セビージャがマチン監督の解任を発表… 暫定監督にフットボールディレクターのカパロス氏が就任2019.03.15 23:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは15日、パブロ・マチン監督(43)を解任したことを発表した。

昨夏に就任したマチン監督の下、新シーズンを迎えたセビージャ。前半戦はリーガエスパニョーラで首位に立つなど、脅威的な勢いを見せたが、後半戦に入るとリーグ戦8試合で2勝1分け5敗と大失速。

さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのスラビア・プラハ戦でも、延長戦の末に敗戦。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の獲得が危うい状況となり、クラブは監督交代に踏み切った。

なお、セビージャは今季終了までの暫定監督に同クラブのフットボールディレクターを務めるホアキン・カパロス氏(63)が就任したことを併せて発表。カパロス氏は2000年から2005年までセビージャを率いた経歴を持ち、昨シーズン途中にも暫定監督に就任するとリーグ戦4試合で3勝1分けの好成績を収め、チームをEL出場に導いた。
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャ、カパロス監督の今季限りでの退任を発表

セビージャは22日、ホアキン・カパロス監督(63)の退任を発表した。 カパロス監督は3月、成績不振を受けて解任となったパブロ・マチン前監督の後を受けて、フットボール・ディレクターからセビージャの暫定指揮官に就任。就任後5試合で4勝を挙げ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も見えかけたが、その後は2勝1分け3敗と伸び悩み、結局6位でリーガエスパニョーラを終えていた。 一時は今季限りとなっていた契約が更新されるとの報道もあったが、CL出場を果たせなかったこともあり、監督の座を退いてセビージャのフロントに戻るとのことだ。 2019.05.23 00:53 Thu
twitterfacebook
thumb

A・シウバ、SNSでセビージャ退団を発表…今季40試合で11Gを記録

ミランからセビージャにレンタル移籍をしているポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)が、自身のインスタグラム(@andresilva9)でセビージャを退団することを発表した。 ポルトでプロデビューを飾ったアンドレ・シウバは、2016-17シーズンにポルトガルリーグで16ゴールを挙げて評価を高め、2017年6月に移籍金3800万ユーロ(約49億円)でミラン入り。しかし、ミランの新ゴールゲッターとして期待されていたが、リーグ戦24試合で2ゴールと不発に終わった。 心機一転と昨夏にセビージャへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。リーガエスパニョーラ開幕節のラージョ戦でハットトリックの鮮烈デビューを果たすなど公式戦40試合で11ゴール3アシストを記録した。 しかし、後半戦に入るとケガの影響もあってほとんど戦力になっていなかった。こうしたことからセビージャは3500万ユーロ(約43億1000万円)の買取りオプションを見送ったとみられている。 1年でのセビージャ退団が決まったA・シウバは自身のSNSで以下のようにコメントしている。 「シーズンが終わった。セビージャは素晴らしいレセプションをしてくれた。感謝したい。僕はクラブとこの街の人々を愛しているよ。未来が良いものになることを願っている」 2019.05.21 22:32 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ディ・フランチェスコを新指揮官に招へいへ! モンチと再タッグ

前ローマ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)がセビージャの新指揮官就任で合意したようだ。スペイン『Estadio Deportivo』が伝えている。 今シーズン、パブロ・マチン監督の下でシーズンをスタートしたセビージャだったが、今年3月に成績不振を理由に同監督を解任。それまで、フットボール・ディレクター(FD)を務めていたホアキン・カパロス氏の下で残りシーズンを戦い、最終的に6位で今季のリーグ戦を終えた。 そして、来季からの新指揮官選びに注目が集まった中、今年3月にセビージャのスポーツ・ディレクター(SD)に復帰したモンチ氏は、ローマ時代の同僚に白羽を立てたようだ。 『Estadio Deportivo』が伝えるところによれば、セビージャとディ・フランチェスコ氏は2021年までの2年契約で合意に至ったようだ。 現役時代にローマなどで活躍したディ・フランチェスコ氏はサッスオーロでの優れた手腕を評価されて2017年6月にローマの新指揮官に就任。加入初年度はリーグ戦3位という成績に加え、チャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せるなど、1983-84シーズン以来のベスト4進出に導いた。 しかし、今シーズンは主力の放出と世代交代を図る過渡期の中で序盤から低迷し、2019年3月に解任。現在はフリーとなっている。 2019.05.21 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

三つ巴の4位争いはバレンシアが制す! 柴崎最終節出場のヘタフェ&セビージャの来季EL本戦、エスパニョールのEL予選出場が決定《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ最終節、バジャドリーvsバレンシアが18日に行われ、アウェイのバレンシアが2-0で勝利。この結果、4位フィニッシュを確定させたバレンシアの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。 最終節の唯一の注目ポイントとなった三つ巴の4位争い。前節終了次点では4位のバレンシアと5位のヘタフェが共に勝ち点58で並ぶも当該成績で上回るバレンシアが最も優位な立ち位置に。一方、勝ち点56で6位のセビージャは当該成績で両チームに劣っているため、最終節で勝利且つ両チームが敗戦しない限り、逆転できない厳しい状況。 3チームの中で唯一自力での4位決定の可能性を残すバレンシアは前節で残留が決定した16位のバジャドリーとアウェイゲームを戦った。 立ち上がりはリラックスムードでプレーするホームチーム相手に押し込まれる状況が続いたバレンシアはなかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、15分を過ぎてサンティ・ミナ、ゴンサロ・ゲデスとカウンターから決定機を作り出すと、30分過ぎに相手のミスから先手を奪う。 36分、相手最終ラインでのボール回しにプレッシャーをかけたロドリゴ・モレノがボックス付近でボールを奪取。ボックス左ライン際からマイナスに折り返すと、中央で複数のDFを引き付けたサンティ・ミナを経由したボールをソレールがスムーズなフィニッシュワークから冷静に流し込んだ。 1点リードで試合を折り返したバレンシアは後半立ち上がりも相手のミスに付け込んで追加点を奪う。53分、GKからのショートパスを受けたボックス手前の相手DFからパレホがボールを奪い、ロドリゴにラストパスを送ると、これをエースが無人のゴールへ流し込んだ。 この2点目で勝利を大きく引き寄せたバレンシアは、ホーム最終戦でセレモニー要素の高い選手交代を行うなどやや鋭さにかけるバジャドリーの反撃を難なく封じ込めて2-0の快勝。この結果、2年連続での4位フィニッシュに成功した。 また、同時刻開催となったヘタフェvsビジャレアルは2-2のドローに終わった。この結果、ヘタフェはクラブ史上初のCL出場権獲得を逃すも、クラブ史上最高位のプリメーラ5位フィニッシュを達成すると共に2010-11シーズン以来のEL出場権を手にした。なお、MF柴崎岳は84から途中出場した。 この試合の勝利且つバレンシアが引き分け以下で逆転での4位フィニッシュが決まるヘタフェは、押し気味の展開の中で13分にポルティージョのゴールで先制に成功。しかし、前半終了間際には相手のセットプレーからイボーラに同点ゴールを献上した。 それでも、諦めないヘタフェは後半半ば過ぎの76分にマクシモビッチの豪快なヘディングシュートで勝ち越しに成功する。その後、84分には今季限りでの退団が決定的な柴崎がポルティージョに代えて投入される。しかし、ヘタフェは逃げ切り目前の89分にGKソリアのミスからジェラール・モレノに痛恨の同点ゴールを献上。結局、試合はこのまま2-2のドローで終了となった。 同時刻開催となったその他の試合ではセビージャvsビルバオが、ホームのセビージャの2-0。エスパニョールvsレアル・ソシエダがホームのエスパニョールの2-0の勝利で終了。 この結果、セビージャの6位フィニッシュと共にエスパニョールの逆転での7位フィニッシュが決定した。そして、セビージャは前述のヘタフェと共に来季EL本戦出場が決定し、エスパニョールはEL予選2回戦の出場権を手にしている。 2019.05.19 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ケガを疑う監督の発言にセビージャFWアンドレ・シウバが反論

セビージャのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)が、ホアキン・カパロス監督の主張に反論した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今シーズン、ミランからレンタル移籍で加入したアンドレ・シウバ。開幕戦でいきなりハットトリックを記録するなど、チームの得点源として期待されていた。 徐々に得点が奪えなくなったものの、レギュラーとしてプレーを続けていたが、シーズン終盤にかけてヒザの負傷により欠場。4月以降は1試合しかプレーしておらず、7試合連続で欠場中となっている。 そんな中、チームを率いるカパロス監督に「ケガの問題を誇張している」と言われてしまったアンドレ・シウバ。しかし、その発言に反論。実際にケガをしており、プレーしたいと語った。 「僕はケガをしたふりをしているのではない。治療を受けている」 「明確な良心があるよ。プレーしたいと思っている。そして、僕にとっての問題は、時間が経過するとともに違和感が増していったということなんだ」 「たぶん、最善の方法で処置を受けられなかった。それを切り分けるために、12月に休まなければならなかった。セビージャは僕を必要とし、僕はプレーしたかったんだ」 400万ユーロ(約4億9000万円)でミランからレンタル移籍しているアンドレ・シウバは、3900万ユーロ(約47億8800万円)の買い取りオプションがついているものの、セビージャが行使するかは不透明だ。 リーガエスパニョーラで27試合に出場し9ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場、コパ・デル・レイでも4試合に出場し2ゴールを記録しているアンドレ・シウバ。モナコ、バレンシア、レスター・シティなどが獲得に興味を示しているが、去就に関しては現時点では何も決まっていない状況だ。 2019.05.15 17:45 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース