ユベントスが今夏ムバッペ獲得へ?! SDが全力宣言2019.03.15 16:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属しているフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の獲得を目指しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』の報道を基に、スペイン『マルカ』が伝えた。

モナコで成長を遂げ、2017年夏に1億8000万ユーロ(現在のレートで約228億円)の買い取りオプション付きレンタルでPSGに加入したムバッペ。すると、初年度となった昨シーズンには公式戦46試合21ゴール15アシスト、今シーズンここまででは公式戦33試合29ゴール15アシストと破格の才能を示している。

20歳にして既にトップクラスの実力を発揮するムバッペには、以前からレアル・マドリーが熱視線。PSG加入以前からの接触が伝えられており、今夏に向けた獲得の噂も囁かれている。

しかし、『トゥットスポルト』によると、ユベントスも今夏のムバッペ獲得を画策。スポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏が、同選手との交渉に全力を尽くすことを、誓っているとのことだ。

一方で、ムバッペ当人は「来シーズンもPSGに残るか」という問いに、「残るよ。確信してる」と返答。チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16で敗退したが、「このクラブで何かを成し遂げることができる確信している」と、それでも揺るがない意思を強調していた。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、約72億円でカンセロ獲得に接近?

マンチェスター・シティがユベントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』がポルトガル『record』を引用して伝えている。 シティでは現在、ブラジル代表DFダニーロ(27)の今夏での退団が濃厚に。そのため、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのバックアップ探しが急務となっており、同クラブはユベントスの攻撃的サイドバックであるカンセロに関心を示していることが伝えられていた。 今月上旬にはユベントス側もカンセロの売却に前向きな姿勢であることが報道。そして今回、シティは移籍金5200万ポンド(約72億3000万円)で獲得に迫っているようだ。 バレンシア、レンタル先のインテルでの活躍によって評価を高めたカンセロは今シーズンからユベントスに加入。シーズン序盤から爆発的なスピードと攻撃センス、ビルドアップ能力を発揮し、公式戦34試合に出場した。しかし、シーズンが進むにつれては守備の脆さやイージーミスの多さなども目立っていた。 2019.05.23 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

CB獲得目指すユーベ、マルキーニョスをリストアップ! ピャニッチを提供か

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表マルキーニョス(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2013年にローマからPSGへステップアップを果たしたマルキーニョス。世界屈指のセンターバックは今シーズン、ボランチ起用が増えたものの、公式戦43試合に出場し、DFチアゴ・シウバとDFプレスネル・キンペンベと共に強固な守備築いた。 そのマルキーニョスに対して、センターバックの補強を目指すユベントスが関心を寄せているようだ。選手当人も2022年まで契約を残しているものの、イタリアに復帰することに前向きな姿勢を見せているという。 同選手の推定移籍金は6000万ユーロ(約73億5000万円)前後。ユベントスは、PSGが昨夏に獲得に動き、市場価格が8000万ユーロ(約98億1000万円)と推定されているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(29)とのトレードでブラジル代表DFの獲得に動くことを考慮しているようだ。 2019.05.23 20:56 Thu
twitterfacebook
thumb

サッリ、1年でイタリア帰還か…後任探すユベントスとローマが興味

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)にセリエA復帰の可能性が浮上している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 セリエAでは現在、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)と、ローマのクラウディオ・ラニエリ監督(67)の退任が決定。両チーム共に後任探しに動いており、前者はトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)やラツィオのシモーネ・インザーギ監督(43)ら、後者はジョゼ・モウリーニョ氏(56)やサンプドリアのマルコ・ジャンパオロ監督(51)らの招へいの可能性が伝えられている。 そんな中、今回伝えられるところによると、ユベントスとローマは、チェルシーのサッリ監督にも注目している模様。これに対して、サッリ監督もイタリアへの帰還にオープンであるようだ。 サッリ監督は今シーズン、ナポリからチェルシーの指揮官に就任。“サッリ・ボール”と呼ばれる独自の戦術をもたらし、シーズン序盤は快進撃を見せた。だが、徐々に衰えを見せ、終わってみればマンチェスター・シティとリバプールから大きく水をあけられ、3位という結果に終わった。度々、見せる貧相な試合からファンから批判されることもしばしば。現在、オーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏が同監督の解任の準備を進めているとも伝えられている。 仮にサッリ監督がチェルシーを退団した場合、同クラブはチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで指揮を執るフランク・ランパード監督(40)の招へいに動く可能性が高いようだ。また、チェルシーは現在、今シーズン限りでの現役引退が決定しているアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフ(37)やアストン・ビラでアシスタントコーチを務める元イングランド代表DFジョン・テリー氏の復帰を画策するなど、クラブの黄金期を支えた選手たちの帰還を望んでいることが伝えられている。 2019.05.22 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリ退任のユーベ、後任第一候補はシモーネ・インザーギか すでに交渉開始とも

マッシミリアーノ・アッレグリ監督の今シーズン限りでの退任を発表したユベントスが後任探しに動いている。 フランス代表のディディエ・デシャン監督、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督、ボローニャのシニシャ・ミハイロヴィチ監督らの名が候補に挙がる中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数のイタリアメディアはラツィオのシモーネ・インザーギ監督が第一候補だと主張している。 同監督は古巣ラツィオの下部チームで指導者を始めると、2016年にトップチームに昇格して以降、チームに団結力を付けさせ、柔軟な戦術でチームを変えた。今シーズン、ラツィオはリーグでは2試合を残してヨーロッパリーグ出場を狙える8位に位置。さらにコッパ・イタリアでは決勝でアタランタを倒し優勝している。 その手腕をユベントスは高く評価。リーグ5連覇を成し遂げたアッレグリ監督の後任として、すでにスポーツ・ディレクターのファビオ・パラティチ氏がコンタクトを取っているとも伝えられている。 また、イタリアメディアによると、シモーネ・インザーギ監督は20日のセリエA第37節のボローニャ戦に向けた記者会見を欠席。ユベントス移籍に関する質問を避けるためだと指摘する声もある。 だが、ラツィオは2020年までとなっている同監督との契約を2年延ばすことを考えている模様。様々な憶測が飛び交っているが、来季のユベントスのベンチに座っている人物は誰なのだろうか。 2019.05.20 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタが王者ユーベにドローで3位浮上! クラブ史上初のCL出場に王手!《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsアタランタが19日に行われ、1-1で引き分けた。 A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けた4位アタランタは、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を死守。しかし、4日前に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。そのラツィオ戦のスタメンからパロミーノに代えてゴセンズのみを変更した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13kpcrsz4t98t1v0vzwnhwc8fd" async></script> </div> 個人セリエA5連覇を果たしたアッレグリ監督の退任が決まったホーム最終戦の王者ユベントスに対し、開始1分にC・ロナウドに決定機を許したアタランタは、圧力を受ける入りとなる。 そんな中7分、フロイラーが枠内シュートを浴びせたアタランタは直後に決定機。左CKからクアドラードのクリアボールが自陣ゴールに向かったが、GKシュチェスニーのセーブに阻まれた。 その後もショートカウンターを狙うアタランタが流れを引き寄せる中、28分にも先制のチャンス。D・サパタが単騎突破でボックス中央に侵入。枠の右を狙ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも33分、アタランタが先制する。右CKからニアサイドのマジエッロが頭で逸らすと、ファーサイドのイリチッチが押し込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 後半からアレックス・サンドロに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは、クアドラードを右サイドバックに、カンセロを左サイドバックに回した。 そのユベントスが押し込む展開とするも、シュートには持ち込めない。そんな中61分に今季をもって引退するバルザーリに代えてマンジュキッチを投入した。 自陣に引いて逃げ切りを図るアタランタは71分、イリチッチのFKで追加点に迫るも、80分に同点とされる。 右サイドからのクアドラードのクロスをファーサイドのマンジュキッチが右足アウトに当ててのボレーシュートでゴールに流し込んだ。 その後、ケアンを投入して逆転を目指してきたユベントスを、アタランタが凌いで1-1で試合終了。勝ち点1を積み上げたアタランタが、同時刻の試合でナポリに敗れたインテルに勝ち点で並び、当該対決で上回っているため3位に浮上した。 最終節、アタランタはクラブ史上初のCL出場権獲得を懸けてサッスオーロとホームで対戦する。 2019.05.20 05:27 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース