カウンターの名手C・ロナウド、レイプ疑惑巡る訴訟では遅攻戦術採用2019.03.14 02:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの強姦疑惑を巡る訴訟が停滞しているが、その原因には同選手側の“遅攻戦術”があるようだ。『ESPN』が伝えている。ユベントスは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでアトレティコ・マドリーをホームに迎え、3-0で勝利。2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。

その試合ではC・ロナウドが見事なハットトリックを記録し、チームを勝利に導いた。そのスーパースターの活躍が広く報じられた中、『ESPN』はC・ロナウドの強姦疑惑を巡る訴訟に関して最新のレポートを伝えている。

C・ロナウドは、アメリカ人モデルのキャスリン・マヨルガさんからの告発により、2009年に強姦した疑いが浮上。当人は容疑を否定しているものの、すでにラスベガス警察が調査に動き出している。また、先日にドイツ『Der Spiegel』は、C・ロナウド側が口止め料としてマヨルガさん側に37万5000ドル(約4275万円)を支払うとの契約書の存在を公表したことで、サッカー界屈指のスーパースターの立場が危ぶまれていた。

だが、ラスベガス警察による調査の一報が伝えられてから半年近く経っている中、調査の進捗状況に大きな変化はない。それについて『ESPN』はC・ロナウドに対してマヨルガさん側が起こしている民事訴訟が障害になっていると推測している。

『ESPN』が伝えるところによれば、前述の民事訴訟に関してC・ロナウド側には未だ正式な訴訟の通知が行われていないという。その原因に関しては同選手が訴訟を起こしたアメリカの国外に住んでいることが大きいという。

通常、国外に住む相手に対して訴訟を起こす場合、国際条約に定められた様々な規則にのとってプロセスを踏む必要があるという。

また、マヨルガさんの弁護人を務めるレスリー・ストーヴァル氏は、C・ロナウドが住むイタリアで訴訟を起こすことを検討していたものの、同選手の関係者の徹底的なブロックに遭い、イタリアにいるストーヴァル氏の仲介役は本人と接触することさえもできていなかったようだ。

双方の動きをまとめると、C・ロナウド側は民事訴訟を巧みに遅らせながらマヨルガさん側の弁護士費用などの金銭面を消耗させつつ、事件の風化を狙っているようだ。

なお、一連のC・ロナウド側の動きに関して国際法に精通したコメンテーターのアベド・アワド氏は、「裕福な被告人はより少ない手段で原告側を消耗させることができる。それは遅攻戦術であり、計算された戦略だ。時には有効なものであるが、時には裏目に出ることもある」と、説明している。

ピッチ内では爆発的なスピードを武器にカウンターの名手として知られるC・ロナウドだが、訴訟というフィールドにおいては遅攻戦術を採用しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタが王者ユーベにドローで3位浮上! クラブ史上初のCL出場に王手!《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsアタランタが19日に行われ、1-1で引き分けた。 A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けた4位アタランタは、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を死守。しかし、4日前に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。そのラツィオ戦のスタメンからパロミーノに代えてゴセンズのみを変更した。 個人セリエA5連覇を果たしたアッレグリ監督の退任が決まったホーム最終戦の王者ユベントスに対し、開始1分にC・ロナウドに決定機を許したアタランタは、圧力を受ける入りとなる。 そんな中7分、フロイラーが枠内シュートを浴びせたアタランタは直後に決定機。左CKからクアドラードのクリアボールが自陣ゴールに向かったが、GKシュチェスニーのセーブに阻まれた。 その後もショートカウンターを狙うアタランタが流れを引き寄せる中、28分にも先制のチャンス。D・サパタが単騎突破でボックス中央に侵入。枠の右を狙ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも33分、アタランタが先制する。右CKからニアサイドのマジエッロが頭で逸らすと、ファーサイドのイリチッチが押し込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 後半からアレックス・サンドロに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは、クアドラードを右サイドバックに、カンセロを左サイドバックに回した。 そのユベントスが押し込む展開とするも、シュートには持ち込めない。そんな中61分に今季をもって引退するバルザーリに代えてマンジュキッチを投入した。 自陣に引いて逃げ切りを図るアタランタは71分、イリチッチのFKで追加点に迫るも、80分に同点とされる。 右サイドからのクアドラードのクロスをファーサイドのマンジュキッチが右足アウトに当ててのボレーシュートでゴールに流し込んだ。 その後、ケアンを投入して逆転を目指してきたユベントスを、アタランタが凌いで1-1で試合終了。勝ち点1を積み上げたアタランタが、同時刻の試合でナポリに敗れたインテルに勝ち点で並び、当該対決で上回っているため3位に浮上した。 最終節、アタランタはクラブ史上初のCL出場権獲得を懸けてサッスオーロとホームで対戦する。 2019.05.20 05:27 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、アッレグリ後任にマドリー時代の恩師を希望か

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、同クラブの後任監督にかつての恩師を望んでいるようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとに伝えている。 ユベントスは17日、2014年夏から指揮を執り、セリエAを8連覇するなど、11個のタイトルを獲得してきたマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)の今シーズン限りでの退任を発表。そのため、同クラブは後任の招へいに動いており、最近では ラツィオのシモーネ・インザーギ監督(43)、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督(48)、アントニオ・コンテ氏(49)の名前が挙がっている。 このように後任人事に関する憶測が熱を帯びている中、チームのエースであるC・ロナウドは、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督(59)の就任を望んでいるという。C・ロナウドはレアル・マドリー時代、2013-14シーズンから2年間、同監督から指導を受けていた。過去には将来的な再共演を希望する発言を残しており、今回、首脳陣にアプローチを進言したようだ。 アンチェロッティ監督は1999年2月から2001年5月までユベントスを指揮した経験があり、実現すれば18年ぶりの帰還となるが、同監督とナポリの契約は2021年まで。それもあり、同メディアは招へいが難しいと見解を示しているが、C・ロナウドの希望を叶うのだろうか。 2019.05.19 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドから退任アッレグリにメッセージ!

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今シーズン限りで退任するマッシミリアーノ・アッレグリ監督に感謝した。 アッレグリ監督は2014年夏からユベントスの指揮を執り、セリエA8連覇中のチームのなかで個人としても5連覇を達成。計11個の国内タイトルをもたらしたが、17日にクラブから今シーズン限りでの退任が発表された。 わずか1シーズンだが、そのアッレグリ監督とともにセリエA8連覇を成し遂げたC・ロナウド。戦いをあと2試合残すなか、19日に自身のツイッター(@Cristiano)でアッレグリ監督に次のようなメッセージを寄せた。 「ありがとう、監督! たった1年間だったけど、格別なものだった。それはあなたが素晴らしい監督であり、素晴らしい人間だったからだ。あなたと一緒に仕事することは喜びだった」 2019.05.19 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

今季セリエAのMVPにC・ロナウド!

レガ・セリエAは18日、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)を2018-19シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。 C・ロナウドは昨夏の移籍市場でレアル・マドリーからユベントスに加わり、ここまで国内公式戦33試合に出場して22得点11アシストを記録。30試合に出場しているセリエAでは得点ランキング3位タイの21ゴールを挙げ、チームのリーグ8連覇に大きく貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)、最優秀DFにナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)、最優秀MFにラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)、最優秀FWにサンプドリアのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(36)が選ばれた。 2019.05.19 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップが「ユーベに行かない」宣言!

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督(48)がユベントス行きの可能性に言及した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ユベントスは17日、在任5年間で11個の国内タイトルをもたらしたマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)の今シーズン退団を正式発表。これを受けて、後任人事に関する憶測がより熱を帯びている状況だ。 その候補の1人として挙がるのが、ユベントスの会長を務めるアンドレア・アニェッリ会長が招へいを夢見ているとされるグアルディオラ監督だ。だが、今のところ、その夢は夢でしかなさそうだ。 渦中のグアルディオラ監督は18日に行われるワトフォードとのFAカップ決勝に向け、前日会見に出席。ユベントスに渡る可能性を問われると、次のように返答した。 「いったいその質問にどれだけ答えなければならないんだい? ユベントスに行く気はない。そもそもイタリアにもね」 「ここで満足していて、どこにも行く予定はない。来シーズンもマン・シティの監督をやる。何度もそう言っているじゃないか」 2019.05.18 09:15 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース