シカゴ・ファイアー、大連一方を退団したガイタンを獲得!2019.03.15 02:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーは14日、アルゼンチン代表FWニコラス・ガイタン(31)の獲得を発表した。契約期間は2020年までとなる。

ボカ・ジュニアーズの下部組織出身のガイタンは、2008年7月にトップチームへ昇格。2010年7月にベンフィカへと移籍した。 ベンフィカではポルトガル・プリメイラ・リーガで152試合に出場し25ゴール60アシストを記録。2016年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍すると29試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。

2018年2月に大連一方へと完全移籍すると、中国スーパーリーグでは28試合に出場し2ゴール9アシストをマークしたが、2月28日に同クラブからの退団を発表していた。

また、2009年にアルゼンチン代表デビューを飾ったガイタンは、これまで19試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。

なお、ガイタンが加入するシカゴ・ファイアーには、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーやセルビア代表FWアレクサンダル・カタイらが所属。しかし、昨シーズンはMLSイースタンリーグの10位に低迷していた。
コメント
関連ニュース
thumb

フアンフランがアトレティコ・マドリー退団を発表!

アトレティコ・マドリーは23日、元スペイン代表DFフアンフラン(34)が今シーズン限りで退団することを発表した。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンのクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半に渡ってチームを支えてきた。 アトレティコ退団が決まったフアンフランはクラブ公式サイトで、以下のようにコメントしている。 「今日が僕にとって、アトレティコ・マドリーでの最後の日だよ。またすぐに帰ってこれることを望んでいる。ここは僕のホームだ。素晴らしい年月を過ごせたことは僕のキャリアにおいて最高なものになったよ」 「サポーターが僕をこのクラブのレジェンドと言ってくれることは誇りだ。クラブを助けるために戻ってくるよ。僕はクラブマンだからね」 「僕を愛して、誇りに思ってくれたすべての選手に感謝を伝えたい。彼らが僕を応援してくれる度に、僕の名前はタイトルよりとても大きな物になったよ」 2019.05.23 22:37 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがムバッペ狙うマドリーに怒り 衝撃のヴィニシウスをリストアップ!?

パリ・サンジェルマン(PSG)がレアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス(18)の獲得に動き出す可能性があるようだ。スペイン『OK Diario』が伝えている。 PSGでは現在、フランス代表FWキリアン・ムバッペにレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されている。そうした中で、ムバッペは先日行われたリーグ・アンの授賞式で「ここ(PSG)で多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍を示唆した。 この発言に多くの注目が集まったが、PSGが「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」と異例の公式声明でムバッペの残留を強調。しかし、PSGのオーナーがムバッペの発言に激怒しているという。 その怒りの矛先はムバッペに関心を寄せるマドリーにも向いている模様。同クラブへの反撃として、エル・ブランコの宝であるヴィニシウスをリストアップしているという。 しかし、マドリー側はヴィニシウスの推定契約解除金が7億ユーロ(858億1000万円)であることから、いくら資金面が潤っているPSGでも獲得することは不可能だと判断。意に介していないようだ。 昨夏に4500万ユーロでサントスからマドリーに加入したヴィニシウス。開幕当初こそカスティージャ(Bチーム)での適応期間が続いたが、サンティアゴ・ソラーリ前監督の下、トップチームで左ウィングのポジションを奪取すると、ここまで公式戦31試合で3ゴール12アシストの成績を残している。 2019.05.23 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、約72億円でカンセロ獲得に接近?

マンチェスター・シティがユベントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』がポルトガル『record』を引用して伝えている。 シティでは現在、ブラジル代表DFダニーロ(27)の今夏での退団が濃厚に。そのため、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのバックアップ探しが急務となっており、同クラブはユベントスの攻撃的サイドバックであるカンセロに関心を示していることが伝えられていた。 今月上旬にはユベントス側もカンセロの売却に前向きな姿勢であることが報道。そして今回、シティは移籍金5200万ポンド(約72億3000万円)で獲得に迫っているようだ。 バレンシア、レンタル先のインテルでの活躍によって評価を高めたカンセロは今シーズンからユベントスに加入。シーズン序盤から爆発的なスピードと攻撃センス、ビルドアップ能力を発揮し、公式戦34試合に出場した。しかし、シーズンが進むにつれては守備の脆さやイージーミスの多さなども目立っていた。 2019.05.23 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

クロースに続くのはモドリッチ? 2021年までの契約延長に合意か

レアル・マドリーが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の契約延長に近づいているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ドイツ代表MFトニ・クロースと2023年まで契約を延長したマドリー。同選手に続くのはモドリッチになるようだ。伝えられるところによると、同選手はすでに現行契約の2020年から1年間延長することに合意。残すのはサインのみだという。 昨シーズンはロシア・ワールドカップ終了後、インテルへの移籍話が浮上したモドリッチ。同メディアは同選手が「昨年と違い、静かな夏を過ごすことが許される」と伝えている。 2019.05.23 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

CB獲得目指すユーベ、マルキーニョスをリストアップ! ピャニッチを提供か

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表マルキーニョス(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2013年にローマからPSGへステップアップを果たしたマルキーニョス。世界屈指のセンターバックは今シーズン、ボランチ起用が増えたものの、公式戦43試合に出場し、DFチアゴ・シウバとDFプレスネル・キンペンベと共に強固な守備築いた。 そのマルキーニョスに対して、センターバックの補強を目指すユベントスが関心を寄せているようだ。選手当人も2022年まで契約を残しているものの、イタリアに復帰することに前向きな姿勢を見せているという。 同選手の推定移籍金は6000万ユーロ(約73億5000万円)前後。ユベントスは、PSGが昨夏に獲得に動き、市場価格が8000万ユーロ(約98億1000万円)と推定されているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(29)とのトレードでブラジル代表DFの獲得に動くことを考慮しているようだ。 2019.05.23 20:56 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース