横浜FM、好調・FC琉球からJ3優勝&J2昇格の立役者MF中川風希を獲得 昨季J3で16G10A2019.03.15 10:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
横浜F・マリノスは15日、FC琉球からMF中川風希(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。

中川は関東学院大学卒業後、スペイン5部のバジェカスに入団。その後、スペイン4部のベティス・サン・イシドロを経て、2017年8月に当時J3だった琉球へ。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで32試合16ゴール10アシストを記録。リーグ最多の70得点を誇る攻撃陣をけん引する存在として、クラブ初のJ3優勝とJ2昇格に貢献した。今シーズンもここまでJ2リーグで3試合4アシストを記録し、チームの開幕3連勝の力になっている。

横浜FMへの完全移籍が決定した中川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC琉球
「どんなときでもどんな天候でもいつも熱い応援ありがとうございます。自分をプロサッカー選手としてプレーさせてくれて、2、3年前の自分の立場では想像できないぐらいの貴重な経験をさせてくれたFC琉球にはとても感謝しています。J3優勝は一生の思い出です」

「今回シーズン途中での移籍をすることになりました。チームも3連勝と調子のいい中での移籍ということでいろいろ考えることもありましたが自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く移籍を決断させてもらいました。移籍先の横浜F・マリノスで活躍できるように頑張りますのでこれからも応援してくれたら嬉しいです。ほんとに今までありがとうございました!」

◆横浜F・マリノス
「この度横浜F・マリノスに加入することになりました中川風希です。小さい頃から憧れていたJ1の舞台でプレーするチャンスを与えてくれた横浜F・マリノスに感謝します。少しでもチームの勝利、タイトル獲得に貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMが4発快勝! 「IP」不在の神戸、クラブワースト7連敗《J1》

18日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸は、ホームの横浜FMが4-1で勝利した。 セレッソ大阪との前節で0-3の黒星を喫した7位の横浜FMは、2試合ぶりの白星を目指す戦いに。その一戦に向けてはエジガル・ジュニオが先発復帰となり、三好と天野がベンチに座った。一方、6連敗中で13位の神戸は、7試合ぶりの勝利を狙う戦いとなるが、ルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタが欠場。ダビド・ビジャとウェリントンの2トップを選択した。 試合は互いに立ち上がりから攻め合う展開に。そのなかで、横浜FM守備陣のバタつきを突いた神戸がよりシュートチャンスを作りだしていく。16分から17分にかけて、立て続けに決定機が巡ってきたが、ダビド・ビジャと西がGK朴一圭の牙城を打ち破れず、先制機を逸してしまう。 後方からの丁寧なビルドアップで攻撃の糸口を探る横浜FMは相手を押し込むなかで、27分に左サイドから遠藤がボックス中央に左足でクロスボールを供給。これが対面の相手にディフレクトしてニアサイドのゴールマウスに飛ぶが、GKキム・スンギュに弾かれ、ゴールとはならない。 だが、ハーフウェイライン付近からカウンターアタックに転じた31分、左サイドからボールを縦に持ち上がった遠藤が逆サイドで並走するマルコス・ジュニオールにパスを供給。ボックス右から右足ダイレクトで合わせられたシュートがゴール左に決まり、横浜FMが先制に成功する。 リードを許した神戸は1点ビハインドの64分、橋本を下げて小川を投入。勝負に出るが、ほぼ同じタイミングでエジガル・ジュニオに代わってピッチに入った李忠成が67分にボックス左で相手GKに注目を集めた遠藤のパスを左足で押し込み、横浜FMが追加点を手にする。 あとがない神戸は71分に田中を諦めてセルジ・サンペール、80分に大崎に代えて渡部をピッチに送り出すが、遠藤のパスを受けたティーラトンがボックス左からクロスを上げると、ファーサイドでフリーの三好がチーム3得点目。横浜FMが勝負の行方を決定づけた。 さらに、90分に再び三好がゴールを決めた横浜FMは終了間際にウェリントンの一発を浴びたが、これ以上の反撃を許さず、2試合ぶりの白星。神戸はクラブワーストのリーグ7連敗となっている。 2019.05.18 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF山田康太、練習試合で惜しいシュートも「世界大会で決めれたら」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 MF伊藤洋輝(名古屋グランパス)の豪快ゴールやFW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2発など5-0で勝利したU-20日本代表。終了後、横浜F・マリノスのMF山田康太がメディア陣による取材に応対し、流経大との練習試合を振り返った。 ◆MF山田康太(横浜F・マリノス) ──今日の試合の前半は特に上手くいっていた印象 「そうですね。みんなでやるべきサッカーというのは共有できています。スタッフからも招集する前から10分くらいの動画を作ってくれたりしているので、これに懸けている想いはスタッフからも感じます。それは選手としてピッチで表現しなくてはいけないなと思います」 ──球際も含めて個人としてはどうか 「最低限はやることですし、国を代表してやっているので、そこは大学生相手でも負けてはいけないと思います。そういう意味では勝ち切れたので良かったかなと思います」 ──ボランチとして周囲との連携や掴めたものは 「このチームにボランチには入るという景色は、久しぶりだったというか。やるべきことも違います。その中でセカンドボールを拾うことであったり、相手からもボールを奪うことであったり、チームに必要なことはしっかりと把握して、ピッチに入ったつもりです。整理はしっかりと出来ているかなと思います」 ──惜しいシュートもあったが 「意外とシュートには自信を持っています。ああやってシュートレンジに入った時には、打ちたいなと思っています。今日は入らなかったですけど、世界大会で決めれたらと思います」 ──今大会はどういうものにしたいか 「結果がどうであれ、悔いの残らないというか、終わっても楽しかったと言えるように。順位はどうなるかわからないですけど、チームでやれることは全てやって、出し切って帰ってきたいです」 ──そういう大会にするためにもここからの短い期間でどういうことが大事になってくるか 「ピッチ外のコミュニケーションであったり、今まで中心でやっていた選手やピッチ外で盛り上げていた選手がいなかったり、少し大人しくなったかなと感じています。それでもみんな仲が良いですし、練習とかも雰囲気が良いので、そういうところから良いチームになっていくのかなと思います。練習の時は本当に、激しくやれているので、そういう意味ではあまり心配はしていないです」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:11 Mon
twitterfacebook
thumb

水沼が2G1A! C大阪、横浜FMを3発粉砕で今季初の連勝! 《J1》

明治安田生命J1リーグ第11節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスが11日にヤンマースタジアム長居で行われ、3-0でC大阪が勝利した。 今シーズン初の連勝を目指す11位・C大阪(勝ち点11)は、2-0で勝利した前節の松本山雅FC戦からのスタメン変更はなし。同じメンバーをピッチに送り出した。 連勝中の6位・横浜FM(勝ち点18)は、1-0で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを1人変更。ティーラトンに代わって契約上の理由により出場できなかった和田がスタメンに復帰した。 試合はホームチームがいきなり動かす。瀬古のクリアボールが敵陣中央右サイドの水沼に繋がると、ワントラップから右足を豪快に振り抜く。これがゴール左に突き刺さり、C大阪が先制に成功した。 開始早々に先制したC大阪は4分にも決定機。敵陣中央右サイドでのスローインの流れからブルーノ・メンデスが競り勝つと、都倉がバイタルエリア右から左足を一閃。だが、これはクロスバーに嫌われた。 前半中盤にかけては横浜FMがボールを保持し、C大阪がカウンターを仕掛ける展開に。そうした中、C大阪にアクシデントが襲う。31分、着地に失敗した際に都倉が右足を負傷。1度は治療を終えてピッチに戻ったが、40分に高木との交代を余儀なくされた。 それでもセレッソ大阪は42分、藤田のパスを敵陣深くの右サイドでボールを受けた松田が、ワントラップでボックス内に進攻。そのままシュートを狙ったが、 GK朴一圭に阻まれた。 前半に決定機を作ることのできなかった横浜FMは、後半頭から遠藤を下げて、直近のルヴァンカップで移籍後初ゴールを決めた李を投入。立ち上がりこそイニシアチブを握り、ボールを動かすが、相手のプレッシングに苦しみ攻撃が停滞してしまう。 後半に入り、やや劣勢だったC大阪は59分に追加点。敵陣右サイド深くを打開すると、水沼がダイレクトでクロスを送る。ボックス中央に走りこんできた高木が頭で合わせ、リードを広げた。 スコアを2-0としたC大阪は横浜FMをさらに畳みかける。65分、カウンターから水沼のパスを受けたブルーノ・メンデスがボックス中央手前で粘ると、ボックス右へパス。フリーで受けた水沼がゴール左に流し込み、横浜FMを突き放す。 3点ビハインドとなった横浜FMは、66分に三好に変えてエジガル・ジュニオ、70分に広瀬に代えて古巣対決となる扇原を投入し、守備の人数を減らして攻撃の枚数を増やす。すると83分、バイタルエリア中央でこぼれ球を拾った扇原がシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンの好セーブに遭い、一矢報いることはできず。 試合はこのまま3-0で終了。効率良く攻めたC大阪が開幕戦以来となるホーム2勝目を挙げ、今季初の連勝を飾った。敗れた横浜FMは、連勝が「2」でストップした。 2019.05.11 17:17 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪と磐田が決勝進出決める! 横浜FMは李の移籍後初ゴールなどで4発完勝《YBCルヴァンカップ》

G大阪と磐田が決勝進出決める! 横浜FMは李の移籍後初ゴールなどで4発完勝《YBCルヴァンカップ》 2019JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第5節が8日に各地で開催された。 ▽5/8(水) 【グループA】横浜FWが札幌を4発粉砕で首位浮上! 首位の北海道コンサドーレ札幌(勝ち点8)が2位の横浜F・マリノス(勝ち点5)を札幌厚別公園競技場に迎えた一戦で先制したのは横浜FM。16分、左サイドからのクロスを収めた松原がバイタルエリア右からシュートを放つと、ディフレクトしたボールにドライブ回転がかかりゴール左に吸い込まれた。1点リードで試合を折り返した横浜FMは後半に怒涛のゴールラッシュを見せる。59分に李の今季初ゴールが生まれると、68分にイッペイ・シノズカ、78分に山谷がとどめの4点目を突き刺し大量4得点。完勝した横浜FMは首位に浮上し、決勝トーナメント進出に向けて前進した。 Shonan BMW スタジアム平塚で行われた4位の湘南ベルマーレ(勝ち点3)と3位のV・ファーレン長崎(勝ち点5)の一戦。前回王者の湘南は後半開始早々の48分、バイタルエリア左の位置で受けた鈴木が左足を振り抜くと、これがゴールに突き刺さり先制点を奪う。この1点を守り切った湘南がグループステージ突破に向けて望みを繋いでいる。 北海道コンサドーレ札幌 0-4 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ</span> 1-0 V・ファーレン長崎<hr> 【グループB】仙台の首位通過が確定! 柏は敗退 2位のFC東京(勝ち点6)が、既に突破が決まっているベガルタ仙台を(勝ち点10)を秩父宮ラグビー場に迎えた。試合の主導権を握るFC東京は21分、スルーパスに抜け出した永井がボックス右からシュートを狙ったが、GK関のファインセーズに遭う。その後も互いにチャンスを決めきることはできずゴールレスドロー。この結果、仙台の首位通過が決定した。 3位のサガン鳥栖(勝ち点4)と4位の柏レイソル(勝ち点3)が駅前不動産スタジアムで激突。一進一退の攻防が続くが互いに決定的なチャンスを作ることができず0-0で試合終了。鳥栖は次節、FC東京との直接対決に勝利すれば逆転での突破が決まる。一方の柏は予選敗退が決定した。 FC東京 0-0 ベガルタ仙台 サガン鳥栖 0-0 柏レイソル<hr> 【グループC】名古屋が追いつき混戦に… パロマ瑞穂スタジアムでは2位の名古屋グランパス(勝ち点5)と首位のC大阪(勝ち点7)が対戦。試合はセレッソ大阪が先制に成功する。15分、敵陣中央で得たFKの場面でソウザがグラウンダーのシュートを放つと、ボックス中央の片山がコースを変えて先制に成功した。さらに、39分にはソウザの左CKからボックス中央の舟木がヘディングで合わせて追加点。しかし、守勢だった名古屋が後半に反撃。69分に前田の豪快な左足のシュートで1点を返すと、その10分後には小林のクロスをジョーがスライディングで押し込み同点に追いつく。試合はこのまま2-2で終了した。 昭和電工ドーム大分で行われた4位の大分トリニータ(勝ち点4)と2位のヴィッセル神戸(勝ち点5)の一戦。38分に山口に先制ゴールを許した大分だったが、69分に伊藤からのパスを受けた後藤がボックス中央から右足を一閃。これがゴール右に突き刺さり同点とする。さらに、76分にはGK前川のパスミスをカットしたティティパンが来日初ゴール決めて逆転に成功。勝利した大分がグループ2位に浮上している。 名古屋グランパス 2-2 セレッソ大阪 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ</span> 2-1 ヴィッセル神戸<hr> 【グループD】リーグ戦で苦しむG大阪&磐田が勝利でグループステージ突破! 首位のガンバ大阪(勝ち点7)が3位の清水エスパルス(勝ち点5)をパナソニックスタジアム 吹田に迎えた。ペースを握るG大阪は45分、藤本の左CKからニアサイドの三浦が頭で合わせて先制に成功する。62分にドウグラスの一発を浴びたガンバ大阪だったが、65分にファン・ウィジョ、67分に中村が立て続けに決めて勝負あり。3-1で勝利したG大阪が決勝トーナメント進出を決めた。 ヤマハスタジアムでは2位のジュビロ磐田(勝ち点6)と4位の松本山雅FC(勝ち点4) が対峙。こう着状態が長らく続く中迎えた86分、磐田はボックス左手前でボールを受けた荒木がカットインからシュート。これがブロックに入った高崎に当たりコースが変わると、そのままゴールに吸い込まれた。終盤のゴールで勝利した磐田もG大阪と並んでグループステージ突破きめた。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪</span> 3-1 清水エスパルス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 1-0 松本山雅FC 2019.05.08 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポーランド行きを勝ち取った横浜FMのMF山田康太「身体をはってチームが勝つためのプレーを」《U-20W杯》

日本サッカー協会(JFA)は7日、ポーランドで行われるU-20ワールドカップに臨む21名のメンバーを発表した。 横浜F・マリノスから唯一の選出となったMF山田康太は、3月の欧州遠征は体調不良で辞退したものの、4月のトレーニングキャンプで評価を高め代表招集を勝ち取った。 2017年から各年代の日本代表に選ばれ続けている山田は同クラブの公式サイトで意気込みを語った。 「この世代で活動する中でずっと意識していた大会なので、選出していただきとても嬉しいです。世界を相手にどういうプレーが出来るか非常に楽しみですし、チーム一丸となって勝ちにいきたいと思います。国を代表して出場するので、身体をはり、チームが勝つためにプレーしたいと思います」 U-20日本代表は、5月末から6月にかけてポーランドで行われるU-20ワールドカップに出場。5月中旬に直前キャンプを行い、本大会ではエクアドル代表(23日)、メキシコ代表(26日)、イタリア代表(29日)と対戦する。決勝トーナメントは来月2日から行われる。 2019.05.07 16:24 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース