スコールズがわずか1カ月で英4部の監督辞任! 7試合で1勝と苦戦… 2019.03.15 02:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFポール・スコールズ氏(44)が14日、フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に属するオールダム・アスレティックの監督を辞任した。スコールズ氏は2月11日に1年半の契約でオールダムの監督に就任。監督初挑戦の初陣を勝利で飾ったものの、その後の試合で勝ち星を挙げられず、1勝3分け3敗と苦戦していた。

スコールズ氏は公式サイトにて「とても後悔している。残念ながら思っていたような仕事ができなかった。少なくとも1年半、このクラブに身を捧げる思いでいたし、周りの人は私がこの仕事を受けたことに、どれだけ興奮していたかを知っている。私はオールダムが今季残りのシーズン、最高のものとなることを願い、ファンとして見守りたいと思っている」とコメントした。

現役時代に得点力が魅力のMFとしてユナイテッドの黄金期に関わり、イングランド代表としても長らく主軸に君臨したスコールズ氏。2013年に2度目の現役引退を決断した後はフットボール解説者に転身。以降は古巣ユナイテッドで短期間のコーチを務めていた。

今季フットボールリーグ2に降格したオールダムは、ここまで12勝13敗12分けの14位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、シティのおかげで来季ELストレートイン

マンチェスター・ユナイテッドが来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に本戦から出場することが決まった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ユナイテッドは今シーズンのプレミアリーグで6位に終わり、来シーズンのEL参戦が決定。ただ、本大会からなのか、予選2回戦からなのかは、FAカップ決勝の結果次第という状況だった。 そのFAカップ決勝は18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが6-0でワトフォードを撃破。8シーズンぶり6度目の優勝を果たした。 これで、FAカップ優勝チームが手にするELストレートインの権利はユナイテッドへ。リーグ7位フィニッシュのウォルバーハンプトンに7月25日開催のEL予選2回戦からの出場権が渡った。 シティの恩恵を受けたユナイテッドはEL本戦を目指して6試合を戦う必要がなくなった上、プレミアリーグ開幕の8月10日からの始動に。プレシーズンも予定どおり実施可能になっている。 2019.05.19 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

国内3冠のシティ、注目集めたペップの“アレ”をオークションに出品?

イングランド史上初となる国内3冠を達成したマンチェスター・シティ。シーズンを通して注目を集めたが、今シーズンの1つの象徴をオークションにかけるという。イギリス『BBC』が報じた。 EFLカップを制し、今シーズン初のタイトルを獲得したシティは、リバプールとのデッドヒートを制してプレミアリーグ連覇を達成。そして、ワトフォードとのFAカップも制し国内3冠を達成した。 その強さに目を奪われるが、もう1つ注目を集めたものがある。それは、ジョゼップ・グアルディオラ監督が着用していた、フード付きのグレーのカーディガンだ。これは、グアルディオラ監督の妻のブティックのものと伝えられている。 シティは、コミュニティチャリティのため、グアルディオラ監督が着用したこのカーディガンをオークションに提供するとされている。 FAカップを制した後、グアルディオラ監督もこの件についてコメント。提供することを明かした。 「私はチャリティのためのものだと思うし、今は夏の時期だ。私はもうそれを必要としていない」 グアルディオラ監督は、これまでにもコートやスーツなど、ピッチサイドでのファッションも注目を集めているが、このカーディガンは一体いくらの値がつくのだろうか。国内3冠達成というプレミアムもつくかもしれない。 2019.05.19 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップがイングランド史上初の国内3冠に言及 「CL制覇より難しいこと」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がイングランド史上初の国内3冠達成に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 シティは18日、FAカップ決勝でワトフォードを6-0で破り、8シーズンぶり6度目の同カップ制覇。これにより、イングランド史上初となるEFLカップ、プレミアリーグ、FAカップの国内3冠を成し遂げた。 就任3年目で快挙達成のグアルディオラ監督は試合後、充実したシーズンを次のように振り返り、イングランド史上初の国内3冠を評価した。 「監督としてベストシーズンの1つだ。『ベスト』とは言い切れないが、『ベストの1つ』なのは確かだよ。10カ月間、すべてのコンペティションで戦い続けるなかで、(国内3冠を達成した)初のチームだ。それは我々がこの10カ月間、一貫性を持ったチームだったということの証さ。チャンピオンズリーグは大好きだが、チャンピオンズリーグを制することより難しいことだ」 2019.05.19 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

国内3冠のペップ「素晴らしい1年」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がトレブル達成後、コメントした。イギリス『BBC』が報じた。 シティは18日、FAカップ決勝でワトフォードと激突。6-0の快勝で飾り、EFLカップ、プレミアリーグに続いてFAカップをも手中に収め、イングランド史上初の国内3冠を成し遂げた。 2018-19シーズンを歴史的快挙で締めくくったグアルディオラ監督は試合後、チーム関係者に感謝。特に、選手たちの労った。 「インクレディブルな決勝戦だった。そして、素晴らしい1年を過ごすことができたよ。クラブのあらゆる人々を大いに祝福する。特に、選手たちをね。彼らのおかげで、様々なタイトルを手にできたのだから」 2019.05.19 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティがイングランド史上初の国内三冠を達成! スターリングハットの大量6得点でワトフォードを粉砕《FAカップ》

FAカップ決勝戦、マンチェスター・シティvsワトフォードが18日に行われ、6-0でシティが勝利し優勝を果たした。 2012-13シーズン以来、6年ぶりとなる決勝進出を果たしたシティと、決勝進出は1983-84シーズン以来2度目となったワトフォードが激突。 すでにプレミアリーグとEFLカップの2つのタイトルを獲得しているシティ。リバプールと最後まで激しい優勝争いを見せたプレミアリーグでは、昨シーズンのリーグ史上初の勝ち点「100」に肉薄する勝ち点「98」を獲得し、同「97」を積み上げたリバプールを上回って2連覇を達成した。 一方のワトフォードは、昨年1月に就任したハビ・グラシア監督の下で手堅いサッカーを披露。開幕4連勝で今季の台風の目になるかに思われたが、最終的には11位フィニッシュ。それでもこのFAカップではビッグクラブとの試合を回避しながら決勝進出。最後に有終の美を飾りたい。 勝てば史上初の国内三冠となるシティは、いつもの[4-3-3]の布陣に、GKエデルソン、守備は右からウォーカー、コンパニ、ラポルテ、ジンチェンコ、中盤はギュンドアン、マフレズ、シルバ、3トップにはベルナルド・シウバ、ジェズス、スターリングが並んだ。 ワトフォードの陣形は[4-4-2]。GKは今大会で5試合に出場しているゴメスが務め、守備は右からフェメニア、マリアッパ、キャスカート、ホレバス。中盤は右からヒューズ、キャプー、ドゥクレ、ペレイラ。トップにデウロフェウとディーニーが顔をそろえた。 ボールを繋いでワトフォードの守備をこじ開けるシティと、フィジカルを生かした攻守で対応するワトフォードという構図に。ポゼッションはシティが7割を超える中、先にチャンスを得たのはワトフォードだった。 11分、自陣右サイドで相手のパスをカットしたワトフォードはそのままカウンターを発動。右に開いたデウロフェウはパスを受けると早いタイミングで中央のペレイラにパスを送る。このパスでペレイラはGKと一対一の場面を迎えたが、ここはエデルソンに軍配。シュートは防がれ枠を外れた。 粘り強く守るワトフォードは22分、先制のチャンスでドゥクレのシュートがコンパニの腕にヒット。ワトフォードの選手らはハンドを主張したが、主審は笛を吹かなかった。 スタッツでは圧倒されているワトフォードだが互角以上の戦いを見せる。しかし迎えた26分、自陣でボールを奪われスターリングにシュートを許す。ここは守備陣が体を張ってブロックしたのだが、そのこぼれ球を頭で繋いだシルバがもう一度スターリングのヘディングパスを受け、ボックス左からシュート。これが右のサイドネットを揺らし、シティが先制した。 さらにシティは38分、ボックス手前右からベルナルド・シウバが左足でクロスを入れると、ラインギリギリのジェズスの折り返しをスターリングが押し込んで追加点。リードを2点に広げた。 後半に入っても手を緩めないシティは47分、スターリングのパスを受けたジェズスがボックス左から鋭いシュートを打つが、ここはGKゴメスが抑える。さらにそのCKの流れから、左サイドから入ったクロスにジェズスがダイビングヘッド。ネットを揺らしたがオフサイドの判定。 55分にシティはマフレズを下げてデ・ブライネを投入。するとそのデ・ブライネは61分にネットを揺らす。味方のクリアボールを繋いだスターリングとジェズス。スターリングのパスからジェズスがワトフォードの最終ラインを抜け出し、並走するデ・ブライネにラストパス。デ・ブライネは飛び出してきたGKゴメスをキックフェイントで巧みに躱し、冷静にゴールに流し込んだ。 3点のビハインドを負ったワトフォードは66分にペレイラとデウロフェウを下げてサクセスとグレイをピッチへ送り込む。しかしそれから2分後の68分、再びクリアボールをカウンターに繋げられると、デ・ブライネのスルーパスで最終ラインを突破したジェズスにゴールを決められ痛恨の4失点を喫した。 その後、シティはギュンドアンを下げてザネ、ワトフォードはヒューズを下げてクレバリーを投入した。先制ゴールを挙げたシルバもストーンズとの交代でピッチを退いた。 すでに勝利を確実なものとしているシティだがさらに畳みかける。81分、ベルナルド・シウバがシザースフェイントから相手を抜き去ってボックス左を侵攻。ゴール前の折り返しをスターリングがねじ込んで5点目を決めた。 さらに87分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをスターリングがシュート。これはGKゴメスが触ってポストに当たったものの、跳ね返りをスターリングが自ら押し込んで6点目。スターリングはこれでハットトリックを達成した。 大量6得点でワトフォードを粉砕したシティ。これでイングランドでは史上初の国内三冠を達成。グアルディオラ監督はまた一つ歴史に名を刻んだ。 またこの結果、来シーズンのコミュニティシールドはシティvsリバプールに決定。史上最も激しい優勝争いを演じてくれた両雄が、8月4日に相まみえることになった。 2019.05.19 03:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース