ 3/21 中国 0-1 タイ 2019.03.25 22:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ウー・レイ効果が凄すぎる! 中国の全国放送がエスパニョール一色

今冬に加入した中国代表FWウー・レイの活躍により、エスパニョールの人気が中国で爆発的に高まっている。スペイン『マルカ』が報じた。 2016年に中国の資本家チェン・ヤンシェン氏が会長になったことで中国で人気が出始めているエスパニョール。今冬には中国代表のウー・レイも獲得し、その勢いに拍車がかかっている。 また、ウー・レイは2月3日のリーガエスパニョーラ第22節ビジャレアル戦でデビューを飾り、今月2日の第26節バジャドリー戦では初得点を記録して3-1の勝利に大きく貢献。順調にステップを上っている。 そして、『マルカ』によると、デビュー戦の中国での視聴者数は4000万人、初得点のバジャドリー戦は2500万人超と怪物級の数字を記録。さらに、中国の検索エンジン『百度』では、1,100万人以上のユーザーがウー・レイを検索していたという。 さらに、中国の全国放送では定期的にウー・レイのハイライトが取り扱われ、報道ルームはエスパニョールカラー一色。キャスターがホームユニフォームに身を包み、まさに社会現象とでも呼べるような事態となっている。 『マルカ』は、「ウー・レイの到着が、アジア市場におけるラ・リーガ・サンタンデールの事業に大きな影響を与える可能性が高いことがはっきりとした」と結んだ。今後は、アジア人がリーガでプレーする姿もそれ程珍しいものではなくなるかもしれない。 2019.03.05 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ハムシクの中国移籍中断を発表! 移籍金の支払い方法が影響…

ナポリは6日、スロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)の中国移籍を中断したことを発表した。 ナポリの新たな象徴としてナポリファンに愛されるハムシク。ナポリとの契約を2021年まで残している状況だったが、中国スーパーリーグに所属する大連一方から移籍金1500万ユーロ(約18億8200万円)+ボーナスのオファーを提示を受け、中国移籍が時間の問題となっていた。 しかし、移籍直前となり以前に合意していた移籍金の支払い方法について、大連一方と食い違いが発生。これによりナポリ側が今回の移籍を中断したようだ。 ナポリは公式ツイッター以下のような声明を発表している。 「ナポリは移籍金の支払い方法が以前に合意した形と一致しないため、中国へのハムシクの売却を遅らせる決断を下した」 2019.02.07 04:05 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンの独代表FWワグナーの天津泰達移籍が発表

バイエルンは30日、ドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(31)が天津泰達(中国)に完全移籍することを発表した。契約は2020年末までの2年間となっている。 バイエルンの下部組織で育ったワグナーは、2007年にトップチーム昇格を果たしたものの、翌年にはデュイスブルクへとフリートランスファーで移籍。その後、ブレーメンやカイザースラウテルン、ヘルタ・ベルリン、ダルムシュタット、ホッフェンハイムとドイツ国内でプレーした。 バイエルン退団後は、各クラブでしっかりと結果を残し、ヘルタ・ベルリンでは公式戦75試合に出場し8ゴールを記録。ホッフェンハイムへと移籍すると、50試合で18ゴールの成績を残し、2018年1月に古巣のバイエルンへと復帰していた。 移籍金1300万ユーロ(約16億2600万円)でバイエルンに復帰したワグナーは、控え中心の生活ながら2017-18シーズンは14試合に出場し8ゴールを記録。今シーズンはニコ・コバチ監督の下で出場機会が減り、ブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ3試合、DFBポカール1試合に出場。ゴールはDFBポカールの1ゴールに終わっている。 天津泰達は、中国スーパーリーグで2018シーズンを14位と下位で終えていた。昨シーズン在籍していた元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルがミドルズブラへと移籍し退団したものの、フライブルクやボーフムなどでプレーし、ヘルタ・ベルリンではワグナーが共闘したドイツ人DFフェリックス・バスティアンスが所属している。 バイエルンのスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにワグナーへの感謝を伝えた。 「サンドロ・ワグナーは、私たちの所にやってきて契約解除を求めた。中国からの非常に魅力的なオファーを受けていて、私たちは彼の要求を満たしたんだ」 「私たちはバイエルンで過ごしたサンドロに感謝する。中国での彼の将来の成功を願っているよ」 なお、ドイツ『ビルト』が事前に報じていたところでは、ワグナーの年俸はバイエルン時代の500万ユーロ(約6億2500万円)から750万ユーロ(約9億3800万円)に増加するようだ。 2019.01.30 17:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース