PSG、オセールやユーベ在籍の元フランス代表MFオリヴィエ・カポの甥とプロ契約!2019.03.14 23:48 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、フランス人MFメクセン・カポ(18)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。

かつてオセールやユベントス、ウィガン、セルティックなどでプレーし、フランス代表として通算9キャップを記録した元フランス代表MFのオリヴィエ・カポ氏(38)を叔父に持つメクセン・カポ。

守備的MFを主戦場とする逸材MFは、チアゴ・モッタ監督が率いるユースチームの主力として活躍しており、そのパフォーマンスが評価されてプロ契約を勝ち取った。

※画像はユベントス時代のオリヴィエ・カポ氏
コメント
関連ニュース
thumb

主力多数不在のPSG、今季初の連敗でリーグ優勝はまたしてもお預け…次節ホームのモナコ戦で優勝決定へ!《リーグ・アン》

リーグ・アン第28節延期分、ナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)が17日に行われ、ホームのナントが3-2で勝利した。 前節、2位リールとの直接対決で屈辱的な1-5の大敗を喫して2年連続8度目のリーグ制覇がお預けとなったPSGは、選手と監督として在籍経験のあるクラブOBのハリルホジッチ監督が率いる15位のナントとのアウェイゲームで連覇決定を狙った。 優勝が懸かるこの一戦だが、多くの負傷者とサスペンションによってトップチーム10名近くが不在となったため、トゥヘル監督はキンペンベをキャプテンに指名。GKブッフォン、ダニエウ・アウベスの両ベテランにドラクスラー、ケーラー、パレデス、クルザワ、チュポ=モティングの準主力と生え抜きの若手という構成で臨んだ。 やや押し込まれる入りとなったPSGは12分、ゴール前でクリバリに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKブッフォンの見事なセーブで阻む。すると19分、ボックス手前右でパレデスからパスを受けた右サイドバックのダニエウ・アウベスが右足を振り抜くと、やや不規則な回転がかかったボールがゴール左上隅の絶妙なコースに決まり、ベテランDFのゴラッソで先制に成功した。 しかし、先制からわずか3分後の22分に左CKを与えると、キッカーのロニエがゴール前に入れたボールをジエゴ・カルロスにうまく頭で合わせられて早々に同点ゴールを奪われる。 その後、一進一退の攻防が続く中、35分にはドラクスラーからの絶妙なスルーパスに抜け出したディアビにボックス右で決定機も右足のシュートは相手DFの好ブロックに阻まれる。すると、前半終了間際の44分にはロングボールに反応したクリバリの対応にあたったDFケーラーが簡単に振り切られてマイナスに折り返されると、モトーサミが繋いだボールをゴール右でフリーのワリスに流し込まれ、逆転を許して前半を終えた。 後半に入ってもピリッとしないPSGは立ち上がりの52分、再び相手の左CKの場面でクルザワの頭でのクリアがゴール前のジエゴ・カルロスに当たってしまい、この跳ね返りがそのままゴールネットを揺らし、不運な形から3失点目を献上。さらに59分にはエリア外に飛び出してGKブッフォンがクリアした際にこぼれ球を繋がれてクリバリに無人のゴールへロングシュートを浴びるが、これはわずかにクロスバーの上を越えて事なきを得る。 何とか追い付きたいトゥヘル監督は61分、エンソキを下げてダグバを投入。[4-4-2]からパレデスを3バックの一角に落とした[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更した。さらに74分にはクルザワを下げてこれがトップチームデビューとなる20歳のトルコ人FWグクルをピッチに送り出す。78分にはゴール前の混戦からピッチに倒れ込んだチュポ=モティングが尻もちをついた状態から強引に身体を捻って右足のシュートを放つが、この意表を突いたトリッキーなシュートは左ポストを叩いた。 その後は相手のロングカウンターからのピンチをGKブッフォンの好守で何とか凌ぐ苦しい状況が続いたPSGは89分、ボックス右でダグバからの折り返しに反応したグクルが丁寧な右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込み、デビュー戦でデビューゴールを記録。だが、同点に追いつく時間は残されておらず、2-3のまま試合はタイムアップ。 多数の主力不在で今季初の連敗を喫したPSGは、またしても優勝を決めることができず。それでも、アウェイ連戦を終えたことで21日に行われる第33節のモナコ戦でホームでの自力優勝を決められる可能性が残った。 2019.04.18 04:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「我々はパリの大使の1人」、 PSGがノートルダム再建への長期支援を発表

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、15日の火災で損傷したパリのノートルダム大聖堂の再建に向けて長期的な支援を行う意向を発表した。 15日、パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生し、中央にある高さ90メートルのせん塔が焼け落ちた他、屋根の3分の2が崩れ落ちた。その後、火災発生から約10時間後に鎮火が発表されるもユネスコの世界文化遺産にも登録されているフランスを代表する歴史的な建造物は深刻な被害に晒された。 この火災発生直後にフランスのエマニュエル・マクロン大統領が、「我々は共にノートルダムを再建する」との声明を発表。また、フランス・プロサッカーリーグ連盟(LFP)も財政的な支援を行う意向をすでに明かしている。 その中でパリに本拠地を置き、同地を代表するクラブであるPSGは、「私たちはパリの大使の1人として支援を行う必要がある」と、地元のランドマーク再建に向けて全力を注ぐ意向を発表した。 「パリのノートルダム大聖堂の一部を焼失させた火事の余波の中、パリ・サンジェルマンはすべてのパリの人々、フランス人、そして世界中の人々がこの災厄にショックを受け、悲しんでいるという事実にとても大きな感情を共有しています」 「クラブはすでにパリを初めとする世界中の主要なステークホルダー、メインパートナー、非常に大きなファンたちのコミュニティーの力を結集させ始めています。そして、今後数年で大聖堂を再建させるという大きなキャンペーンの一部となるチャリティーイベントなどのイニシアチブを取っていきます」 「同時にパリ・サンジェルマンはパリの消防隊に敬意と連帯を表明したいと考えています。彼らはその責任感と勇気によって炎に打ち勝って被害を最小限に留めてくれました。そして、クラブは消防士に対してサポートを提供していきたいと思っています」 なお、PSGはノートルダム支援に向けた特別なユニフォームなどの販売、プレシーズンツアーの収益の一部、チャリティーイベントの収益の一部を寄付金として提供するプランを持っているようだ。 2019.04.17 04:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスがPSGのアルゼンチン代表MFロ・セルソの買取OPを行使

レアル・ベティスは16日、パリ・サンジェルマン(PSG)からレンタル移籍中のアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)に関して、買い取りオプションを行使することを発表した。なお、契約期間は2023年までとなる。 ロ・セルソは、ロサリオから2016年7月にPSGへと完全移籍。2018年8月からベティスへとレンタル移籍をしていた。 PSGではリーグ・アンで38試合に出場し4ゴール7アシスト、チャンピオンズリーグでも7試合に出場し2アシストを記録するなど一定の出場機会を得ていた。 今シーズン加入したベティスでは、リーガエスパニョーラで27試合に出場し8ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグでも7試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残しており、チーム内得点王に立っている。 2019.04.16 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアがPSGと契約延長に至った理由とは?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(31)がクラブと契約延長に至った理由を語った。 2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入したディ・マリア。今シーズン限りで契約満了の状況だったが、昨年10月末に新たに2年間の契約を結び、2021年までPSGでプレーすることが決定した。 それまで母国復帰やイタリア行きなどの憶測が飛び交ったディ・マリアだが、PSG加入当初から抱き続けるチャンピオンズリーグ(CL)制覇の目標が残留の動機になったという。『Canal+』で次のように話した。 「サインしたよ。CLを制したいからさ。ここに来た当時から、それが目標だった。今年、フリーになれ、欲しがってくれるクラブならどこにでも行けた。オファーがあって、すごく大きなクラブに行くこともできたけど、僕らはもうすぐ目標を達成できると思う」 「CL敗退? すごくシンプル。僕らはあの夜、1stレグで素晴らしいパフォーマンスを披露したチームと別チームだったのさ。まだアルゼンチンじゃなく、ヨーロッパにいるのはCLで優勝したいから。数年かけて、レアル・マドリーでもそれを成し遂げた」 「ここで優勝の瞬間に立ち会うことができたら、それは僕にとっても忘れられない思い出になるだろうね」 2019.04.16 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

来季もPSGで! ヴェッラッティが明言「何も起こらなければ来年もいる」

イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(26)が、来シーズンもパリ・サンジェルマン(PSG)で戦うことを明言した。フランス『テレフット』が伝えている。 2012年夏にペスカーラからPSGに加入して以降、チームに不可欠な司令塔として活躍し続けるヴェッラッティ。5度のリーグ・アン制覇やカップ戦制覇に貢献してきた。今シーズンはケガに苦しめられながらも、ここまで公式戦33試合に出場している。 そんなヴェッラッティは、昨夏まで長きに渡ってバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられていた。その際にもPSG残留の希望を明かしてきたが、その考えは今も変わらない様子。来シーズンの去就について問われると、「何も起こらなければ、そうだね。僕はパリに残る。クラブが僕の放出を望まない限りは、来年もいるよ」と語った。 2019.04.15 20:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース