千葉下部組織出身、東京五輪世代のMF浦田樹がウクライナのゾリャに加入…昨季は北九州でプレー2019.03.13 16:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウクライナのゾリャ・ルハーンシクは12日、U-21日本代表MF浦田樹(22)の加入を発表した。契約期間は3年間となる。

浦田はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、2015年1月にトップチームへと昇格。その後ブラジルのPSTCへとレンタル移籍していた。

2016年9月にはFC琉球へとレンタル移籍。2017年2月からはギラヴァンツ北九州へとレンタル移籍すると、2018年2月に完全移籍していた。

2018シーズンは明治安田生命J3リーグで26試合に出場し1ゴール1アシスト。通算ではJ3リーグで48試合に出場し1ゴール6アシストを記録し、千葉での出場機会はなかった。

また、U-18から世代別の日本代表を経験。2018年はU-21日本代表にも招集されており、東京オリンピック世代の1人として注目が集まる。

ゾリャは、ウクライナ・プレミアリーグに所属。2014-15シーズンには繰り上げながらヨーロッパリーグへと出場経験もある。

2018-19シーズンはヨーロッパリーグ予選にも出場したものの敗退。リーグ戦では、1試合を残して4位に位置。チャンピオンシップラウンドに回ることとなっている。チャンピオンシップラウンドでは、2019-20シーズンのヨーロッパの大会への出場権をかけて戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

リッピ氏が中国代表監督に再任! 今年1月末に退任もわずか4カ月で復帰

中国サッカー協会(CFA)は24日、今年1月まで中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ監督(71)の再任を発表した。 1995-96シーズンにユベントスでチャンピオンズリーグを制したほか、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表を優勝に導いた実績を誇るリッピ監督。2012年から広州恒大の指揮を執り、2016年10月から中国代表監督に就任した。だが、今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了をもって退任を発表していた。 その後、中国代表は広州恒大を率いるファビオ・カンナヴァーロ監督(45)が兼任という形で3月に行われたチャイナカップのタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)を率いたが、先月に辞任を発表していた。 そして、空位となっていた中国代表の新指揮官に就任したのは、一時監督業勇退も囁かれていたリッピ監督となった。なお、リッピ監督第二次政権の任期は2022年カタールW杯までとなっており、来月に行われるフィリピン代表、タジキスタン代表との国際親善試合で再スタートを切ることになる。 2019.05.24 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、堂安同僚の21歳ドイツ人DFシャボットを獲得

サンプドリアは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからドイツ人DFユリアン・シャボット(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 フランクフルトやライプツィヒの下部組織に在籍していた195cmの大型センターバックであるシャボットは、2017年夏にオランダのスパルタへ移籍。そこでシーズン後半にレギュラーポジションを掴み、2018年夏にフローニンヘンへ移籍していた。そして今季、エールディビジで28試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍していた。 また、各世代のドイツ代表ではU-17から選出され、U-20まで選出されていた経歴を持っている。 2019.05.24 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、堂安同僚のU-19オランダ代表MFライスを獲得!

バルセロナは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからU-19オランダ代表MFルドビド・ライス(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は325万ユーロ(約4億円)で、契約期間は2022年6月30日までの3年間。2年延長のオプションが付いている。なお、契約解除金は1億ユーロ(約122億円)に設定された。 スロバキア出身の両親の下、オランダで生まれたセントラルMFのライスは、2015年からフローニンヘンでプレー。2017年9月にトップチームデビューを飾り、今季から主力に定着。2018-19シーズンはエールディビジで29試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 また、U-19オランダ代表としては8試合の出場歴を持っている。 2019.05.24 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタが残留に導いたエスクリバ監督と2021年まで契約延長

セルタは22日、フラン・エスクリバ監督(54)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 エルチェやヘタフェ、ビジャレアルなどで実績を残していたエスクリバ監督は、成績不振を理由に解任されたミゲル・カルドソ前監督の後を受けて、3月にセルタの指揮官に就任。 残留ラインぎりぎりの17位と低迷していたチームを率い、4勝4分け4敗の成績を残し、17位で残留に漕ぎ着けていた。 2019.05.23 04:15 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、カパロス監督の今季限りでの退任を発表

セビージャは22日、ホアキン・カパロス監督(63)の退任を発表した。 カパロス監督は3月、成績不振を受けて解任となったパブロ・マチン前監督の後を受けて、フットボール・ディレクターからセビージャの暫定指揮官に就任。就任後5試合で4勝を挙げ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も見えかけたが、その後は2勝1分け3敗と伸び悩み、結局6位でリーガエスパニョーラを終えていた。 一時は今季限りとなっていた契約が更新されるとの報道もあったが、CL出場を果たせなかったこともあり、監督の座を退いてセビージャのフロントに戻るとのことだ。 2019.05.23 00:53 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース