PSGが度重なる倫理違反のラビオに謹慎処分!2019.03.15 06:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に対して今月27日までの謹慎処分を科す見込みだ。フランス『レキップ』が伝えている。

今シーズン限りでPSGとの契約が満了となるラビオだが、クラブからの再三の契約延長オファーを固辞。この振る舞いを受けて、クラブはすでに交渉をストップすると共に、一時はリザーブチーム送りにしていた。そのため、同選手は昨年12月11日以来、公式戦の出場はない。

クラブとの関係が完全に終わっているラビオは、先日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦でチームが悲劇的な敗退を強いられた中、パリのナイトクラブで遊んでいる様子が一般人のSNSの投稿によって発覚。

さらに、ユナイテッドOBの元フランス代表DFパトリス・エブラがインスタグラムに投稿した、ユナイテッドのPSG撃破を熱狂的に喜ぶ動画に『いいね』をした2つの案件が大きな物議を醸していた。

そして、この倫理違反を重く見たクラブ側は同選手に対して、今月27日までの謹慎処分を科す決定を下したようだ。

なお、ラビオに関しては昨年12月のマルセイユへの遠征の際に遅刻したこと、今年1月のドーハでのトレーニングキャンプに無断欠席したことを理由に数カ月分の倫理ボーナス(月給の数パーセント)の支払い拒否を通達されていた。

すでに関係修復は不可能ではあるが、ユース時代を含めて9年間を過ごしたPSGを最悪な形で去ることになりそうだ。

また、今夏のバルセロナ入りかプレミアリーグ行きが噂されているが、今回の一件によって新天地で快く迎え入れられるのは難しそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

CB獲得目指すユーベ、マルキーニョスをリストアップ! ピャニッチを提供か

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表マルキーニョス(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2013年にローマからPSGへステップアップを果たしたマルキーニョス。世界屈指のセンターバックは今シーズン、ボランチ起用が増えたものの、公式戦43試合に出場し、DFチアゴ・シウバとDFプレスネル・キンペンベと共に強固な守備築いた。 そのマルキーニョスに対して、センターバックの補強を目指すユベントスが関心を寄せているようだ。選手当人も2022年まで契約を残しているものの、イタリアに復帰することに前向きな姿勢を見せているという。 同選手の推定移籍金は6000万ユーロ(約73億5000万円)前後。ユベントスは、PSGが昨夏に獲得に動き、市場価格が8000万ユーロ(約98億1000万円)と推定されているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(29)とのトレードでブラジル代表DFの獲得に動くことを考慮しているようだ。 2019.05.23 20:56 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ロドリ放出なら後釜にラビオ?

アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今シーズン限りでの退団が決定的なラビオ。当初、バルセロナ移籍が有力と見られていたが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得によって、その可能性が消滅。その後、同胞ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリー移籍合意報道も出ていたが、後に撤退報道が伝えられていた。 現在はユナイテッドとユベントスが争奪戦を繰り広げている状況のようだが、アトレティコもそこに加わる模様。スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティへ移籍する可能性があり、流出した場合の後釜としてフランス代表MFの獲得へ動き出すという。 2019.05.22 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、アラン獲得間近? コパ・アメリカ前に締結か

パリ・サンジェルマン(PSG)がナポリに所属するブラジル代表MFアラン(28)獲得に迫っているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2015年7月にウディネーゼからナポリに加入したアラン。豊富な運動量と非凡なボール奪取能力に加え、シンプルなボール捌きを武器にナポリのダイナモとして、必要不可欠な存在にまで成長した。今シーズンもここまで公式戦47試合1ゴール3アシストを記録している。 そんなアランに対しては、PSGがかねてより関心を寄せている。指揮官のトーマス・トゥヘル監督が獲得を熱望しており、今冬の移籍市場でも獲得を目指していたが、当時は叶わず、ゼニトからアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスを獲得してカバーしていた。 しかし、フランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の退団が濃厚となり、レンタル移籍中だったアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)がベティスに完全移籍したPSGは、中盤の強化に向けて引き続きアランに注目。そして今回伝えられるところによると、PSGへの加入が間近に迫っているとのことだ。 同メディアによると、PSGはアラン獲得へ5000万ユーロ(約61億5000万円)のオファーを提示する模様。PSG側は6月のコパ・アメリカ2019開幕前には契約を締結させたい意向のようだ。 一方、アランの退団が現実味を帯びてきているナポリは、すでに後任探しに奔走。フィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)とレンヌに所属するフランス人MFバンジャマン・ブリジョー(25)の獲得を狙っていることが伝えられている。 2019.05.22 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

キンペンベがそ径部を手術へ! 復帰はPSGでのプレシーズンに

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表DFプレスネル・キンペンベが23日にそ径部の手術を受けることになった。フランス『レキップ』が伝えている。 直近のリーグ戦2試合を欠場していたキンペンベは、21日に発表されたフランス代表からも落選。ただ、『レキップ』が伝えるところによれば、当初ディディエ・デシャン監督はキンペンベの招集を考えていたものの、以前からそ径部に痛みを抱えていた同選手が根本的な問題を解決するため、シーズン終了のこのタイミングで手術を受けることを希望。これをデシャン監督が受け入れた形のようだ。 なお、23日に手術を受診するキンペンベの復帰時期はPSGのプレシーズントレーニングが開催されるタイミングとなるようだ。 2019.05.22 14:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、移籍示唆のスピーチも…PSGが残留強調「このストーリーは来季も続く」

パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の残留を強調した。 フットボール界のニュー・スターとして、その存在感を高め続けるムバッペ。リーグ・アンでは最終節を残して、ここまで公式戦28試合32ゴール9アシストを記録し、2018-19シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞と3年連続の年間最優秀若手選手賞に輝いた。 そんな中、その授賞式でムバッペは、「ここで多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍をほのめかすようなスピーチを発した。 この発言で周囲を騒がせたムバッペだが、クラブはその後、ツイッター(@PSG_inside)で声明を発表。同選手の残留を明かしている。 「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」 「PSGが創立されてから50年という記念のシーズンに、ヨーロッパのフットボール界に歴史を刻むという野心を共有し、大きな1ページを記すために、共にみんなが役割を果たさなくてはならない」 2019.05.21 11:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース