PSGが度重なる倫理違反のラビオに謹慎処分!2019.03.15 06:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に対して今月27日までの謹慎処分を科す見込みだ。フランス『レキップ』が伝えている。

今シーズン限りでPSGとの契約が満了となるラビオだが、クラブからの再三の契約延長オファーを固辞。この振る舞いを受けて、クラブはすでに交渉をストップすると共に、一時はリザーブチーム送りにしていた。そのため、同選手は昨年12月11日以来、公式戦の出場はない。

クラブとの関係が完全に終わっているラビオは、先日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦でチームが悲劇的な敗退を強いられた中、パリのナイトクラブで遊んでいる様子が一般人のSNSの投稿によって発覚。

さらに、ユナイテッドOBの元フランス代表DFパトリス・エブラがインスタグラムに投稿した、ユナイテッドのPSG撃破を熱狂的に喜ぶ動画に『いいね』をした2つの案件が大きな物議を醸していた。

そして、この倫理違反を重く見たクラブ側は同選手に対して、今月27日までの謹慎処分を科す決定を下したようだ。

なお、ラビオに関しては昨年12月のマルセイユへの遠征の際に遅刻したこと、今年1月のドーハでのトレーニングキャンプに無断欠席したことを理由に数カ月分の倫理ボーナス(月給の数パーセント)の支払い拒否を通達されていた。

すでに関係修復は不可能ではあるが、ユース時代を含めて9年間を過ごしたPSGを最悪な形で去ることになりそうだ。

また、今夏のバルセロナ入りかプレミアリーグ行きが噂されているが、今回の一件によって新天地で快く迎え入れられるのは難しそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

セルヒオ・ラモスが今夏マドリー退団を検討…

レアル・マドリーでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)が、今夏のクラブ退団を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『El Chiringuito TV』のレポートを引用して伝えた。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。だが、2018-19シーズンは自身とクラブにとって加入後、最低とも言える厳しいシーズンとなった。 とりわけ、今季のセルヒオ・ラモスは悪癖の退場に加え、エゴイスティックなプレー、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アヤックス戦での出場停止を巡る騒動など、クラブ、マドリディスタの反感を買う場面が目立った。 そのため、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めたセルヒオ・ラモスは、今夏の退団を考慮し始めているようだ。 なお、そのセルヒオ・ラモスに関しては過去に獲得寸前までいっていたと言われるマンチェスター・ユナイテッドと共に、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得の可能性を問い合わせていたようだ。 マドリー、あるいは古巣セビージャでキャリアを終えると思われたセルヒオ・ラモスだが、今夏国外に活躍の場を移すことになるのか…。 2019.05.24 21:38 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG会長に黒い疑惑…世界陸上招致に不正関与か

パリ・サンジェルマン(PSG)の会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏に黒い疑惑だ。イギリス『BBC』が報じた。 カタールのテレビ局『BeIn Sports』のトップであるアル・ケライフィ氏は2017年と2019年の世界陸上開催地招致で不正関与の疑いがあり、今年3月からフランス検察の調査対象に。なかでも、招致に動いた2011年にアル・ケライフィ氏が兄弟で共同運営しているカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)から当時の国際陸上競技連盟(IAAF)だったラミーヌ・ディアック氏の息子が運営する会社に2度にわたり、計350万ドル(約3億8000万円)が支払われた経緯を捜査しているという。 この件を受け、アル・ケライフィ氏の顧問弁護士は「いかなる類の支払いも一切認識していない」との声明で申し立てに遺憾の意。だが、ラミーヌ・ディアック氏はすでに3月に起訴されており、その息子にも逮捕状が出ている模様だ。 なお、カタールは2017年こそ招致に失敗したものの、今年2019年の開催権利を勝ち取り、9月から10月にかけてドーハで行われる予定だ。 2019.05.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏フリーのラビオ、ユナイテッドが依然興味か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)に対して、マンチェスター・ユナイテッドの追随が続いているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 ユナイテッドは今冬の元ベルギー代表MFマルアン・フェライニに続いて、スペイン代表MFアンデル・エレーラも今夏退団。オーレ・グンナー・スールシャール監督は手薄なセントラルMFの補強をリクエストしている模様だ。 そこで挙がったのがラビオだ。ラビオはPSGとの延長交渉を固辞して今シーズン限りでの退団が既定路線。複数クラブの関心が噂されるが、ユナイテッドもルイス・ファン・ハール政権時代から追ってきた同選手だという。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したユナイテッドは、ラビオ争奪戦で不利な状況とされるが、セルビア代表MFネマニャ・マティッチの長期的な後継者として同選手に依然興味を抱いているとのことだ。 2019.05.24 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ワン=ビサカからムニエにシフトか

マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27)にも目を光らせているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の移籍市場で新たな右サイドバックとして、クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に興味を注ぐユナイテッド。だが、クリスタル・パレスが市場価値をはるかに上回る7000万ポンド(約97億2000万円)の売値を定めていることで、ユナイテッドはターゲットの再検討を強いられている模様だ。 そこで新たな候補として挙がったのがムニエだ。そのムニエとPSGの契約は残り1年。ユナイテッドは2500万ポンド(約34億7000万円)で獲得可能とみられており、今週にPSG側と移籍交渉の話し合いを行ったという。 2019.05.24 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがムバッペ狙うマドリーに怒り 衝撃のヴィニシウスをリストアップ!?

パリ・サンジェルマン(PSG)がレアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス(18)の獲得に動き出す可能性があるようだ。スペイン『OK Diario』が伝えている。 PSGでは現在、フランス代表FWキリアン・ムバッペにレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されている。そうした中で、ムバッペは先日行われたリーグ・アンの授賞式で「ここ(PSG)で多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍を示唆した。 この発言に多くの注目が集まったが、PSGが「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」と異例の公式声明でムバッペの残留を強調。しかし、PSGのオーナーがムバッペの発言に激怒しているという。 その怒りの矛先はムバッペに関心を寄せるマドリーにも向いている模様。同クラブへの反撃として、エル・ブランコの宝であるヴィニシウスをリストアップしているという。 しかし、マドリー側はヴィニシウスの推定契約解除金が7億ユーロ(858億1000万円)であることから、いくら資金面が潤っているPSGでも獲得することは不可能だと判断。意に介していないようだ。 昨夏に4500万ユーロでサントスからマドリーに加入したヴィニシウス。開幕当初こそカスティージャ(Bチーム)での適応期間が続いたが、サンティアゴ・ソラーリ前監督の下、トップチームで左ウィングのポジションを奪取すると、ここまで公式戦31試合で3ゴール12アシストの成績を残している。 2019.05.23 22:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース