群馬FW岩田拓也が右ヒザ骨挫傷で全治約5週間2019.03.15 11:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
ザスパクサツ群馬は15日、FW岩田拓也が右ヒザ骨挫傷と診断されたことを発表した。全治は約4週間から5週間。岩田は2017年に明治大学から群馬に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで12試合に出場した。今月10日に行われた明治安田生命J3リーグ開幕節のブラウブリッツ秋田戦では欠場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

群馬退団のDF一柳夢吾が台湾のFUTUROに移籍

ザスパクサツ群馬は29日、2018シーズンまで在籍していたDF一柳夢吾(33)の移籍先がFUTURO(台湾)に決定したことを発表した。 東京ヴェルディユース出身の一柳は、サガン鳥栖やベガルタ仙台、松本山雅FCなどを渡り歩き、2014年にはタイのスコータイFCへ移籍し、翌年には同国のピチットFCでもプレー。群馬には2016年に加入した。 なお、U-23日本代表にも選出されたことのある一柳は、昨シーズンはJ3リーグ1試合、天皇杯2試合に出場。通算では、J1リーグ14試合1ゴール、J2リーグ133試合2ゴール、J3リーグ1試合の出場を記録している。 2019.03.29 20:11 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬、窪田良が全治約8週間のケガ

ザスパクサツ群馬は28日、MF窪田良の診断結果を報告した。 窪田は24日に行われた明治安田生命J3リーグ第3節のカターレ富山戦で負傷。 ヒラメ筋肉離れで全治8週間の見込みだ。 ヴァンフォーレ甲府から今年加入の窪田。ここまでJ3リーグ全3試合でプレーした。 群馬は現在、J3リーグ1勝1分け1敗の7位。30日に行われる次節、ヴァンラーレ八戸をホームに迎え撃つ。 2019.03.28 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬退団の38歳FW大久保哲哉がFIFTY CLUBに移籍「まだまだ現役でチャレンジしていきたい」

ザスパクサツ群馬は15日、2018シーズンまで在籍していたFW大久保哲哉(38)の移籍先がFIFTY CLUB(神奈川1部)に決定したことを発表した。 2002年に駒澤大学から横浜FCに加入した大久保は、佐川急便東京SC(JFL)、柏レイソル、アビスパ福岡、モンテディオ山形を渡り歩き、2012年に横浜FCに復帰。その後、2014年の栃木SCへの期限付き移籍を経て、2018年から群馬へ加入した。 昨シーズンは、明治安田生命J3リーグ20試合1ゴールを記録。通算では、J1リーグ22試合4ゴール、J2リーグ370試合94ゴール、J3リーグ20試合1ゴールと、Jリーグ通算99ゴールをマークしていた。 “ジャンボ”の愛称で知られる190cmのベテランストライカーは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW大久保哲哉 「次のチームが決まることができました。まだまだ現役でチャレンジしていきたいと思います。1年間、ありがとうございました」 2019.03.15 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬DF坪内秀介が現役を引退し神戸スクールコーチに就任 「毎日必死にやってきました」

ザスパクサツ群馬は2月1日、DF坪内秀介(35)の現役引退を発表。また、同日からヴィッセル神戸のスクールコーチに就任することも伝えた。 前橋育英高校卒業後にヴィッセル神戸でプロとしてのスタートを切った坪内は、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、大分トリニータ、大宮アルディージャ、アルビレックス新潟、ジュビロ磐田を経て、2016年から群馬に所属。通算では、明治安田生命J1リーグ169試合4ゴール、J2リーグ103試合3ゴール、J3リーグ12試合、リーグカップ33試合、天皇杯16試合の出場を記録した。 坪内は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆坪内秀介 「2018シーズン限りで引退することを決断しました。まず、プロになるまで不自由なくサッカーをさせてくれた父と、身の回りの世話などしてくれた母に感謝したいと思います。ありがとうございました」 「FCイーグル、高松中、前橋育英の指導者の方々の愛のある指導おかげで夢だったプロになることが出来ました。そしてヴィッセル神戸、コンサドーレ札幌、大分トリニータ、大宮アルディージャ、アルビレックス新潟、ジュビロ磐田、ザスパクサツ群馬と、たくさんのチームでプレーすることができました。それぞれクラブのチームメイト、サポーター、クラブの関係者の皆さん、スポンサーの方々、本当にお世話になりました」 「17年間、もがき続け毎日必死にやってきました。悔しいことや辛いこと、貢献できずにチームメイトやクラブに迷惑かけてしまった方が多かったプロ生活でしたが、その思いが強い分、数少なかったですが結果が出てホッとしたことや嬉しかったこと、仲間に恵まれ幸せな瞬間に立ち会えたことが、悔しかったことを含め何事にも代えがたい素敵な思い出となってくれています」 「どんな時も笑顔で支えてくれながら二人三脚で一緒に闘ってくれた妻と、毎日笑顔で頑張ってと送り出してくれた子供たち、家族みんなのおかげで最後まで走りきることができましたし、一緒に喜怒哀楽を共有できた事がなにより幸せでした」 「これからの人生、自分に矢印を向けて笑顔で謙虚にひたむきにやっていけたらなと思います。今までかかわっていただけた方々に感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします」 2019.02.01 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬DF川岸祐輔が現役引退「地元のクラブで現役を引退できる事を嬉しく思う」

ザスパクサツ群馬は31日、DF川岸祐輔(26)が昨シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、引退後は同クラブのフロントスタッフに就任する。 群馬県出身の川岸は2015年に駒沢大学から群馬へ入団してプロキャリアをスタート。昨シーズンの出場は明治安田生命J3リーグ1試合、天皇杯2試合のみとなっていた。なお、キャリア通算では、J2で33試合出場、J3で1試合、天皇杯で5試合出場を記録していた。 現役引退を決断した川岸は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズン限りで現役を引退する事を決断しました。ザスパに入団して4年。あっという間でした。地元である群馬のクラブで現役を引退できる事を嬉しく思います」 「1年目すぐに試合に出場する事は出来ず悔しい思いをたくさんしました。その中でもサポーター、ファンの皆さんや地元の友人の励ましがあったからこそ下を向かずに前進できました。シーズン終盤に初めて試合に出場し勝てた事、一生忘れません」 「監督をはじめとするスタッフの方々や裏でクラブを支えるフロントのスタッフの方々にも本当に感謝しています。そして尊敬できる偉大な先輩や可愛い後輩、そして刺激しあい切磋琢磨してきた92年組、一緒にプレー出来たことを誇りに思います。本当に仲間に支えられました。そして仲間に恵まれました」 「僕はこの4年間で何も大義を果たしてはいませんが、僕のプレーを見てサッカーやクラブそして僕自身に対して多くの方の感情を少しでも動かせたのであればこのサッカー人生に悔いはありません」 「ザスパというクラブはまだまだ発展途上でたくさんの可能性があるチームだと思っています。これからはフロントに入り、群馬といえばザスパ!となるように頑張ります!絶対にJ1の舞台で草津節をしてしましょう!」 「最後になりますが僕にサッカーの楽しさを教えてくれた両親、常に側で支えてくれた妻と息子に川岸史上最大の愛をもって感謝します。ありがとうございました」 2019.01.31 22:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース