シチズンズ、“近く”補強禁止処分か2019.03.15 17:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
イギリス『サン』は、マンチェスター・シティが近く補強禁止処分を受けると報じた。

国際サッカー連盟(FIFA)は先日、チェルシーに対して、18歳未満の外国人選手獲得に関する規定違反により、今後2つの移籍市場における補強禁止処分を決定。加えて、40万ポンド(約5900万円)程度の罰金処分も科している。

この処分がシティにも下され、チェルシーより高い罰金額が命じられる恐れも…。発表時期においては早ければ「数日以内」の可能性があるという。確定すれば、シティはチェルシーと同じく今夏、そして、次の冬で補強ができなくなる。

なお、ドイツ『Der Spiegel』がシティのオーナーを務めるシェイク・マンスール氏から直接受けた資金をスポンサーからの支援とする偽装行為を主張したことで、欧州サッカー(UEFA)の調査開始も明らかになっている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、約72億円でカンセロ獲得に接近?

マンチェスター・シティがユベントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』がポルトガル『record』を引用して伝えている。 シティでは現在、ブラジル代表DFダニーロ(27)の今夏での退団が濃厚に。そのため、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのバックアップ探しが急務となっており、同クラブはユベントスの攻撃的サイドバックであるカンセロに関心を示していることが伝えられていた。 今月上旬にはユベントス側もカンセロの売却に前向きな姿勢であることが報道。そして今回、シティは移籍金5200万ポンド(約72億3000万円)で獲得に迫っているようだ。 バレンシア、レンタル先のインテルでの活躍によって評価を高めたカンセロは今シーズンからユベントスに加入。シーズン序盤から爆発的なスピードと攻撃センス、ビルドアップ能力を発揮し、公式戦34試合に出場した。しかし、シーズンが進むにつれては守備の脆さやイージーミスの多さなども目立っていた。 2019.05.23 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア連覇のシティ、トロフィー落下破損事件の結末は…

最終節にまで及ぶリバプールとの熾烈な争いに競り勝ち、見事にプレミアリーグ連覇を果たしたマンチェスター・シティ。その優勝をファンと喜ぶイベントで事件は起きた。 優勝を祝うパレードが行われる前、シティのクラブハウスにファンが招かれたイベント。そこには、プレミアリーグで21ゴールを挙げ、優勝の立役者となったアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと、ケガで満足いくシーズンを過ごせなかったベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが待ち構えていた。 オープンテラスに招かれたファンの前には、プレミアリーグ優勝の象徴でもあるトロフィーが。アグエロ、デ・ブライネとともにトロフィーを掲げて記念撮影をしている最中、事件が発生した。 アグエロ、デ・ブライネが掲げていたトロフィーが、その手から滑り落ち、数m下の地面に落下。トロフィーは見るも無残に大破し、その場に居合わせたファンは顔面蒼白。一瞬何がおきたかわからなかったが、下を見下ろして頭を抱えるファンもいた。 さらに、隣のオフィスから、シティ・フットボール・グループのフェラン・ソリアーノ氏も登場。「何が起きたんだ?」と窓を開けて声をかけると、デ・ブライネは「俺じゃない。みんなが押したんだ」とファンのせいに。そして2人は引き上げていった。 実は、これはシティが配信する『City TV』のドッキリ企画。プレミアリーグトロフィーを精巧に再現した偽物を地面に落とし、ファンを驚かせるというものだった。 引き上げたデ・ブライネとアグエロは笑いをこらえるのに必死で、本物を持って再登場。ファンはホッと胸をなでおろし、本物のトロフィーと対面した。 <div style="text-align:center;"> <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr">After SHOCKING FOOTAGE emerged of a broken <a href="https://twitter.com/premierleague?ref_src=twsrc%5Etfw">@premierleague</a> trophy yesterday, we thought it time we put the record straight...<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/mancity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#mancity</a> <a href="https://t.co/cq13j7rrjY">pic.twitter.com/cq13j7rrjY</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1130916586095808512?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年5月21日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> まんまと騙されたファンだが、一生忘れられない日となっただろう。プレミアを連覇したシティだが、アグエロやデ・ブライネの迫真の演技はさすが。見事な100点満点のドッキリとなった。 2019.05.23 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

今季プレミア最優秀ゴールはタウンゼントがシティ相手に決めたスーパーボレー!

21日、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴールが発表され、クリスタル・パレスの元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが昨年12月22日の第18節、マンチェスター・シティ戦で決めたスーパーボレー弾が選出された。 イギリスのビール製造会社『カーリング・ブルワリー』の協賛するカーリング・プレミアリーグ・ゴール・オブ・ザ・アワード。 月間最優秀選手&監督賞と共に毎月発表されていた月間最優秀ゴールには、トッテナムFWソン・フンミンがチェルシー戦で決めた敵陣を切り裂くロングドリブルでのゴール(2018年11月)、チェルシーMFエデン・アザールがウェストハム戦で決めた5人抜きの衝撃ドリブル弾(2019年4月)、マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニがレスター・シティ戦で決めたスーパーミドル弾(2019年5月)など、10個のゴールが選出されていた。 その10個のノミネートゴールからファン投票によって最終的に選出されたのが、タウンゼントのスーパーボレー弾だった。 敵地エティハド・スタジアムに乗り込んだタウンゼントは、1-1のスコアで迎えた前半の35分、セットプレーの流れからペナルティアーク手前で相手MFベルナルド・シウバのヘディングクリアに反応すると、これを左足ダイレクトボレーで合わす。すると、抑えの利いた高速シュートがゴール右上隅を射抜き、名手エデルソンもお手上げのスーパーゴールとなった。 そして、敵地でシティを3-2で破る上で大きなターニングポイントとなったこのスーパーゴールに関して敵将ジョゼップ・グアルディオラ監督は、「信じられないようなゴール」と思わず脱帽した。 また、これまでも幾つかのスーパーゴールを決めてきたタウンゼントも「僕のキャリアにおいてベストなゴールだろうね」と自画自賛していた。 なお、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴール候補は以下の通り。 ◆文句なしの最優秀ゴール! https://twitter.com/carling/status/1130790435943792641 ◆ゴラッソの競演! https://twitter.com/carling/status/1128691750749470720 2018年8月 ジャン・ミシェル・セリ(フルアムvsバーンリー) 2018年9月 ダニエル・スタリッジ(チェルシーvsリバプール) 2018年10月 アーロン・ラムジー(フルアムvsアーセナル) 2018年11月 ソン・フンミン(トッテナムvsチェルシー) 2018年12月 アンドロス・タウンゼント(マン・シティvsC・パレス) 2019年1月 アンドレ・シュールレ(バーンリーvsフルアム) 2019年2月 ファビアン・シェア(ニューカッスルvsバーンリー) 2019年3月 アントニー・ノッカール(C・パレスvsブライトン) 2019年4月 エデン・アザール(チェルシーvsウェストハム) 2019年5月 ヴァンサン・コンパニ(マン・シティvsレスター) 2019.05.21 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

コンパニ、レスター戦でのスーパーミドルがシティ退団の理由に…「あれ以上はできない」

今シーズン限りでマンチェスター・シティ退団を決断したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が、11年を過ごしたクラブを退団する決断をした経緯を説明した。イギリス『BBC』が伝えている。 2003年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせたコンパニは、ハンブルガーSVを経て、2008年8月にシティに加入。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力になっていた。 しかし、19日には今季限りでのシティ退団と共に来季から古巣アンデルレヒトでプレイングマネージャーを担うことを明かした。 20日に国内3冠を祝うマンチェスターでのパレードに参加したコンパニは、クラブ退団を決断した瞬間がプレミアリーグ第37節のレスター・シティ戦で決めたスーパーミドルの直後だったことを明かした。 「レスター戦で自分の蹴ったボールがトップ・ビンズ(ゴール上隅)に決まった瞬間、ここでの仕事をやり尽くしたと思ったよ。あれ以上はできないとね」 「僕はこのクラブでできることはすべてやり尽くした。これまでやってきたことが自分の中でどれほど誇り高いものか言い表せないよ。やり残したことはない。ここですべてを捧げたよ」 2019.05.21 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ロドリ⇔ジェズスのトレードの可能性が浮上?

マンチェスター・シティが、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の獲得に向けてブラジル代表FWの譲渡を取引の一部に加える可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルからアトレティコに加入。バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者としての呼び声高い守備的MFには、シティが獲得を希望しており、4月下旬に交渉が開始されたことが伝えられていた。 先日にはシティが、契約解除金7000万ユーロ(約85億7000万円)と共に正式オファーを提示する準備が整い、5年、もしくは6年の長期契約を提示することが伝えられていた。しかし、今回伝えられるところによると、金銭+ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(22)の譲渡という形で取引が進展する可能性があるようだ。 ジェズスは2017年1月にパルメイラスからシティに加入。彗星の如く現れ、昨シーズンはプレミアリーグで13ゴールを記録した。今シーズンは公式戦でこそ21ゴールを決めているが、プレミアリーグでは7ゴールと減少。先発回数も減少し、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの牙城を崩すことができなかった。 アトレティコは来シーズン、メンバーの大幅入れ替えが濃厚となっている。その中で、これまでエースを務めてきたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の退団が決定しており、新エースを求める同クラブにとって、悪くない話ではありそうだが、果たして…。 2019.05.21 13:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース