複数クラブ関心のグリマルド争奪戦はシティとアーセナルがリード?2019.03.15 15:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティとアーセナルがベンフィカに所属するスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(23)に関心を寄せているようだ。スペイン方面の情報をもとにイギリス『メトロ』が伝えている。

バルセロナ下部組織出身の攻撃的左サイドバックのグリマルドは、2015年12月末にベンフィカに完全移籍で加入。バルセロナ仕込みのテクニックとスピードを武器に、同クラブ不動の左サイドバックとして活躍し、やや守備面に課題はあるものの、攻撃面では今シーズンも公式戦42試合で7ゴール5アシストの見事な数字を残している。

そのグリマルドを巡っては、複数クラブが関心を抱いているが、中でもシティとアーセナルが争奪戦をリードしているという。シティはフランス代表DFバンジャマン・メンディ(24)が負傷離脱を繰り返しており、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も左サイドバックの新戦力を探していると明言している。

一方のアーセナルは、スペイン代表ナチョ・モンレアル(33)の長期的な後継者を探しているようだ。また、同クラブはスポーツ・ディレクター(SD)にモンチ氏を招へいすることが有力となっている。そして、同氏は2021年までベンフィカとの契約を残すグリマルドに高い評価を下しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、新CBにスペイン代表DFエルモソをリストアップか…移籍金は25億円

アーセナルがエスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でプロデビューを飾ったエルモソは、バジャドリーへのレンタル移籍を経て、2017年7月にエスパニョールへ完全移籍。左利きで優れたインターセプトやカバーリング能力を武器に、今シーズンのリーガエスパニョーラ35試合に出場し、昨年11月にはスペイン代表デビューも飾っている。 今回伝えられるところによると、そのエルモソに対して、アーセナルが獲得を検討。ウナイ・エメリ監督は、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィのパフォーマンスに満足しておらず、新たなセンターバックの獲得を希望しているようだ。 バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得に興味を示している同選手の推定移籍金は1800万ポンド(約25億円)。だが、エルモソには、エスパニョール加入時に買い戻しオプションが含まれており、レアル・マドリーが600万ポンド(約8億3000万円)で連れ戻し、高値で売却する可能性があるとのことだ。 2019.05.23 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、争奪戦必至のネレスに関心か

アトレティコ・マドリーがアヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 今回伝えられるところによれば、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)らの退団による守備陣の入れ替えの他にサイドアタッカーの獲得を望んでいる模様。そこで、コパ・アメリカのブラジル代表にも選出されたネレスに照準を定めているという。 とはいえ、ネレスにはパリ・サンジェルマン(PSG)やリバプールなどのメガクラブが挙って獲得に興味を示していると各紙は報じている。ネレスの獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.05.23 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

トゥベンテ、アーセナルからスペイン人CBプレゲスエロを獲得! 今季トップチームデビュー

トゥベンテは21日、アーセナルからスペイン人DFフリオ・プレゲスエロ(22)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間の契約オプション付きの2021年6月30日までの2年契約となる。 プレゲスエロは、エスパニョール、アトレティコ・マドリー、バルセロナの下部組織で育ち、2013年にアーセナルへ移籍。180cmと上背はないものの、足元の技術に長けた右利きのセンターバックは、U-18、U-21と着実にステップアップ。 故郷マジョルカへの1年間の武者修行を経た今季はプレミアリーグ2で主力を務め、昨年10月に行われたEFLカップ4回戦のブラックプール戦では待望のトップチームデビューを飾った。しかし、今年1月には今季終了までの契約でセグンダA(スペイン2部)のヒムナスティックにレンタルに出されていた。 2019.05.22 16:06 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー後釜として逸材パラシオス獲得に近づく?

アーセナルがリーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得レースで優位なポジションに立っているようだ。アルゼンチン『Radio Continental』が伝えている。 2015年にアルゼンチン屈指の名門リーベルでトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、運動量、パスセンスに優れた万能型のセントラルMF。 これまで多くのビッグクラブが獲得に関心を示してきた中、一時はレアル・マドリー加入で合意報道が出ていたが、同クラブの非EU枠の問題もあって最終的に獲得を見送る形となった。 そこに新たに割って入ったのが、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜を探すアーセナルだという。 なお、『Radio Continental』の伝えるところによれば、現時点でパラシオスの契約解除金は2000万ユーロ(約25億円)程度となっており、資金面に余裕がないアーセナルでも十分に支払える金額のようだ。 2019.05.22 15:22 Wed
twitterfacebook
thumb

コシエルニーがUEFAを批判! 「他国と問題を抱える国で決勝を開催すべきじゃない」

アーセナルのキャプテンである元フランス代表DFローラン・コシエルニーがアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのヨーロッパリーグ(EL)決勝欠場問題で欧州サッカー連盟(UEFA)を批判した。同選手がイギリス『BBC Radio 5 Live』で語った。 アーセナルは21日、アゼルバイジャンのバクーで行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー戦の遠征メンバーにアルメニアとアゼルバイジャンの政治的な問題を理由にムヒタリアンを招集しないことを発表した。 アルメニア代表のキャプテンであるムヒタリアンは、アゼルバイジャン西部のナゴルノカラバフを巡る両国の紛争による安全上の問題から昨年行われたELグループステージのカラバフ戦のアウェイ遠征に帯同せず。また、ドルトムントに在籍していた2015年の同大会でもガバラとの試合を欠場した背景があった。 ムヒタリアン、アーセナルの苦渋の決断を受けて、コシエルニーは政治的に他国と問題を抱える国を決勝開催地に選んだUEFAの決定を批判している。 「僕は今回の決定は心地よいものではない。まず僕たちはここに大事なプレーヤーを1人残さなければならないからだ。彼が決勝でプレーできないからだ」 「UEFAは各国が抱える政治面での様々な問題についてより深く理解する必要があると思う。ある国が他の国と問題を抱えている状況で、彼らはその国で決勝を開催する権利を与えるべきではない」 「僕たちはミッキー(ムヒタリアン)を一緒に連れて行きたいと考えていたから、本当に残念な思いだよ。彼は僕たちにとって重要なプレーヤーだからだ」 なお、クラブや家族と話し合いを行った結果、アゼルバイジャン行きを諦めるという決断を下したムヒタリアンは、「現状のすべての選択肢を考慮した結果、チームと一緒にヨーロッパリーグ決勝に行かないという厳しい決断をしなければならなかった。それはめったにない種類の重要な試合であり、今回の決断は多くの痛みを伴うよ」と、無念の思いを語っていた。 2019.05.22 13:39 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース