ジダン、復帰会見でマドリー愛を語る「このクラブが大好きだ」2019.03.12 10:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリー指揮官に復帰したジネディーヌ・ジダン監督が、就任会見に出席した。スペイン『マルカ』が伝えている。マドリーは11日、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任及びジダン監督の復帰を発表。昨シーズンまでの2年半も同クラブを率い、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げていたジダン監督との新たな契約期間は、2022年6月30日までの3年半となっている。

解任されたソラーリ監督は、今シーズン途中からマドリーを指揮。しかし、コパ・デル・レイ準決勝、リーガエスパニョーラ第26節に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で連敗し、CLラウンド16・2ndレグでアヤックスに敗れて逆転でCLでも敗退を喫し、 今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となっていた。

ユベントスやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど数々のビッグクラブからの関心が噂されながらも、難しい時期にある古巣マドリーを選んだジダン監督。その動機について、就任会見で以下のように語った。


「全員にとって今日は特別な日だ。私もとても幸せで、それこそが最も重要なことだ。会長が言ったように、ホームに戻って来られてとても満足している」

「話すべきことは何も無い。復帰出来てとても幸せだし、働く意欲がある。このクラブを相応しい場所に持っていきたい。明日のトレーニングに集中しているよ」

「ここで暮らしているから、そう遠くへは行かなかった。何よりもこのクラブ、チームのために働くことが嬉しい」

「クラブとしての時期ではなく、私にとって必要だったから退任した。だが、全てを勝ち取った後でチームがそれを必要としていたんだ」

「会長から連絡があったから戻ってきた。私は会長とこのクラブが大好きだ。私はここに居るよ」

「8カ月を経て、再び采配を振るいたい。全員のためにこの決断を選んだ。私たちは変化する必要があった」

「このクラブを愛する人々や選手たちを目にすれば、大きな責任が伴うと分かる。私もその(クラブを愛する)一人だ」

「フットボールが好きで、この紋章とシャツでプレーした。だが、それ(監督としての自身と選手としての自身)は別人だ」

「私が今やりたいことは、勝ち取ったものだけでなく、悪かったことも忘れないということだ。昨年はリーグとカップを失ったが、チャンピオンズリーグで優勝した」

「人生はそんなものだ。良いことも悪いこともある」

「これは大きな挑戦だ。二度目だからということではないよ」

「過去のことは考えない。そうだったら戻っては来なかっただろう」

「クラブに戻ることだけではなく、2度目のプロジェクトを引き受けたかった。再び監督がしたい」

「残された11試合についてだけ考えている」

「関係者と残りの試合を観察する時間があるだろう。それが来シーズンに向けて計画する時間だということは明白だ」

「多くのオファーがあったが、他のクラブには行きたくなかった。私たちは良い形で今シーズンを終え、来シーズンの準備をしなくてはならない」
コメント
関連ニュース
thumb

CR7がユーベにS・ラモスの獲得を要求?

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)の獲得をクラブに要求しているようだ。スペイン方面からのレポートをイタリア『メディアセット』が伝えている。 今シーズン、物議を醸す行動が多く、フロンティーノ・ペレス会長やマドリディスタの反感を買う場面が目立ったセルヒオ・ラモス。そうしたことにより、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めた同選手は、今夏の退団を考慮し始めていることがスペインメディアによって伝えられていた。 この状況を受けて、昨シーズンまで長きにわたってレアル・マドリーで共闘したC・ロナウドが、セルヒオ・ラモスの獲得をユベントスに要求したという。また、同選手に関してはマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)も関心を示しているようだ。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。今シーズンも頼れるキャプテンとして公式戦42試合に出場し、ディフェンダーながら11得点を記録した。 なお、セルヒオ・ラモスの推定契約解除金は8億ユーロ(約981億6000万円)となっている。 2019.05.24 23:39 Fri
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスが今夏マドリー退団を検討…

レアル・マドリーでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)が、今夏のクラブ退団を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『El Chiringuito TV』のレポートを引用して伝えた。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。だが、2018-19シーズンは自身とクラブにとって加入後、最低とも言える厳しいシーズンとなった。 とりわけ、今季のセルヒオ・ラモスは悪癖の退場に加え、エゴイスティックなプレー、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アヤックス戦での出場停止を巡る騒動など、クラブ、マドリディスタの反感を買う場面が目立った。 そのため、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めたセルヒオ・ラモスは、今夏の退団を考慮し始めているようだ。 なお、そのセルヒオ・ラモスに関しては過去に獲得寸前までいっていたと言われるマンチェスター・ユナイテッドと共に、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得の可能性を問い合わせていたようだ。 マドリー、あるいは古巣セビージャでキャリアを終えると思われたセルヒオ・ラモスだが、今夏国外に活躍の場を移すことになるのか…。 2019.05.24 21:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、どこに行く? 移籍先候補に挙がるクラブは…

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツ『スカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。 そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。 そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルのプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。 2019.05.24 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

“野獣”ジュリオ・バチスタが37歳で現役引退

元ブラジル代表MFジュリオ・バチスタ(37)が23日、現役引退を発表した。 ジュリオ・バチスタは自身のツイッターにて「20年以上トップレベルでプレーしてきた。この辺りで選手としてのキャリアに終止符を打ち、新たな人生をスタートさせることに決めたよ」とコメント。 驚異的なフィジカル能力から“野獣”の愛称で知られたジュリオ・バチスタは、母国サンパウロでの活躍をキッカケにセビージャで欧州初上陸。そのセビージャで公式戦73試合の出場で43ゴールを挙げ、レアル・マドリーへの移籍を果たした。その後もアーセナル、ローマといったビッグクラブを渡り歩き、2013年にクルゼイロで母国復帰を果たした。キャリア終盤はアメリカのオーランド・シティを経て、今年3月までルーマニアのクルージュでプレーしていた。 また、ブラジル代表としては48試合に出場して5ゴールを記録。2010年南アフリカ・ワールドカップでメンバー入りした。そして、2度のコパ・アメリカ優勝を経験し、2007年大会では3ゴールを決め優勝に貢献していた。 2019.05.23 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがムバッペ狙うマドリーに怒り 衝撃のヴィニシウスをリストアップ!?

パリ・サンジェルマン(PSG)がレアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス(18)の獲得に動き出す可能性があるようだ。スペイン『OK Diario』が伝えている。 PSGでは現在、フランス代表FWキリアン・ムバッペにレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されている。そうした中で、ムバッペは先日行われたリーグ・アンの授賞式で「ここ(PSG)で多くのことを学ばせてもらった。次は、その僕がもっと責任を負うべきときなのかもね。その場所がPSGであれば、大きな喜びだけど、新しいプロジェクトを持つ他の場所かもしれない」と移籍を示唆した。 この発言に多くの注目が集まったが、PSGが「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間とても強く結ばれた。そして、このストーリーは来シーズンも続く」と異例の公式声明でムバッペの残留を強調。しかし、PSGのオーナーがムバッペの発言に激怒しているという。 その怒りの矛先はムバッペに関心を寄せるマドリーにも向いている模様。同クラブへの反撃として、エル・ブランコの宝であるヴィニシウスをリストアップしているという。 しかし、マドリー側はヴィニシウスの推定契約解除金が7億ユーロ(858億1000万円)であることから、いくら資金面が潤っているPSGでも獲得することは不可能だと判断。意に介していないようだ。 昨夏に4500万ユーロでサントスからマドリーに加入したヴィニシウス。開幕当初こそカスティージャ(Bチーム)での適応期間が続いたが、サンティアゴ・ソラーリ前監督の下、トップチームで左ウィングのポジションを奪取すると、ここまで公式戦31試合で3ゴール12アシストの成績を残している。 2019.05.23 22:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース