かつて鳥栖でプレーしたFWエル・カビルがスウェーデンのカルマルへ2019.03.12 12:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
スウェーデンのアルスヴェンスカン(スウェーデン1部)に所属するカルマルFFは11日、モロッコ人FWムスタファ・エル・カビル(30)を獲得したことを発表した。

エル・カビルは、アヤックスやフェイエノールト、ユトレヒトの下部組織で育ち、2008年7月にNECでプロデビュー。その後はミャルビー(スウェーデン)やカリアリ(イタリア)、ヘッケン(スウェーデン)、アル・アハリ(サウジアラビア)、ゲンチレルビルリイ(トルコ)でプレー。2016年7月にサガン鳥栖へと加入した。

鳥栖では、2016年の明治安田生命J1リーグ・2ndステージで5試合に出場。また、天皇杯で3試合に出場し、1ゴール1アシストを記録。2017年1月にトルコのアンタルヤスポルへと完全移籍した。その後は、ヘッケンへのレンタル移籍を経験し、2018年7月からはトルコのアンカラギュジュでプレー。今シーズンのトルコ・スュペル・リグで14試合に出場し6ゴールを記録していた。

カルマルは、2008年にアルスヴェンスカンを制覇。2010年には現在サンフレッチェ広島でプレーするFWドウグラス・ヴィエイラも所属していた。昨シーズンは10位(16チーム中)でシーズンを終えていた。

なお、アルスヴェンスカンは、4月から10月にかけてリーグ戦が行われ、エル・カビルは新シーズンに向けた補強となった。
コメント
関連ニュース
thumb

セルタが残留に導いたエスクリバ監督と2021年まで契約延長

セルタは22日、フラン・エスクリバ監督(54)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 エルチェやヘタフェ、ビジャレアルなどで実績を残していたエスクリバ監督は、成績不振を理由に解任されたミゲル・カルドソ前監督の後を受けて、3月にセルタの指揮官に就任。 残留ラインぎりぎりの17位と低迷していたチームを率い、4勝4分け4敗の成績を残し、17位で残留に漕ぎ着けていた。 2019.05.23 04:15 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、カパロス監督の今季限りでの退任を発表

セビージャは22日、ホアキン・カパロス監督(63)の退任を発表した。 カパロス監督は3月、成績不振を受けて解任となったパブロ・マチン前監督の後を受けて、フットボール・ディレクターからセビージャの暫定指揮官に就任。就任後5試合で4勝を挙げ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も見えかけたが、その後は2勝1分け3敗と伸び悩み、結局6位でリーガエスパニョーラを終えていた。 一時は今季限りとなっていた契約が更新されるとの報道もあったが、CL出場を果たせなかったこともあり、監督の座を退いてセビージャのフロントに戻るとのことだ。 2019.05.23 00:53 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、第2GKカバジェロと1年契約延長

チェルシーは22日、元アルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロ(37)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 カバジェロは契約延長について「とても嬉しいよ。来季も楽しみつつ、目標に到達できれば良いね」とコメントしている。 リーガエスパニョーラのエルチェやマラガで正GKとして活躍し、マンチェスター・シティ退団後の2017年7月にチェルシーに加入したカバジェロ。チェルシーでは第2GKを務め、今季は正GKケパ・アリサバラガの控えとして公式戦9試合に出場していた。 2019.05.23 00:35 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹の指揮官ルディ・ガルシアがマルセイユ監督辞任

DF酒井宏樹の所属するマルセイユは22日、ルディ・ガルシア監督(55)が辞任することを発表した。 ルディ・ガルシア監督は22日に出席した記者会見で「マルセイユの監督を辞任する。これは会長によって承認された決定だ」とコメントした。 リールやローマで実績を上げ、2016年10月にマルセイユの監督に就任したルディ・ガルシア監督は昨季、ヨーロッパリーグ(EL)で準優勝に導くなど好成績を残した。リーグ・アンでも就任シーズンが5位、昨季が4位と高順位を収め、昨年10月に2021年まで契約を延長していた。 しかし、今季はELでグループステージ敗退、リーグ・アンでは最終節を前に来季のEL 出場が不可能となった6位に留まっていた。 2019.05.23 00:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが今夏3選手の獲得を発表! レバークーゼンからブラントを獲得!

ドルトムントは22日、レバークーゼンのドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までで、移籍金はドイツ『キッカー』によれば2500万ユーロ(約30億円)とのことだ。 パリ・サンジェルマンやプレミアリーグへの移籍の噂があった中、ドルトムントへの移籍を決めたブラントは公式サイトで次のように話した。 「成長したい。それが移籍の主な理由だよ。ドルトムントは今季、優勝を逃した。だから改善の余地があるということだ。ここで僕が成長することで、チーム力の向上につながれば良いね」 ヴォルフスブルク下部組織出身の攻撃的MFであるブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入。レバークーゼンでは公式戦215試合に出場して42ゴール51アシストを記録。今シーズンは公式戦43試合の出場で10ゴール17アシストを記録し、クラブを来季のチャンピオンズリーグ出場に導いていた。 ドルトムントでは新シーズンに向けてボルシアMGからベルギー代表MFトルガン・アザール、ホッフェンハイムからドイツ代表DFニコ・シュルツの獲得を発表している。 2019.05.22 23:52 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース