大型補強のジダンマドリー、フェキルの獲得を希望か2019.03.15 17:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーが、リヨンに所属するフランス代表FWナビ・フェキル(25)の獲得を希望しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。

マドリーは11日、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)を解任し、後任にジネディーヌ・ジダン氏(46)を招へい。既に来シーズンに向けた動きは始まっており、14日にはポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)の獲得を発表した。加えて、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)の獲得にも動いているという。

また、上記の2つのオペレーションに関して、クラブはジダン監督の承認を得た上で交渉を進めているとのこと。同監督が昨年夏に一度マドリー指揮官を辞任した理由としては、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに売却しようとしていたことが一つ。復帰したジダン監督は、C・ロナウドの抜けた穴埋めを強く意識しており、その解決策として挙げられているのが攻撃のオプションを増加させることだという。そして、ジダン監督が獲得を希望している新たなアタッカーが、フェキルだ。

注目株となっているフェキルは、昨夏にリバプール移籍が間近に迫っていたが、同クラブがメディカルチェック後に移籍金の値下げを持ち掛けたために直前で破断。同選手とリヨンの契約は2020年6月まで残されているが、同選手は延長交渉に前向きな反応を示さず。退団の可能性が高まっている。

リヨンの下部組織出身のフェキルは2013年にトップチームデビュー。卓越した左足のテクニック、溢れる攻撃センスを武器に2列目を主戦場にリヨンの攻撃陣を牽引し、今シーズンはここまで公式戦30試合で12ゴール7アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがムバッペ狙うマドリーに怒り 衝撃のヴィニシウスをリストアップ!?

パリ・サンジェルマン(PSG)がレアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス(18)の獲得に動き出す可能性があるようだ。スペイン『OK Diario』が伝えている。 PSGでは現在、フランス代表FWキリアン・ムバッペにレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されている。そうした中で、ムバッペは先日行われたリーグ・アンの授賞式で「ここ(PSG)で多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍を示唆した。 この発言に多くの注目が集まったが、PSGが「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」と異例の公式声明でムバッペの残留を強調。しかし、PSGのオーナーがムバッペの発言に激怒しているという。 その怒りの矛先はムバッペに関心を寄せるマドリーにも向いている模様。同クラブへの反撃として、エル・ブランコの宝であるヴィニシウスをリストアップしているという。 しかし、マドリー側はヴィニシウスの推定契約解除金が7億ユーロ(858億1000万円)であることから、いくら資金面が潤っているPSGでも獲得することは不可能だと判断。意に介していないようだ。 昨夏に4500万ユーロでサントスからマドリーに加入したヴィニシウス。開幕当初こそカスティージャ(Bチーム)での適応期間が続いたが、サンティアゴ・ソラーリ前監督の下、トップチームで左ウィングのポジションを奪取すると、ここまで公式戦31試合で3ゴール12アシストの成績を残している。 2019.05.23 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クロースに続くのはモドリッチ? 2021年までの契約延長に合意か

レアル・マドリーが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の契約延長に近づいているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ドイツ代表MFトニ・クロースと2023年まで契約を延長したマドリー。同選手に続くのはモドリッチになるようだ。伝えられるところによると、同選手はすでに現行契約の2020年から1年間延長することに合意。残すのはサインのみだという。 昨シーズンはロシア・ワールドカップ終了後、インテルへの移籍話が浮上したモドリッチ。同メディアは同選手が「昨年と違い、静かな夏を過ごすことが許される」と伝えている。 2019.05.23 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「マドリーでプレーすることが夢」レギロン、マドリー残留を望む

レアル・マドリーに所属するU-21スペイン代表セルヒオ・レギロン(22)が残留を望んでいる。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリー下部組織出身のレギロンは、今シーズンからトップチームに昇格すると、チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節のCSKAモスクワ戦でデビュー。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下では、ブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うなど、頭角を現した。 しかし、復任したジネディーヌ・ジダン監督は、マルセロをファーストチョイスに。同監督体制では2試合にしか出場できなかった。 マドリーは現在、今夏の移籍市場で大型補強とともに余剰戦力の整理が憶測として浮上している。その放出候補として名前が挙がっているレギロンだが、本人はマドリーに残留することを望んでいる。 「レアル・マドリーとの契約が残っているし、ここに残留するために戦うつもりだよ。小さい頃からマドリーでプレーすることが僕の夢だからね」 2019.05.23 19:59 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、ヨビッチ獲得失敗ならプランBにベロッティ?

レアル・マドリーが、トリノに所属するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(25)の獲得に動く可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』がスペイン『El Chiringuito TV』での情報をもとに伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督が来シーズンの目標としてリーガ・エスパニョーラ奪還を掲げ、スカッドの入れ替えを明言しているレアル・マドリー。獲得間近とされているベルギー代表MFエデン・アザール(28)の他に、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の獲得に動いており、移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)で合意に至ったと複数メディアが報じていた。 依然として、レアル・マドリーはセルビア代表FWにプライオリティーを置いているが、獲得失敗に備えて代替案をリストアップ。それが、ローマも獲得に興味を示している模様のベロッティだという。 2015年夏にパレルモからトリノに加入したベロッティ。翌シーズンにはセリエA35試合で26ゴールと爆発するも、昨シーズンは32試合で10ゴールと期待に応えることはできず。それでも今シーズンは、リーグ戦36試合で15ゴールを記録している。 2019.05.23 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

苦悩吐露のベイル…「僕らはロボット」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が現フットボール界でプロであり続けることの難しさを語った。スペイン『アス』が報じた。 当時16歳の2005年7月にサウサンプトンでプロデビューして以来、フットボール界の第一線に身を置くベイル。レアル・マドリーでプレーする現在、不振が続いたチームの戦犯として批判され続け、今夏の放出候補筆頭として大きな注目を集めている。 そうしたなか、ベイルはイギリス『BT Sport』のドキュメンタリーに出演。「フットボールキャリアはすごく短く、ときに犠牲も必要だと思う」と話しつつ、あらゆる言動が監視対象となる現フットボール界で生き続ける苦悩を吐露した。 「僕も間違いなく(引退後に人生を取り戻しに行く)ね」 「プロアスリートとして、特にチームの環境に身を置くのであれば、ゴルフやテニスの選手のように、自らのスケジュールを選ぶことができないからだ」 「だから、僕らはロボットさ。『いつどこにいろ』、『いつ食事しろ』、『いつコーチのところに行け』と命令される。自分の生活を失ったようなものだよ」 「僕らは自分でやりたいときにやれない。だから、理解できるよ」 「でも、フットボールキャリアはすごく短く、ときに犠牲も必要だと思う。その価値があると考える人もいれば、ないと考える人もいる」 「プロになると、あらゆる類のプレッシャーがある。人々から常に否定的なことを言われて、子供の頃の感情を失ってしまうのさ」 2019.05.23 11:55 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース