代表生き残りを誓う鹿島DF安西幸輝「次につなげられるよう、全力で頑張る」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.14 20:31 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。鹿島アントラーズのDF安西幸輝は、22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表に招集。常勝軍団のなかでもユーティリティープレイヤーとして存在感が増していく初招集の安西が、代表生き残りを誓った。

◆安西幸輝
「日本代表に初めて選ばれ、とてもうれしく思います。正直、全く予想していなかったので、びっくりしています」

「選出されたからには鹿島アントラーズの代表として、攻守に渡ってアグレッシブに戦うという自分の持ち味を出せるよう、今回代表に入ったチャンスと次につなげられるよう、全力で頑張ります!」
コメント
関連ニュース
thumb

浦和のACL決勝T進出によりリーグ戦の日程が変更

2019明治安田生命J1リーグは21日、第16節の浦和レッズvs鹿島アントラーズおよび第17節の大分トリニータvs浦和レッズの日程が編子となったことを発表した。 浦和は同日に行われたAFCチャンピオンズリーグ。グループステージ最終節で北京国安に3-0で勝利し、2位通過を決めた。これにより、上記2試合の日程が変更となった。 元々未定だった浦和vs鹿島は7月31日の19:30キックオフに。大分vs浦和は6月29日の19:00から6月30日の19:00キックオフに変更された。 ◆日程変更 第16節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ 7月31日(19:30) 第17節 大分トリニータvs浦和レッズ 6月29日(19:00)→6月30日(19:00) 2019.05.21 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷離脱続くエドゥアルド・ネット、ついに来日へ! 名古屋が発表

名古屋グランパスは20日、ブラジル人MFエドゥアルド・ネットの来日決定を発表した。 エドゥアルド・ネットは今年1月、帰省中だった母国ブラジルで右股関節インピンジメントが判明。合流日が未定となり、現在に至るまでチームに戻れていない状況だった。クラブの報告によれば、ブラジルでの治療を経て、21日に来日予定だという。 名古屋は現在、明治安田生命J1リーグ7勝3分け2敗の2位。26日に行われる次節、13位に位置する松本山雅FCをホームに迎え撃つ。 2019.05.20 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第12節】怒りの大逆転ベルマーレ、令和初大阪ダービーのヒーローをチョイス!

明治安田生命J1リーグ第12節の9試合が17日から18日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/初) 好判断の飛び出しや好セーブで随所に存在感。チームがみせた粘り強い守備の体現者に。 DF山根視来(湘南ベルマーレ/初) 湘南全関係者の思いものせたドラマティックな一撃。心を揺さぶるナイスプレーだった。 DF高橋秀人(サガン鳥栖/初) 攻撃陣がシュート3本に終わるなど上手くいっていないなか、スペースケアや統率力で堅守の軸に。 DF小川諒也(FC東京/初) 嬉しいJ1初ゴールをゲット。今シーズンにおいて、久保とともに成長ぶりが著しい。 MFレアンドロ(鹿島アントラーズ/初) 1アシストを含む全5得点を演出するキレキレのパフォーマンス。相手DFをきりきり舞いに。 MF白崎凌兵(鹿島アントラーズ/初) バースデーゴール×2。ゲームメイカーぶりも秀逸で、今後さらなる活躍の予感も! MF倉田秋(ガンバ大阪/初) 令和初ダービーで決勝弾を決め、ヒーローに。若手三銃士が躍動するなかで背中の10番が輝いた。 MF遠藤渓太(横浜F・マリノス/初) キックオフから切り崩し役として抜群の切れ味を披露。2アシストで快勝劇の中心に。 MF三好康児(横浜F・マリノス/初) 途中出場でギア全開の2発。フィニッシュワークが冴え渡り、A代表入りもより現実味! MF菊地俊介(湘南ベルマーレ/初) ピッチの敵が11人でなかった劣勢下、途中出場で2ゴール。流れを好転させた。 FW中山仁斗(ジュビロ磐田/初) “ゴン2世”が1得点1アシストの大活躍。ボールの収まりも良く、攻撃陣の活力に。 2019.05.20 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イニエスタやビジャがいるのに…スペインメディアも7連敗神戸の惨劇を注視

ヴィッセル神戸の惨劇にスペインメディアも注目している。 「バルセロナ化」を掲げ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元同代表FWダビド・ビジャ、スペイン人MFセルジ・サンペールら世界的名手を揃えて今シーズンをスタートさせた神戸。だが、うまくいっていないのが実情だ。 18日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノス戦ではルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタの「IP」を欠いて、1-4の大敗。クラブワーストのリーグ7連敗で順位を15位まで落して、いよいよ降格圏がちらつき始めている。 元バルセロナ勢が在籍していることもあり、神戸の現状を取り上げたスペイン『マルカ』は次のように報じている。 「ヴィッセル神戸のスペイン人、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは、横浜F・マリノスとのアウェイゲームでチームの7連敗に加担した」 「スペイン人選手のなかで先発したのはビジャだけ。12試合で4得点を挙げているが、元バルセロナのストライカーは不発に終わった」 「アンドレス・イニエスタはケガの影響でスタンド観戦。セルジ・サンペールは71分からピッチに立った」 「これにより、ヴィッセル神戸は勝ち点10で降格ゾーンのフェルナンド・トーレスを擁するサガン鳥栖や、ベガルタ仙台と同勝ち点に」 数多き負傷離脱者のエクスキューズがあるにせよ、Jリーグ屈指のスター集団であるチームとして、いただけない体たらくぶりを露呈する神戸。イニエスタやビジャらの実力を知るスペインメディアからすれば、そうした彼らを擁するチームの現状は驚きの事態なのかもしれない。 2019.05.19 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

大胆采配のG大阪が倉田弾で令和初ダービー制す! 今季ホーム初白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節が18日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪がセレッソ大阪に1-0で勝利した。 7戦未勝利で16位に沈むG大阪は、前節の先発から遠藤や今野、米倉、オ・ジェソクを外して、J1デビューの高尾や福田、高江ら若手を先発に抜擢。そのほか、出場停止のキム・ヨングォンに代わり、三浦を3試合ぶりにスタメンとしてピッチに送り出した。一方、10位のC大阪は現在、シーズン初の連勝中。前節のスタメンから負傷離脱の都倉と、世代別代表合流の瀬古に代わって、前節1得点の高木と木本を先発起用した。 新元号『令和』最初の大阪ダービーとしても注目を集めた試合は、宮本監督の大胆な人選が際立つG大阪が矢島をアンカーに置いた[3-5-2]のシステムでスタート。守備から入るC大阪に対して、ボールのイニシアチブを握り、能動的に試合を進めていく。だが、そのなかで、10分に相手のロングボールがG大阪守備陣の背後に流れると、これに高木が反応。たちまちピンチを迎えるが、GK東口のファンセーブで何とか切り抜ける。 すると、今度はG大阪にビッグチャンス。13分、敵陣左サイドのファン・ウィジョがマテイ・ヨニッチのGKに対する緩慢なバックパスをかっさらい、ボックス左からコースを狙い澄まして右足でフィニッシュに持ち込む。だが、シュートはコースが甘く、鋭い飛び出しで寄せてきたGKキム・ジンヒョンの正面。続く21分、パスワークからボックス右のファン・ウィジョが右足シュートを放つが、これも真正面を突いてしまう。 時間が進むにつれて、こう着ムードが強まり、ゴールレスのまま折り返した大阪勢対決。[3-4-3]のシステム変更を施して後半に入ったC大阪が敵陣左サイドでスローインのチャンスを獲得した49分、藤田のロングスローからセカンドボールに反応した高木に決定機が巡ってくる。相手最終ラインの背後で浮かび上がったボールをワンタッチで押し込みにかかるが、GK東口の判断伴った鋭い飛び出しに阻まれ、先制機を逸する。 その直後、高木を下げてソウザをピッチに送り出したC大阪だが、守護神の奮闘でピンチを凌いだG大阪が前半と同様にボールの主導権を握り、押し返す展開に。すると、55分、ガンバの背番号「10」が輝く。高尾の縦パスをバイタルエリア右で受けた高江が最終ラインのスペースを突く動きをみせた倉田にスルーパス。これを受けた倉田の豪快な右足シュートがゴールネットに突き刺さり、G大阪がついに均衡を破る。 崩されたC大阪は先制された動揺からか、パスが乱れる不安定なシーンが増えるなか、2シャドーの一角に位置に入ったソウザを起点に攻めの形を構築していくが、倉田の7試合ぶりとなるシーズン2得点でリードしたG大阪の勢いが上回り、67分に矢島のロングフィードからカウンター。ボックス右のスペースに猛進したアデミウソンがファン・ウィジョの横パスに右足ダイレクトで合わせるが、これを枠に飛ばすことができない。 追いつきたいC大阪は、68分に高江を下げて食野の交代に動いたG大阪に続き、70分に藤田から柿谷にスイッチ。対するG大阪も73分、倉田に代えて今野をピッチに送り込み、両軍のベンチワークが激しくなる。その流れのなかで77分、清武の落としからボックス左の柿谷が左足シュート。さらに、79分に水沼を下げて田中亜土夢を途中起用したC大阪が直後のセットプレーからゴールに迫るが、G大阪守備陣の牙城を崩せない。 幾度かカウンターのピンチに晒されながら同点を目指したC大阪だが、最後の交代カードで矢島を下げて遠藤をピッチに送り出したG大阪が巧みに時計の針を進めていき、実に2カ月ぶりとなる8試合ぶりの白星で待望のホーム初勝利。勝利を確信したG大阪ファンのチャント「俺達が大阪さ」がこだまするなか、敗戦のホイッスルを迎えたC大阪は連勝が「2」で止まり、4試合ぶりの黒星を喫した。 2019.05.18 21:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース