成長誓う仙台GKシュミット・ダニエル「成長してクラブに戻ってくる」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.14 15:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。昨年8月の初招集から日本代表に定着しているベガルタ仙台のGKシュミット・ダニエル。ここまで2試合の出場となっているが、コロンビア代表戦とボリビア代表戦で勝利に貢献することを誓った。

◆シュミット・ダニエル
「日本代表に選出していただき、大変光栄です。チームの勝利に貢献し、成長してクラブに戻ってきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

磐田、仙台との下位対決制す! アダイウトン&中山弾で待望のリーグ戦ホーム初勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台が18日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、2-0で磐田が勝利した。 ここまで2勝3分け6敗で16位に沈む磐田(勝ち点9)と、3勝1分け7敗で14位に位置する仙台(勝ち点10)が相対した。前節のFC東京戦を0-1で敗れ、なかなか勝ち点を積み重ねることができていない磐田は、その試合から先発メンバーを1人のみ変更。上原に代えて荒木を起用した。また、前節は家庭の事情により帰国していたロドリゲスはベンチに入っている。 一方、前節のサンフレッチェ広島戦を2-1で勝利し、連敗を逃れた仙台は、同試合と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 勝ち点1差の下位対決。試合は互いに主導権を握ろうとする中、ホームの磐田が7分にチャンスを迎える。右サイドでパスを受けた松本がボックス右に侵攻し、右足でシュート。しかし、ここはGKシュミット・ダニエルにブロックされる。 それでも磐田は19分、守護神のキックから先制点が生まれる。GKカミンスキーの前線へのフィードが中盤でワンバウントすると、中途半端な対応をみせた仙台の隙を見逃さず、アダイウトンが相手よりも先に触る。再び中山からのリターンを受けて、相手最終ラインを突破すると、GKシュミット・ダニエルとの一対一を迎え、冷静にゴールへ流し込んだ。 先制点を奪われた仙台も攻勢に転じる。29分、ハモン・ロペスの縦パスをボックス手前のジャーメイン良がポストプレー。最後は吉尾が左足で丁寧にゴールを狙ったが、シュートはゴール左外へ。30分には石原崇兆のスルーパスにジャーメイン良が抜け出し、ボックス左から折り返す。ハモン・ロペスがニアサイドで合わせたが、この動きについていった新里にスライディングで阻まれた。 いくつかピンチを迎えるも体を張ったディフェンスでゴールを許さない磐田。迎えた34分、今シーズンリーグ戦初先発を飾った荒木が敵陣中央左でアダイウトンからパスを受け、ボックス左にスルーパスを送る。ボックス手前中央から斜めに走り込んだ中山が左足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に突き刺さった。 試合を折り返すと、2点を追う仙台が反撃。58分、永戸の右CKをニアサイドの蜂須賀が後ろに逸らし、中央で収めたハモン・ロペスがキープから左足でシュートを放つ。しかし、GKカミンスキーの守備範囲に飛んでしまい、キャッチされてしまう。 仙台の攻撃を耐え凌ぎながらリードを保ち続ける磐田は74分、松本のパスに走り込んだ途中出場の大久保がボックス右に侵攻し、右足でシュート。こぼれたボールをアダイウトンがヘディングで押し込もうとするが、どちらもGKシュミット・ダニエルに防がれる。 トドメを刺したい磐田はさらに80分、途中出場のロドリゲスがドリブルから左サイドを駆け上がり、右サイドの大久保にスルーパス。ボックス右に侵攻した大久保はシュートフェイントで相手をかわし、GKシュミット・ダニエルとの一対一を迎えたが、シュートはGKに当たってしまい、ゴールを外れた。 追加点こそ奪えなかった磐田だが、仙台に反撃を許さず、2-0で試合をシャットアウト。磐田が今シーズン3勝目を挙げ、リーグ戦ホーム初勝利を飾った。一方の仙台は連勝を飾ることができなかった。 2019.05.18 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、GK関憲太郎が全治3カ月 下顎骨折で手術

ベガルタ仙台は13日、GK関憲太郎の戦線離脱を発表した。 関は8日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節のFC東京戦で下顎骨を骨折。10日に東京都内の病院で手術を受け、手術日より全治3カ月の見込みだ。 仙台は現在、明治安田生命J1リーグ3勝1分け7敗の14位。18日に行われる次節、15位に位置するジュビロ磐田とのアウェイゲームに臨む。 2019.05.13 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ハモン&松下弾の仙台が逆転勝利! 広島は開始2分で先制も後半AT被弾でドロ沼4連敗《J1》

12日、明治安田生命J1リーグ第11節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島がユアテックスタジアム仙台で行われ、2-1で仙台が勝利した。 前節川崎フロンターレに敗れた17位の仙台は、スタメンを1人変更。富田晋伍に代えて、椎橋慧也をボランチで起用。[4-4-2]のシステムで臨んだ。 対する7位の広島は、前節の横浜F・マリノス戦で0-1と敗戦。5連勝からの3連敗とチーム状態が下降気味だ。今節は、前節からスタメンを1人変更。野津田岳人に代えて、負傷明けのドウグラス・ヴィエイラをトップに置く[3-4-2-1]のシステムで臨む。 互いに勝利が欲しい両チームだったが、開始早々にスコアが動く。2分、左サイドを持ち上がった柏が右足でクロス。ボックス中央に飛び込んだドウグラス・ヴィエイラが右足アウトで合わせると、ゴール右に決まり広島が先制する。 11分、仙台がビッグチャンス。スルーパスにジャーメイン良が反応。ディフェンスの対応に遭うも、蜂須賀が奪い返す。ルーズボールをボックス内右でジャーメインがヒールパス。これに反応した蜂須賀がシュートを放つも、右ポストに嫌われる。 22分に広島はチャンス。右サイドからサロモンソンが入れたクロスを、ボックス中央でドウグラス・ヴィエイラが受けるもシュートまでいけず。その流れから左サイドに展開すると、柏のパスを受けた川辺がミドルシュートを放つも、金正也が頭でブロックする。 30分、広島は再び左サイドから崩す。柏のスルーパスに抜けた佐々木がボックス前でキープ。左に流れた渡に出すと、クロスを柴崎がボックス中央でヘッド。しかし、これはGKがキャッチする。 直後に仙台はビッグチャンス。左サイドからのパスをハモン・ロペスがヒールであげると、これが絶妙なパスに。ジャーメインが抜け出してシュート体制に入るも、ハモン・ロペスが強引にシュートを狙ったためにかぶってしまい決定機を逸する。 44分に仙台はチャンス。ボックス手前でFKを獲得すると、永戸が直接狙う。しかし、シュートはわずかに右に外れ、ゴールとはならない。 50分、広島は左サイドからのクロスをドウグラス・ヴィエイラがボックス中央でヘッド。しかし、これはGKがキャッチする。 52分、相手のパスをカットしたサロモンソンがボックス内右からグラウンダーのパス。フリーのドウグラス・ヴィエイラがダイレクトで合わせるが、GK正面とはいかない。 仙台はそこから逆襲。ハモン・ロペスがドリブルで持ち込み右サイドの吉尾へパス。これが少し流れると、吉尾が右サイドからシュート性のクロス。GK大迫がセーブすると、こぼれ球に反応したジャーメインが至近距離からシュートも、枠を大きく外して得点とはならない。 59分に広島はビッグチャンス。サロモンソン、ドウグラス・ヴィエイラ、柴崎とパスを繋ぎ、最後は柴崎のパスを受けたサロモンソンがボックス内でシュート。しかし、これは金正也に当たってゴールとはならない。 70分に仙台は決定機。ハーフウェイラインからの浮き球のパスに反応した石原崇が抜け出すと、ボックス内でGKと一対一に。しかし、シュートはGK大迫がブロックし得点を許さない。 広島は83分、ボックス手前でこぼれ球を拾った渡がドリブル突破。DF2人をかわすと、最後はボックス内で左足シュート。しかし、DFにブロックされてしまう。 広島がチャンスを生かせない中、仙台は右サイドでスペースにパスを出すと、途中出場の兵藤が反応。ボックス内右の深い位置からマイナスに折り返すと、ハモン・ロペスがダイレクトで蹴り込み、仙台が同点に追いつく。 一気に逆転を目指す仙台は、ここから攻撃が活性化。アディショナルタイム1分には、ボックス内でパスを受けた石原崇がシュートもGK大迫がキャッチ。広島はアディショナルタイム2分にパトリックがシュートも、枠を外れる。 迎えたアディショナルタイム3分、石原崇のパスをボックス内で受けた松下が左足シュート。これがゴール右に決まり、仙台が土壇場で逆転に成功。そのまま終了し、2-1で仙台がホーム3連勝。一方の広島はリーグ戦ドロ沼の4連敗となった。 2019.05.12 15:06 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台MF松下佳貴が今年1月に一般女性と入籍していたことを発表「日々全力でがんばっていきたい」

ベガルタ仙台は7日、MF松下佳貴が一般女性と入籍していたことを発表した。 松下はヴィッセル神戸から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J1リーグで3試合に出場していた。 クラブの発表によると、松下は1月21日に入籍していたとのことだ。松下はクラブを通じてコメントしている。 「今まで以上に責任と自覚を持ち、プロサッカー選手としても、家族を守るひとりの男としても、さらに成長することができるように日々全力でがんばっていきたいと思います」 2019.05.07 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷者続出も心配ご無用! 川崎F、小林2発含む3ゴールで4連勝飾りついに上位争いへ!《J1》

明治安田生命J1リーグ第10節の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が3日に等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 ここまで4勝4分け1敗で6位につける川崎F(勝ち点16)と、2勝1分け6敗で16位に沈む仙台(勝ち点7)が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を2-1で勝利し、3連勝を飾った川崎Fは、その一戦から先発メンバーを3人変更。舞行龍、大島、知念に代わり、ジェジエウが移籍後初先発、脇坂が今シーズンリーグ戦初先発が飾り、守田が負傷から復帰した。 一方、前節のガンバ大阪戦を2-1で勝利し、連敗を「2」でストップした仙台は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 4連勝を目指す川崎Fと、今シーズン初の連勝を目指す仙台の一戦。試合は立ち上がりからホームの川崎Fがボールを握り、仙台を押し込む。9分、右サイドでのパスワークから守田がボックス右にスルーパス。ここに脇坂が走り込んでGKシュミット・ダニエルとの一対一を迎えたが、シュートは枠を捉えることができない。 それでも川崎Fは13分に先制点。田中の縦パスをボックス手前で受けた脇坂がボックス左にスルーパス。走り込んだ小林がワントラップから左足を振り抜いて、右サイドネットへきっちりと流し込んだ。 順調な試合運びを見せる川崎Fは19分、ボックス左手前でFKを獲得すると、脇坂のクロスは相手にクリアされるも、ボックス右手前に飛んだこぼれ球を齋藤がダイレクトボレー。強烈なシュートが枠を捉えるも、ここはGKシュミット・ダニエルの好守に阻まれた。 追いつきたい仙台は29分、永戸の右CKからニアサイドの常田が頭で合わせる。しかし、シュートはわずかにクロスバーの上に飛んでしまう。 メンバーが入れ替わりながらも試合の主導権を握り続ける川崎Fは37分、ボックス右で齋藤からパスを預かった脇坂が緩急をつけたドリブルでコースを作り、GKとDFの間に鋭いクロスを供給。ファーサイドに待ち構えていた長谷川がプッシュして追加点を奪った。このゴールに仙台サイドは、長谷川のオフサイドを主張したが、覆らず。スコアは2-0となる。 後半に入っても、川崎Fは攻撃の手を緩めず。52分、右サイドで長谷川が永戸と対峙し、縦への仕掛けからボックス内で倒されてPKを獲得。これをキッカーの小林が落ち着いてゴール右に突き刺して、クラブのJ1ホーム通算500得点でさらにリードを広げる。 攻撃陣が躍動する川崎Fは54分、左サイドでボールを持った齋藤がドリブルを開始。小林のボックス手前のスペースを空ける巧みな動き出しを見逃さず、そのスペースに持ち込んで右足を振り抜いたが、わずかにゴール左外へ。64分には馬渡のパスを受けた脇坂がボックス右に侵攻し、右足シュートを放つも、決めきることができない。 苦しい試合展開を強いられる仙台は64分、蜂須賀に代えて大岩を投入。すると67分、途中出場の関口が右サイドからクロスを送る。これを途中からピッチに入った長沢が落とし、ボックス中央右に走り込んだ大岩がダイレクトで右足を振り抜き、1点を返した。しかし、仙台の反撃はここまで。 その後も仙台の反撃を受けながらも迫力ある攻撃を続けた川崎Fが3-1で勝利。川崎Fはリーグ戦4連勝を飾り、暫定ながら3位浮上を決めた。一方の仙台は連勝とはならず、自動降格圏内の17位に転落した。 2019.05.03 17:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース