イスコ「ジダン復帰は全員にとって素晴らしいニュース」2019.03.15 12:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコが、ジネディーヌ・ジダン監督の復帰を歓迎した。スペイン『マルカ』が伝えている。コパ・デル・レイ準決勝、リーガエスパニョーラ第26節に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で連敗し、CLラウンド16・2ndレグでアヤックスに敗れて逆転でCLでも敗退を喫し、 今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったマドリー。11日にサンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任と、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げて昨シーズン終了後に退任していたジダン監督の復帰を発表した。

そんな中、ソラーリ前監督体制の下、急激に出場機会を失っていたイスコは、アディダスのイベントに出席。そこでジダン復帰について言及した。

「リーガはとても難しいものになっている。それでもできる限り勝ち点を積み重ねていくつもりだよ」

「変化はすでに始まっている。でもそのためにはファンの皆の力が必要だ。このチームには大きな要求があり、僕らはすべてのタイトルのために戦わなくてはならない」

「今年は最高の年にはならなかったけど、これからクラブの歴史に相応しい場所に戻れるよう努力していくよ。そのためにより強くならなくてはいけないね」

「(ジダン復帰について)彼のことは皆が知っている。選手としても監督してもどのような人だったかをね」

「彼はレアル・マドリーを愛し、その大きさをこのような決断で示した。彼が戻ってきたことは全員にとって素晴らしいニュースだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

怒りのマドリーが公式声明! ポチェッティーノ監督のジョークに余裕なし?

シーズンの悪い流れを引きずっているのだろうか。レアル・マドリーが余裕のなさを露呈してしまった。 6月1日に行われるチャンピオンズリーグ決勝。今シーズンの舞台は、マドリッドにあるアトレティコ・マドリーの本拠地、ワンダ・メトロポリターノだ。 決勝に勝ち進んだのは、リバプール、トッテナムとプレミアリーグの2クラブ。スペインの首都・マドリッドで対戦する珍しい光景ともなる。 そんな中、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、『El Partidazo de COPE』で決勝に向けたプランを明かし、「決勝に先立ち、我々はバルデベバス(マドリーのトレーニング施設)でトレーニングし、近くのホテルで宿泊する」とコメントした。 そして「我々は、スポーツセンターで宿泊できるようにフロレンティーノ(・ペレス/レアル・マドリー会長)に頼んだのだが、レアル・マドリーの監督になったら、初めてそこに宿泊できると言ってきたんだ」とコメント。かつてマドリーからの監督就任オファーの噂もあっただけに、ポチェッティーノ監督はジョークとしてコメントしていた。 しかし、マドリーはこの発言に対し公式声明を発表。ポチェッティーノ監督の発言に驚いていること、そして宿泊の要求が嘘であり、どのクラブでも利用可能であると主張した。 「レアル・マドリーはトッテナム・ホットスパーもマウリシオ・ポチェッティーノ監督が明らかにした、チャンピオンズリーグ決勝のためにシウダー・レアル・マドリーに宿泊できるようにというクラブへの要求について驚いている」 「レアル・マドリーは、この要求が明らかに嘘であることを明確にしたいと思います。我々のクラブは、常にUEFA、スペインサッカー連盟、アトレティコ・マドリー、リバプール、トッテナムの全ての要求に応えるために、完全に利用可能であることを示してきました」 「レアル・マドリーに提出された全ての要求は、シウダー・レアル・マドリーのトレーニングキャンプと、そのドレッシングルームの使用のみを参照としたものです。そして、それら全てが、我々のクラブによって認められています」 「したがって、リバプールは6月1日の土曜日の午前中に我々の施設でトレーニングする計画です。トッテナムは、5月30日(木)と31日(金)にトレーニングをします」 「レアル・マドリーはチャンピオンズリーグのファイナリストの宿泊施設は、組織と安全の基準に従い、UEFAによって割り当てられていることを強調します。我々のクラブは、トッテナムがシウダー・レアル・マドリーの施設に宿泊する要求をされたことはありません」 宿泊施設がUEFAから割り当てられることは明確であり、ポチェッティーノ監督の発言がジョークであることも明白だったが、まさかの公式声明となった。 これまでにもガレス・ベイルやルカ・モドリッチをはじめとして、選手の移籍でも関係を築いている両者。ポチェッティーノ監督の発言が一人歩きし、誤解を避けたいという意図があったのかもしれないが、余裕のなさを感じざるを得ない声明とも言える。または、ジョークに公式声明で返すという高等なお笑い技術なのかもしれない。 2019.05.25 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

CR7がユーベにS・ラモスの獲得を要求?

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)の獲得をクラブに要求しているようだ。スペイン方面からのレポートをイタリア『メディアセット』が伝えている。 今シーズン、物議を醸す行動が多く、フロンティーノ・ペレス会長やマドリディスタの反感を買う場面が目立ったセルヒオ・ラモス。そうしたことにより、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めた同選手は、今夏の退団を考慮し始めていることがスペインメディアによって伝えられていた。 この状況を受けて、昨シーズンまで長きにわたってレアル・マドリーで共闘したC・ロナウドが、セルヒオ・ラモスの獲得をユベントスに要求したという。また、同選手に関してはマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)も関心を示しているようだ。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。今シーズンも頼れるキャプテンとして公式戦42試合に出場し、ディフェンダーながら11得点を記録した。 なお、セルヒオ・ラモスの推定契約解除金は8億ユーロ(約981億6000万円)となっている。 2019.05.24 23:39 Fri
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスが今夏マドリー退団を検討…

レアル・マドリーでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)が、今夏のクラブ退団を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『El Chiringuito TV』のレポートを引用して伝えた。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。だが、2018-19シーズンは自身とクラブにとって加入後、最低とも言える厳しいシーズンとなった。 とりわけ、今季のセルヒオ・ラモスは悪癖の退場に加え、エゴイスティックなプレー、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アヤックス戦での出場停止を巡る騒動など、クラブ、マドリディスタの反感を買う場面が目立った。 そのため、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めたセルヒオ・ラモスは、今夏の退団を考慮し始めているようだ。 なお、そのセルヒオ・ラモスに関しては過去に獲得寸前までいっていたと言われるマンチェスター・ユナイテッドと共に、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得の可能性を問い合わせていたようだ。 マドリー、あるいは古巣セビージャでキャリアを終えると思われたセルヒオ・ラモスだが、今夏国外に活躍の場を移すことになるのか…。 2019.05.24 21:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、どこに行く? 移籍先候補に挙がるクラブは…

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツ『スカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。 そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。 そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルのプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。 2019.05.24 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

“野獣”ジュリオ・バチスタが37歳で現役引退

元ブラジル代表MFジュリオ・バチスタ(37)が23日、現役引退を発表した。 ジュリオ・バチスタは自身のツイッターにて「20年以上トップレベルでプレーしてきた。この辺りで選手としてのキャリアに終止符を打ち、新たな人生をスタートさせることに決めたよ」とコメント。 驚異的なフィジカル能力から“野獣”の愛称で知られたジュリオ・バチスタは、母国サンパウロでの活躍をキッカケにセビージャで欧州初上陸。そのセビージャで公式戦73試合の出場で43ゴールを挙げ、レアル・マドリーへの移籍を果たした。その後もアーセナル、ローマといったビッグクラブを渡り歩き、2013年にクルゼイロで母国復帰を果たした。キャリア終盤はアメリカのオーランド・シティを経て、今年3月までルーマニアのクルージュでプレーしていた。 また、ブラジル代表としては48試合に出場して5ゴールを記録。2010年南アフリカ・ワールドカップでメンバー入りした。そして、2度のコパ・アメリカ優勝を経験し、2007年大会では3ゴールを決め優勝に貢献していた。 2019.05.23 23:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース